冷凍 料理。 [きのこの冷凍保存]うまみを堪能!冷凍でおいしく、便利に食す

今さら聞けない冷凍料理のイロハ②【料理のプロが指南】

冷凍 料理

風味が落ちるのを避けるため、洗わない 風味を生かすため、きのこは洗わずに保存するのが基本です。 汚れやほこりが気になる場合は、水で湿らせたキッチンペーパーで拭き取りましょう。 冷蔵と冷凍を使い分ける その日のうちに使いきる場合は、生のまま冷蔵保存してOK。 それ以外は、鮮度が落ちるのを避けるため冷凍保存しましょう。 冷凍してから加熱すると、細胞膜が壊れ、酵素の働きによってうまみが増すといわれます。 下ごしらえしてから保存すれば、調理時に便利です。 種類別、きのこの冷凍保存法 きのこは種類によって、適した保存方法が異なります。 それぞれをマスターして、おいしさを長持ちさせましょう。 ・椎茸 軸を根元で切り落とし、かさだけの状態にします。 かさのみを冷凍用保存袋に入れて冷凍します。 保存の目安は約1カ月です。 凍っていても包丁で切れるので、丸ごと冷凍するのがおすすめです。 ・しめじ 石づき(軸の先端部分)を切り落とします。 小房にほぐして冷凍用保存袋に入れ、密封します。 保存の目安は約1カ月です。 ・なめこ 脱気パック(加工品)の場合は、袋ごと冷凍しましょう。 上の写真のように、袋に折り目をつけて冷凍すると、調理時に折って使えるので便利です。 株(生)の場合は、塩を加えたお湯にほぐした状態のなめこをサッとくぐらせます。 粗熱を取ってから冷凍用保存袋に入れて冷凍しましょう。 そのまま味噌汁などの具として使えます。 いずれの場合も、保存の目安は約1カ月です。 ・まいたけ カットするか、手で小房にほぐします。 冷凍用保存袋に入れ、密封します。 保存の目安は約1カ月です。 ・えのき 石づき(根元部分)を切り落とし、使いやすいサイズに手でほぐします。 冷凍用保存袋に入れ、平らにならして密封します。 保存の目安は約1カ月です。 ・マッシュルーム 軸がついたまま(軸の切り口が変色している場合は切り落とす)、薄切りにします。 冷凍用保存袋に平らになるように入れ、密封します。 保存の目安は約1カ月です。 ひとつにまとめて便利!ミックスきのこの保存方法 数種類のきのこをまとめ買いしたり、少しずつ余ったりした場合は、「ミックスきのこ」にして保存しておくと便利です。 炒めものをはじめ、炊き込みご飯、ピザの具材、汁ものや鍋の具材、付け合わせのソテーなど、幅広い料理に使うことができます。 材料:好みのきのこ適量(椎茸・しめじ・まいたけ・えのき・マッシュルームなど)• 椎茸は石づきを取り、薄切りにする。 しめじ、えのきは石づきを切り落とし、バラバラにほぐす。 まいたけは小房に分け、マッシュルームは薄切りにする。 ボウルに[1]を入れて混ぜ合わせ、1回に使用する分量を冷凍用保存袋に入れて密封し、冷凍庫に入れる。 保存の目安は約1カ月。 凍ったまま調理できます。 最後に きのこは味も香りもそれぞれに個性がありますが、その魅力を生かすには、鮮度が命。 早めに食べきるのがいちばんですが、冷凍して、生とは異なるうまみを引き出して調理するのもおすすめです。 便利な冷凍保存を取り入れながら、風味豊かなきのこ料理を楽しみましょう。

次の

手作りで冷凍した料理の保存期限は?覚えておきたい冷凍食品の賞味期限の設定基準|@DIME アットダイム

冷凍 料理

切った玉ねぎは冷凍用保存袋に入れてなるべく平らにし、玉ねぎ同士が重ならないようにします。 これは平らにしたほうが固まるまでの時間が短くなり、冷凍によって味が落ちるのを防げるため。 ラップで包んで冷凍してもOKですが、この場合も重ならないように注意しましょう。 また重ならないように平らに冷凍しておくと、使いたい分だけパラパラと取り出すことができます。 金属製のトレーにのせる 冷凍すると食感は多少落ちてしまいます。 それでも極力短時間で凍らせることで、なるべく水っぽくなく、おいしさをキープすることができます。 家庭用の冷凍庫で短時間で凍らせるためには、熱伝導のいい金属製のトレーなどを利用して冷凍するのがおすすめです。 冷凍庫を開け閉めしない また、冷凍庫の開け閉めによって温度が上がってしまうと、固まるまでに時間がかかります。 完全に固まるまではなるべく開け閉めは控えましょう。 冷凍用保存袋に冷凍した日付を書いておく 保存期間が延びるとはいえ、長く冷凍庫に入れていては味を損なってしまいます。 おいしく味わえる期間を意識して使い切れるよう、冷凍した日にちをマスキングテープなどに書いて袋に貼っておきましょう。 解凍方法と冷凍玉ねぎのおすすめ料理例 冷凍玉ねぎを解凍すると、玉ねぎの水分が出てしまいます。 そのため冷凍玉ねぎは解凍せずにそのまま水分を飛ばしながら炒めたり、煮込んだりといった調理法が良いでしょう。 なお新玉ねぎも普通の玉ねぎも、冷凍後はべチャッとしてしまうため、生の状態で食べるのはおすすめしません。 冷凍玉ねぎを使えば、飴色玉ねぎが時短で作れる! 冷凍した玉ねぎは中の水分が膨張し、細胞壁が壊れます。 そのため解凍後に水っぽくなってしまうというデメリットはありますが、実はメリットも。 生の玉ねぎを加熱した時に比べ、冷凍玉ねぎは煮込んだり炒めたりすると水分が外に流れ出やすくなり、加熱時間が短くても甘く柔らかく仕上がります。 このことから、カレーなどに使うような時間がかかる飴色たまねぎも、冷凍玉ねぎを使えばぐんと時短に。 そのほかオニオングラタンスープやトマトソース、ミートソースなど、玉ねぎの水分と甘みを活かした料理に使用するのがおすすめです。 こちらの記事もおすすめ! 冷凍保存の期間 冷凍した玉ねぎは1カ月以内に使い切るようにしましょう。 家庭用の冷凍庫は開け閉めなどで温度が上がりやすく、溶けたり凍ったりを繰り返すうちに霜がついたり冷凍庫のニオイがついてしまいます。 冷凍したとはいえど、早めに使い切ってくだしね。 冷凍玉ねぎを使ったおすすめレシピ 最後に冷凍玉ねぎだからこそ、よりおいしく作れるレシピを紹介します。 フライパンにオリーブオイルを入れて中火にかけ、冷凍玉ねぎを入れて飴色になるまで炒める。 水400ml(分量外)とにんにく、洋風スープの素、酒を入れて10分煮る。 塩・こしょうで味をととのえる。 耐熱性のマグカップなどにそれぞれ2とフランスパンをのせ、750Wのトースターで5分焼き、ドライパセリをふる。 この他、パルメザンチーズをふっても。 玉ねぎは冷凍することで長持ちするだけでなく、炒め時間や煮込み時間が大幅に短縮できます。 ぜひ上手に活用してみてくださいね!.

次の

玉ねぎは冷凍すると日持ち&料理の時短に!おいしく冷凍・解凍するコツとは?

冷凍 料理

「生卵を冷凍すると美味しいらしい」「玉子焼きやゆで卵は冷凍するとダメらしい」など、ちょっと気になる卵の冷凍に関する噂の数々。 卵は凍ると中身が膨張して殻が割れるので、冷凍用保存袋に入れて冷凍しましょう。 【注意!】 冷凍すると殻が割れて菌が繁殖しやすくなるので、生食する場合は凍ったらすぐに食べてください。 解凍後も時間をあけずに食べましょう。 冷凍して数日経過した場合は、念のため加熱するほうが安心です。 食べやすいサイズで、見た目もかわいいですよ。 水分が抜けて目の粗いスポンジのようになり、かたくパサパサした食感になってしまいました。 ゆで卵の冷凍はおすすめしません。 錦糸卵もOK 冷凍した炒り卵を自然解凍して食べたところ、ほぼ劣化は感じませんでした。 まとめて作って冷凍しておけば、料理の彩りにパパっと使えて便利です。 錦糸卵も同様に冷凍できます。 【冷凍方法】 1回使用分ずつラップで包んで冷凍用保存袋に入れ、袋の口を閉じて冷凍します。 冷凍庫で2週間程度保存可能。 【解凍方法】 冷蔵庫で解凍する。 冷凍したいときは食感の劣化を感じにくくなるように、あえて小さく作りましょう。 卵1個あたり砂糖小さじ2と塩少々を加え、長径3cm程度の小さめに焼いて。 砂糖には保水力があるので、しぼみにくくなります。 【冷凍方法】 1食分ずつラップで包んで冷凍用保存袋に入れ、袋の口を閉じて冷凍します。 冷凍庫で2週間程度保存可能。 【解凍方法】 電子レンジの解凍モードか、冷蔵庫で解凍する。 家庭では冷蔵庫で保存しましょう。 一般的に売られている卵はパック後2週間程度を生食の賞味期限としていることが多いようです。 冷凍の場合、冷凍生卵なら数日、玉子焼きなら2週間程度が目安。 食品は全般的に冷凍すると生よりも長持ちしますが、卵については冷凍のほうが保存期間が短い場合もあると覚えておきましょう。

次の