五等分の花嫁 一花 ピアス。 『五等分の花嫁』花嫁は中野一花(なかのいちか)エンドなのか徹底考察!肯定説VS否定説【ネタバレ注意】 │ anichoice

五等分の花嫁の風太郎の結婚相手、誰だと思いますか?

五等分の花嫁 一花 ピアス

三玖の手作り料理を食べ過ぎた風太郎は腹痛を起こしてしまう。 ちょうどそこへ五月と二乃がやって来た。 二人にも勉強をさせたい風太郎は、四葉に何とか二人を引き留めてもらおうとする。 すると困った四葉は『風太郎が重い病にかかっている』と嘘をつき… 出典: 「五等分の花嫁」公式サイト 五等分の花嫁 第8話 ネタバレ 風太郎の初恋? 風太郎は自宅の居間で夕食を食べながら、中野5姉妹の中間試験のことを改めて考えていました。 風太郎の父親は、食事中くらい勉強のことは一旦脇に置けと言いますが、風太郎は、父親に食って掛かります。 父親は、過去の風太郎は、勉強が出来なかったのだから、五月達も出来るようになるとのこと。 それを聞いていた妹のらいはは、昔はこんな勉強お化けじゃなかったのと驚きます。 父親は、昔はワイルドな風貌をしていたとらいはに教え、その時の写真を生徒手帳に忍ばせていると。 五月にタクシーで送られた時、生徒手帳を気にしていたのは、これが原因だったんですね。 父親は、風太郎から生徒手帳を奪い取り、らいはにその時の写真を見せます。 らいはは、純粋に驚きの声をあげ、父親は、この時に合った人物が切っ掛けで勉強をするようになったんだよなと言います。 らいはは、風太郎にそれは初恋の人と聞きますが、風太郎は、違うと答えます。 三玖の挑戦 三玖は勝利の腕を上げる為、日々挑戦していました。 テーブルの上には丸焦げのコロッケが鎮座しており、四葉は何これと聞きます。 四葉と風太郎 コロッケではなくおはぎだと思っていた は、コロッケを食します。 風太郎は、貧乏舌ゆえ、普通に上手いと答えますが、四葉はどちらかというと美味しくないと答えます。 三玖はどっちと困惑します。 四葉と問答していた風太郎は、三玖の作ったコロッケを食べ終え、試験の復習をしようと声をかけます。 しかし、謎のオーラを纏った三玖が完璧に美味しくなるまで作るから食べてと言います。 三玖の作ったコロッケを食べ過ぎた影響で腹痛を覚えた風太郎は、横になっていました。 そこに二乃と五月が現れます。 二乃は、横になっている風太郎に小言を言い、五月をつれて食事に行こうとします。 風太郎は、二乃と五月にも勉強をさせたいため、四葉を使って引き留め工作を開始します。 四葉は、風太郎が動いたら死ぬ病にかかったという嘘を付き、二乃と五月の引き留めには成功します。 四葉は、風太郎を看病する五月に対して一緒に勉強しようと持ち掛けます。 5人揃った方が楽しいとも。 そこに四葉からおかゆを作って欲しいと言われ、今回は素直におかゆを作った二乃が現れます。 二乃は、風太郎が重い病を患っていると思わせるため吐血を扮するために用いて、遠くに追いやったケチャップの容器を踏みつけ、おかゆを風太郎にぶちまけます。 風太郎は、あまりの熱さに起き上がります。 二乃は、風太郎に対して謝罪の言葉を述べますが、普通に動いていると冷静になります。 風太郎は、恐る恐る二乃と五月を見ると、2人ともそれはとてもいい怒り顔でした。 四葉の告白 結局二人きりになってしまったと風太郎は、後悔もあるのか声のトーンを落として四葉に語ります。 四葉は、確かにと言いつつも、変わっていると返します。 二乃は風太郎がいたにもかかわらず追い出そうとはしなかったと。 変わったのは、一花や三玖もそうだと、続けて、変わっていないのは、四葉だけだと。 しかし、風太郎は、四葉が前向きに勉強に取り組む姿勢には救われたと答えます。 四葉は、どうして私は風太郎の味方をしていると思いますかと言いながら、横になっている風太郎に近づきます。 風太郎は、その問いに試験の点数を上げたいからじゃないのかと言います。 四葉は風太郎の顔を覗き込むように腰を下ろします。 そして四葉は、好きだからと言います。 風太郎は、突然の告白に困惑しますが、突如笑顔となった四葉が嘘と言い、笑いながらその場を後にします。 嘘がへたと風太郎に言われた仕返しだったようです。 当の風太郎は、人間不信になったようですけど。 林間学校の伝説 四葉が図書室へと訪れると、仮装道具を大量に抱えた風太郎を見ます。 どうやら風太郎は、今度の林間学校の肝試しの実行委委員に任命され、仮装道具は、その時に使う道具のようです。 四葉は、社交的な活動をする風太郎に対して驚きの声を上げますが、それは風太郎が自習している間にクラスメイト達に面倒な役を押し付けられただけでした。 三玖は、自業自得と言います。 風太郎は、肝試しの時にその恨みを晴らすべく準備を練っているようでした。 四葉は、1人でさせることに抗議にいくと言いますが、風太郎は、三玖の言った通り自業自得だと言います。 そして林間学校自体どうでもいいしなと。 それを聞いた四葉は、林間学校が楽しくなる話をしよう言い、クラスメイトから聞いた伝説の話をします。 その内容は、林間学校の最終日に起こるキャンプファイヤーフィナーレの時に踊っていたペアは生涯結ばれるというものでした。 風太郎と三玖は非現実的だと言います。 四葉は、その答えに抗議します。 三玖は否定したものの、頬は赤く染まっていました。 緊急指令 一花も図書室に到着します。 風太郎は、一花に対して遅いと怒りますが、一花は、これから仕事が入ったと言い、今後のために風太郎とアドレス交換をしようと持ち掛けます。 風太郎は、その必要性があるのかと疑問に思いながらも一花とアドレスを交換します。 四葉もその意見に賛成します。 一花は仕事に向かい、図書室を後にします。 すると風太郎のスマホに一花からメールが届きます。 その内容は写真 公園での花火の時、一花に膝枕された時のやつ を広められたくなければ、残り4人のアドレスをゲットすべしというものでした。 風太郎の焦りから事情を察した三玖は、風太郎にアドレスを教えます。 風太郎は急ぎ操作を行い、三玖のスマホにも自身のアドレスを登録し、教師から頼まれごとされた四葉を追います。 四葉の情報から食堂にいる二乃と五月にアドレスを教えてほしいと頼みますが、案の定断られます。 風太郎は、五月にはらいはのアドレスを教えると伝え、五月のアドレスをゲットします。 二乃に対しては、教えなければ他の4姉妹と自分とで内緒の会話をすると5姉妹大好きな二乃をなかば脅してアドレスをゲットします。 最後に四葉のアドレスを教えてもらうとすると、そこにバスケ部部長から電話がかかってきます。 四葉は下手の嘘をついてその場を後にします。 風太郎は、四葉の嘘を見抜いており、その後を追います。 二乃の手に生徒手帳があることを忘れて。 四葉の嘘 四葉の後を追う風太郎。 四葉は、以前助っ人で試合に出たバスケ部の部室を訪れます。 バスケ部の部長は、四葉に対して勧誘の返事を聞かせてほしいと言います。 四葉は勧誘をしてくれたことに対してうれしいと答えます。 そのことから良い返事がもらえると期待するバスケ部部員たち。 しかし、四葉は90度のお辞儀をしながら辞退すると告げます。 放課後は大事な約束があるからと。 部長は四葉の才能を惜しみつつも四葉の意見を尊重します。 バスケ部部室を後にする四葉は、廊下で待ち構える風太郎に驚きます。 風太郎は、図書室に行く途中だと答えます。 四葉は、図書室は部室棟の反対側じゃと困惑します。 風太郎は、びしばし鍛えてやるから覚悟しておけと言いその場を後にします。 四葉もそれに対して笑顔で覚悟出来ましたと返します。 ミッシング・リンク 風太郎は、週末の家庭教師の予定を伝えようとアドレスを確認すると二乃だけアドレスがありませんでした。 不思議に思う風太郎ですが、すぐに生徒手帳に書かせたこと、そして生徒手帳は二乃が持っていると悟り、青い顔をします。 後日、風太郎は三玖の許可を得て、寝ている二乃の部屋に入ります。 何者かの気配を察知した二乃は起き、開口一番生徒手帳を返せという風太郎を見て、悲鳴を上げます。 居間で正座させられている風太郎。 風太郎は、二乃に謝罪しつつ生徒手帳を返して欲しいと言います。 やけに素直な態度に疑問に思った二乃は、生徒手帳に何か隠してあることがあるのではと問いただします。 そこに一花がやってきます。 一花はピアスを通すために耳に穴を空ける機器を二乃に渡します。 二乃は、生徒手帳をポケットに入れ、風太郎を自室へと招きます。 風太郎は、二乃が自室へと入れた意図が分からないまま生徒手帳を返せと言います。 二乃は、風太郎に耳に穴を開けてくれたら返すと言います。 風太郎は、しばらくは痛いぞと忠告しますが、二乃は、やったこともないくせにと言います。 風太郎は、自身の耳たぶを摘みながらしどろもどろに答えます。 二乃は、みんながやっているから私もやりたいとのこと。 それを聞いた風太郎は、日ごろの恨みを晴らすべく二乃の左耳たぶに機器を押し当てます。 カウントダウンをしながら二乃のポケットに入っている生徒手帳を取ろうとし、カウント0で生徒手帳を取ることに成功し、それで実行しますからねと二乃をおちょくります。 怒った二乃は、風太郎の脛を蹴り上げます。 痛みにもんどりうつ風太郎。 その拍子に生徒手帳が床に落ち、最終ページに挟まっていた金髪のワルガギの写真が露わになります。 二乃は、すぐさまそれを拾い上げ、キラキラした目でめっちゃタイプと声を上げ、風太郎に誰と問います。 青い顔をした風太郎は、それは俺と心中で言いながら、親戚の子だと取り繕います。 二乃は、今度会わせないさいと風太郎にせがみます。 風太郎は、二乃から生徒手帳を取り戻しながら、そのうちなと曖昧な返事をします。 二乃は写真で思い出したかのように子供の頃の写真アルバムを取り出し、風太郎に見せます。 しかし、風太郎は、二乃が見せるアルバムには一瞥もしません。 二乃は、そんな風太郎を無視して居間にいる一花、三玖、四葉、五月にアルバムを見せようと移動します。 二乃が部屋を出ると安堵のため息を出す風太郎。 風太郎は、見られた写真が半分だけだったと安堵したのでした。 写真を広げると隣には、髪の長い女の子が映っていました。 その女の子は、二乃が広げるアルバム内の5姉妹の子とそっくりでした。 まとめ そんな繋がりがあったのかと、ラストシーンは鳥肌が立ちました! こういうミステリー用語のミッシング・リンク的なつながりって好きなんですよね~! 5年前のことですが、風太郎も中野5姉妹も風貌が変わりすぎで、お互いに気づいていないようですね。 風太郎が勉強に勤しむようになったのは、中野姉妹の誰かのおかげなのでしょうね。 それが巡り巡って家庭教師と生徒の関係になるとは! 9話感想へ.

次の

【五等分の花嫁】中野一花の魅力!長女の一花姉さんの魅力を紹介

五等分の花嫁 一花 ピアス

スポンサーリンク 【五等分の花嫁】結婚式から始まる物語 「五等分の花嫁」が単なるラブコメではない所以は、 ヒロインが五つ子であり、かつその始まりですでに結婚式が描かれているというところにあります。 五姉妹の誰かと結婚することがゴールとして決まっているものの、花嫁候補は顔が同じ五つ子。 花嫁は美しい女性が描かれているだけで、それが一体誰なのかがわかりません。 第1話から堂々と花嫁が描かれているにも関わらず正体が判明しないまま物語は進み、各々の言動から想像を掻き立てられていくところがこの作品の最大の魅力。 変装や入れ替わりで読者を混乱させるのもヒロインが五つ子であるこの作品ならではなのですが、では顔で判断できない五つ子を見分けるヒントは花嫁の描写にあるのでしょうか。 花嫁から得られるヒントは ・話し方や立ち振る舞い、雰囲気 ・ピアスをしている ・風太郎を「風太郎」と呼んでいる くらいでしょうか。 今のところピアスをしているのは 一花、ピアスを開けそうな描写があったのが 二乃。 風太郎と名前で呼んでいるのは 三玖です。 いずれにせよ高校時代~結婚式の間までに変わりそうなことなので、決定的な描写がない限りなかなか判断できなそうですね。 スポンサーリンク 【五等分の花嫁】花嫁以外の4人で会話? 花嫁で判断できないなら、他の4人からの 消去法で推測はできるでしょうか。 68話では、「 これいつの写真だっけ?」「 ふふっ」「 あはは、2人とも緊張してそー」など、花嫁以外の会話が長く描かれています。 が、正直わかりません! 「あはは」などは四葉や一花のような感じもしますが、気になるのは敬語で話す五月の喋り方と、「~よ、~だわ」などのいわゆる女性語を話す二乃の喋り方が混ざっていないということですかね。 しかしどちらの話し方とも花嫁もしていないので、時が経って喋り方も変わっていると見て良いでしょう。 会話からも現時点での判断は難しそうです。 スポンサーリンク 【五等分の花嫁】林間学校で手を繋いでいたのは? 林間学校編でのテーマとなったのが『 結びの伝説』です。 それは「 最終日に行われるキャンプファイヤーのダンスのフィナーレの瞬間に踊っていた(手をつないでいた)ペアは生涯を添い遂げる縁で結ばれる」というもの。 その瞬間に誰が風太郎と手を繋いでいたのかは32話で明らかとなりました。 結果、 五つ子全員です。 風太郎は体調不良で最終日には部屋で寝込むことになってしまい、そこへ五姉妹それぞれがお見舞いに行き風太郎の元で全員集合することになります。 そこには「結びの伝説」は関係なくただただ風太郎を心配して集まった5人の姿があり、回復祈願として皆で彼の指を握るのですが、そこで伝説の瞬間が訪れるのです。 つまり5人全員が風太郎と手を繋いでいたためこの描写での花嫁考察は不可能ということになりますが、あえて注目するならば 握った指でしょうか。 彼女たちが握ったのは、出発時にやっていた「五つ子ゲーム」に対応した指。 あるいは、5人で指を握る前に 五月だけ風太郎の手を握っていた時間があるのですが、その時に実は伝説の瞬間を迎えていたという可能性もあるかもしれません。 スポンサーリンク 【五等分の花嫁】風太郎とキスしたのは誰? 8巻 スクランブルエッグ(温泉旅行)編でのキスもしっかり押さえておきたいところ。 上杉家と中野家が出くわした温泉旅行の地にあった、2人で鳴らすと永遠に結ばれるという伝説の『 誓いの鐘』の下で風太郎と花嫁がキスをしたことが語られました。 キスをしたのは 五月ですが、その旅行中は祖父のために 五つ子全員が五月の格好をしていたので、実際には誰だったのかが明らかになっていません。 描写からだと、風太郎に好意を持っている誰かがこの機をモノにしようと意を決して及んだように見えます。 この時点で風太郎への恋愛感情が明確になっているのが一花・二乃・三玖で、のちに四葉も長らく好意を抱いていたことが判明しました。 そうなってくると五月の可能性も否定できないというグダグダに陥ってしまいそうなので、別の切り口から見てみましょう。 風太郎が結婚式で(恐らく)その時のことをこう振り返っているのです。 「 彼女を特別に感じたのはきっとあの瞬間からだ」 この時の風太郎は5人の見分けがついていませんので、 このキスから単純に見た目そのままの五月を意識し始めたとは考えられないでしょうか。 あるいは 旅行中に一瞬だけ見分けのついた三玖の可能性もあるかもしれません。 スポンサーリンク 【五等分の花嫁】零奈は五姉妹の中のだれか? 京都で出会った女の子(写真の子)が誰だったのかという点も物語の重要なポイント。 42話では風太郎の前に突如、京都で出会った少女が成長した姿で現れました。 そして 零奈と名乗った彼女は、79話でその正体が五月だったと判明します。 では京都で会った彼女が五月だったのかというと実はそうではなく、86話にて 四葉が五月に零奈の姿で風太郎に別れを告げることを頼んでいたことが判明しました。 つまり 零奈は五月ですが、写真の子は四葉だったのです。 ちなみに現在の零奈とは関係ありませんが、 一花も5年前の京都で風太郎と接触していたことが明らかとなっています。 スポンサーリンク 【五等分の花嫁】結婚式にあった無数のドレスの謎 結婚式当日のシーンで描かれている ウエディングドレスの数にも注目です。 用意されていたドレスが式場スタッフも「手配ミスではないのか」と混乱するほど多く、確認出来る限りではその数なんと 11着。 この描写を見ると全員と結婚しそうなハーレムエンドを予想してしまいそうですが、恐らく ヒントはやはり「五つ子ゲーム」でしょう。 今のところ風太郎が結婚式前と式中、当日に2回も指輪を持ち忘れていることが描写されており、1度はうっかりで済むかもしれませんが、 描写が2度目ともなるとそこに意味を見出さずにはいられませんよね。 やはり最後に風太郎がしっかり花嫁を見分け、答え代わりに指輪をはめるのが綺麗な結末だと期待しています。

次の

五等分の花嫁

五等分の花嫁 一花 ピアス

結婚式、当日 今回はCカラーです。 この画像は卒業式に撮ったものだと思います。 一花は旅行も兼ねての仕事で海外に行っていたようですが、五月の口ぶりから女優としてかなり有名になっているようです。 五月は夢だった先生になったようで、一花の英語のイントネーションの誤りを指摘しています。 二人は二乃と三玖が待っている場所に、そのまま車で向かいます。 看板に「なかの」とあるお店に、一花と五月は入っていきます。 アメリカの気取ったカフェに行っている人の口に合うかしら、と二乃が一花に皮肉を言っていると、三玖は二乃が一花のインスタを見張っている事をバラします。 一花が自分のインスタで二乃と三玖のお店を紹介しようとすると、三玖はもう少しだけ自分たちの力だけでやってみたいと、一花の申し出を断ります。 じっとしていられなくて、うちから自転車で走ってきたと言い、四葉は全身汗だくです。 そして一花、二乃、三玖、四葉はニヤニヤしながら、四葉に母親の形見のピアスを見せて覚悟するように言います。 四葉も覚悟できているようで、その場でピアス用の穴を開けて、肩身のピアスを着けます。 一方で三玖たちは諸々の準備があるそうで、会場に向かいます。 スタッフに新婦の姉妹は来ていないかと尋ねると、早いうちから既に来ていると言われます。 そこに新婦の親族が到着したとスタッフから言われ、五つ子たちがついたのかと風太郎は話しかけますが、ついたのは五つ子たちの父親、マルオでした。 マルオをお父さんと風太郎は呼びますが、相変わらず君にお父さんと呼ばれる筋合いはないと言われてしまいます。 風太郎ははい、と即答し、さらに僕も同じくと二人とも心から喜んでいる事を伝えます。 それを聞いたマルオはワインを風太郎に注いでもらいます。 風太郎の父親の勇也が二乃と三玖に空き店舗を貸したのも、半分は二乃と三玖を助けるため、そして半分は母親の夢を託すためだったかもしれないと、風太郎はマルオに言います。 そして一人の女性を一生かけて愛する、俺は…、そんな男になりたい、二人の父のように、と風太郎は言います。 マルオは父と呼ばれることに慣れていないと言い、照れ隠しにかワインを風太郎が注いでくれたワインを口にします。 その後、一人残されたマルオの所に勇也がきて、俺らも老けたもんだなとマルオに言います。 風太郎は四葉に他の姉妹四人が来ている事を伝えて、何を企んでんだか、恋構成の頃から変わっちゃいねぇ、問題児だらけだ、と言います。 四葉から私も含めてと質問され、風太郎はお前が一番問題児だと返します。 が、その光景を見て、まだ俺は夢を見てるのか?と風太郎は呟きます。 センターカラーで卒業式が描かれて後、お話は五年後の結婚式の当日から始まります。 五人全員が二乃と三玖のお店に集まり、それぞれの近況の話で盛り上がります。 そして、四葉が母親の形見のピアスをつける所で、場面は披露宴会場にかわります。 披露宴会場では風太郎とマルオが、新郎と新婦の父の会話をしつつ、風太郎の母親の夢や、その夢を二乃と三玖が託された形になった事を話します。 そして、最後に風太郎が四葉の所に行くと、五つ子たち五人が集まっていて五つ子ゲーム ファイナルが始まります。 愛があれば見分けられるよね、と五つ子から言われますが、風太郎は四葉を見分けられるでしょうか。 そして、次号は最終回でカラーは特大10ページ、本編も30ページに増量だそうです。 他にも、TVアニメ2期情報や、連載後もまだまだ続くマル秘企画など、超盛りだくさんの新情報があるそうです。 121話 五分の一の確率。 五つ子ゲームファイナル。 遂に来ましたね。 読者からすると予想通りの展開ではありますが、風太郎目線で言えばココでやるのか?!って感じですよね。 最終話では一人ひとり見分けて、最後に四葉の名前呼びそうな予想(四葉当てるのは最早予定調和なので)。 さて、色々なフラグですが、割とサラっと2,3コマで回収していきましたね(ピアスの理由や上杉家の借金問題)。 あとは細かいのだとビンタの件(もう無さそう)と五月への話(零奈の件ならわずかながらありそう)位で、大きいのだと鐘キスと京都の件の答え合わせ辺りでしょうか。 そして応募者全員着せ替えカバー・・・・・・欲しいけど電子書籍で単行本は買ってたからどうしようか迷う・・・・・。 いっそ14巻だけ買うか、落ち着いた頃に全巻本で揃えるか・・・。 最後に、四葉おめでとおおおおおおおおお!(前話までまだ諦めきれなかった) 花嫁姿の五つ子ゲーム、愛があれば見分けられる、ほぼ予想通りでした。 式の最中にやるかと思っていたのが披露宴前の控室だったのは外れましたがwww 来週は四葉を見分けるのに、風太郎がそれまでの四葉との思い出を辿っていく展開となり、その過程でいくつかの伏線が回収されるかもですね。 連載終了後の㊙企画は、これまでの「一花」の場合、みたいに四葉以外の姉妹の高校卒業から結婚式までのスピンアウトをやってほしいです。 エイプリルフール企画だった「マジカルらいは」ならビッグサプライズですがwww 二乃と三玖の店は、美人姉妹のカフェというだけで十分に繁盛しそう。 周りが放っておかないでしょう。 で、三玖は相変わらず一花の影武者をやっている、って芸能界デビューしてるじゃん。 はー、来週で終わりか・・・・.

次の