タロット カード 意味。 タロットカード・女帝のカードの意味【相手の気持ち・恋愛・仕事】│ステップアップブログ

魔術師の意味(正位置・逆位置)|恋愛・相手の気持ち・復縁などの悩み別解釈例で分かるタロット解説

タロット カード 意味

1996年7月にタロット占いサイト Lyrical Cards はオープンしました。 それから四半世紀、尾瀬はサラリーマンを退職し、占い師として活動。 さらに心理学スクールの運営まで成長することができました。 これもサイトを支えてくださったみなさまのおかげです。 ありがとうございます。 好きなことを自分らしくやれば、夢は叶う。 それを実現してくれたのがこのサイトです。 まだインターネットが電話回線だった時代からコツコツ積み重ねたサイトでしたが、今はスマホの時代。 少しずつレスポンシブ対応にしています。 みなさまの学習、一人占いにお役立てください。 水道橋事務所で占い師をしていた頃 後ろは裁断される前のタロットカード このサイトについて このサイトは、ウエイト版タロットカード(大アルカナ、小アルカナ)の意味と物語を掲載しています。 大切なのは、 タロットカードには絵が描かれているということ。 カードに意味があるのではなく、カードの絵を見て感じたことが、「そのときの」「その課題に対しての」意味、気づきのヒントになります。 だから、「魔術師のカードは、始まり、若者、創造…」と 覚えるものではありません。 タロットカードの種類が違えば違う意味を感じるはずです。 ウエイト版のタロットカードは非常にシンプルで分かりやすく、統一性を持って描かれています。 それらの論理を学んだ上で、自由に感じ取ることが大切です。 私たちは、いつも正しさに縛られて感じることを制限しています。 タロットカードの意味を知る二つの視点 このサイトではタロットカードの意味を感じ取りやすいように、左脳的な視点(分析)と右脳的な視点(物語)の両面で解説しています。 左脳的な視点• 象徴、色がどのように使われているか• 人物と背景がどのように配置されているか タロットカード一枚の絵を客観的に、論理的に分析し、さらに他のカードとの関係や繋がりなどもしっかり解説しています。 《補足》 ウエイト版を世に出した二人、のネイタルはQ(1857年10月2日)。 画家ののネイタルはO(1878年2月16日)。 ウエイト版がシンプルで矛盾がなく、統一性がありながら独創的なもなのであることが分かります。 右脳的な視点• 人物に焦点を当てて物語を作る(なぜそこにいて、何をして、何をしようとしているのか)• 人物と自分を重ね合わせることで、その物語をどのように展開していきたいのか タロットカード一枚の絵から物語を作り、さらに他のカードと関係して物語の展開や自己成長を感じ取れるように、わかりやすく解説しています。 こちらもお読みください ご質問などございましたらこちらからどうぞ。 タロットカードに関する一般的な質問はサイト内でも回答いたします。 遠慮なくお寄せください。 既存ページへのリンク レスポンシブ対応予定のない(できない)ページへのリンクです。 (スマホで見ることも可能です) 一日のできごと、恋のヒント、あなたへのことばの3種類のおみくじが引けます。 (大アルカナ、小アルカナ、コートカード) 総合、デート、仕事、テスト、ファッションの5種類の今日のヒントです。 (大アルカナカードのみ) ホロスコープの基本的なことを記してあります。 Lyrical Cards 時代の日記です(レスポンシブ対応)。 それ以前はこちら。 ご期待ください!(さらに詳しい解説で登場します!) 2020. 04 リニューアル 2020. 03 リニューアル! 2020. 29 リニューアル! 2020. 26 リニューアル! 2020. 24 リニューアル! 新着記事 当サイトはUS. GAMES社からウエイト版タロットカードの画像の使用許可を得て運営しております。 Illustrations from the Rider-Waite R Tarot deck reproduced by permission of U. Games Systems, Inc. , Stamford, CT 06902 USA Copyrights 1971, 1985 and 1996 respectively by U. Games Systems, Inc Further reproduction prohibited. The Rider-Waite Tarot Deck R is a registered trademark of U. Games Systems, Inc.

次の

タロットカードの数字と意味|マルセイユタロットで占うコツは数字がカギ!

タロット カード 意味

【カードの絵の解説】 A.カードの中央で男性が1本の生きた木に逆さ吊りにされています。 生きた木は、若葉が生えており、希望がないわけではないことを表しています。 B.吊るされた男性の足は、卍型をしています。 これは十字架の一種であり、回る太陽であり、四方へ向かって旋回することを意味すると共に、あきらめも意味しています。 C.吊るされた男性の頭の後ろには輝く後光があり、これはキリスト教で栄光と栄誉を表すものとされています。 また人間に超越的なパワーを与えるものでもあるのです。 D.この男性は自分が吊るされることで、多くの人が救われるようになることを知っています。 吊るされた男性の足をくくっているのは、柔らかそうな紐です。 自分で紐をとくこともできるのに、それをしていないのは、彼を吊るした人の立場を考えて、吊られたままになっているのです。 E.吊るされた男性は、靴を履いたままです。 これは吊るした人物が紐をほどいたときに、男性がすぐに歩けるように考慮して、履かせたままにしてあり、この男性と吊るした人間の間には、信頼関係が存在しているのです。 吊るし人のカードの意味 吊るされた男性は、逆らえないことを悟ってどうにもできず、今は苦しみに耐えながらも試練を受け入れている姿です。 一方、他人のために自分が吊るされることで事態は良い方向に向かうだろうと考える、自己犠牲も表しています。 そして自分の試練を通して、やがてはチャンスが訪れ、夢も実現することもできるということを、自己犠牲を通して多くの人に訴えかけているのです。 吊るし人のキーワード 【正位置】 ・忍耐 ・試練 ・努力 ・抑制 ・自己犠牲 ・試行錯誤 ・妥協 【逆位置】 ・自暴自棄 ・エゴイズム ・浪費 ・骨折り損 ・徒労 ・痩せ我慢 ・盲点 吊るし人の正位置の意味 【恋愛】 献身的な愛を表し、ひたすら相手に尽くす恋愛です。 カップルにとっては倦怠期を迎えているかもしれません。 また、なかなか進行しない仲を表しています。 愛情を取ると、何かが犠牲になってしまうこともありそうです。 【仕事】 実力が問われるときです。 目先のことに囚われず、自分の持つ知識や技術を磨くことを心掛けてください。 奉仕関係、介護職などに縁がありそうです。 【金運】 今はお金を動かすときではありません。 動かすにはそれなりの資金力が必要となるでしょう。 無理をせずに、先のことを考えて計画を充分に立てておく時期です。 吊るし人の逆位置の意味 【恋愛】 相手にふりまわされたり、相手の態度に我慢ができなくなりそうです。 また一生懸命尽くしても、浮気をされたり、報われない愛で終わってしまいそうです。 【仕事】 やりたくない仕事をまかされたり、不得意な仕事がまわってきてしまいそうです。 仕事を投げ出したい気持ちになりますが、そこを耐えて、良い勉強だと思って頑張れば、将来役に立つことが起こります。 【金運】 浪費癖がついてしまったり、気が乗らないのに誘われて投資やギャンブルをして失敗してしまいそうです。 金銭管理をしっかりとしましょう。 ワンオラクルによる占い 質問を心に思い浮かべ、78枚あるタロットカードから1枚だけ引いて占う方法をワンオラクル・リーディングと呼びます。 質問を決めたら、シャッフルをして心を平静にしてから1枚引いてください。 そのときに「吊るし人」が出たらどのような回答が考えられるでしょうか? 【YESかNOかという質問の仕方】 タロットでは、基本的に正位置がでるとYES、逆位置が出るとNOと見なします。 カードの種類で判断するのであれば、「吊るし人」はNOを意味します。 【今日の運勢】 今日は何をしてもうまくいきません。 邪魔が入るか、身動きが取れなくなってしまいます。 無理になんとかしようとせず、こんな日はリラックスしてできることだけやっておきましょう。 【ファッション】 地味めの普段着がおすすめです。 ジーンズにパーカーなど、カジュアルなファッションでまとめてみてください。 ラッキーカラーは青です。 【食事】 自炊するのにぴったりな日。 得意料理を多めに作って冷凍保存しておきましょう。 お料理が得意でなければ、コンビニなどでお弁当を買ってきて、家で食べましょう。 【ラッキー・スポット】 人里離れた場所や、車ででかけるような田舎がおすすめです。 混雑する場所は避けてください。

次の

タロットカード・女帝のカードの意味【相手の気持ち・恋愛・仕事】│ステップアップブログ

タロット カード 意味

タロットカードの数字の意味まとめ タロットカードの数字の意味:「1」 数字の「1」は、 物事の始まり、 スタートを意味します。 また、「 節目」や「 (ひとつに)まとめる」という意味もあり、物事の基礎のキ、を成す数字です。 ちなみに、「1」は物事の基礎となる部分であり、それ以降の可能性も示唆しますが、「唯一」という言葉があるように、他を排除する性質も同居します。 ネガティブに作用すると「それだけ」「絶対的」という性質が強くなってしま」うことがあります。 なお、「1」は奇数ですから、自ら動く能動タイプ。 この数字の意味を受け取るためには、自分が主体となり動くことが求められます。 タロットカードの数字の意味:「2」 数字の「2」は、相対性を表します。 ただし、自分以外の「他」を知ることができるだけで、「二者択一」や「客観的な視点」に立つわけではありませんから、選択する、という意味はありません。 一方的に 「わたしとは違うものがある」という比較をするだけの数字です。 とはいえ。 「自分」と「自分以外」があってはじめて、世界の認識が広がります。 ですから「2」は 潜在的な可能性を秘めている数字です。 「2」は偶数ですから、受動的です。 自ら動くことはないため、選択や決断を意味することはありません。 どちらかといえば、選択や決断をするために慎重に考える、ことを意味するカードです。 タロットカードの数字の意味:「3」 数字の「3」は、 生産や 創造を意味します。 豊かさの象徴となる数字です。 ここでようやく、「自分」と「自分以外」の視点が生まれることになります。 物事を 客観できる目が持てるようになることもそうですが、自分と自分以外を組み合わせることで「まだ見ぬ何か」を生み出せるようになります。 具体的にいうと、「子どもを産む」ことや「新商品を開発する」ことを示唆します。 「3」は奇数です。 新商品、もちろん恋愛も出産も、自分で動かなければ手に入れられないものだといえます。 タロットカードの数字の意味:「4」 数字の「4」は、 安定や 定着を表します。 物事が 普及をし、定着することで基盤ができあがる、という数字です。 ただし、普及と安定ばかりを強調しすぎると、「みんないっしょ」が行き過ぎます。 大が小を食らうことで、個性を排除しようとする動きを生じさせます。 支配的になる一方で、平均化されることを良しとし、自由が妨げられることがあります。 「4」は偶数ですから受け身のタイプ。 支配的になる、といっても、攻撃的な面はありません。 内側まで価値観が浸透していくことで「みんないっしょがいい」という思い込みができあがり、それによって個性がなくなってしまう、そんなイメージに近いように思います。 タロットカードの数字の意味:「5」 数字の「5」の本質は「 外に放つ」というところにあります。 キーワードは「 自己主張」「 遊び」「 自由」「 こども」です。 自己肯定の高さを表す数字ですが、外の影響をはねのけるほど自己主張が強く、「個人の満足」を第一義とします。 他を排除する、というよりも、「自分」に対する思いが強すぎるため、他に気を配ることができないのです。 「5」は奇数ですから、自ら動く、が基本姿勢にあります。 「5」という数字をつかむには……3歳ぐらいの子どもをイメージすると、「5」の特徴をつかみやすいかもしれません。 タロットカードの数字の意味:「6」 数字の「6」は、 環境との結びつきや 選択を表す数字です。 「相手によって自分も変わる」という相対性が強調されます。 また「6」は偶数ですから受け身です。 つまりここでいう「選択」は、環境からの働きかけによって、あるいみ、「 そうなるべくして選ぶ」という捉え方になります。 選択肢となるいくつかの対象と自分との間で揺れ動くイメージになりますが、自分以外の「他」の想いを汲み、配慮するがゆえ。 繊細で気遣いができるからこその揺れ動きです。 タロットカードの数字の意味:「7」 数字の「7」の基本は、「 目的に向かって突き進む!」ことにあります。 行動行動行動!!! と連呼したくなるような積極的な数字でもあります。 ただし、行動ができるのは、 向かうべき目的があるから。 それは「夢」であったり「目標」であったり、「使命」といってもいいのかもしれません。 今の状況と目指したいところにギャップがあればあるほど、積極的な働きかけができるのです。 奇数で能動的ですから、ここでいう「行動!」には攻撃的な印象を持ってしまうかもしれません。 ただ、その根底には、 現実と理想のギャップに葛藤している姿があります。 目指す目的地に向かうために、勝ち続ける義務を自ら負うことで、目の前に立ちはだかる高い壁をも超える突破力を養うのです。 タロットカードの数字の意味:「8」 数字の「8」は、 力の集中や 圧縮を意味します。 「 凝縮する」といってもいいかもしれません。 これまでに手に入れた力や、 溜めこんできた経験からの智慧を使って物事を判断します。 判断力や 説得力があることを示唆し、また、物事を見る目が養われていますので、何事にも動じず冷静な対応ができることを表します。 「8」は偶数ですから、自ら先頭を切ってあれこれ指図をする、というよりも、どちらかといえば、誰かに頼まれて、相談されたから、あるいは、客観的にみて対処した方がいいから、具体的な智慧を出す、受け身のイメージです。 タロットカードの数字の意味:「9」 数字の「9」は、 総合や 総和を意味します。 これまでの「1」~「8」の過程を 総括する数字です。 これまで積んできた具体的な知識や経験を広い視点で総括します。 物事を抽象的に捉えることで、もっと柔軟に対応できることはないかな? あそこにも応用できないだろうか? と考えることができるからです。 ただし「9」は奇数です。 自ら動く性質を持ちますから、考えて終わり、ということではなく、自分からそれを試そうと動きだします。 ただし、「9」ではその結果はでてきません。 「9」で表されるのは、応用しようと動くまで。 結果は、その次の段階である、数字の「10」まで持ち越しです。 タロットカードの数字の意味:「10」 数字の「10」は、どんな形であれ、 なんらかの結果が現れることを示唆する数字です。 たとえば、仕事での具体的な成果……昇進や栄転、あるいは、転職など。 自分の思い通りになる、とは限りませんが、少なくとも、これまで取り組んできた物事が結実することを意味します。 また数字の「10」は、ひとつの到達点を表すため、「終わり」と同時に、ここから次の段階へ進む「始まり」を含みます。 そのため、「結果」以外に、「 チャンス到来」「 好機」という意味も持ちます。 数字の「0」や二桁以上の数字はどう読めばいい? 「0」は、なにも「ない」ことを表します。 なにも「ない」のですが、「0」という形として表されるだけに、ここでは「1」の前準備である、と捉えます。 また、特に「10」は、「1」から「9」の結果を表わすことになります。 具体的には、「実現・チャンス・終焉・実績」などの意味があてはめられます。 ところで、この後に続く二けたの数字は、桁数の数字を足していき「1」から「9」までの数字に還元する方法を用いて、数字を一桁にして考えてみてください。 ただし二桁の数字を一桁にした場合は、もとの「1」~「9」とはニュアンスが変わります。 もともと10番台であったものは、<2番目の「1」~「9」>という捉え方をします。 つまり、もとの「1」~「9」の意味を含みつつも逆相するのです。 たとえば、数字の「11」は、一桁にすると「2」になります。 もともと「2」は過去の価値観を大切にする数字であり、受動的で内向きでした。 しかし「11」になると、これまでの積み上げてきた過去の価値観に「NO」を突きつけます。 またそれは外に向かいます(もともと「11」は奇数です)から、社会的な変革を望みます。 占星術になじみがある方であれば、11番目のサイン「みずがめ座」からも「11」という数字に含まれている意味は連想しやすいかもしれません。 さて20番台は、<3番目の「1」~「9」>となります。 ここでは、もともとの「1」~「9」と、<2番目の「1」~「9」>の中庸となり、より発展的な立場をとります。 簡単にいえば……両方のいいとこどりをする、ということです。 タロットカードの意味一覧(大アルカナ22枚) タロットカードの意味を一覧にまとめています。 ここには、マルセイユタロットの大アルカナ22枚について網羅しています。 また、各カードの詳しい解説もあります。 ぜひ、参考にしてみてください!• タロットの数字の意味を知っておくと、占星術や数秘の理解も深まります。 また、タロットを習い始めたばかりの方であれば、カードの意味をひとつずつ覚えていく前に、数字の理解を進めた方が、断然、効率的。 なにより、小アルカナは、数字と象徴(火・地・風・水)との組み合わせで読んでいきますから、数字の理解は必須です! マルセイユタロットは特に「数字」を押さえよう! ライダー版であれば、カバラの思想が色濃く反映されていますが、マルセイユタロットの場合、その製作者の意図は、ライダー版のように特定することができません。 ですので、ここは古代の哲学ともいえる「数字」を基礎に、カードを読み解いていくといいのではないか、と思います。 せっかく、カードに「数字」がついているのですから! 「数字」についてみるときは、このような本たちもおすすめです。

次の