血便 理由。 腸重積

血便・下血の症状・原因・対処法 Doctors Me(ドクターズミー)

血便 理由

血便の種類 血便は出血した場所や出血した量により、色や形をさまざまに変えます。 患者さんもご自身の血便を、初めてみる方が多い為、焦ってしまってすぐにトイレに流してしまったりすることも多いですが、不安な場合はまず落ち着いてスマートフォンの写真などにとって医師に見せてください。 〇黒色便(タール便) 口に近い胃で出血をしている場合は、胃酸と血液が混ざり合うことでイカ墨のような真っ黒の便になります。 急激に出血すると血圧が下がり出血性ショックを起こすこともありますし、長い時間をかけて徐々に出血をしていくと自覚症状の乏しい高度の貧血をおこします。 胃・十二指腸潰瘍や胃癌などが黒色便(タール便)を起こす代表的な疾患です。 これを認めた場合には胃の内視鏡検査による精査が必要です。 貧血治療のための鉄分の内服を行うと薬の副作用で黒色便になりますので要注意です。 〇暗赤色便 濃いレンガ色のような便の色です。 比較的大腸に近い小腸や大腸からの出血があると消化液と混ざり合うことで、暗赤色の便になります。 大腸の感染や血流障害による出血や大腸憩室から出血が暗赤色便を起こす代表的な疾患です。 これを認めた場合には腹部超音波検査や大腸の内視鏡検査にて精査を行います。 〇粘血便 べたべたとした粘液に血液が混ざったような便を粘血便といいます。 便がマーブル模様になったり、苺ジャムみたいな便と表現する患者さんもいます。 赤痢アメーバといった感染症や炎症性腸疾患などで見られることがあります。 原因精査の為には大腸内視鏡検査はかかせません。 〇鮮血便 真っ赤な血液が便に混じったり、排便時に紙に真っ赤な血液が付着したり、便器が赤くなったりします。 肛門の近くで出血していることを意味していますので、いちばん多いのはいわゆる「痔」です。 痛みもなく出血することがあります。 「痔」ですので肛門の診察で原因がわかる場合もありますが、直腸癌でも鮮血便を認める可能性があり、詳細な問診や直腸診で判断し内視鏡検査で精査する必要性があります。 癌というのは正常の組織ではありませんので、自然に組織が崩れ出血します。 10mm程度の癌からも出血することもありますし、大きければ大きいほど出血量も頻度も多い傾向にあります。 大腸がん40歳くらいからしばしば見られるようになります。 小さいものは自覚症状がない場合が多く、便潜血検査による大腸がん検診がきっかけで見つかることも珍しくありません。 明らかな血便で見つかる場合は比較的大きい場合が多く、進行している可能性が高いです。 大腸がんは早期発見・早期治療で完治する可能性が高い為、ご家族に大腸がんの方がいる患者様や40歳以上の血便がでた方は内視鏡検査を強くお薦めいたします。 炎症性腸疾患と呼ばれる大腸粘膜の炎症を起こす病気で、医療費助成対象の難病に指定されてる病気です。 普段の便通が軟便や下痢傾向で、粘液の様な血便を伴うことが多いです。 重症化すると、腹痛や発熱を伴い、1日に10回くらいのひどい下痢や体重減少なども起こりえますが、大半は軽症の方で、適切な治療で健常な方と同じように日常生活を過ごすことができます。 血便が出た場合は、肛門鏡をつかって直腸粘膜等を観察し、潰瘍性大腸炎を疑う場合は大腸内視鏡検査を行います。 内視鏡をつかって大腸粘膜の組織を採取し確定診断を行います。 治療は内服薬による薬物治療が中心になりますが、病状次第では血球成分除去療法や手術等を行うこともあります。 血便を特に起こしやすいのは、細菌感染による細菌性大腸炎です。

次の

腸重積

血便 理由

血便の種類 血便は出血した場所や出血した量により、色や形をさまざまに変えます。 患者さんもご自身の血便を、初めてみる方が多い為、焦ってしまってすぐにトイレに流してしまったりすることも多いですが、不安な場合はまず落ち着いてスマートフォンの写真などにとって医師に見せてください。 〇黒色便(タール便) 口に近い胃で出血をしている場合は、胃酸と血液が混ざり合うことでイカ墨のような真っ黒の便になります。 急激に出血すると血圧が下がり出血性ショックを起こすこともありますし、長い時間をかけて徐々に出血をしていくと自覚症状の乏しい高度の貧血をおこします。 胃・十二指腸潰瘍や胃癌などが黒色便(タール便)を起こす代表的な疾患です。 これを認めた場合には胃の内視鏡検査による精査が必要です。 貧血治療のための鉄分の内服を行うと薬の副作用で黒色便になりますので要注意です。 〇暗赤色便 濃いレンガ色のような便の色です。 比較的大腸に近い小腸や大腸からの出血があると消化液と混ざり合うことで、暗赤色の便になります。 大腸の感染や血流障害による出血や大腸憩室から出血が暗赤色便を起こす代表的な疾患です。 これを認めた場合には腹部超音波検査や大腸の内視鏡検査にて精査を行います。 〇粘血便 べたべたとした粘液に血液が混ざったような便を粘血便といいます。 便がマーブル模様になったり、苺ジャムみたいな便と表現する患者さんもいます。 赤痢アメーバといった感染症や炎症性腸疾患などで見られることがあります。 原因精査の為には大腸内視鏡検査はかかせません。 〇鮮血便 真っ赤な血液が便に混じったり、排便時に紙に真っ赤な血液が付着したり、便器が赤くなったりします。 肛門の近くで出血していることを意味していますので、いちばん多いのはいわゆる「痔」です。 痛みもなく出血することがあります。 「痔」ですので肛門の診察で原因がわかる場合もありますが、直腸癌でも鮮血便を認める可能性があり、詳細な問診や直腸診で判断し内視鏡検査で精査する必要性があります。 癌というのは正常の組織ではありませんので、自然に組織が崩れ出血します。 10mm程度の癌からも出血することもありますし、大きければ大きいほど出血量も頻度も多い傾向にあります。 大腸がん40歳くらいからしばしば見られるようになります。 小さいものは自覚症状がない場合が多く、便潜血検査による大腸がん検診がきっかけで見つかることも珍しくありません。 明らかな血便で見つかる場合は比較的大きい場合が多く、進行している可能性が高いです。 大腸がんは早期発見・早期治療で完治する可能性が高い為、ご家族に大腸がんの方がいる患者様や40歳以上の血便がでた方は内視鏡検査を強くお薦めいたします。 炎症性腸疾患と呼ばれる大腸粘膜の炎症を起こす病気で、医療費助成対象の難病に指定されてる病気です。 普段の便通が軟便や下痢傾向で、粘液の様な血便を伴うことが多いです。 重症化すると、腹痛や発熱を伴い、1日に10回くらいのひどい下痢や体重減少なども起こりえますが、大半は軽症の方で、適切な治療で健常な方と同じように日常生活を過ごすことができます。 血便が出た場合は、肛門鏡をつかって直腸粘膜等を観察し、潰瘍性大腸炎を疑う場合は大腸内視鏡検査を行います。 内視鏡をつかって大腸粘膜の組織を採取し確定診断を行います。 治療は内服薬による薬物治療が中心になりますが、病状次第では血球成分除去療法や手術等を行うこともあります。 血便を特に起こしやすいのは、細菌感染による細菌性大腸炎です。

次の

腸重積

血便 理由

初めて「おしりからの出血」に気付いた際、他に痛みなどの症状がなければ「自分は大腸がんになってしまったのか?」と思われるかもしれません。 若い方は別として40代以上の年齢の方なら少しは頭をよぎるでしょう。 痔から出血しているのと大腸から出血しているのでは大きな違いです。 ちなみに大腸がんはがんの死因別では、「男性第3位、女性第1位」の疾患です。 男性は罹患率では第1位です。 つまり、一番身近な「がん」なわけです。 痔に比べ、大腸からの出血の場合、真っ赤なさらさらした血というよりかは、「少し赤黒い」「どろっとしている」「便に混ざっている」と表現されます。 大腸からの出血が疑われる方は、大腸内視鏡検査によって確認するしかありません。 いぼ痔かどうか? 大腸からの出血ではなさそうなら、いぼ痔(内痔核)から出血しているかどうか?についてはどこで見極めればいいのか?出血と同時に脱出をともなっていればほぼ間違いないでしょう。 ただ出血だけの症状の場合はどうでしょう?一般的にいぼ痔の出血は、「紙に付着<ポタポタ」、「どす黒い血<真っ赤な血」です。 おしりは普段閉まっているので、排便後まで滲んでいれば直腸下部に溜まります。 この血が次の排便時に、息んだとたん赤黒っぽくでることがあるので、注意してください。 また特徴的な出血に「シャーっ」という出方があり、診断の参考になります。 *例外もあります。 潰瘍性大腸炎からの出血だったり、直腸がんでも肛門に近くなればなるほど、いぼ痔からの出血と似てくるので判断が難しくなります。 またいぼ痔から出血している場合でも、同時に大腸がん、直腸がんからの出血が起こっている方もいます。 つまり、いぼ痔から出血している場合、結局大腸からの出血を否定しないといけないのです。 この場合も大腸内視鏡検査によって確認するしかありません。 プロはどう診断しているのか? プロ 肛門科専門医 はどのように診察し出血の原因を判断しているか解説します。 まず診察の手順として、肛門周囲に出血の原因となる病気がないか確認します。 「視診」になります。 ここで皮膚炎や外痔核からの出血、痔ろうがないかなど見ています。 次に肛門内に指をいれます。 「肛門指診」になります。 ここで肛門と肛門縁から約7㎝程度までの直腸内を触れています。 この段階で直腸がんが触れ、確定診断がつく場合もあります。 肛門疾患では、いぼ痔、切れ痔、肛門ポリープを触れたり、おしりの拡がり具合や膿のたまりなどを指からの情報として得ています。 指を抜いた際には、血液の付着を確認します。 最後に「肛門鏡診察」です。 肛門鏡を挿入して、直接目で確認します。 まず血液の溜まりがないか?あればどんな色か?奥からか手前からか?出血の原因がいぼ痔でいいのか?切れ痔なのか?それとも他の病気なのか?などを判断します。 いぼ痔があれば、出血していないか?出血した痕がないか?刺激して出血しないか?など確認しています。 潰瘍性大腸炎の場合、この時点で直腸に特徴的な粘膜が観察されます。 7 ここでは大腸がんと直腸がんを分けて記載しました。 大腸がん 盲腸、上行・横行・下行・S状結腸にできたがんのことです。 盲腸、上行結腸あたりのがんだと、まだ便が固まっていない段階で血が混ざるため、便そのものの色が赤黒くなります。 それより肛門側にできたがんだと、部分的に便の中まで血が混ざっていたり、少し赤黒い色の血液になります。 S状結腸くらいにできた場合では、出血量が多いと鮮血に近い色になります。 便のまわりに付着する場合もあります。 大腸カメラで診断をつけます。 直腸がん 肛門に近いため、鮮血ででることが多いです。 そのため、いぼ痔からの出血との区別が難しい場合があります。 排便のたびにポタポタたれます。 すでに進行がんまで進んでいることも多く、便が細い、下痢と便秘を繰り返すなど、他の症状を併発していることもよくあります。 前述のように、肛門指診を行った際に硬い腫瘤として触れ、診断がつくこともあります。

次の