北斗天昇 天井期待値。 北斗の拳天昇 有利区間継続時の恩恵|天井短縮+ゾーン強化+AT突入率アップ+ATレベル優遇

【北斗の拳 天昇】天井短縮後の期待値ってそこまで高くないの知ってました??

北斗天昇 天井期待値

有利区間リセット後200G間はほぼ当たらないので、少しハマるだけでも天井期待値はかなり高くなります。 しかしあくまで理論上の数値なので、状況によって下がる場合があります。 昇舞魂や世紀末ポイントがあまり貯まっていない• 通常ステージで雨・雪が降っていない• 前任者がザコ断末魔のモード示唆を見てやめている これらはすべて、 理論上の期待値よりも下がる要因になります。 天候変化が発生していない台は通常Aの可能性が高くなり、天井期待値も下がるので少しボーダーを上げるのが無難ですね。 さらにnoteでは、以下のような詳細な期待値も公開しています。 設定2の天井期待値も全パターン網羅 上記7パターンの期待値は、設定1だけでなく設定2でも算出! 設定2は実際のホールでも非常に使われやすい設定ですが、設定1に比べて天井期待値はどのように変化するのかを大量実戦値を元に数値化しています。 (今のところ50枚貸し-56枚交換、47枚貸し-53枚交換に対応) 再プレイ制限のある店舗でも、条件に応じた最適な立ち回りができます。 10G区切りの期待値詳細版 全パターン10G区切りの詳細版も掲載しています。 隠されたハマり恩恵を限定公開 まだ解析が出ておらず、僕がブログやTwitterでも言っていない隠されたハマり恩恵について解説します。 北斗の拳天昇の本当のバブルとは? ただのハイエナでも設定狙いでもない。 北斗天昇の本当のバブルについて解説します。 さらに近日中に• 閉店時間を考慮した期待値 も追加予定! この天井期待値完全版noteは、の中で公開しています。

次の

北斗の拳天昇・天井期待値を5種類算出しました!(12/11無料化)【①有利1回目ver ②有利2回0~400後ver ③有利2回400~600ver ④有利2回600~700後ver ⑤有利1回400~|くろっく@期待値考察|note

北斗天昇 天井期待値

一見すると無謀に思えるが、実は 余裕でプラスになります。 もちろん欠損額は相応のものになります。 とはいえ、元々の期待値が大きいわけです。 元々の期待値が4019円、欠損する額が2203円。 欠損を差し引いても余裕のプラスです。 ・350G-有利1回目-残30分 ・550G-有利2回目 650天井 -残15分 ・50G-有利2回目 450天井 -残40分 ・100G-有利2回目 250天井 -残20分 上の例4つも全部打って良いです。 パッと見は厳しそうだけど、実は余裕で打てます。 こういうのに遭遇したら、閉店ストップ覚悟で打っちゃいましょう。 もちろんAT取り切れずに出くわす確率は高いでしょう。 とはいえ、それでも打って良いわけです。 稼働の目的は「閉店取り切れずを回避する」ではなく「期待値を積む」ことですからね。 どれだけ取り切れず発生率が高かろうとも、そこを加味しても期待値は余裕のプラスならば何も問題ないわけで。 北斗天昇はかなり遅くからでも超積極的に攻めちゃいましょう。 では、ここらへんで。 noteにて 番長3の期待値を細かく出してます! ・ベル個数別の天井期待値 ・通常時&ART後の対決間天井期待値 ・対決間ゾーン期待値 ART後 ….. 実際に打ってる体感としてもこれで問題ないです。 そもそも「前400〜600の0Gはマイナス」なんて言説は聞いたことが無いです。 何を根拠にマイナスと言ってるのかが見当がつきません。 額としてはショボいので体感的には荒れますよ。 そうなると、たまたま下に荒れたからって「期待値マイナスだ!」と言う人が出てきても不思議ではありません。 激闘ボナ敗北後は通常時1〜3G回さないと消灯しません。 この点灯1〜3Gに中段チェリーを引けばAT直撃確定です。 なのでこの1〜3Gは期待値大プラスなので必ず回す必要があります。 ちなみにAT後は終了画面ヤメでOKです。

次の

北斗の拳天昇の天井恩恵や期待値・狙い目は?プラスのやめどきやハイエナゲーム数も解説!

北斗天昇 天井期待値

一見すると無謀に思えるが、実は 余裕でプラスになります。 もちろん欠損額は相応のものになります。 とはいえ、元々の期待値が大きいわけです。 元々の期待値が4019円、欠損する額が2203円。 欠損を差し引いても余裕のプラスです。 ・350G-有利1回目-残30分 ・550G-有利2回目 650天井 -残15分 ・50G-有利2回目 450天井 -残40分 ・100G-有利2回目 250天井 -残20分 上の例4つも全部打って良いです。 パッと見は厳しそうだけど、実は余裕で打てます。 こういうのに遭遇したら、閉店ストップ覚悟で打っちゃいましょう。 もちろんAT取り切れずに出くわす確率は高いでしょう。 とはいえ、それでも打って良いわけです。 稼働の目的は「閉店取り切れずを回避する」ではなく「期待値を積む」ことですからね。 どれだけ取り切れず発生率が高かろうとも、そこを加味しても期待値は余裕のプラスならば何も問題ないわけで。 北斗天昇はかなり遅くからでも超積極的に攻めちゃいましょう。 では、ここらへんで。 noteにて 番長3の期待値を細かく出してます! ・ベル個数別の天井期待値 ・通常時&ART後の対決間天井期待値 ・対決間ゾーン期待値 ART後 ….. 実際に打ってる体感としてもこれで問題ないです。 そもそも「前400〜600の0Gはマイナス」なんて言説は聞いたことが無いです。 何を根拠にマイナスと言ってるのかが見当がつきません。 額としてはショボいので体感的には荒れますよ。 そうなると、たまたま下に荒れたからって「期待値マイナスだ!」と言う人が出てきても不思議ではありません。 激闘ボナ敗北後は通常時1〜3G回さないと消灯しません。 この点灯1〜3Gに中段チェリーを引けばAT直撃確定です。 なのでこの1〜3Gは期待値大プラスなので必ず回す必要があります。 ちなみにAT後は終了画面ヤメでOKです。

次の