マシュー ヒーリー。 【本日のブーメラン】韓国の国旗を踏みつけたロックバンド 韓国ファンから抗議うけ「早く地獄から立ち去りたい」 韓国ネット「国旗を冒とくすることは相当な侮辱」「他国の国旗を踏みつけたらその国の人たちが黙っているわけない」…オイオイ!!!

The 1975『i like it when you sleep~』:「世界はこの作品を必要としている」by マシュー・ヒーリー

マシュー ヒーリー

The 1975のフロントマン、 マシュー・ヒーリー が、80年代への愛、好きな人物、2016年という時代にロックスターであることの意味などを徒然に語ってくれた。 ある火曜日の午後にロンドンから電話をかけてきたThe 1975のマシュー・ヒーリーは、犬の散歩、歌のレッスン、弟とのくつろぎタイム、バンドのメンバーとワールドツアーのリハーサルといった具合に、彼ならではの休日を楽しんでいた。 The 1975は、2013年に予期せぬヒットを記録した、ドラッグとセックスについての告白曲が詰まったセルフタイトル作をリリースした後から、ほぼノンストップでツアーを行ってきた。 そして、『The 1975』に続くアルバムとして2016年にリリースされた『君が寝てる姿が好きなんだ。 なぜなら君はとても美しいのにそれに全く気がついていないから。 』は、全米アルバムチャートで1位を制覇した。 The 1975の結成は14年前に遡ることができるが、彼らの音楽が初めて世にリリースされたのは、それから10年の年月が経ち、幸いにも彼らがエモを卒業してからのことだった。 「13歳から24歳まで、僕たちは毎日一緒に過ごしてた」。 こうマシューは言う。 「本当の兄弟よりも多くの時間をね。 バンドは、僕たちのグループの核になったんだ。 そのことは、マイナスに作用しましたか?多くの人が、音楽ビジネスにおいて、ものすごく有利に働いたと考えたでしょ? そのことについては、かなり早い段階で乗り越えなきゃいけなかったんだよね。 そうじゃなかったら、僕のエゴにすごくダメージを与えただろうから。 人の信頼性をその人の両親がどんな人かってことだけで判断するなんて、できっこないんだ。 もし、昼間のテレビ番組に両親が出演している人が、ナンバーワン・アルバムへの鍵を握ってるっていうなら、僕、そのことについて本を書いて大富豪になるよ。 ありがたいことに、アメリカでは全く違う状況でね。 そっちだと、僕は有名だけど母親はそうじゃないから、滞在するのが楽しいんだ。 フィル・コリンズが大好きなんだ。 僕たちは自分たちのアルバムについて語る時、いつも80年代の話をするんだ。 ポップは自己認識と皮肉、それからダサいことへの恐れからそれほど邪魔されてなかったんだよね。 僕たちは常にその時代から影響を受けようとしてるんだ。 想像上のアメリカと比べて、どうでしたか? 全て想像通りだったけど、ベーコンの量は想像以上だった。 シカゴのフード・フェスティバルで、クリスピー・クリーム・ドーナッツ2つで砂糖漬けベーコンを挟んだハンバーガーを食べたんだ。 薬でハイになってる16歳だったら、美味しく感じるかもしれないけど、僕は一口で無理だったね。 アメリカの大麻の方が良いってことは、ずっと知ってたけど、どれだけ良いかってことは知らなくてね。 ナグは漫画かってくらい、本当にデカい。 悪夢だったよ。 ウォッカをボトル3本飲んだ気分だった。

次の

英ロック・バンドThe 1975のマシュー・ヒーリーが太極旗を踏んだ写真を公開

マシュー ヒーリー

Photo: GETTY ドラマ「コロネーション・ストリート」への出演で知られる女優で、ザ・1975のフロントマンであるマット・ヒーリーの母親のデニース・ウェルチは、マット・ヒーリーが自身のヘロイン中毒との闘いを公にしたことについて、彼が「真実」を語ったことを「誇りに思っている」と語っている。 マット・ヒーリーは先日、来たるバンドの新作『ネット上の人間関係についての簡単な調査』のレコーディングに取りかかかる前に、バルバドスにあるリハビリ施設で治療していたことを明かしている。 マット・ヒーリーは『Q』誌との新たなインタヴューの中で、ヘロインのせいで「作曲家、人間、友人、パートナー、息子としてひどい存在になってしまった」と語っている。 「母親に謝りたいと思っているんだ」とマット・ヒーリーは語っている。 「親だったら、子どもにその種の問題(依存症)があって、考えないようにするなんて無理なわけでね。 『うん、なぜだ』って……自分の責任だと感じてしまうんだ。 分かるかな? 実際にはまったく責任がなくてもね」 デニース・ウェルチはITVの「ルース・ウィメン」に出演して、マット・ヒーリーの薬物中毒との闘いについて語っている。 「マットが薬物の問題を抱えていた時期は、私も葛藤があったわ。 知っての通り、あの子ももう29歳だから」とデニース・ウェルチは語っている。 「あの子は去年になって、自分が問題を抱えていることに気がついたの。 ずっとワールド・ツアーに出ていたから、私はほとんど会っていなかったんだけどね」 「息子を違う世界に連れて行かれてしまったような心地だったわ。 だから、薬物のせいで息子がどうなっていくのかをただ見ていたというわけではないのよ。 私が去年ロサンゼルスにいた時に、あの子からリハビリに行くっていうことを聞いたの」 デニース・ウェルチは続けて、マット・ヒーリーが幼少期に見て育ったであろう自身の「恥や後ろめたさ」に言及して、できることなら彼の幼少期を「やり直してあげたい」と語っている。 「だから、彼が薬物の問題を抱えていると知った時はとても辛かったわ」と彼女は続けている。 「母親というのは、何か別のことをしてあげられなかったのかって、いつも自分を省みてしまうものなの」 「あの子からその話を聞いた時、私はすごく嬉しかったし、誇りに思ったわ。 打ち明けてくれたことをすごく誇らしく思ったの。 彼は自分の問題を公にすることに決めた。 楽曲を書くことで公にすることを決めたのよ。 薬物との闘いを曲にすることにしたの」 彼女は次のように続けている。 「すごく誇りに思うわ。 今ではすっかりクリーンよ……あの子は素晴らしい青年であり、息子であり、兄弟なの。 今週LAから帰ってくる予定なんだけど、会うのが待ちきれないわ。 打ち明けることを決意したあの子を、とても誇りに思っているの」 マット・ヒーリーは2016年にリリースした『君が寝てる姿が好きなんだ。 なぜなら君はとても美しいのにそれに全く気がついていないから。 マット・ヒーリーは『Q』誌とのインタヴューの中で亡くなったマック・ミラーについても言及している。 マック・ミラーは現地時間9月7日にサン・フェルナンド・ヴァリーの自宅で意識不明のところを発見されている。 マック・ミラーはドラッグのオーヴァードーズで亡くなったと見られている。 享年26歳だった。 マット・ヒーリーはマック・ミラーについて、2014年にオーストラリアのフェスティバルで出会って以来「少しだけ」知っているとした上で、彼の死には「かなり動揺した」ことを明かしている。 「ただ悲しかったよ。 彼は素敵な人だったんだ。 才能に満ちていたしね」と彼は語っている。

次の

【本日のブーメラン】韓国の国旗を踏みつけたロックバンド 韓国ファンから抗議うけ「早く地獄から立ち去りたい」 韓国ネット「国旗を冒とくすることは相当な侮辱」「他国の国旗を踏みつけたらその国の人たちが黙っているわけない」…オイオイ!!!

マシュー ヒーリー

Matthew Healy( マシュー・ヒーリー) (ギター・ヴォーカル) Adam Hann(アダム・ハン) (ギター) Ross MacDonald(ロス・マクドナルド) (ベース) George Daniel(ジョージ・ダニエル ) (ドラムス) バンド結成の経緯 結成当初のオリジナルメンバー4人で楽曲制作を続ける彼ら。 それでは、The 1975は一体どのように結成されたのでしょうか? 女優・TV司会者の母デニース・ウェルチと俳優の父ティム・ヒーリーを両親に持つフロントマンであるマシュー・ヒーリーは、ロンドンで生まれ育ちました。 メンバーとは2002年に、高校で出会い、現在の『The 1975』を結成。 元々は退屈しのぎでバンド活動を始めたというマシュー・ヒーリー。 しかし、バンドはメキメキと頭角を現していき、2011年にはレコードレーベルと契約を交わし、2012年にはEP 『Facedown』をリリースする事となります。 結成から彼らの曲が世に放たれるまで、10年を要したことになります。 Woman そのEPに収録されている1曲 『Woman』 既にこの頃から非常に洗練されたテクニックと感性を持っていたことがよく分かる1曲です。 彼らの音楽性はポップロックにカテゴライズされながらも、インディーな香りや神秘的で幽玄な響きを放つものとして、唯一無二のバンドとして評価されるようになりました。 マシュー・ヒーリーはトーキング・ヘッズやマイ・ブラッディー・バレンタイン、マイケル・ジャクソンに音楽的な影響を受けたと公言しているほか、『ホームアローン』シリーズやブレックファスト・クラブを手掛けた映画監督の「John Hughes」(ジョン・ヒューズ)から多大なインスピレーションを受けているとも述べています。 タイトルもサウンドも甘い香りを放つ 『Chocolate』 この曲がキッカケで彼らの音楽に夢中になった人も少なくないはずです(私がその一人ですから)。 しかし、 この「チョコレート」は大麻を婉曲表現したもの。 歌詞も、大麻を車に隠す青年が警察から逃れる様子を描いたものです。 マシュー・ヒーリーはこの曲を、「町の権力者に対するラブレター」と表しています。 この動画に寄せられた海外のコメント オッケー、おさらいしていこう。 「chocolate」が意味するものは大麻、「guns」が意味するものはヘロインの注射針。 彼は警察から逃げ回っているのよ。 彼は歌う時には、ブリティッシュのアクセントが無くなってしまうんだ。 Girls モノクロのMVばかりのこのアルバムで、唯一カラフルな色彩のMVが制作された 『Girls』 MVの冒頭では「俺たちはポップバンドじゃないんだ。 モノクロで撮影していこう」という丁寧な前フリをしておいて、底抜けにポップな1曲をカラフルなMVと共に我々に投げつけて来る遊び心はさらにファンを増やすのではないでしょうか。 この動画に寄せられた海外のコメント 彼らの音楽を具体的にジャンル分けできないのは私だけ?K-POPから始まりアリアナ・グランデやインディー・ミュージックを経て今ここにいるの。 様々なジャンルのテイストをランダムに感じることのできる曲だ。 MVの女の子たちが楽器の扱い方を知らなさ過ぎて面白いわ。 Settle Down エコーの効いたギターリフと、ベースのバウンスが80年代の音楽を連想させる 『Settle Down』 ポップながらシリアスで色気のある側面を持つ曲です。 しかし、古く感じさせないところが、さすが『The 1975』と脱帽してしまいます。 この動画に寄せられた海外のコメント The 1975というバンド名であるにも拘らず、彼らのサウンドは1985年のようだ。 カルト集団に牛耳られたつまらない町で、二人の少年が魅かれあって、町に光明が射すっていう解釈で良いのかな? The 1975 の解散騒動 セカンドアルバムの解説の前に触れておかなければいけないことは、世間を騒然とさせた 「解散騒動」です。 事の発端は、フロントマンのマシューによるツイートでした。 このため、ファンの間では解散が噂され、騒動が巻き起こりました。 このツイートはすぐに削除されたようですが、明確に解散を否定するようなコメントも無く、マシューが何かしらの精神的なダメージを抱えていたことは間違いないでしょう。 2ndアルバム『 I like it when you sleep, for you are so beautiful yet so unaware of it』 そんな解散騒動後にリリースされた2ndアルバム 『I like it when you sleep, for you are so beautiful yet so unaware of it』(邦題:君が寝てる姿が好きなんだ。 なぜなら君はとても美しいのにそれに全く気がついていないから。 ) 騒動から汲み取れるマシューの憂鬱のようなものはあまり感じられないほどパワフルな作品です(騒動以前に収録された曲が多いのかも)。 デビューアルバムとはまた一味違う、大人の色気を纏った彼らの楽曲に世界は魅了されました。 ミュージックビデオも前作よりも遥かにポップになっていることからも、彼らのアティチュードの変化が窺えます。 The Sound ブラック・ミュージック的なベースラインが印象的な 『UGH! 』 「楽曲」という器が大きく変わっても、マシュー・ヒーリーの天性の歌声をが加わることで、「The 1975らしさ」は一切損なわれていません。 ちなみに、タイトルの『UGH! 』というのは、「うわー!」や「あー!」といった、残念な事が起きた時や、失望に対するネガティブな驚嘆を意味する言葉です。 この動画に寄せられた海外のコメント ネットと接続できているか確認したいとき、「UGH」とパソコンのサーチエンジンに打ち込むの。 するとあまりにしつこくこの曲のMVのポップアップで出て来るものだから、ついに曲を聴いてみたわ。 サイコーにクールな曲ね。 若いファンは、この曲をポップやインディーにカテゴライズしてしまうんだけど、これは80年代やファンクのバイブスを持っている曲なんだ。 ザ・キュアーやニューオーダー、プリンスを聴いてみると分かるよ。 これはエモなんかじゃない。 いい曲だ。 Love Me The 1975のイメージを払拭するような1曲 『Love Me 』 この曲によって2ndアルバムが前作とは全く別ものであること決定づけたと言ってもいいのではないでしょうか? MVを観ても感じ取れるように、The 1975的ディスコナンバーです。 この動画に寄せられた海外のコメント 私の全てを賭けて断言できる(大した物は持っていないけど)。 彼はこの曲を書き上げて、レコーディングし、MVを撮影することで、法に触れることなく、ハイになっているんだ。 これは伝説に残る作品だ。 80年代の音楽を通して、軽薄はポップカルチャーを揶揄している。 3rdアルバム『A Brief Inquiry into Online Relationships』 そんな彼らの3rdアルバム『A Brief Inquiry into Online Relationships』(邦題:ネット上の人間関係についての簡単な調査) その芸術的センスを欠いたようにも聞こえるアルバムタイトルですが、アルバム全体を通して聴くと、非常にアーティスティックで実験的。 ただでさえ才能溢れる彼らが、更なる覚醒を遂げたことがストレートに伝わってきます。 これまでのアルバム同様、このアルバムのファーストトラックの名も『The 1975』 しかし、その曲調は前作、前々作とは大きく異なるものでした。 薬物依存や解散の危機を乗り越えて制作された本作。 彼らが無事、『The 1975』として音楽ファンの元に舞い戻ったことを明示すると同時に、これまでのThe 1975とは違うバンドであることをリスナーに伝えたかったかのような曲です。 Give Yourself A Try そんなファーストトラックの『The 1975』が終わると、何かが吹っ切れたかのように流れ込むシンセサイザーの音。 その曲の正体は 『Give Yourself A Try』 そのサウンドはこれまでの彼らには無かった色彩を帯びています。 マシュー・ヒーリーの歌声にも少し変化が見られる本曲。 良い意味で「ノーマル」な、耳障りの良い歌声をしています。 ミュージックビデオのマシューの容姿にも注目。 奇抜なオレンジのヘアスタイル。 濃い目のメイクアップ。 聴覚だけでなく、視覚に対しても、いままでの『The 1975』とは異なるバンドへと変化を遂げたことを強く主張しているように思えます。 この動画に寄せられた海外のコメント マット・ヒーリーは清い人間だな。 そして彼らは音楽業界を牽引する存在なわけだが、色々考えてみると、もっと早くそうなっていても良かったんじゃないかと思うんだ。 初めてこの曲を聴いたとき、あまり好きになれなかった。 というか、嫌いだった。 ハッキリとね。 リフが気に食わなかったんだ。 僕にはラウド過ぎた(アダムのギタースキルを有効に使って欲しいけど)。 だから、これは私が聞く曲じゃないと感じたんだ。 でもその後、彼らの『Give Yourself A Try』のパフォーマンスを収めた動画を観る機会があって、気がついたらファンになっていた。 マットがこの曲についてインタビューで語っていたんだ。 彼らが、不安で息の詰まりそうなフィーリングを表すために、ギターをラウドにしたみたいだ。 TOOTIMETOOTIMETOOTIME 音楽シーンに対してではなく、自分達にとって新しいものを作りたい。 そんな気持ちが感じ取れる 『TOOTIMETOOTIMETOOTIME』 味方によっては、ダフトパンクのような懐かしさも感じるエレクトロ・ポップに仕上がっています。 歌詞もとてもパーソナルなもので、女性に嫉妬する男の器の小ささを描写したようなものです。 とても肩の力の抜けた「そうそう、音楽ってこんなのだよね」と再認識させられる作品です。 この動画に寄せられた海外のコメント いままで、The 1975の曲を聴いたこと無かったけど、この曲は素晴らしいね。 曲の流れがホントに良いよ。 キャッチーだ。 そしてMVも良い感じ。 多様性に富んでいて賛同の多いコメントを見ると彼らには多くのファンがいることわかるね。 私はこの動画を何百回も再生したわ。 私以上に彼らに思いを寄せる人間がいるかしら? Love It If We Made It ポップでありながら力強いロックサウンドと歌声で社会問題を提起する 『Love It If We Made It』 歌声のパワーとメッセージの熱量がシンクロすることで、リスナーに斜に構えて批評する隙を与えません。 この動画に寄せられた海外のコメント もしあなたがこのMVを観て不快感を覚えたのなら、それは間違っていないと思う。 そこがポイントなのよ。 MVで示唆されていることは実際に起きている事。 「目を覚ましなさい!」的な表現に人々は気分を害するけど、私たちの周りで実際に起きている事をないがしろにしてはダメよ。 The 1975がプラットフォームを利用してこういったテーマを提起してくれて嬉しいわ。 この曲を初めて聴いたのはラジオだったと記憶しているわ。 そして、初めはラブソングだと思ったの。 「車の中で愛を育んで」っていう歌詞があったからね。 でも、混乱したのはその後さ。 「黒人の男は息ができなくなる」なんてフレーズを聞いたもんだからね。 今はこの曲が人種問題について歌われたものだと分かったよ。 下手なレビューや形容が畏れ多くてできないほどの曲。 ついにThe 1975はここまで来たのか痛感させられます。 この曲と『TOOTIMETOOTIMETOOTIME』、『Give Yourself A Try』、『Love It If We Made It』が1枚のアルバムに収録されているとは、なんと贅沢なカオスなのでしょうか。 この動画に寄せられた海外のコメント この曲がインスタに投稿されていた動画のBGMとして流れていたことが、この動画との出会いだったんだ。 すぐさま、気になって仕方なくなったよ。 初めは何を歌っているのか分からなかったけど、歌詞とMVをチェックして、更に驚かされた。 メッセージ性のあってとてもユニーク。 とても過小評価されている作品だ。 近い将来もっと、多くの人の心に届くといいなと思っているよ。 The 1975サイコー! 音がヴィジュアルアートとした形になっているね。 うまく言えないけど、楽曲のメッセージとサウンドを可視化していると思うんだ。 Sincerity Is Scary 管楽器のオシャレなサウンドから始まるのは 『Sincerity Is Scary』 セカンドアルバムで見せたブラック・ミュージックとはまた違った、僅かながらジャジーな響きも持ち合わせた1曲です。 この動画に寄せられた海外のコメント やぁ、みんな。 知ってるかどうかわからないけど、27秒辺りで登場する絵画は「I Like America and America Likes Me」というヨーゼフ・ボイスという画家の作品なんだ。 1974年に描かれた作品さ。 この絵の名前と同じタイトルの曲がこのアルバムには収録されているしね。 これはThe 1975のMVの中でも最高のものだ。 このアルバムに夢中だよ。 MVの中で、『Sincerity Is Scary』のMVのワンシーンに繋がる辺りを見ると、解散の危機や薬物依存を乗り越えて本作にたどり着いた彼の軌跡を描いているよう思えて仕方がありません。 この動画に寄せられた海外のコメント この曲を愛する1人の黒人女性として、The 1975に感謝の気持ちを伝えたいわ。 黒人女性をミュージックビデオに出演させてくれてありがとうとね。 私の友達にもこの曲を気に入っている人がいるから、この動画を観て欲しいわ。 この動画を観ていると、依存症に苦しんでいた頃のマットの心の中を覗いているような感覚に陥る。 本当によくできた作品だ。 特に『Sincerity Is Scary」のMVに繋がる辺り。 次回作『Notes On A Conditional Form』 - 2019年 2月月8日午前7時30分PST 2018年の暮れに 『A Brief Inquiry into Online Relationships』をリリースしたばかりの彼らですが、もう既に次のアルバムが2019年中にリリースされることが発表されています。 苦しい時期を乗り越えて、これまでにない勢いに乗る彼らの次回作を見過ごすことはできません。 2019年に The 1975 が来日 そんな彼らが今年2019年に来日することが先日発表されました。 彼らがライブパフォーマンスを行うのは 『SUMMER SONIC2019』。 The 1975はが出演するのは東京初日、大阪3日目が予定されています。 ちなみに、ヘッドライナーは日本を代表する 「B'z」が務めます。 The 1975とB'zを同時に楽しめるフェスは世界のどこを探しても他にないのではないでしょうか? まとめ 型にはまらないでデビュー当初から「らしさ」を武器に、進化を続けてきた 『The 1975』 きっとこの先も、我々の想像もつかないような大作をリリースしていくことでしょう。 マシューのユニークな人間性も含めて、これからも目が離せない存在ですね。 また、生で彼らの音楽を満喫したい方は、是非サマソニにも参戦しちゃいましょう。

次の