葉山 潤 奈。 葉山潤奈がYouTubeデビュー!本名/年齢/鬱/結婚/大人の対応が格好良すぎると話題に

MELO♡|◇◆実業家モデル 葉山潤奈の全て◆◇

葉山 潤 奈

人物 [ ]• 興趣:音樂鑑賞。 擅長:。 簡歷 [ ]• 2008年11月,在的AV作品出道。 2010年10月,藉作品《 3穴ゴックンバズーカ!!》發表即將引退的消息。 作品 [ ] AV [ ] 2008年• 綺麗な女の子 裸のデビュー もうひとつの初花-hatsuhana- 葉山潤子(11月22日、)• 初花-hatsuhana- 新人!綺麗な女の子 葉山潤子(11月28日、KUKI)• 2nd Virgin 葉山潤子(12月26日、KUKI) 2009年• 恋リップ みだらな唇 葉山潤子(1月9日、KUKI)• ボディフェティッシュ OLエディション 葉山潤子(2月27日、KUKI)• 恋人映像 葉山潤子(3月13日、KUKI)• 盗撮学園 死角に潜む罠 葉山潤子(4月10日、KUKI)• 逆フーゾク イカせフルコース 葉山潤子(5月8日、KUKI)• 妹萌え 葉山潤子(6月12日、KUKI)• KUKI未公開 02(6月26日、KUKI)オムニバス作品 他出演:桜木凛、、黒川きらら、並木優• 裸 BEACH PARTY 葉山潤子(7月10日、KUKI)• 熱帯ナース 葉山潤子 黒川きらら(7月14日、KUKI)• 部活H! 葉山潤子(8月14日、KUKI)• とめどない顔射 葉山潤子(9月11日、KUKI)• デビュー1周年記念!葉山潤子が選ぶエロぃカウントダウンBEST12(11月27日、KUKI)• 君を犯したい 葉山潤子(12月5日、) 2010年• ザーメン スプラッシュ!葉山潤子(1月7日、アイエナジー)• KUKI 未公開 03(1月22日、KUKI)オムニバス作品 他出演:小西那奈、桜木凛、黒川きらら、並木優• 極限露出 葉山潤子(2月4日、アイエナジー)• 葉山潤子in『男女の身体が入れ替わる赤い糸』専属女優ver. (3月4日、アイエナジー)• 濃厚なイカセとセックス 葉山潤子(4月6日、アイエナジー)• 女教師 中出し20連発 葉山潤子(5月13日、アイエナジー)• 女子のお宅に、おじゃまします。 issue. 11 阿部潤子/20歳(7月7日、)• 高飛車女教師 生意気だけど良く締まる 葉山潤子(7月8日、)• WORKS)オムニバス作品 他12名出演• 僕だけのいいなりナース 02 葉山潤子(仮名)(7月16日、)• グローブ手コキ(8月1日、妄想族)オムニバス作品 他出演:、、、、、、、、、、• 痴漢バス女子校生 葉山潤子(8月13日、)• ピタパンOL 立ち電マ責め(9月1日、妄想族)オムニバス作品 他出演:、、なつき、、和葉みれい、楓姫輝、、• こんな顔してマン汁だらだら!ミスコン女子大生じゅんこちゃんをAV出演させます!(9月9日、)• 親戚の目を盗んで、1人だけ年の離れた従妹のカラダをおもちゃにする、お盆。 (9月23日、SODクリエイト)• 家庭教師 潤子先生の個人授業(10月7日、Be Free)• 3穴ゴックンバズーカ!!葉山潤子(10月21日、SODクリエイト)• 中出し少女 ~父親に捨てられたおんなのこ~ 葉山潤子(10月21日、SODクリエイト)• カリデカ(11月4日、ATOM)共演: 他• ザーメン スプラッシュ!葉山潤子(11月25日、アイエナジー) 2011年• 極限露出 葉山潤子(1月2日、アイエナジー)• 集団いじめ学級 じゅんこ 葉山潤子(1月8日、SODクリエイト)• 118 葉山潤子(11月1日、)• 50 葉山潤子(12月14日、Skyhigh Entertainment 關連項目 [ ]• 外部連結 [ ]•

次の

葉山潤子

葉山 潤 奈

潤「葉山くんがぁ、葉山くんが怖いぃ!」ガタガタ 葉山「誤解だから!誤解だから!」 潤「葉山くんに犯されるぅ!」ブルブル 葉山「やめろ!」 葉山「ご、誤解なんだよ!」 潤「そうなの……?」 葉山「うん」 潤「じゃあこの本、葉山くんのじゃないの?」 葉山「いや、それはまぁ、俺のなんだけど……」 潤「犯されるぅ! 葉山くんに犯されるぅ!」ガタガタ 葉山「ち、違うって!」 潤「あの、葉山くんも年頃だから、そういう事に興味を持つ事自体は私全然否定しません」ビクビク 葉山「……うん」 潤「そういう本を読んだりして見たくなる事も、全然悪い事だとは思わないし……」ブルブル 葉山「……おい、潤」 潤「な、何!? 」ビクゥッ 葉山「なんで距離とってんだよ」 潤「怖いもん!犯されるもん!」ガタガタ 葉山「やめろ!」 潤「超マニアックな方法で犯されるもん!」 葉山「しねえよそんなの!」 潤「普段授業で使ってる教卓に乗せられて 『いつもここで授業してるんだよな』とか言われながら犯されるもん!」 葉山「抜粋するのやめろ!さっきの本から抜粋するのやめろ!」 潤「なんか女教師もの特有のマニアックな言葉責めとかするつもりでしょ!」 葉山「しねえよ!やめろ!」 潤「『五教科だけじゃなくて保健体育も教えてよ先生』とか言いながら犯すつもりでしょう!」 葉山「抜粋やめろ!音読もやめろ!」 潤「葉山くんがマニアックな言葉責めを身につけてるぅぅ……!」 潤「とにかく、そういうマニアックなプレイしようとしてるんでしょ……?」 葉山「違うって!そういうんじゃねえっつうの!」 潤「さ、さらにマニアックな……?」 葉山「違う!ていうかさっき潤が言ったみたいのは女教師ものでは全然マニアックの範疇じゃねえよ!」 潤「……え?」 葉山「……あ」 潤「……あ、あれくらいは、基本なんだ?」 葉山「なんでもない!さっきのなんでもない!」 潤「正直さっきのでもかなりエグいところ抜粋したつもりだったんだけど……」 葉山「聞けよ!さっきのは間違いだから!」 潤「もうあれくらいじゃ、満足できないんだね……?」 葉山「やめて!」 潤「葉山くんがどんどん遠くに行く……」 葉山「遠くに行ってるのは潤だろ……物理的に距離とってるじゃん……」 潤「だ、だって犯されるじゃない……」 葉山「しないから!」 潤「育て方が悪かったのかな…… 知らず知らずの内に、葉山くんに寂しい思いをさせていたのかな……」 葉山「やめろ!重いかんじにすんな!」 潤「血の繋がりはなくても、愛情いっぱいに育てたつもりなのに……」 葉山「聞きたくねえよ!思春期の拾われっ子が一番聞きたくないタイプの奴だぞそれ!」 潤「で、でもプレイ的な見地から言えば養母のような存在が女教師でもあるという二重の禁断要素も興奮ポイントに……?」 葉山「やめろ!嗜好を探るのやめろ!」 潤「だ、だってさっき言ったくらいはもう基本なんでしょ?」 葉山「間違いでした!さっきの無しで!」 潤「とすると養母とかそっち系に行かざるを得ないじゃない……?」 葉山「っていうか何でちょっと協力的なんだよ!? さっきまで犯される!とか言ってただろうが!? 」 潤「さ、逆らったらもっとひどい目にあう……」 葉山「そ、そういうことか!いや、しないから!」 潤「じゃ、じゃあ面と向かって言って……」 葉山「何を?」 潤「『俺は女教師・汐見潤を犯したいと思っていないし、思ったこともありません』って」 葉山「何その宣言!? 」 潤「言わなきゃ信用できない!獣と共に同じゼミにはいられないもの!」 葉山「ケモノとか言うな!」 潤「と、とにかく言ってもらえれば、安心できるかもしれないから……」 葉山「……うーん……」 潤「や、やっぱり虚偽の申告はできない?」ビクビク 葉山「虚偽じゃねえっつうの!」 潤「いいの!先生は葉山くんを嘘つきにしたいわけじゃないんだから!」 葉山「その感じやめろ!」 潤「葉山くんにその場限りの嘘をつかせるくらいなら、私、葉山くんの嗜好と向き合うから!」 葉山「言うから!言うから重い感じやめろって!」 葉山「え、な、なんだっけ……『俺は』……」 潤「『俺は女教師・汐見潤を犯したいと思っていないし』」 葉山「そ、そうだな。 『俺は女教師・汐見潤を』……」 潤「……ど、どうかした?」ビクビク 葉山「あ、あのー、一応、一応確認な?」 潤「な、何?」 葉山「こ、この『犯す』の範囲って……?」 潤「!! 」 葉山「い、一応だぞ!!」 潤「そ、それはつまり範囲によっては……」 葉山「一応だって!意外と二人の間で食い違ってるかもしれないじゃん!」 潤「範囲によってはありえるってこと?」 葉山「いやだからその確認!」 潤「そ、そうね。 葉山くんの基準はちょっとアレだものね」 葉山「アレとかやめろ」 葉山「えーと、じゃぁちょっとずつ確認してこう?」 潤「う、うん。 ここでの『犯す』の範囲が広ければ広いほど、その……」 葉山「……うん」 潤「葉山くんがさっきの宣誓をできなくなる可能性が上がるわけだよね」 葉山「いやまぁ多分ていうか絶対大丈夫だけどな!! 」 潤「そうだよね!」 葉山「えー、じゃあ『犯す』の基準決めスタート!」 潤「まずは『キス』!」 葉山「えッ!?」 潤「えッ!?」 葉山「ストップで! 一旦ストップで!」 潤「怖い怖い怖い怖い!!」 葉山「違うって! 普通にするじゃん! キスってするじゃん! 先生と生徒で!」 潤「しないしないしない怖い怖い怖い」 葉山「俺がするかどうかじゃないよ!? 一般的にだよ!? 一般的な基準として、先生と生徒でキスはセーフだって!」 潤「しないよぉ……」 葉山「アレだぞ? キスって唇同士の奴だよ? 『鈴口と子宮口』とかそういうんじゃねえぞ? そのつもりで俺はOKにしたんだぞ?」 潤「当たり前だよ……。 ていうか今言った方OKにしてたら本当に退学にしてたよ……」 潤「あの、ていうかじゃあさ、キスが基準だとアウトなの? よね? あの、言わなくていいけど」 葉山(心底屈辱的……) 潤「うーん……ていうかもう、聞くね…… ど、どこラインにしたらさっきの宣言できるの?」 葉山「……えー?」 潤「あ、葉山くんが決めてくれていいよ。 それを聞いて対処するから」 葉山「……う、ん・・・…」 (五分後) 葉山「……」 潤「……」ドキドキ 葉山「……あの」 潤「ひっ!? 」ビクゥッ 葉山「そ、そこまで怯えなくても!」 潤「ご、ごめんね? 驚いちゃっただけだから。 ごめんね?犯さないで?」 葉山「やめろ!」 潤「……ていうか、これ長考した時点で相当ヤバ……」 葉山「言うから!今すぐ言うから!」 葉山「え、えーと……」 潤「言ってくれていいから!ドンと!」 葉山「えーと……」 潤「もう驚かないから!」 葉山「えー……多分、何をラインにしても、その、無理……」 潤「え」 葉山「いや、だって、したいし……」 潤「うわああああああやっぱりガチじゃないぃぃぃぃ!!!」 葉山「ご、ごめんな! でもしたいんだよ!!!!!」 潤「最初ので合ってたじゃないぃぃぃ!! 最初のリアクションでむしろ正解じゃない!!!! 」 葉山「悪い! 本当にごめん! でもさっきの言葉責めとかめっちゃしたい!」 潤「それは聞いてないでしょおおお!! 怖い怖い怖いぃぃぃ!!」 葉山「し、静かにしろよ!! 犯すぞッ!?」 潤「め、めっちゃ本性出してるぅぅぅぅ!!!」 葉山「お、お前がやたら騒ぐから!」 潤「じゃ、じゃあ聞くよ?」 葉山「おう」 潤「教卓の上でのえっちは?」 葉山「基本」 潤「保健体育と書いて?」 葉山「性教育(実技)」 潤「禁断の関係は?」 葉山「極上」 潤「背徳感は?」 葉山「正義」 潤「こわいよぉぉぉ! 葉山くんが怖いよぉぉぉ!」 葉山「う、うるさい! 下着口に詰めるぞ!? 」 潤「なにそれ!?」 葉山「よくあるんだよ!」 潤「よくあるんだ!?」 葉山「色々装着したまま授業に行かせたりしたい!」 潤「何急に!? 」 葉山「わ、悪い。 もう我慢しなくていいと思ったら願望出しちまった」 潤「怖い! そんなことを内に秘めてたとか怖い!」 葉山「職員会議で発言しなくちゃいけないときにリモコンでいじりたい!」 潤「やめて怖い!」 葉山「こういう時やたらと会議がのびる!」 潤「細かな設定とか怖い!」 葉山「うわあああ願望出るぅぅぅ!! 」 潤「落ち着いて! もうやめて!」 葉山「他の生徒に見られない教室の死角でキスしたい!」 葉山「実験器具の修理のために業者に電話してる後ろから胸揉みたい!」 葉山「放課後に補習受けたい!」 潤「最後のは普通のこと言ってるはずなのに怖い!」 葉山「そういうことだから!よ、よろしくな!」 潤「何をヨロシクするの?」 葉山「……じゃ、じゃぁ俺寝るから!もう寝るから!」 潤「このタイミングで引き上げられるとより怖い! ていうかなにをヨロシクすればいいの?」 葉山「おやすみなさい!お前も早く帰れよ!」ダッ 潤「ええー……絶対明日から何か仕掛けてくる……」 潤「本当にヤダ本当に怖い……」 潤「なんであんな本見つけちゃったんだろう……」 潤「教授にはなんて言おう……いや、言えないかぁ……こんな稀有な悩み……」 ~~~~~ アリス「リョウくんの部屋にかわいい女の子が表紙の漫画があったわ!勝手に読んでやりましょうっと」 アリス「……ん?」 おしまい.

次の

葉山潤奈とは

葉山 潤 奈

CONTENTS• 映画『ナラタージュ』の作品情報 C 2017「ナラタージュ」製作委員会 【公開】 2017年(日本映画) 【原作】 島本理生 【監督】 行定勲 【キャスト】 松本潤、有村架純、坂口健太郎、大西礼芳、古舘佑太郎、神岡実希、駒木根隆介、金子大地、市川実日子、瀬戸康史 【作品概要】 2006年版「この恋愛小説がすごい」第1位に輝いた島本理生の小説を、松本潤&有村架純で映画化。 映画『世界の中心で、愛をさけぶ』で知られる恋愛作品に定評がある行定勲監督が描く、高校教師と元生徒が織り成す禁断の純愛。 映画『ナラタージュ』のキャスト一覧 C 2017「ナラタージュ」製作委員会 松本潤(葉山貴司) 泉の高校の社会科教師で演劇部顧問、心に傷を持ち泉に依存していく。 有村架純 工藤泉 孤独な高校生活の中で葉山に救われる。 再会したこと葉山への恋が再燃。 坂口健太郎(小野怜二郎) 演劇部に助っ人でやってくる。 泉に惹かれていく。 瀬戸康史(宮沢慶太) 社会人となった泉が働く映画会社の後輩社員。 市川実日子(葉山美雪) 葉山の妻、心のバランスを崩して葉山と離れる。 映画『ナラタージュ』のあらすじ C 2017「ナラタージュ」製作委員会 現代 映画業界で働く工藤泉は夜遅くまで残業の日々。 地元の友人からは働きすぎだとあきれられる。 外はいつしか大雨になっていました。 出先から帰ってきたずぶ濡れで帰ってきた後輩社員の宮沢にタオルを渡す泉。 泉は外の雨を見ながら泉はそっともう動かない懐中時計を取り出します。 それは、かつて心から愛した高校時代の教師、で泉の所属した演劇部の顧問の葉山貴司 松本潤 から贈られたものでした。 高校生時代 泉は自分の居場所を感じられず高校生活を過ごしていました。 高校三年生のある日、偶然すれ違った教師の葉山から演劇部に誘われます。 そこで泉はやっと居場所を得られたような気がします、と共に葉山の存在が自分の中でどんどん大きくなっていくのでした。 一方で葉山の中でも泉の純粋さが大きくなっていきました。 葉山は実は既婚者だったということを打ち明けます。 葉山はどこかで妻を想い続け、籍は抜かずに帰りを待っていました。 しかし、その一方で葉山もまた心が揺れ動き、泉の純粋さに依存していきます。 卒業の日、互いへの想いから葉山と泉は唇を重ねるのでした。 大学生時代 大学2年。 卒業の日のキスから丸2年、泉の心の中には葉山が居続けています。 そんなある日、泉のもとに葉山から連絡が入ります、二人にとって二年ぶりの会話。 葉山からの話は演劇部の卒業公演の手伝ってくれないかという話でした。 今の演劇部員は3人しかいなくてまともに一つの演目もできない状態でした。 そこで泉と同級生だった山田志緒と黒川博文のカップルと黒川の友人で演劇経験のある小野玲二が加わって卒業公演は何とか形になっていきます。 期せずして再会を果たした二人、週に一度高校で演劇の練習を重ねるうちに二人の心が動き出してきます。 一方でOB組と小野は4人で過ごす時間が増え仲も深まっていく、その中で小野は泉に惹かれていきます。 ある雨の夜、葉山からの弱々しい声で電話がかかります。 駆け付けた泉そこには深酒をして動けなくなっていた葉山がいました。 泉は葉山を家まで送ることに。 一瞬近くなった二人の距離、しかし泉は葉山の嘘を知ってしまいます。 葉山の妻は心を病みそれゆえに妻の両親に求められて別々に暮らしていることを、そして葉山は籍を抜かずに妻の帰りを待っていることを。 葉山の嘘に混乱する泉をきつく抱きしめますが泉の心には大きな穴がぽっかりと空いたようだった。 本公演は終わっても泉は葉山に距離を感じたままだった。 心揺れる泉を見て小野は突然実家に誘います。 思わぬ暖かみに心和む泉。 そんな泉に小野は想いを告げます。 葉山の存在を振り切るために泉は小野の想いを受けることにしました。 最初は順調に見えた泉と小野の交際は、泉の行動や物事のはしはしに見え隠れする葉山の存在に小野は嫉妬を覚えるようになっていきます。 それでも泉は葉山の存在を自分の中から少しでも消し去って小野に接しようとします。 ラスト 小野との道を歩もうとしていた中で、突然の悲しい知らせが届きます。 公演の練習のころからどこか悩みがあるように感じていた女子演劇部員の自殺騒動が起きてしまい、救急搬送先で泉達は葉山と出会ってしまいます。 教え子の自殺騒動で明らかに動揺している葉山を見て泉は心が揺れます。 自分の中の葉山の大きさを実感した泉は、一度は小野と共にその場を去りましたが葉山への想いを忘れられず、小野に詫びながら別れを告げ葉山のもとへ走ります。 病院の前で茫然自失としていた葉山の前に駆けつける泉、二人は強く抱きしめ合いました。 そして、葉山は一つの決断をします、転勤して妻のもとに向かうと。 これを告げられた泉はそれを受け入れたうえで改めて葉山への愛を告げ、葉山も泉のことを愛していると答えます。 別れを決め、そのうえでお互いの愛を確かめ合った二人は結ばれます。 最後に葉山は泉にあるものを贈ります。 それこそあの懐中時計でした。 泉はそれを受け取り、二人は別れます。 現代 結局、残業で会社に残り続けた泉。 外の強い雨はいつしかやみ、夜が明け始めていました。 映画『ナラタージュ』の感想と評価 C 2017「ナラタージュ」製作委員会 『 ナラタージュ』の映画化は行定勲監督の12年越しの企画でした。 監督のもとに原作が持ち込まれたのがちょうど『 世界の中心で愛を叫ぶ』のころの話です。 原作『ナラタージュ』は島本理生の初の本格書下ろし作品ということで、デビュー作に近い作品です。 それゆえに文章の表現、構成などには正直粗さも感じました。 一方で行定監督自身の『世界の中心で愛を叫ぶ』以降ライトなテイストのボーイミーツガール型ラブストーリーが日本映画の主流になっていきました。 皮肉にも行定監督自身が作った流れが『ナラタージュ』の映画化の道を険しいものにしてしまいました。 しかし、その時間は決して無駄ではありませんでした。 行定監督は大型企画もこなせるヒットメーカーとなり、主演に松本潤と有村架純を得ることができました。 まとめ C 2017「ナラタージュ」製作委員会 はっきりとした性愛描写も松本潤と有村架純は受け入れました。 そこにいたのは精神的なもろさを抱える一人の男でした。 有村架純も今までにない包容力と母性を感じさせる役どころで、松本潤演じる葉山を一途に想い続ける儚さと、時に葉山を支える強さを併せ持つヒロインを好演しました。 「キラキラした映画はたくさん作られているけど、現実の恋愛はそうじゃない、こんなことだったら恋愛なんてしなきゃよかったという恋愛の一面を描いて、いい意味で若い人たちを傷つけたかった」という監督の狙いは見事にはまった、久しぶりに痛みを感じる恋愛映画が誕生しました。

次の