ウユニ 塩 湖 行き方。 【ウユニ塩湖】気になる旅費は?死ぬまでに必ず見たい世界一の奇跡の絶景!

ウユニ塩湖とマチュピチュの行き方(どこの航空会社が飛んでいるの?)

ウユニ 塩 湖 行き方

ボリビアへの行き方 ウユニ塩湖は ボリビアという国の中にあるウユニという小さな街の近くにあります。 ですから、まずはボリビアに行くことを考えなければいけません。 しかし残念ながら、 日本からボリビアへの直行便は出ていません。 なので、ボリビアまでは最低でも2回飛行機を乗り継ぐ必要があります。 渡航経験が少ないかたにはちょっと難しいですよね。 この辺は、とりあえず スカイスキャナーとかで実際に調べてみてもらうのが一番手っ取り早いのですが ひとつ注意したいのが、日本の空港(例えば 成田(NRT) から ウユニ(UYU で検索しても検索結果に出てきません。 どういうあれでなのかわかりませんが、まずは 日本からラパスの航空券を手に入れ、そして別で ラパス〜ウユニ間を手配することになります。 ボリビアの国際空港はラパスという街にあります。 んで、ラパスまで行くために飛行機が発着しているのが、例えばアメリカのマイアミだったりペルーのリマだったりするのですが、その マイアミやリマにも日本からの直行便がないのです。 例えばマイアミを経由の便。 ラパスの直行便がない、マイアミへの直行便も無いのが上の図わかるでしょうか。 なので、 マイアミに行くために一度アメリカの空港を経由し(例えばロサンゼルス)そこから マイアミへ飛び、マイアミからラパス(ボリビア)まで行くことになるので、計2回以上の乗り換えが必要なるのです。 うええ、めんどくさい。 また、便によってはさらに乗り継ぎがあることも珍しくありませんので 3回の乗り継ぎなんてチケットも出てきます。 ちなみにラパスの空港は エル・アルト国際空港という名前がついています。 調べているとラパスやらエル・アルト国際空港やらと名前がごっちゃになるかもしれませんが、いっしょのものです。 経由地はどこにしたらいいの? んじゃあ、結局どこの空港を経由して行ったらいいか?ということになりますよね。 コレに関しては結局ラパスまで着けばいいのでどんな飛行機に乗ろうが関係ありません。 なので、スカイスキャナーなどで調べて一番安いのにしたらいいんじゃないかと思います。 ただ、そこで安い航空券調べて注意したいことがいくつか。 航空券を選ぶときに気をつけたいこと 安い航空券というのは、やはり人気がなかったりするからお安かったりするのです。 その航空券の内容が許容できるか、しっかり考えてから購入しないと、こうじゃなかったのに!と思うこともあるかもしれません。 乗り継ぎの間の空港の待ち時間 例えば、 空港での待ち時間が10時間以上、というチケットがあったりします。 せっかくの旅なのに、空港に10時時間も滞在するのもなんだかなあという感じですよね。 空港周りの街を散策してもいいかもしれませんが。 逆に 乗り継ぎの時間があまりにも短いものがあったりします。 日本〜アメリカやアメリカ〜ボリビアなどを移動する時は 入国審査がありますが、それにけっこう時間がかかったりするものです。 実際僕はアメリカでの入国審査に1時間くらいかかりました。 慣れない土地、初めての空港、通じない言葉。 そんな中、あまりに短い乗り継ぎ時間だとかなり焦ったり不安になってしまいます。 できれば 2時間以上の乗り継ぎ時間があるチケットをとりたいものです。 日をまたぐ時にどこにいるか ボリビアまではざっくり 30時間以上かかります。 だいたい2日の行程。 となるとどこかで日をまたぐわけですね。 乗り継ぎがうまいこと行って、ずっと飛行機の中というチケットもあります。 いっぽう、 どこかの空港に最終便に深夜に到着し、次の便は翌日の始発、ということも考えられます。 帰りの便はどうしてもそういったパターンになるのかもしれません。 そうなった時に、 空港で夜をすごすのか、それとも近くのホテルで宿をとるのか考えなければいけません。 空港はセキュリティもしっかりしていますし、最終便から始発までの時間もそこまで長くないので空港泊というのもありなんですが、女性同士などは不安があったりすることでしょう。 現地についてからホテルを探すにも、夜遅くに着くわけですから、日本から予約していったほうが安心かもしれません。 国内線の乗り継ぎ スカイスキャナーなどで調べる時、成田からのチケットを探すのもいいんですが、 国際線を乗り継ぐとき国内線が割引運賃で乗れるものもあります。 スカイスキャナーやHISなどはそのへんもうまいことチケット探してくれるので、発着空港をお近くの地方空港を指定してやるといいかもしれません。 発着時間 例えば 成田から出る便が朝早いようなチケット。 これ、成田周辺にお住まいのかたはいいんですが、例えば僕のように島根とか 地方に住んでる人にとってはちょっと考えないといけません。 なぜかというと、地方から成田の朝早い便に乗ろうと思ったら 前日入りしておく必要があるからです。 地方空港から始発で羽田へ行っても、そこからリムジンバスで1時間30分かけて成田まで移動、となるとお昼前になることも。 搭乗時間の2時間くらい前についておくことを考えると、朝一で出たとしても 成田からの出発は午後の便をとっておかないといけません。 もちろん、前のりできるのなら1日前に行っておいてもいいんですが、もう 1日日程を増やす必要があります。 仕事終わりで急いで羽田まで、とも考えるのですが、やはり上手いこと乗り継げる飛行機や新幹線がなかったりします。 このへんはお住まいの地域で変わってくると思いますが、島根は無理でした。 また、帰りの便も同じように、 ラパスを出るのが何時なのかチェックしておきましょう。 ウユニからラパスへの移動時間なんかも考えておかないといけないですよね。 到着時間も考えておきましょう。 ラパスに着くのが早朝ならそこまで問題ないですが、 夕方頃に着く便などは、ラパスに1泊か、ウユニに夜遅くに到着となるでしょう。 成田に着く時間も、そこから自宅までのことを考えた時にあまりに遅くなりすぎない必要が出てきます。 経由便かどうか 飛行機というと空港から空港まで一気に飛んで行くイメージがありますが、 バスのように途中の空港を経由してそこで乗客が乗り降りするような便もあります。 僕もアメリカン航空の便で1度、経由する飛行機に乗ったのですが、知らずに乗っていたのでけっこうビビりました。 航空会社はそんなに気にしなくてもいいかも 南米のボリビアという、どんな国かもわからない場所に飛んでいる飛行機。 さらには格安チケットで行く旅。 ものすごいオンボロに乗せられたらどうしよう 、どんな飛行機に乗るんだろう。 こわいなー。 なんてイメージが、行ってみるまではありました。 航空会社を調べてみると アメリカン航空やら ラン航空やら デルタ航空やら今まで聞いたことのない会社ばかりです。 どの航空会社を選んだらいいんだろうと思いう方もいらっしゃるかもしれません。 が、しかし。 どれも国際線としてきちんと営業している航空会社です。 多少の乗り心地の良し悪しはあるかもしれませんが、そんなに気にすることはないなと思いました。 機内食は出るし、サービスもしっかりしています。 航空会社にあんまりこだわる必要はないかな、と思います。 検索してみて、 うまく乗り継げて安い便を選ぶのが一番いいでしょう。 ここまででちょっとよく分かんないわ、という人。 旅行代理店に行くのも手です。 お気持ちよくわかります。 渡航経験があんまりないのに いきなりこんなの無理ゲーっすよね。 実際僕も今まで自分で航空券とったことなかったので、ここでかなりチンプンカンプンになりました。 なので、 お近くの旅行代理店で相談するのもありだと思います。 僕はHISの店頭に訪れ、そこであれこれと相談させてもらいました。 いくらか手数料はかかるものの、航空券に比べればはるかに安いです。 1万もしないんじゃないかな?それよりも チンプンカンプンなチケットとってあとから後悔するよりも、しっかり説明してもらって納得行く旅にしましょう。 もちろん、渡航経験もあり旅慣れているかたはネットで手配するのが一番安いですけどね。 ESTAについて アメリカに入国するためにはESTAの申請が必要になります。 ESTAとは電子渡航認証システムのことで、入国するまえに以下のサイトで登録をすませておきましょう。 英語のサイトですが、右上から言語が選択できるので、日本語で簡単に登録できます。 これは 経由地でアメリカを使うだけでも必要になります。 対象となる条件がいろいろありますが、日本から普通に行く人はだいたい必要になるので、行く前にさっさととりましょう。 パスポートの他に14$とそれを支払うクレジットカードが必要になるので用意しておきます。 2年間の有効期間内であれば何度でも利用できるので、できるだけ渡航日に近いタイミングでとったほうがムダがないですね。 ラパスからウユニまでの行き方 さて、ここまででラパスまでのチケットはゲットできたかもしれません。 んで、そっからウユニまで行く必要がありますね。 ラパスからウユニに行くには• ラパスからウユニまで飛行機• 夜行バスでウユニまで• オルーロという街まで行って列車でウユニへ の3つの方法があります。 ネットで調べてると、 夜行バスで訪れている人の旅行記なども読むことがあるかもしれません。 ラパス〜ウユニ間が就航したのが2011年なので、それ以前ではウユニまでは夜行バスでなければ行けなかったからです。 ですが、 夜行バスは約10時間、延々と悪路を走ります。 オルーロから列車に乗ってウユニに行く方法もありますが、それも 6時間くらいかかります。 一方、 飛行機であれば1時間たらずでウユニまで行くことができます。 チケットによりますが、 だいたい3万円もあれば行けます。 せっかくのウユニです、バスに揺られている時間があればその時間でいろんな場所を巡ったほうがいいでしょう。 なので断然、飛行機がおすすめです。 ただ、夜行バスは飛行機に比べるとかなり安いのは確かなので、時間に余裕があるような人や10時間くらいバスに揺られた方が旅してる感じがする!っていうひとはバスでもいいかもしれません。 オルーロの観光もしたい方は鉄道もいいかもしれません。 しかし、ウユニに行く人のほとんどがウユニ塩湖の観光でそんなに時間もないと思うので、とりあえずてっとり早く ラパスから飛行機で飛びましょう。 ウユニまでの航空券のとり方 僕はHISで航空券をとったのですが、 ラパス〜ウユニ間のチケットは何故か扱っていませんでした。 なんですかね、大人の事情っすかね。 航空券の予約サイトでもウユニにまでの航空券が見つからないことが多い気がします。 ということでウユニまでのチケットは、 ここでもやっぱり大活躍のスカイスキャナーでとりました。 地球の歩き方とか見てみると、航空会社はアマゾネス航空とタム(TAM 航空の2つと書いてあるんですが、僕は ボリビアーナ航空という航空会社を利用しました。 それぞれの航空会社からも航空券をとることはできるんですが、やっぱりスカイスキャナーが手っ取り早いと思います。 ウユニ行きの飛行機はどこから出ているの? ラパスの空港に着いて、ウユニ行きの飛行機がどこから出てるか不安だったんですが、 同じ空港で乗り継ぎをすることができます。 スカイスキャナーで買うにしても成田〜ウユニみたいなチケットの買い方ではなく成田〜ラパス、ラパス〜ウユニと別々に買うので、空港が違うのか不安でしたが、そんなこともなくスムーズに乗り換えできます。 ウユニの空港からはバスかタクシーで ウユニ空港は荒野の真ん中にポツーンと建てられています。 たどり着いたときはちょっとびっくりしました。 とはいえ、 ここからウユニの街までは車で10分とすぐ近く。 今まで延々と長旅を続けてきましたが、もう少しです。 ウユニの街までは バスか タクシーを利用します。 バスのほうが安いのですが待ち時間もあります、ボリビアのタクシーは安いのでさっさと乗っちゃうのがいいと思います。 ボリビアには 車体に電話番号の書いてある「ラジオタクシー」と自家用車を勝手にタクシーにしたいわゆる 「白タク」があります。 この 白タクではちょくちょくトラブルが起きているのでかならず正規の業者を使いましょう。 空港に降りるとたくさんのタクシーの運転手が誘ってくるので面食らってしまいますが、そのほとんどは正規のラジオタクシーでした。 乗車前にきちんと運賃の交渉をしていよいよウユニの町へむかいましょう! まとめ ツアーではなく、個人で手配すればかなり安くなるのですが、その代わりけっこうめんどくさいのも確かです。

次の

ウユニ塩湖の行き方とツアーの値段。女一人でウユニに行ってみた!

ウユニ 塩 湖 行き方

こんにちは! 元世界一周ブログランキング1位、旅するフリーランスの太郎()です。 皆さんは ウユニ塩湖って知ってますか? 各メディアでも取り上げられて、本も出版されている 死ぬまでに行きたい絶景No. 1の あの場所のことです。 ウユニ塩湖には行くべきではない 皆さんのウユニ塩湖のイメージってこういう写真ですよね? 真っ青な空が塩湖の水面に映って鏡張りになるこの1枚。 確かにこの絶景が広がったらめちゃくちゃ綺麗です。 この景色が一度は見てみたいからこそ、皆さんはウユニ塩湖に行ってみたいって思うわけですね! しかし 皆さんはウユニの良い一面しか見れていません。 この記事ではいかにウユニという場所が辛く過酷な環境なのか、 ウユニ塩湖のリアルというものをお伝えしたいと思います。 そしてラパスから飛行機に乗って1時間ほどでウユニへと行くか、バスに揺られて10時間ほどかけていくかという選択になります。 ちなみに僕の場合は日本からではなく同じ南米大陸のパラグアイからウユニを目指しました。 同じ大陸内からウユニを目指したのにも関わらず、バスで移動だったために 4日間という膨大な時間を要しました。 さらに費用がどのくらいかかるかというと、のパッケージプランでは8日間の旅行期間で ウユニ滞在は2日間のみ、それで 一人当り570,000円〜という大変お高い料金。 正直それだけのお金を払うのであればヨーロッパ旅行をして、ちょっと良い買い物と食事を楽しんでもまだお釣りがきますよね。 それが 「高山病」です。 高山病とは 標高が高くなるにつれて気圧が下がり(山頂は平地の6割)、酸欠の状態になり、血中酸素濃度が低下することで身体にいろいろな変調をきたします。 初期段階では、頭痛、吐き気、めまい、食欲不振、手足のむくみ、心悸亢進(脈拍が速くなる)など風邪のような症状が現れます。 あるいは二日酔いの症状にも似ているので専門家は「山酔い」と呼んでいたそうです。 参照: 多くの方々はご存知がないようですが、ウユニ塩湖がある場所というのは標高約4,000mの高山地帯。 標高4,000mというと、日本で一番高い山である 「富士山」よりもさらに高いのです。 そしてプロの登山家でもない限り、そんな高標高の場所に慣れている人は絶対にいません。 もし高山病にかかったしまったら、もうウユニのツアーどころではないです! 頭は痛いし、気持ち悪いし1日はベッドの上で過ごす事を余儀なくされると思います。 高山病が心配だという方は、市販されていて一般の人でも買うことのできる、 という高山病向けの薬を持っておくことをおすすめします。 なぜ有名かというと、その 「不味さ」においてとても有名なのです。 おかゆの一歩手前のようなねっとりとしたお米を使って作られる混ぜご飯のようなものは、僕の世界一周期間中に口にしたものの中で、 ダントツで不味いものでした。 さらに、ウユニがある標高4,000mという高地では家畜や農業をするということはとても大変なようで、こちらで 主に食べられるお肉と言えば アルパカや リャマといった高山に生息している動物たち。 僕はこのおばちゃんが作る、アルパカのお肉を使ったアルパカ丼を食べて 食中毒となり、38度の熱を出して3日寝込んだという思い出もあります。 ウユニの街での食に関しては、絶対に期待しない方がいいと思います。 そして屋台のご飯を食べるならば、食中毒になる覚悟でお試しください。 そして食中毒に備えて は絶対に持ち歩きましょう。 旅人の救世主です。 そうです。 ウユニ塩湖まで絶景を見に行ったとしても、 「必ずしも綺麗な景色を見れるわけではない」のです。 ウユニ塩湖は数年前に流行りまくって観光客が押し寄せた結果、塩湖の上にタイヤの跡とか足跡とか付いたり、塩に土が混ざって茶色くなって今はそれほど綺麗じゃないという — Mizuki Komada RuiXiangMizuki ネット環境が残念な感じで、ネタは貯まっていくのにtwitterアップできない旅行中。 ウユニ塩湖は乾期故の塩砂漠でした!(鏡面世界が見られなかった…!) — たます ethicso ちなみに綺麗な鏡張りの景色を見るための条件とは• 雨が降って、ウユニ塩湖に水がたまっていること(雨期)• 風がないこと• 何度か雨が降ってゴミがきれいになっていること• 昼間は晴天であること• 夜は雲一つないこと といったものが必須となります。 こういった条件が揃っていないと 参照: こういった感じの何も見えない風景になってしまったりすることも。 これはこれで味があるのかもしれませんが、やはり折角ウユニまで来るならば絶景と言われる景色が見たいですよね? しかし必ずしも、あの絶景があなたの目の前に現れることではないということをお伝えします。 もしウユニまで行ったのに絶景が見れなかったという残念な方は、 で心を整えましょう。 ウユニには標高が高すぎるという点や、場所自体が僻地という理由からゴミ処理場がないそうです。 そのためウユニから出るゴミは、現在埋め立てという方法で処理がされているそう。 観光客が持ち込んだプラスチック系のゴミは、土に帰るわけはなくそこに住むリャマなどの生態系やウユニ塩湖自体にも悪影響を及ぼすそうです。 ただ旅行として来ている人でも、ウユニという場所に住んでいる、そしてこれからも住み続けていく人のことを考える必要があります。 ウユニへ訪れる人は事前の覚悟と知識が必要 僕がなぜウユニへと行くべきではないと言うのか。 それは、 ウユニ塩湖=素晴らしい絶景 というイメージが先行しすぎていて、実際のウユニという場所に対して 何も知らない人が多すぎるためです。 日本人は「日本」という安全で安心な国にいるため、絶対的に海外の危機感や情報ということに対して疎い人が多い。 それに物事のいい面ばかりを見て、悪い面やあまり見たくないところからは目を背けたがります。 僕がみなさんに伝えたいのは、ウユニ塩湖に行って観光をしたいと思うなら、ちゃんと ウユニ塩湖という場所のことを知っておき、それに対する準備や覚悟をする必要があるということ。 そしてウユニという場所やそこに住む人のことを尊重する考えを持って欲しいということです。 僕は長時間のバス移動で疲弊したり、食中毒にかかったり、一度のツアーでは鏡張りを見れなかったりと大変だったり我慢をしなければいけないことをウユニで経験しました。 それでも、 ウユニ塩湖は僕の大好きな場所です。 やっと見ることができた鏡張りは本当に素晴らしかったし、絶景でした。 今、ウユニ塩湖に行こうと考えている方々。 是非ともウユニ塩湖とはどういった場所なのか、それを知った上で準備をしてほしいと思います。 今よく読まれている人気記事はこちら ・ ・.

次の

ウユニ塩湖の行き方とツアーの値段。女一人でウユニに行ってみた!

ウユニ 塩 湖 行き方

こんにちは、ハルです。 鏡張りの絶景で日本人にも有名な ウユニ塩湖。 実は、中国にも似たような場所があるんです! それがチャカ 茶卡 塩湖!! 省都の西寧からかなり離れていますが、 ツアーに申し込まず個人で行くこともできます。 チャカ塩湖 中国語では 茶卡盐湖と書きます。 中国の 青海省にあり、省都 西寧市から行くことができます。 中国最大の湖、 青海湖の南西に位置しています。 列車は毎日1往復だけです。 パスポートと予約番号を見せればオッケー👌 列車の乗り方はいつも通りです。 チャカ駅では発券する場所が見当たりませんでした。 あったかもしれませんが、列車は1日1往復しかないので時間を変更しようがありません。 発券しておく方が無難です。 朝の駅は混むかな?と思って早めに行きましたが、全然混んでいませんでした。 朝、昼の分があるといいです。 帰りは西寧に着くのが夜9時近くと遅いのでお弁当の車内販売がありましたが、美味しくなさそうな割に20〜30元と高めです。 私は西寧に着いてから遅めの夜ご飯を食べに行きました。 現地にも食べる場所はありますが、やはり観光地価格です。 何より 時間が限られているので、着いたらすぐ塩湖へ向かうためにも車内でお腹は満たしておくと良いと思います。 乗る! 車内もチャカ塩湖の広告がたくさん 車窓も絶景 西寧から青海湖を大きく回ってチャカ塩湖へ行きます。 「世界の車窓から」の気分。 どちら側も綺麗な景色が見られますが、 青海湖は進行方向左側から見えるのでこちら側の席を確保できたらラッキーです。 着いた! 海抜3100m 小さな駅です。 普通の駅と違い、降りた後チケットも見せなくてオッケー。 というよりゲートもない。 1日1往復だけなので、電車は16時半の出発までここで待機しています。 バスツアーに参加して来ている人はもっと遅い時間に出るので、人がまだいるからと言ってギリギリまでいると間に合わなくなります。 靴の上から履くビニールの袋も買ったり借りたりできますが、写真を撮るにはちょっとかっこ悪い。 5元くらいかかります。 ビーチサンダルを持参するのがおすすめです。 そのまま塩湖に入れます。 私は時間がギリギリだったのでそのまま列車に戻ってウェットティッシュで拭いたのですが、足を洗う場所もあるようです。 乾くと塩が出てきます。 塩湖に入るなら、短パンや膝丈のスカートが良いと思います。 写真映えを狙って真っ赤な長いスカートを履いた中国人女性が多かったですが、スカートをまくらないといけないので大変です。 スカーフや日傘で 日差し対策もしっかりしましょう。 日焼け止めを忘れずに 私は忘れました🌞。 夕日が見たいなら 列車は個人で行きやすいですが、時間がかなり限られてしまいます。 特に夕日が見たいなら、塩湖の近くに宿泊するか遅くまでいられる日程のバスツアーを探しましょう。 塩湖付近の宿泊施設は多くない上に高そうなので、個人で宿泊するのはおすすめしません。 泊まるならツアーに参加すると良いでしょう。 西寧から日帰りで夕日まで見るバスツアーはほとんどない気がします。 青海湖や他の場所と一緒に数日かけて周るツアーに参加するのが無難な気がします。 ゲストハウスで会った人に聞いたら、3〜6日間のツアーで行く人も結構いました。

次の