お 身体 を ご 自愛 ください。 【季節別】「くれぐれもご自愛ください」の意味と使い方|目上

「ご自愛ください」は正しい敬語?意味や例文・使い方・類語も紹介!【状況別】

お 身体 を ご 自愛 ください

挨拶文やメールを締めくくる結びの言葉には、今後につなげる挨拶、返信を求める文章などさまざまあります。 そこで今回は、ビジネスシーンでよく使われる結び言葉の一つ、「ご自愛ください」の正しい使い方をご紹介します。 「お体ご自愛ください」は間違い? 「自愛」という言葉の意味を調べてみると、「自分を大切にすること」「自分の健康状態に気を付けること」と記載されています。 つまり「自愛」とは、自分をいつくしむことですから、「ご自愛ください」は、「あなたの体を大事にしてください」という労わりの言葉になります。 「お ご ~ください」という定型句は、相手に何かを依頼する際に用いる敬語です。 「席をおゆずりください」「ご自由にお取りください」といった表現と同じで、「ご自愛ください」という言葉は、目上の人に対してはもちろんのこと、誰に対しても使える言葉と言えます。 また、「ご自愛ください」の前の部分に、時候を表す言葉や「~なので」といった理由を入れるのが一般的です。 何もなしに「ご自愛ください」と結ぶのは不自然ですので、気を付けましょう。 ・厳寒の折、風邪など召されませぬようご自愛ください。 ・お忙しいとかと存じますが、ご自愛くださいませ。 また、「何卒」「くれぐれも」「どうぞ」といった言葉を足すと、より丁寧な表現になります。 ・体調を崩されませぬよう何卒ご自愛くださいませ。 ・風邪が流行っているようですので、くれぐれもご自愛ください。 ・厳しい暑さが続きますが、どうぞご自愛ください。 さらに丁寧な言い方をするならば、文末を「~申し上げます」とすると良いでしょう。 「ご自愛ください」だけでも丁寧な表現ですが、「ください」という表現が命令されているように感じる人もいるようです。 特段丁寧に接したい相手には、「~申し上げます」という形で結ぶと良いでしょう。 ・寒さ厳しい折、何卒ご自愛のほどお願い申し上げます。 ・酷暑の折から、くれぐれもご自愛のほどお祈り申し上げます。 二重表現になってしまいますので、気を付けましょう。 病気の人に使うのはNG また、「ご自愛ください」には、「今の健康な状態を維持し、体調を崩しませんように」という意味合いが込められていることから、元気な人に対して使う言葉であって、怪我や病気などで体調を崩している人に対して使うべき言葉ではありません。 体調が悪い人に対しては、「一日でも早いご回復をお祈りいたします」「どうかお大事になさってください」といった言葉で結ぶと良いでしょう。 「ご自愛ください」という言葉は、相手のことを気遣いながら文章を締めくくることができる素敵な結び言葉です。 季節に合った時候の表現とうまく組み合わせて、正しく使ってみましょう。 予めご了承ください。 関連記事•

次の

【季節別】「くれぐれもご自愛ください」の意味と使い方|目上

お 身体 を ご 自愛 ください

減少傾向にあるとはいえ、年賀状や暑中見舞い・残暑見舞いなどの季節の便りを出す人は少なくないでしょう。 そんな季節の便りで良く見かける表現の一つに、「~ご自愛ください」というフレーズがあります。 中には、ビジネスシーンにおけるビジネスメールで「~ご自愛ください」を使っている人もいるのではないでしょうか。 この「~ご自愛ください」というフレーズは、相手方への気遣いを表現する言い回しとして非常に重宝します。 そして、「お身体(お体)ご自愛ください」いう形で「お身体(お体)」という言葉を組み合わせる言葉遣いも頻繁に見かけます。 しかしながら、この「お身体(お体)ご自愛ください」という言葉の組み合わせは、正しいようで実は誤った言葉遣いなのです。 そこで今回は誤用によって恥ずかしい思いをしないためにも、「ご自愛ください」の意味を再確認した上で、「お身体(お体)ご自愛ください」の表現が間違いの理由、「ご自愛ください」の正しい使い方について、ご紹介したいと思いますので参考にしていただければ幸いです。 この記事の目次• 「ご自愛ください」の意味について たしかに「~ご自愛ください」というフレーズは、相手方への気遣いを表現する言い回しとして非常に重宝します。 しかしながら、「ご自愛ください」の意味を確認したことのある人は少ないのではないでしょうか? そこで、まずは「ご自愛ください」の意味について再確認しておこうと思います。 「自愛」の意味 「ご自愛ください」というフレーズの「自愛」という言葉の意味について、いくつかの国語辞書を調べてみると概ね以下のような意味があることが分かります。 自己愛• 自分自身を大切にすること。 自分の健康状態に気を配ること。 (倫理学用語として)自分の利益を大切にすること、その感情。 自己愛。 利己的な考え。 (古語として)物を珍重すること。 「ご自愛ください」の意味 このように「自愛」という言葉には複数の意味が存在するわけですが、基本的には「自分を大切にする」という意味合いを有しています。 その上で、「自愛」という言葉は「ご自愛ください」という表現や言葉遣いにおいては、「自分自身を大切にすること」あるいは「自分の健康状態に気を配ること」という意味で用いられます。 ですから、「ご自愛ください」というフレーズには、相手方に対して「自分の身体を大切にして、健康でいてください」と気遣いを示す意味があるのです。 注意すべきポイントとしては、「ご自愛ください」というフレーズの中に、大切にする対象や目的語として「自分自身、自分の身体(体)、自分の健康状態」が含意されていることです。 「お身体(お体)ご自愛ください」の表現が間違いの理由 このように「ご自愛ください」というフレーズは、相手方に対して「自分の身体を大切にして、健康でいてください」と気遣いを示す意味があります。 それでは、どうして「お身体(お体)ご自愛ください」いう形で「お身体(お体)」という言葉を組み合わせると、日本語として誤りとなるのでしょうか?そこで、「お身体(お体)ご自愛ください」という表現が間違いである理由について、ご紹介したいと思います。 「お身体(お体)ご自愛ください」の表現が間違いの理由 「お身体(お体)ご自愛ください」いう形で「お身体(お体)」という言葉を組み合わせると日本語として誤りとなる理由は、前述の「ご自愛ください」の意味にあります。 「ご自愛ください」の意味で注意すべきポイントとして、大切にする対象や目的語として「自分自身、自分の身体(体)、自分の健康状態」が含意されていると説明しました。 この点こそが、「お身体(お体)ご自愛ください」というフレーズが日本語として間違った表現である理由です。 つまり、「お身体(お体)ご自愛ください」というフレーズは、「ご自愛ください」の意味に「自分自身、自分の身体(体)、自分の健康状態」という目的語が含意されているにもかかわらず、更に重ねて「お身体(お体)」を組み合わせているのです。 要するに、二重表現となってしまっている点で、日本語表現として間違っているわけです。 ですから、頻繁に「お身体(お体)ご自愛ください」いう形で「お身体(お体)」という言葉を組み合わせる言葉遣いを見かけますが、このような言葉遣いは誤りであって、ある程度日本語の用法に詳しい人から見ると恥ずかしい言葉遣いなのです。 二重表現について 二重表現は、同じ意味の言葉や表現を繰り返すことを言い、重複表現や重言(じゅうげん)とも呼ばれます。 この二重表現は、例外的に同じ意味の言葉を重ねることで意味を強調する修辞方法にもなりますが、原則的には言い回しが冗長になって聞き手に違和感を生じさせるため日本語の用法として間違いとされます。 例えば、良く冗談としても取り上げられる二重表現として、「頭痛が痛い」という表現が挙げられます。 そもそも「頭痛」という言葉が「頭が痛い」ことを意味するところに、重ねて「痛い」と繰り返すので二重表現となります。 もちろん言いたいことは伝わるのですが、会話や手紙などの文章の中に二重表現があると、聞き手や読み手としては途中で「???」と気になってしまいますよね。 ですから、相手方に余計な印象を与えないためにも、二重表現は原則として避ける必要があるわけです。 「ご自愛ください」の正しい使い方 このように「お身体(お体)ご自愛ください」いう形で、「お身体(お体)」と「ご自愛ください」を組み合わせると日本語として誤りとななります。 それでは、「ご自愛ください」というフレーズは、どのような使い方が正しいのでしょうか?そこで、「ご自愛ください」の正しい使い方について、ご紹介したいと思います。 会話や手紙文などの結びの場面で用いるのが基本 「ご自愛ください」というフレーズは、会話や手紙文などの結びの場面で用いることが基本となります。 そして、前述のように「ご自愛ください」には「自分自身、自分の身体(体)、自分の健康状態」という目的語が含意されていますから、特に「自愛」の対象や目的語を示す必要はありません。 手紙やメールなどの結びの文章で用いる場合 手紙やメールなど文章の結びで用いる場合、単に「ご自愛ください」と結ぶだけでは、やや語調に物足りなさがありますので、相手方の体調や身体を気遣う簡単な理由として季節や天候の変化について触れると良いでしょう。 ちなみに、使い方の具体例・例文を示すと次の通りです。 季節の変わり目ですから、どうぞご自愛ください。 季節柄、朝晩の寒暖の差が激しいので、どうかご自愛くださいませ。 秋口に入り夏場の疲れが出やすいことから、どうぞご自愛ください。 厳寒の折、風邪が流行っているようですので、くれぐれもご自愛くださいませ。 会話での別れの挨拶で用いる場合 会話での別れの挨拶で用いる場合は手紙文などの場合とは異なり、それまでの会話の流れなどもあるでしょうから、相手方の体調や身体を気遣う理由として季節や天候の変化について無理して触れる必要はないでしょう。 別れ際などで、シンプルに「ご自愛くださいね」や「くれぐれもご自愛くださいませ」と言えば、相手を気遣う気持ちが十分に伝わります。 既に体調を崩している相手には使わない 「ご自愛ください」というフレーズは、基本的にある程度健康に生活している人に対して用いるものであり、体調を崩している人に対しては使わないのが一般的とされます。 というのも、相手方を気遣う意味で「ご自愛ください」と言ったとしても、受け手の相手方は既に体調を崩しているのであれば、受け手によっては皮肉のように聞こえてしまう可能性があるからです。 たしかに、「ご自愛ください」というフレーズは、相手方への気遣いを表現する言い回しとして非常に重宝します。 しかし、本来の気遣いとは、自分が一方的に押し付けるものではありません。 受け手となる相手方の気持ちに十分配慮してこそ、本当の気遣いと言えるでしょう。 ですから、既に体調を崩していたり、怪我や病気などが原因で入院している人に対しては、「ご自愛ください」のフレーズを使うことは避けるべきでしょう。 ちなみに、このような場合は「一日でも早い回復を心から願っております」などと、別の表現を用いましょう。 目上の人に対して使っても問題ない 「ご自愛ください」というフレーズは、目上の人などに対して使っても問題ありません。 そもそも「ご自愛」の「ご」は、相手方に敬意を示す敬語表現の接頭語です。 そして、「ください」は命令・要求の補助動詞の尊敬語にあたります。 また、意味的にも前述のように相手方の体調などを気遣うものですから、目上の人に限らず誰に対しても使える表現です。 ですから、「ご自愛ください」というフレーズは、自分よりも年齢が上の人やビジネスシーンで取引先の人などに対しても、問題なく用いることができるのです。 まとめ いかがでしたか?「ご自愛ください」の意味を再確認した上で、「お身体(お体)ご自愛ください」の表現が間違いの理由、「ご自愛ください」の正しい使い方について説明してみましたが、ご理解いただけたでしょうか? 季節の便りにしても、ビジネスメールにしても、大人として社会人として正しい言葉遣いをすることは非常に大切なことです。 そして、良く目にする「お身体(お体)ご自愛ください」という言葉遣いが、実は日本語の用法として間違っているのですね。 また、本記事でもご紹介しましたが、「ご自愛ください」の使い方として、体調を崩している人に対しては用いるべきではない、という注意点が存在します。 ですから、ぜひ本記事などを参考にして、あらためて「ご自愛ください」の意味や使い方を整理し、今後の生活に活かしていただければ幸いです。 関連記事として ・ ・ ・ これらの記事も読んでみてください!.

次の

【季節別】「ご自愛ください」の意味と使い方|目上/年賀状

お 身体 を ご 自愛 ください

「多忙」に丁寧の「御(お)」をつけた形。 何かと忙しくしている様子などを意味する表現。 「ご多忙」を使った例文• ご多忙極める日々と存じます。 ご多忙極める日々と存じますが、• ご多忙極める日々とは存じますが、• ご多忙極める日々と拝察致しております。 ご多忙極める日々と拝察致しておりますが、• ご多忙極める日々とは拝察致しておりますが、• ご多忙極める日々と拝察致します。 ご多忙極める日々と拝察致しておりますが、• ご多忙の折とは存じますが、• ご多忙の折ではございますが、• ご多忙の日々と存じます。 ご多忙の日々とは存じますが、• ご多忙と拝察致しております。 ご多忙と拝察致しておりますが、 「ご多忙」の類語・関連類語• あまた• あくせく• 足元から鳥が立つ• あたふた• あっぷあっぷ• あれこれ• 慌ただしい• 慌ただしく• 慌てて(逃げ出す)• 慌てふためいて(言う)• 息が抜けない• 息切れ状態• 息せき切って(駆けつける)• 息せき切る• 息つく暇もない• 息つく間もない• 急いで• 忙しい• 忙しげな(姿)• 忙しさ• 居たたまれず(に家を出る)• いち早く(逃げ出す)• 一目散に(逃げる)• いっぱいいっぱい• 受け入れられない• うじゃうじゃ• うなるほど• うようよ• エネルギーを持て余す• (早く早くと)追い立てられる• (仕事に)追いまくられる• 追い回される• 応接にいとまがない• 黄金時代• 大慌て(で)• 大忙し• 大急ぎ• 大台に乗る• (準備に)大わらわ• 遅れ取り戻す• (難題が)(次々と)押し寄せる• おちおち(食事も)(していられない)• 落ち着かない• おっとり刀• 面白ずくめ• オンシーズン• (いっときも)解放されない• 書き入れ時• 駆け足(で説明する)• 駆け足で見て回る• 駆けずり回る• 駆け回る• 駆け巡る• かさが張る• 重なる• 風を食らう• 風を食らって(逃げる)• 活発に• 過密スケジュール• 刈り入れ時• 完全に• 気が急く• (かたときも)気が抜けない• 気が早い• 気が短い• 気が休まらない• 企業戦士の毎日• 気ぜわしい• 気ぜわしく• (ひとときの)気の緩みも許されない• 気早い• 急進的• きりきり舞い• ギリギリの状態• くるくる(変わる)• 具だくさん無尽多分わんさと膨大• 激職をこなす• 元気がある• 高密度の労働• 効率至上主義• 倒けつ転びつ(逃げ去る)• 心急く• こせこせ• ご繁忙• ごまんと• 最盛期• 栄える• 先に行く• 先を急ぐ• さっさ(と用事を済ませる)• 殺人的(忙しさ)• さなか• (山のような仕事を一人で)さばく• シーズン中• 時間が足りない• 時間がない• 時間に急かされる• しこたま• 仕事が押せ押せになる• 思春期• じたばた• じっとしていられない• 櫛風沐雨• 占められた• 修羅場のような(職場)• 情緒を欠く• 神経をすりへらす• 身辺多忙• 捨てるほど• すぐに(取りかかる)• すたこら(逃げる)• すたこらさっさ(と)• (知らせを聞いて)すっ飛んで(行く)• することが多い• 性急な心• 世界を飛び回る繁雑な日々を送る• せかす• せかせか(と)(支度をする)• 急き込む(ような)(テンポ)• 急き込んで(聞く)• 急き立てられる• 急き立てる• 席の暖まる暇もない• 席をあたためる暇もない• (気持ちが)急く• せせこましい• せっかち• 拙速(に事を運ぶ)• 絶頂期• 切迫している• せわしい(忙しさが)• せわしない• 全盛期• 全速力• 千変万化• 騒々しく(階段を降りる)• そこそこ(に)(出かける)• そそくさ• たくさん(の予定)• 多事多端• 多事多忙• ただ中• 立ち尽くす• 立ち続ける• 立ち詰め• 立ち通す• 立ち働く• 立ち回る• 立ちん坊• たっぷり• 立て込む• 楽しさいっぱい• 多忙を極める• 誰でも手伝いにほしい• たんと• 超多忙• ちょこまか• 使い走り• 次から次へと(仕事が舞い込む)• 次々と• 突っ立つ• (予定が)詰まっている• 手足を擂り粉木にする• 手が足りない過密日程大車輪で働く• てきぱき• (諸問題が)手ぐすね引く• 転手古舞• てんてこ舞い• てんやわんや• 東奔西走する• 東奔西走• 独占された• どたばた• どっさり過多十二分• 怒濤(の日々)• 飛び回る• 取り急ぎ(処理する)• 取り紛れる• 取る物も取りあえず(駆けつける)• 泥縄(式)(の受験勉強)(~に)• (おっとり刀で)飛んでいく• なかば• 南船北馬• 何だかんだ(することがある)• 逃げるように(去る)• にわか(の出発)• 猫の手も借りたい• 猫の目のように変わる• 寝る間もない• ハーフウェー• 這う這うの体(で退散する)• 走り使い• 走り回る• (家臣が)馳せ集まる• 馳せ回る• ばたばた(する)• ばたばたする• (忙しく)跳ね回る• 早足(で進める)• 早い者勝ち• 早く(仕上げなければ)• 早回し(の毎日)• ピーク• (これ以上)引き受け切れない• ビジー天手古舞多ぼう半ば• 必死(の毎日)• びっしり• 暇がない• 悲鳴を上げる• 火を吹くような(忙しさ)• プレッシャーをかけられる• フルスピード• 分刻み• 分刻みのスケジュール• 忙殺される• 棒立ち• (あれこれの取り組みが)待ち構える• 間に合わせる• 身の置き所もない(有り様)• 無限大• 無尽蔵• 目が回る• 目まぐるしい• 目を回す• モーレツ• 盛りだくさん• 休みなく(~しなければならない)• (瞬時も)休めない• (雑事が)山ほど(ある)• やることが多い• 湯気が立ちかねない• ゆっくりしていられない• ゆとりがない• 予定が集中する• 予定がびっしり• 余裕がない• 余力がない• ラジカル• 悪あがき• 風邪など引かれませぬようご自愛ください。 風邪など引かれませぬようご自愛くださいませ。 風邪など引かれませぬようご自愛専一にお過ごしください。 風邪など引かれませぬようご自愛専一にお過ごしくださいませ。 風邪など引かれませぬようご自愛の上お過ごしください。 風邪など引かれませぬようご自愛の上お過ごしくださいませ。 風邪など引かれませぬようご自愛のほどお祈り申し上げます。 風邪など引かれませぬようご自愛のほどお願い申し上げます。 風邪など引かれませんようご自愛ください。 風邪など引かれませんようご自愛くださいませ。 風邪など引かれませんようご自愛専一にお過ごしください。 風邪など引かれませんようご自愛専一にお過ごしくださいませ。 風邪など引かれませんようご自愛の上お過ごしください。 風邪など引かれませんようご自愛の上お過ごしくださいませ。 風邪など引かれませんようご自愛のほどお祈り申し上げます。 風邪など引かれませんようご自愛のほどお願い申し上げます。 風邪など召されませぬようご自愛ください。 風邪など召されませぬようご自愛くださいませ。 風邪など召されませぬようご自愛専一にお過ごしください。 風邪など召されませぬようご自愛専一にお過ごしくださいませ。 風邪など召されませぬようご自愛の上お過ごしください。 風邪など召されませぬようご自愛の上お過ごしくださいませ。 風邪など召されませぬようご自愛のほどお祈り申し上げます。 風邪など召されませぬようご自愛のほどお願い申し上げます。 風邪など召されませんようご自愛ください。 風邪など召されませんようご自愛くださいませ。 風邪など召されませんようご自愛専一にお過ごしください。 風邪など召されませんようご自愛専一にお過ごしくださいませ。 風邪など召されませんようご自愛の上お過ごしください。 風邪など召されませんようご自愛の上お過ごしくださいませ。 風邪など召されませんようご自愛のほどお祈り申し上げます。 風邪など召されませんようご自愛のほどお願い申し上げます。 くれぐれも風邪など召されませぬようご自愛ください。 くれぐれも風邪など召されませぬようご自愛くださいませ。 くれぐれも風邪など召されませぬようご自愛専一にお過ごしください。 くれぐれも風邪など召されませぬようご自愛専一にお過ごしくださいませ。 くれぐれも風邪など召されませぬようご自愛の上お過ごしください。 くれぐれも風邪など召されませぬようご自愛の上お過ごしくださいませ。 くれぐれも風邪など召されませんようご自愛ください。 くれぐれも風邪など召されませんようご自愛くださいませ。 くれぐれも風邪など召されませんようご自愛専一にお過ごしください。 くれぐれも風邪など召されませんようご自愛専一にお過ごしくださいませ。 くれぐれも風邪など召されませんようご自愛の上お過ごしください。 くれぐれも風邪など召されませんようご自愛の上お過ごしくださいませ。 くれぐれもご自愛ください。 くれぐれもご自愛くださいますようお祈り申し上げます。 くれぐれもご自愛くださいますようお願い申し上げます。 くれぐれもご自愛くださいますよう切にお祈り申し上げます。 くれぐれもご自愛くださいますよう切にお願い申し上げます。 くれぐれもご自愛くださいませ。 くれぐれもご自愛専一にお過ごしください。 くれぐれもご自愛専一にお過ごしくださいませ。 くれぐれもご自愛専一にてご活躍くださいますようお願い申し上げます。 くれぐれもご自愛なさいますようお祈り申し上げます。 くれぐれもご自愛の上お過ごしください。 くれぐれもご自愛の上お過ごしくださいませ。 くれぐれもご自愛のほどお祈り申し上げます。 くれぐれもご自愛のほどお願い申し上げます。 重々ご自愛ください。 重々ご自愛くださいますようお祈り申し上げます。 重々ご自愛くださいますようお願い申し上げます。 重々ご自愛くださいますよう切にお祈り申し上げます。 重々ご自愛くださいますよう切にお願い申し上げます。 重々ご自愛くださいませ。 重々ご自愛専一にお過ごしください。 重々ご自愛専一にお過ごしくださいませ。 重々ご自愛専一にてご活躍くださいますようお願い申し上げます。 重々ご自愛なさいますようお祈り申し上げます。 重々ご自愛の上お過ごしください。 重々ご自愛の上お過ごしくださいませ。 重々ご自愛のほどお祈り申し上げます。 重々ご自愛のほどお願い申し上げます。 体調を崩されませぬようご自愛ください。 体調を崩されませぬようご自愛くださいませ。 体調を崩されませぬようご自愛専一にお過ごしください。 体調を崩されませぬようご自愛専一にお過ごしくださいませ。 体調を崩されませぬようご自愛の上お過ごしください。 体調を崩されませぬようご自愛の上お過ごしくださいませ。 体調を崩されませぬようご自愛のほどお祈り申し上げます。 体調を崩されませぬようご自愛のほどお願い申し上げます。 体調を崩されませんようご自愛ください。 体調を崩されませんようご自愛くださいませ。 体調を崩されませんようご自愛専一にお過ごしください。 体調を崩されませんようご自愛専一にお過ごしくださいませ。 体調を崩されませんようご自愛の上お過ごしください。 体調を崩されませんようご自愛の上お過ごしくださいませ。 体調を崩されませんようご自愛のほどお祈り申し上げます。 体調を崩されませんようご自愛のほどお願い申し上げます。 どうかくれぐれもご自愛ください。 どうかくれぐれもご自愛くださいますようお祈り申し上げます。 どうかくれぐれもご自愛くださいますようお願い申し上げます。 どうかくれぐれもご自愛くださいませ。 どうかくれぐれもご自愛専一にお過ごしください。 どうかくれぐれもご自愛専一にお過ごしくださいませ。 どうかくれぐれもご自愛専一にてご活躍くださいますようお願い申し上げます。 どうかくれぐれもご自愛の上お過ごしください。 どうかくれぐれもご自愛の上お過ごしくださいませ。 どうかご自愛ください。 どうかご自愛くださいますようお祈り申し上げます。 どうかご自愛くださいますようお願い申し上げます。 どうかご自愛くださいますよう切にお祈り申し上げます。 どうかご自愛くださいますよう切にお願い申し上げます。 どうかご自愛くださいませ。 どうかご自愛専一にお過ごしください。 どうかご自愛専一にお過ごしくださいませ。 どうかご自愛専一にてご活躍くださいますようお願い申し上げます。 どうかご自愛なさいますようお祈り申し上げます。 どうかご自愛の上お過ごしください。 どうかご自愛の上お過ごしくださいませ。 どうかご自愛のほどお祈り申し上げます。 どうかご自愛のほどお願い申し上げます。 どうぞご自愛ください。 どうぞご自愛くださいますようお祈り申し上げます。 どうぞご自愛くださいますようお願い申し上げます。 どうぞご自愛くださいますよう切にお祈り申し上げます。 どうぞご自愛くださいますよう切にお願い申し上げます。 どうぞご自愛くださいませ。 どうぞご自愛専一にお過ごしください。 どうぞご自愛専一にお過ごしくださいませ。 どうぞご自愛専一にてご活躍くださいますようお願い申し上げます。 どうぞご自愛なさいますようお祈り申し上げます。 どうぞご自愛の上お過ごしください。 どうぞご自愛の上お過ごしくださいませ。 どうぞご自愛のほどお祈り申し上げます。 どうぞご自愛のほどお願い申し上げます。 何卒ご自愛ください。 何卒ご自愛くださいますようお祈り申し上げます。 何卒ご自愛くださいますようお願い申し上げます。 何卒ご自愛くださいますよう切にお祈り申し上げます。 何卒ご自愛くださいますよう切にお願い申し上げます。 何卒ご自愛くださいませ。 何卒ご自愛専一にお過ごしください。 何卒ご自愛専一にお過ごしくださいませ。 何卒ご自愛専一にてご活躍くださいますようお願い申し上げます。 何卒ご自愛なさいますようお祈り申し上げます。 何卒ご自愛の上お過ごしください。 何卒ご自愛の上お過ごしくださいませ。 何卒ご自愛のほどお祈り申し上げます。 何卒ご自愛のほどお願い申し上げます。 ~などなさいませぬようご自愛ください。 ~などなさいませぬようご自愛くださいませ。 ~などなさいませぬようご自愛専一にお過ごしください。 ~などなさいませぬようご自愛専一にお過ごしくださいませ。 ~などなさいませぬようご自愛の上お過ごしください。 ~などなさいませぬようご自愛の上お過ごしくださいませ。 ~などなさいませぬようご自愛のほどお祈り申し上げます。 ~などなさいませぬようご自愛のほどお願い申し上げます。 ~などなさいませんようご自愛ください。 ~などなさいませんようご自愛くださいませ。 ~などなさいませんようご自愛専一にお過ごしください。 ~などなさいませんようご自愛専一にお過ごしくださいませ。 ~などなさいませんようご自愛の上お過ごしください。 ~などなさいませんようご自愛の上お過ごしくださいませ。 ~などなさいませんようご自愛のほどお祈り申し上げます。 ~などなさいませんようご自愛のほどお願い申し上げます。

次の