大河 ドラマ 沢尻 エリカ 代役。 沢尻エリカ

沢尻エリカ容疑者の代役絞られた…帰蝶役に貫地谷しほり、水川あさみ、満島ひかりら5人前後に (1/2ページ)

大河 ドラマ 沢尻 エリカ 代役

(33)の降板で混乱が囁かれていた「麒麟がくる」の近況が少しずつ漏れてきた。 沢尻の代役を務める(24)が演じるのは、主人公・明智光秀()の主君・斎藤道三()の娘・帰蝶役(のちの濃姫)。 急ピッチで時代劇の所作を身に付け、12月上旬に撮影に合流したそうだ。 しかし、美濃地方の方言はなかなか難しく、あの沢尻でも慣れるまでに数カ月を要したといわれる。 ところが、川口は専門のトレーナーにマンツーマン指導を受けて何とか収録に間に合わせた。 「川口さんは大変センスのいい女優さんで、短時間のレッスンで美濃弁のコツを体得したようです。 本番でも言葉のミスはほとんどありません」(テレビ関係者) 主演と同格扱いの女優の突然の降板によって、撮影現場は半ばパニック状態に陥ったといわれるが、最終的に「脚本の本筋は基本的に変更せず、帰蝶の出演シーンを大幅に減らす」ことで軌道修正を施す方針が決まったという。 そうすることで、NHKは他の役者への負担はもちろん、時代劇初挑戦となる川口のプレッシャーも最低限に抑えることができると踏んだのだろう。 そのおかげで、当初は硬い表情でスタジオに入ってきていた川口も今では笑顔を見せることがあるそうだ。 また、帰蝶が出演せず編集段階でカットしたシーンを大幅に蘇らせることで「尺合わせ」も行っているという。

次の

沢尻エリカ逮捕で大河ドラマの代役は誰?麒麟が来るの濃姫役は難しい?

大河 ドラマ 沢尻 エリカ 代役

薬物事件の影響で女優沢尻エリカ被告(33)が降板したNHK大河ドラマ「麒麟がくる」が19日、いよいよ始まる。 だが、一連の騒動で撮り直しと放送開始の延期を余儀なくされただけでなく、前年の「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」が同ドラマで歴代最低視聴率を記録してしまっただけに、NHKとしてはもう失敗を繰り返したくない。 そこで視聴率アップの秘策として、女優松たか子(42)のサプライズ起用が浮上しているという。 沢尻被告は昨年11月、合成麻薬MDMAを所持していたとして麻薬取締法違反の容疑で警視庁に逮捕された。 翌12月に保釈。 現在は都内の病院で薬物治療をしているとされ、今月31日の初公判を待つ身である。 NHKは、女優川口春奈(24)を代役に抜てきしての撮り直しを余儀なくされ、大混乱に陥った。 再撮の費用は3億円以上に上るとされる。 当の川口は時代劇の経験がないため独特の所作やセリフまわしなど一から演技指導を受けたが、「致し方ないのですが、現場でかなり浮いてしまっているそうです」(ドラマ制作スタッフ)。 やはり演技は沢尻被告と比べて見劣りしてしまうそうで、「信長の正妻役ということもあって気品があるだけでなく強さも必要なのですが、沢尻と違って川口ではそうした強い女性像を出すことができず、かなり心配の声が上がっていると聞きます」(テレビ関係者)。 私生活にもイチャモンがついたという。 川口は、昨年12月29日にさいたまスーパーアリーナで開催された格闘技団体ベラトールの大会にお忍びで来場。 交際相手でRIZINのお祭り男こと矢地祐介(29)の応援に駆けつけたが、「川口がカメラで映されると、会場は騒然となりました。 大河がスタートする前の大事な時期に、危険なイメージがある格闘技の試合会場に足を運んだことは、ドラマにとってマイナスイメージにつながりかねないのではないか…と、NHK局内では心配の声が上がっている」(芸能プロ関係者) また、前年の「いだてん」の二の舞いも危惧されている。 同作は全47話の平均視聴率が8・2%とドンズべリ。 1桁は大河史上初で、もちろん歴代でもワーストを更新した。 松のサプライズ起用だ。 「役どころは未定ですが、松など過去に大河に出演した大物女優を視聴率対策で担ぎ出すのではないか、とささやかれ出しました。 松は大河ドラマ『秀吉』(1996年)で秀吉の側室となる茶々役を演じて高い評価を得ており、今回白羽の矢が立つのではないかと言われています。 ドラマスタート後、沢尻が出ていれば…と言った論調が高まらないためにも初回から高視聴率を取らなければと、スタッフの士気は高まっています」(前同) 今年の大河には、がぜん注目が集まりそうだ。 (視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区).

次の

沢尻エリカの大河ドラマ代役候補は誰か予想!濃姫はのんか剛力彩芽が有力?

大河 ドラマ 沢尻 エリカ 代役

沢尻エリカの逮捕で大河ドラマを降板 濃姫の代役について「サンケイスポーツ」は次のように報じています。 沢尻エリカ容疑者(33)が出演予定だった来年(2020年)1月5日スタートのNHK大河ドラマ「麒麟がくる」は、 代役を立てて撮り直すことが17日、分かった。 この日、 制作側が出演者側に事情を説明して謝罪。 代役について、 別の関係者は 「放送まで時間がないので、 まず 時代劇経験が豊富で、 所作などが身についていることが必須条件。 また濃姫役にふさわしく、 りんとした雰囲気を持ちつつ奥ゆかしさのある人。 乗馬もできる人でないといけない」 と選考を急いでいる。 (2019年11月18日配信) 上記の通り、代役の選考基準として「乗馬」が挙げられています。 恐らく、「麒麟がくる」の中では濃姫の乗馬シーンが既に存在しているため、乗馬スキルが必須なのでしょう。 また、時代劇に出演したことがあることを条件に挙げており、代役の選考は難航しそうです。 世間の反応 こういう事態を避ける為に、 事務所側も気をつけるべきでしたよね。 前から薬物の噂があったのだから。 定期的に薬物検査を実施する事務所もあるのに、 なぜそれをしなかったんだろう? 大河で多くの人が関わり、 たくさん投資されてるのだからすべきだったでしょう。 薬物に甘い事務所だと思われても仕方ない。 場合によっては、 事務所関係者の家宅捜査してもいいんじゃないでしょうか…? 『濃姫役にふさわしく、 りんとした雰囲気を持ちつつ奥ゆかしさのある人。 また濃姫役にふさわしく、 りんとした雰囲気を持ちつつ奥ゆかしさのある人 なら最初からそういうひとを配役しなさいよ… 代役は誰?予想(1) ネット上では早くも濃姫の代役を務める女優の予想合戦が行われており、様々な人物の名前が挙げられています。 芸能評論家の佐々木 博之氏によると、以下の 4人が代役として考えられるようです。 芸能評論家の佐々木博之氏がこう言う。 」 「パッと思いつくのは、 橋本愛さん、菜々緒さん、 二階堂ふみさん、乃木坂46の白石麻衣さんあたりでしょうか。 」 「ただ、二階堂さんは来年(2020年)の朝ドラ『エール』で ヒロインを務めることが決まってますし、 白石さんは 演技力が未知数。 いずれも帯に短したすきに長しといった印象です。 代役は誰?予想(2) 前項ではプロの目線から見た代役を取り上げましたが、ネット上では以下の人物の名前が挙がっていました。 高畑充希ちゃんが「引っ越し大名」でギャロップに近いスピードで乗ってたけど そもそも鬼スケジュールだろうから無理だろうな。 っていうか最初から満島ひかりがいいし、 満島ひかりの演技をテレビで見たいよ。

次の