センシティブ 解除 twitter。 Twitterのセンシティブ設定解除方法!設定してもツイートが見れないのはどうして?

Twitterのセンシティブを解除する設定方法

センシティブ 解除 twitter

センシティブの基準は何か では何がセンシティブで何がセンシティブではないのか、確認していきましょう。 Twitterによるとセンシティブな内容とは• 写実的な暴力表現• 成人向けコンテンツ• 強姦及び性的暴行に関するコンテンツ• グロテスクなコンテンツ• ヘイト表現を伴う画像 と明言されています。 上記いずれかに該当し、センシティブ認定された画像については、 画像が表示される前に警告メッセージが出ます。 ただ何がひっかかるかはTwitterのさじ加減的なところもあるので、開いてみたら普通じゃん、といったケースも多々あるようです。 しかし、実際にこれマズいんじゃないのというものもしっかりフィルターにかかっているので、うっかり開いてオーマイガー!!なんてことにならないよう注意しましょう。 センシティブな内容の画像・動画を非表示にしよう このセンシティブな画像は、お好みで表示にも非表示にもできます。 まずは非表示の仕方からみていきましょう。 非表示にする方法-ブラウザ版 こちらはログインしてから行いましょう。 歯車マークから設定画面を開き、プライバシーとセキュリティへ進みます。 その後、セキュリティに表示されているセンシティブな内容を含む画像・動画を表示するのチェックを外しましょう。 これでTwitterがセンシティブ認定した画像・動画、それを含んだツイート、リツイートは表示されません。 非表示にする方法-スマホ版 次にスマホ版ですね。 アプリを開いて、• アイコンメニューの設定とプライバシーをタップ• プライバシーとセキュリティをタップ• セキュリティに表示されているセンシティブな内容を含む画像・動画を表示するのチェックを外す これで設定は完了です。 ちなみに iPhoneの場合、なぜかアプリではセキュリティチェックはずしができないので、Safariなどのブラウザから行う必要があります。 お近くのノジマ店舗を検索いただけます 逆にセンシティブな画像・動画を表示してみる 逆にセンシティブな画像・動画を表示したいなら、設定を変える必要があります。 パソコンで表示させる パソコンで表示させる場合、警告メッセージが出たらそれを 無視して「表示する」をクリックすればOKです。 今後もセンシティブな画像を閲覧できるようにしたい場合は、警告メッセージにある「設定を変更」をクリックします。 これでセンシティブなものが閲覧できるようになります。 Androidで表示させる Android版の設定変更は基本的にはパソコン版と同じです。 ただ、 最新のバージョンにアップデートしておく必要があります。 iPhoneで表示させる iPhoneも基本的にはAndroidと同じです。 ただ例によってアプリでは設定までできませんので、 Safariなどのブラウザを使って設定を変えなくてはなりません。 ブラウザ版でのログインが必要なので、若干メンドクサイですかね。 センシティブ認定以上にセンシティブなものが表示されたら 仕方ないことではありますが、Twitterが考える「センシティブ」を超えた画像や動画が表示されるケースがたまにあります。 もちろん見たくはないので、非表示にしたいところですが、なにせセンシティブに引っかかってこないため、非表示にすらできないケースもあります。 そんなときの 対処法として、「通報」があります。 この通報は、いわゆるTwitterの運営側がユーザーから集めた情報で、センシティブな投稿を見つけ出すようなものです。 ユーザーが直接モノ申すことができるわけですね。 通報は、通報したいツイートの右上のあるVのマークをタップし、「ツイートの報告」を開きます。 そこから「センシティブな画像を表示している」をタップすればOKです。 また通報した後、そのツイートをしたアカウントをブロックかまたはミュートする設定が行えます。 ミュートとはフォロー解除やブロックを行わずに、特定のアカウントのツイートがタイムラインに表示されないようできる機能です。 ミュートしたことは相手にはわからないので安心です。 またミュートはいつでも解除できます。 ミュート設定について詳しく 先ほども言いましたが、ミュートというのはフォローの解除やブロックではなく、特定アカウントのツイートがタイムラインに出ないようにするための、第三の方法です。 ミュートされたことは相手にはわからない上に、いつでも解除できるのでラクちん。 ミュート済みのリストを表示することもできます。 ミュートの詳細について ミュートにはいくつか覚えておくべきポイントがありますので紹介します。 まず、ミュートしているアカウントでも自分をフォローできる上、自分もミュートしているアカウントをフォローできます。 なんとも奇妙ですが、できるらしいです。 そしてここポイントかも。 ミュートしているアカウントからもダイレクトメッセージが届きますが、プッシュ通知やショートメール通知は届きません。 いちいち通知が届かないので、ウザくなくてよいかも!? フォロー中のアカウントをミュートするとどうなる? フォロー中のアカウントをミュートした場合、そのアカウントからの返信、 ツイートは [通知] タブに表示されます。 それと、ミュートする以前にミュートしたアカウントから送信されたツイートは、ホームタイムラインには表示されなくなります。 そして会話をクリックかタップしたときには、ミュートしているアカウントの返信は表示されます。 フォローしていないアカウントをミュートするとどうなる? フォロー中のアカウントをミュートした場合とは違い、• そのアカウントからの返信や ツイートは [通知] タブに表示されない• 会話をタップしてもミュートしているアカウントの返信は表示されない• ミュートしていないアカウントが、ミュートしているアカウントのコメントをリツイートしたとき、そのツイートは表示されない。 という仕様になっています。 ミュートする方法 <ツイートからミュート>• ツイートの アイコンをクリック• [ミュート] をクリック <プロフィールからミュート>• ミュートするアカウントのプロフィールページに移動• メニューのアイコン…をクリック• オプションのリストから [ミュート] を選ぶ ミュート解除の方法 まず、ミュートしているアカウントのプロフィールに移動します。 ブラウザページの場合は、ミュートアイコンをクリックしてミュートを解除します。 アプリの場合は、[このアカウントのツイートをミュートしています] の隣にある [ミュートを解除] をタップします。 ブロックの機能もおさらい ブロックはミュートとは違い、別のアカウントとのやり取りをコントロールする機能です。 その意味ではミュートよりも厚い盾のようなもので、特定アカウントから連絡が来る、ツイートが見られる、フォローされるのを文字通り、「ブロック」してくれます。 ブロックの詳細 公式サイトからかいつまんでまとめてみましょう。 ブロックしたアカウントはあなたをフォローできない、あなたもそのアカウントをフォローできない• フォロー中のアカウントをブロックすると、フォローが解除される。 相手が自分をフォローしていた場合、相手もフォローが解除される• ブロックした通知は相手に行かないが、相手があなたのプロフィールを見るとブロックされていることがわかる• ブロックしたアカウントからの通知は届かない ちなみにこのブロックは、あなたがログインしているときだけ機能するので、ログインしていないことに気が付かず、嫌な相手のツイートを見てしまって「キィ----」とならないようにご注意ください。 ブロックされるとどうなる 逆にあなたがブロックされた側だとして、何ができなくなるか見ていきましょう。 相手(あなたがブロックされた人)をフォローできない• ログイン状態で相手のツイートを見られない• ダイレクトメッセージを送れない• ログイン状態で相手のフォローアカウント、フォロワー、いいね、リストを見られない• リストに追加できない• 写真にタグ付けできない などが起きます。 ブロックの方法 <ツイートからブロック>• ブロックするアカウントのツイート上部にあるvアイコンをクリック• [ブロック] をクリック• [ブロック] を選んで確定 <プロフィールからブロック>• ブロックするアカウントのプロフィールページに移動• プロフィールページでその他アイコン…をクリック• メニューから [ブロック] を選ぶ• [ブロック] をクリック まとめ 特定のキーワードが含まれるツイートや、特定のアカウントのツイートを見たくない場合、ミュート機能を使いましょう。 ミュート機能を使えば相手に気づかれずに非表示にできます。 嫌いな言葉、嫌いな人のツイートを、セルフセンシティブ判定でブロック! これでTwitterは、もっと、快適になる!.

次の

Twitterでセンシティブな内容を見る方法[iPhone/Android] | blogs.redeyechicago.com

センシティブ 解除 twitter

Twitter(ツイッター)のタイムライン上で、 画像の代わりに、 『センシティブな内容が含まれています』 という文字が表示されるのをよく見ます。 ツイッターのセンシティブな内容って、 どんな内容なのでしょうか? 気になりますよね。 私は、見られない様に設定にしていますが、 センシティブな内容を表示させるための、解除方法と、 解除したのに見れないときの方法について まとめてみました。 ツイッターのセンシティブな内容ってどんな内容? そもそもTwitterが定めている 「センシティブな内容」とは下記のことを指します。 ・写実的な暴力描写 暴力的な犯罪や事故 ・成人向けコンテンツ ・強姦及び性的暴行に関するコンテンツ 性的行為に関連する暴力を描写 ・グロテスクなコンテンツ 暴力などを写実的に描写 ・ヘイト表現を伴う画像 個人画像を加工し、獣のような姿にする つまり「センシティブな内容」とは、 一般的に刺激が強いとされるものが該当します。 Twitterは世界中で利用されているSNSということもあり、 中には暴力的な描写などを好まない人が大勢いるのも事実です。 そのような人にまでセンシティブな内容が表示されないために、 画像や動画を非常時にする機能が導入されているのです。 ただセンシティブな内容の中には、 「そこまででもないような」といったケースもあります。 特に仲のいい友人のツイートや、 人気がありバズッたツイートで、 「センシティブな内容」が適用されるともやもやしますよね。 ツイッター センシティブの解除方法は? Twitterのセンシティブな内容のツイートは、 簡単に解除することができます。 この手順を踏めば、わずか5分で解除できます。 それでは、 Twitterセンシティブの解除方法についてご説明していきますね。 説明することは3つです。 簡単に英語表記から日本語に変更できる、裏技をご紹介します。 では次に、日本語表記に直す手順をご説明しますね。 Twitterのセンシティブ解除は、ipadもiPhoneも同じです。 設定は必ず、web版Twitterを開いて行ってくださいね。 お疲れ様でした! これでセンシティブな内容のツイートも見られるようになります。 次は、Androidの場合です。 そんな時は、 Web版Twitterで言語設定を日本語にしてから センシティブ設定を解除しましょう。 『自分のアイコン』をクリックする 2. 『設定とプライバシー』をクリックする 3. 『日本語』をクリックする 5. 『変更を保存』をクリックする 自分のツイートが表示されなくなった時の対処法 Twitterでは、デフォルトで、 「センシティブな内容が含まれている可能性のあるツイート」 は表示されません。 もし、自分のツイートが表示されない時は、 ツイートに以下の内容が含まれていないか確認してみて下さい。 ・暴力的な内容が含まれている画像や動画のツイート ・アダルトな内容を含む画像や動画のツイート ・差別などのヘイト表現を含む画像や動画のツイート また、自分のツイートを、 「センシティブな内容が含まれている可能性のあるツイート」 として設定している可能性もあります。 「センシティブな内容が含まれている可能性のあるツイート」 を解除する手順は、以下の通りです。 『自分のアイコン』をタップする 2. 『設定とプライバシー』をタップする 3. 『プライバシーとセキュリティー』をタップする 4. 「ツイートするメディアをセンシティブな内容を含むものとして設定する」のチェックを外す Androidでは設定からセンシティブ設定を解除できますが、 iPhoneでは「設定を変更」をタップして、 Web版Twitterから設定を解除します。 自分のツイートが表示されない時は、 センシティブな内容がツイートに含まれていないか確認してみましょう。 ツイッター センシティブ解除したのに見れないときは? 設定したにも関わらずツイートが見れない! という方の原因として考えられるのが、 アプリ内から間違った設定をしてしまっているケースです。 これは自身がツイートした内容が、 センシティブな内容と判断された場合に、 エラーを表示するという設定です。 つまりここにチェックをいれても、 他人のツイートはセンシティブな内容が~というエラー表示のままです。 自分以外のツイートを表示したい場合は、 上記で紹介したSafariからの設定が必要です。 アプリ版からは分かりづらいため、 こちらの設定を誤ってしてしまっている方も多いと思います。 あとがき Twitterのセンシティブ設定解除方法と、 設定してもツイートが見れない場合の対処法についてご紹介しました。 自由に好きな内容をつぶやくことが出来るTwitterですが、 なかには不適切な内容も流れてくることがあります。 ユーザーを守るための機能ですが、 表示されないツイートは内容が気になってしまいますよね。 ぜひ今回ご紹介した方法を参考に設定を行ってください。

次の

Twitterのセンシティブ解除ってどうやるの?2020年最新版|さよみみ部屋

センシティブ 解除 twitter

ツイッターを利用していると、タイムラインの中の投稿で時々「センシティブな内容が含まれている可能性のあるメディアです」という注意がつき、そこに添付されているであろう画像などが見られないことがありますね。 これ自体は、そこに併記されている【表示】を選択すれば内容を見ることは可能です。 けれど、そうやってツイート内容を見ても、そのツイートからタイムラインに戻るとまた「センシティブな内容が~」となって、画像が見られない状態に戻ってしまいます。 こういう時、「どうにかしてこのセンシティブ設定を解除したい!」と考えるツイッターユーザーは多いはず。 結論からいえばセンシティブ設定を解除することは簡単で、解除した後に必要に応じて設定を変えることもいつでもできます。 ここでは、ツイッターのセンシティブ設定の解除方法を、設定の仕組みからお話していきますね。 この「センシティブな内容」とはどんな表現を指すのかというと、暴力的な表現や性的な表現など幅広いものがあてはまるようですが、実際にメディアを表示させてみると大したことはなかった…と拍子抜けすることも多いもの。 この機能の意味は、センシティブな内容かもしれないよとワンクッション置くことで、ツイッターユーザーが予期せず不愉快なメディアを見てしまう事態を防ぐ目的が大きいでしょう。 なので、別にそういうのは問題ないよという人は、センシティブ設定を解除した方がツイッター閲覧が楽になります。 これだけで、それまで「センシティブな内容が含まれている可能性のあるメディアです」と注意が出て表示されていなかったメディアつきツイートも、はじめから画像や動画が表示されるように変わります。 自分の投稿のセンシティブ設定 それと、ツイッターのセンシティブ設定は、タイムライン上の他人のツイートに対して機能するものの他、自分の投稿に関して設定できるものもあります。 簡単にいえば、自分のツイートの画像や動画を、センシティブな内容を含むものとして申告するかどうか?という設定です。 この設定をオンにすることで、自分のメディアつきツイートは他人からは「センシティブな内容が含まれている可能性のあるメディアです」と注意がされた状態で見えるようになります。 つまり、ネット上でよくある「閲覧注意」のような扱いにできるわけですね。 少しショッキングな内容のメディアである場合や、それを見たくないフォロワーもいると予想されるツイートの場合などに、自分の投稿にセンシティブ設定をかけることを知っておくと便利です。 こうすれば、自分が投稿するメディアにワンクッション置くことができる上、見たいユーザーのみが各自【表示】をタップして見ることになるので、ツイート内容が原因でブロックやリムーブをされる事態も減らせるかもしれません。 相手との設定の兼ね合いにもよる ただし、このツイッターのセンシティブ設定は、相手との設定の兼ね合いによって挙動が変わってきます。 なのでいずれにしても、設定を過信しすぎず、ツイートする前には内容を見直してから投稿するようにしたいものですね。

次の