天王星 人 プラス 2020。 大殺界早見表、天王星人プラスの年運、月運(六星占術の運命周期)

天王星人プラスと相性のよいタイプとは?性格・運勢・恋愛傾向を徹底解説【2020年版】

天王星 人 プラス 2020

天王星人プラスの2020年の運勢は確認していただけたでしょうか? この記事では、細木かおりさんの六星占術で占う天王星人プラス2020年5月、6月の運勢をご紹介します。 月運と合わせて日運も掲載するので一緒に確認してくださいね。 天王星人プラス2020年5月の月運 天王星人プラス2020年5月の月運についてご紹介します。 2020年5月の月運は<減退>。 多少、運気が上昇に向かっていきますから、なんとなく気分は明るくなります。 しかし、油断は禁物です。 自分が信頼していた人に裏切られたり、身内や愛している人が突然亡くなったりと、取り返しのつかないことが起こりやすい時期です。 そして、とかく悪い運気が自分の内側へ内側へと向かってくるので、心の病気におかされやすいのもこの時期です。 ここで金銭を惜しんでいると、運気はさらにマイナスになり、翌年訪れる<種子>の運気まで損なう恐れがあります。 いまやるべきことにしっかり向き合って。 仕事に追われたりお金がなかったりで、プライベートは満足できず。 無理をして休みを作っても、ドタキャンされるなどチグハグ。 今月は、いまやるべきことにしっかりと向き合いましょう。 信頼していた人から裏切られる心配が。 ただ、クヨクヨしても何もはじまりません。 作り笑いでも、とりあえず笑顔をキープ。 明るく前向きに振る舞っていれば、遅かれ早かれ力になってくれる人があらわれるでしょう。 判断力が鈍り、凡ミスを連発してしまいそう。 契約事はひとまず家族に相談してから。 ネットで会員登録や買い物をするときも、画面を隅々までチェックするなど慎重に。 天王星人プラス2020年5月の日運 続いて天王星人プラス2020年5月の日運についてご紹介します。 1日(金) 停止(大殺界、アンラッキーデー) 2日(土) 減退(大殺界) 3日(日) 種子 4日(月) 緑生 5日(火) 立花 6日(水) 健弱 7日(木) 達成 8日(金) 乱気 9日(土) 再会(ラッキーデー) 10日(日) 財成 11日(月) 安定 12日(火) 陰影(大殺界) 13日(水) 停止(大殺界、アンラッキーデー) 14日(木) 減退(大殺界) 15日(金) 種子 16日(土) 緑生 17日(日) 立花 18日(月) 健弱 19日(火) 達成 20日(水) 乱気 21日(木) 再会(ラッキーデー) 22日(金) 財成 23日(土) 安定 24日(日) 陰影(大殺界) 25日(月) 停止(大殺界、アンラッキーデー) 26日(火) 減退(大殺界) 27日(水) 種子 28日(木) 緑生 29日(金) 立花 30日(土) 健弱 31日(日) 達成 天王星人プラス2020年6月の月運 天王星人プラス2020年6月の月運について見ていきます。 2020年6月の月運は<種子>。 <種子>は、12年間の運命周期がはじまります。 総合的に、自分の運命がよい方向に回転をはじめる時期、物事を開始する時期と考えてください。 結婚、就職、引っ越しなどによい時期です。 この時期に知り合った人は、将来あなたにとって大事な人になります。 新しく商売をはじめたりすると、将来、経済的に大きな実りが期待できるでしょう。 人生を左右する重大なことは年内にメドが立つよう動き出して。 新しいことをはじめるには最高のタイミング。 仕事、勉強、恋活・婚活と、思っているよりいい方向に進んでいく期待が。 就職や起業、結婚など、今後の人生を左右する重要なことは、年内にはメドが立つように動き出してください。 自分の考えだけにこだわらず、目上の人や経験者にアドバイスを求めることも大切です。 視野を広げると、意外な盲点に気がつくことも。 ダイエットにチャレンジする絶好のチャンス。 ただ、雑誌やテレビで紹介されたものをあれこれ試しても、期待はずれに終わるだけ。 無理なく地道に続けられる方法を選ぶようにしましょう。 天王星人プラス2020年6月の日運 続いて天王星人プラス2020年6月の日運についてみていきましょう。 1日(月) 乱気 2日(火) 再会(ラッキーデー) 3日(水) 財成 4日(木) 安定 5日(金) 陰影(大殺界) 6日(土) 停止(大殺界、アンラッキーデー) 7日(日) 減退(大殺界) 8日(月) 種子 9日(火) 緑生 10日(水) 立花 11日(木) 健弱 12日(金) 達成(ラッキーデー) 13日(土) 乱気 14日(日) 再会(ラッキーデー) 15日(月) 財成 16日(火) 安定 17日(水) 陰影(大殺界) 18日(木) 停止(大殺界、アンラッキーデー) 19日(金) 減退(大殺界) 20日(土) 種子 21日(日) 緑生 22日(月) 立花 23日(火) 健弱 24日(水) 達成(ラッキーデー) 25日(木) 乱気 26日(金) 再会(ラッキーデー) 27日(土) 財成 28日(日) 安定 29日(月) 陰影(大殺界) 30日(火) 停止(大殺界、アンラッキーデー) 関連記事•

次の

天王星人プラス(+/陽)の性格・相性|2020年の運勢から大殺界や霊合星人も丸わかり

天王星 人 プラス 2020

天王星人プラス(+/陽)の性格や性質 基本的な性格や性質? 現実的 特に強いこだわりももたず、現実社会にうまく身を置きながら進めるのが天王星人プラスの人の特徴です。 社会の基準に合わせてその他大勢の人と仲良く楽しく生活していこうとするので、そこから離れて理想化したり、綺麗事を並べたり、全く非現実的な情報や思想を鵜呑みにしてしまうこともありません。 天王星人プラスの人は、自分の周りや自身の生活が順調に運んでいくよう、心を砕くことは自然にでき、状況に応じて身の振り方も弁えることもするでしょう。 呑気に構えていることもあり、行動の遅さはあるものの、派手に身を飾ったり、過剰な行為に走るなどはなく、安心して日常を送ろうと努めます。 また、無駄なエネルギーを使わず、ストレスのない日常を愛しながら生きて行きたいと思っています。 基本的な性格や性質? 愛情が豊かで心が優しい 天王星人プラスの人は、付き合いが長くなるほどにその愛情の深さ、豊かさが垣間見え、驚くこともあるでしょう。 また、心の優しさは人をさりげなく気遣う振る舞いに表れます。 男性は、自身のそうした性格が甘く見られてしまうことを懸念して、強気に振る舞うこともあるでしょう。 天王星人プラスの性分は、良きにつけ悪しきにつけ、相手に対してあれこれと世話を焼いてしまうことに繋がります。 それを鬱陶しいとか、指図されているように感じて耐え難いと感じさせる恐れもあります。 しかし、天王星人プラスの人自ら相手を拒絶するようなことは、よっぽどの事がなければないでしょう。 それは、やはり一旦できた絆は大切にしたいという優しさと愛情によるものでしょう。 基本的な性格や性質? ケチに見られる 天王星人プラスの人は無駄を嫌い、物事が自分にとって利益となるか損失となるか瞬時に判断ができるので、周りの人にはケチに見られることもあります。 セールやバーゲンでも必要のないものを考えなしに購入したりしませんし、とても堅実的な生活のできる人です。 ケチも裏を返せば節約上手で、資源を無駄にしないエコな性格であると言えますし、そのような天王星人プラスの性格は「きちんとした人」という印象も持たれます。 自慢したり、羽振りの良い振る舞いもしないので、驕ってもらうことだけが目的の人は集まってきません。 「ケチ」な印象を和らげたいなら、信頼関係を築いて仲良くなった人には、たまに飲み物をご馳走してあげたり小さなプレゼントをしてあげましょう。 基本的な性格や性質? 博愛主義 天王星人プラスの人は、困っている人を見ると、放っておけない博愛主義者です。 これは「善行」として行うというよりは、自分の気質が見過ごすことを許さないといえるでしょう。 それが近しい人であるほど強く働きます。 天王星人プラスの女性なら特に愛情面での豊かさを感じる人も多く見られます。 ただ、必死さはなく、自分の自然な振る舞いの中で人を気遣うことができますので、とりわけ表情に優しさが滲み出ているという人ばかりではありませんが、基本的には一緒にいると居心地のよさを感じるでしょう。 そもそも人に対して好意的なので、うっかり勘違いをさせてしまうこともあります。 また、そんな人をも受け入れてあげようとしてしまう節もあり、自己対策のほうに困ることもあります。 、 基本的な性格や性質? ことなかれ主義 天王星人プラスの人は、争い事を避けたい気持ちが強く、それゆえにことなかれ主義に陥りがちです。 あまりネガティブな物事に関わり合いたくない、という消極姿勢になるからでしょう。 ただ、これも立場や状況によります。 人が困っていれば手を差し伸べることができるのが天王星人プラスの人だからです。 また、物事にけじめをつける、ということも苦手です。 これは理知的、知性的に物事を見ながら進めるよりも、感情や人情の面を大事にしがちであることが原因していると言えます。 それは公私に渡って目立ち、時に「だらしない人」と思われてしまうこともあります。 それをマイナスと捉えるか否かは相手にもよりますが、救いとなるのが人たらしの面であり、実際には広く好印象を残す人と言えます。 霊合星人の天王星人プラスの性格や特徴 霊合星人の天王星プラスは、生まれながらにして人を大切にしようとする卓越した優しさを持ち合わせたタイプ。 その優しさからくる包容力には誰もが惹きつけられることでしょう。 そのうえ、非常に社交的でもあり話し上手なので、常にみんなの和の中心にいることが多くなりそうです。 また天性ともいえる楽天的にものを考えるといった特徴も持ち合わせており、周りの人の心を明るくさせてくれること間違いなし。 これらの理由が多くの人を惹きつける魅力だといえるでしょう。 ただしときには、寂しがり屋で周りに人がいないと不安を覚えてしまうといったことも。 しかし、そんな甘えん坊な一面も、より人を惹きつける魅力に繋がる霊合星人の天王星プラスは多くの味方に支えられることでしょう。 天王星人プラス(+/陽)の家庭運・結婚運の特徴 家庭や結婚の特徴? 家庭運に恵まれる 天王星人プラスの人は愛嬌があり、男女問わずに小さい頃からもてるという人が多いです。 愛情深く周りの人を大事にして、どんな人の気持ちも聞き入れるという優しさも持っているので、自然と人が集まってきます。 そういった天王星人プラスの人は、家庭運にも恵まれます。 家庭を作りそこで愛に包まれた穏やかな生活を送るということを幸せだと感じていて、若い頃から意識しているので、結婚するチャンスが来ればそれを逃すことなく結婚をします。 周りの人と上手くやっていくことが上手な人なので、結婚生活も大きなトラブルなく幸せに過ごすことができます。 結婚する時には周りから反対されることも少なくないのですが、それを乗り越えて結婚すると、徐々に周りからの理解も得られて幸せになれるという運気も持っています。 家庭や結婚の特徴? 結婚する時期には注意が必要 刹那的で、現在の楽しさを追求する気質の天王星人プラスは、必要以上の金を貯えず散在してしまいがちです。 しかしそれは、天王星人プラスの楽観的な性格に起因するものなので、決してネガティブに捉える必要はありません。 今が楽しければそれでよいという価値観は、健康的な生活を支えているのです。 周囲の人に迷惑をかけることも多々ありますが、特に気にしないのも天王星人プラスの特徴と言えます。 明るい性格で人当たりが良いので、後腐れの無い人間関係を構築しやすい長所もあります。 目先の利益にとらわれすぎて、先行きには一切感心を抱かない姿勢に憧れを抱く人も多いのです。 計画性はないため、結婚する時期は注意しなければなりません。 家庭や結婚の特徴? なぁなぁになりやすい 天王星人プラスはとても優しく親切な面が強いですが、それは良い面であると同時に悪い面でもあります。 例えば、仲間内でトラブルがあって、他の仲間が許せなくても、天王星人は博愛主義から、そして争いを嫌うというところから、どうしても許してしまう事があるのです。 世の中においては、規律やルールを重んじる場面も必ずあるものですが、そういう時でさえ許してしまえば、結果としてなあなあで、臭いものには蓋をするということになりかねません。 ある意味では、人を許すという寛大な心の持ち主ではあるのですが、あまりにも行き過ぎると、今度はだらしのない人だと思われかねないでしょう。 結論としては、良い面はある意味では悪い面でもあるという事でしょう。 恋愛運の傾向は恋多き人生を歩む 天王星人プラスの人は愛嬌が良く、小さい頃からモテているという人生を歩む人が多いです。 自分の方からアプローチしなくても異性が寄ってくる、来る者拒まずというスタンスなので、恋多き人生になります。 一人の人と長続きすることが苦手で、次々に相手を変えて恋愛をするという傾向もあります。 異性関係においてもルーズなところがあり、あまり細かいことを気にしないので、浮気をしてもデートをすっぽかしたり、ドタキャンをしても 罪悪感を感じにくく、天王星人プラスの人のパートナーは、こういったルーズなところに振り回されてしまいます。 異性と一緒にいると安心したり安らぎを感じるので、相手がいなくなると物足りなく感じ、周りからは恋愛体質だと思われることが多いです。 セックスの傾向は快楽主義者 天王星人プラスの人は、年齢を重ねても人生を楽しんで生きようとする姿勢に変わりありません。 それはセックスに対しても表れていて、人一倍強い快楽を求めようとします。 人によっては変わった趣向を楽しみたい、嗜好も追及したいなど、相手が驚くようなことを試すこともあります。 だからといって自分だけよければいい、という考えではなく、相手にもちゃんと楽しんでもらいたい、という気持ちも働きます。 相手がこの部分だけで判断すると、「軽い」「遊び」などと思われてしまいますが、天王星人プラスの人は至って本気で、この先も楽しく時間を共有するためには、恥ずかしがらずに伝え合うことも、体の相性の良し悪しも大切な事だと考えています。 天王星人プラス(+/陽)の金運の特徴は成功しやすいがギャンブルは苦手 天王星人プラスの人の金運は良好で、成功を掴みやすい運勢です。 成功というと、競馬やパチンコなどのギャンブルでたくさんの当たりが出せそうな気がしますが、そういった類は得意ではないので手を出さない方が無難です。 ギャンブル依存症という病気も存在するように、「自分に限ってそんなことはない」と思っている人も、一度何十万を当てるという特別な経験をしてしまうと、その後どんなに当たらなかろうが行きたくなかろうが、抑制できずにのめり込んでしまう状態になる危険性があります。 そのような怖さと時間を無駄にするギャンブルに手を出さなくても、天王星人プラスの人は十分に良い金運を持っているので、わざわざリスクを冒してギャンブルに手を染めないように気を付けましょう。 天王星人プラス(+/陽)の仕事運の特徴は多数の人と関わるのが吉 多くの人に慕われやすい天王星人プラスの人は、仲間と喜怒哀楽を分かち合うことに歓びを感じやすいと言えます。 共同意識をもって働く環境のほうが、実力を発揮できるでしょう。 人づきあいもよく、誰に対しても家族のように接することができるので、職場の雰囲気が盛り上がります。 また、天王星人プラスの人は相手の意見に理解と思いやりをもって応えることができるため、状況に応じて相手が納得のいくように事を進めることもできるでしょう。 万が一、相手を咎めるような場面にあっても、気遣いでき、ユーモアを交えることも忘れません。 ただ、天王星人プラスの人は楽しい事、楽し雰囲気は好きなのですが、いい加減な一面もあり、問題を適当に受け流すこともあるため、周囲のフォローは欠かせません。 天王星人プラス(+/陽)の相性はどう?各星人との関係を解説 天王星人プラスと金星人との相性は人生の目標や方向を一緒に見られる関係 積極性があり、自ら道を切り開いていく行動力にも優れた天王星人プラスは、恋愛に関して少し無頓着なところがあります。 一方、ロマンチストで夢見がちなタイプである金星人は、クリエイティブな魅力を持った天王星人プラスに憧れを抱いています。 互いに距離感があるので付き合い始めてからは遠慮することが多いです。 しかし、金星人がサポートする側に徹することで、人生の目標を共有化して、共に努力していく関係になれるのです。 将来的な成功に繋がる積極的なアプローチをしていく強さが手に入れられます。 日々のトラブルはもろともせず、跳ねのけていくことが可能となっていきます。 二人三脚でしっかり地に足の着いたパートナーシップが築けます。 天王星人プラスと火星人との相性は恋人や友人としては良いが愛には距離が必要 天王星人プラスと火星人との相性はとても良いもので、何をするにも楽しい時間を共有することが出来ます。 遊びに行けば、互いの欲求を満たすためにあらゆる行動を積極的に行なえます。 一種の快楽主義的な嗜好を、天王星人プラスの人と火星人は共有しているのです。 これは愛情によるものではなく、単なる刹那的な遊興を求める本質的な性向であると言えます。 そのため、表面的な付き合いをしているうちは良いものの、結婚などより深い愛の存在を認識しなければならない局面では、維持することが難しくなってしまいます。 未来を見据えた建設的な話し合いは上手くいかず、次第にすれ違いが目立つようになっていくのです。 友人関係のままでいる方が幸せでいられます。 天王星人プラスと土星人との相性はそれぞれの価値観に憧れを抱き惹かれあう 天王星人プラスの求める相手のタイプは、物静かでしっかりと物事を見極められる聡明さを持っている人なので、土星人の特徴と合致する部分が多いです。 また、土星人は度胸があって何でも前向きに考えられる相手を求めているため、天王星人プラスとの相性はとても良いと言えます。 互いに異なった価値観と理想を持っているので、うまく噛み合えば素敵な関係を作り上げることが可能なのです。 憧れの相手と一緒になって、幸せな家庭を作れる可能性が高まります。 お互いを尊重しあって、個性を大切にする関係が末永く続けられるので、いつも幸せな気持ちでいられます。 将来の明るい展望も抱きやすく、しっかりと先を見据えた将来設計をしていけるようになるのです。 天王星人プラスと天王星人との相性は波乱だが二人なら怖いものなく前に進める 流行に左右されず、独自のスタイルを進化させていける天王星人プラスは、保守的で新しいチャレンジは快く思わない天王星人との愛を育むには多くの障壁が立ちはだかります。 波乱万丈の交際を続けていくことになりますが、独創性溢れる天王星人プラスの個性に、天王星人は次第に惹かれていきます。 二人の間にあった壁が、少しずつ薄くなっていくのが感じられるのです。 お互いに思いやりを持って、あらゆる困難を乗り越えられるくらいの愛が芽生えていきます。 猪突猛進に突き進んでいく力が漲り、どんどん前に進んでいくエネルギーが得られるようになるのです。 些細なことは気にせず、信じあうことの大切さを共有して、よりよい信頼関係を作り上げられます。 天王星人プラスと木星人との相性は惹きつけ合い相反する価値観から成長できる どこまでも自分の信念に基づいて突き進んでいく天王星人プラスの行動力は木星人を惹きつけますが、実際には全く異なる価値観が互いの魅力を高め続けているのです。 目的の達成のためなら手段を選ばないタイプの天王星人プラスですが、冷静沈着でコンサバなタイプの木星人に対して畏怖の念を抱いているところがあります。 初めのうちは少し警戒していますが、次第に関係が深まってくるにつれて、その価値観を愛せる様になります。 コミュニケーションをとる機会を増やし、お互いの考え方の違いを楽しめるようになれば、安心して愛情を注いでいけます。 異なる魅力を自分の生き方にも取り入れようとする意欲も湧いてきます。 ともに成長できる関係がそこにはあるのです。 天王星人プラスと水星人との相性は人生を大きく転換する際に必要となる存在 この相性はあまり深い縁にはなりにくい相性です。 なぜなら天王星人プラスは博愛主義者で人間が大好きです。 ですが、水星人は利己主義で人を利用するところがあります。 なので、何か特別な縁がない限り、なかなか仲良くなれないでしょう。 ですが、この相性は人生を大きく転換させるにあたっては、とても有効な相性となります。 例えば、天王星人プラスが事業を起こしたくて、何か行動を起こす時、水星人が良い人物を紹介してくれたり、利益になるような決定的なアドバイスをしてくれます。 そのおかげで、一気に飛躍する事も多いのです。 水星人にとっても、例えば就職に困っていたりしていて、天王星人プラスに助けを求めれば、就職先を紹介してくれたりします。 それこそ、お互いにとって、現状から脱皮する時、大いに力となる相性なのです。 天王星人プラスの2020年運勢 2020年のあなたは、新たな出会い・環境に恵まれます。 2019年は、人間関係でトラブルになりやすかったり努力が報われなかったりと、あなた自身の力だけではどうにもならないような無力感があったことでしょう。 しかし2020年からは3年間続く幸運期に入っていきます。 今までの不調が嘘のようにたくさんの良い出会いに恵まれるかもしれませんね。 2019年までの良くない運気を多少は引きずるので2020年の始めからがっつり幸運、とはいきませんが次第に道が拓けていくように感じるでしょう。 その流れに乗って積極的に変化を起こしていくと、自然と理想的な状況が手に入ります。 また、これまでに諦めてしまったことや、距離を置くこととなった人と再会するご縁にも恵まれます。 今この時期に再び縁をもつことの意味をよく考えながら接していくと良いでしょう。

次の

【2020年】天王星人プラス(+)の年運・月運を六星占術で徹底解説!

天王星 人 プラス 2020

天王星人プラス(+/陽)の性格や性質 基本的な性格や性質? 現実的 特に強いこだわりももたず、現実社会にうまく身を置きながら進めるのが天王星人プラスの人の特徴です。 社会の基準に合わせてその他大勢の人と仲良く楽しく生活していこうとするので、そこから離れて理想化したり、綺麗事を並べたり、全く非現実的な情報や思想を鵜呑みにしてしまうこともありません。 天王星人プラスの人は、自分の周りや自身の生活が順調に運んでいくよう、心を砕くことは自然にでき、状況に応じて身の振り方も弁えることもするでしょう。 呑気に構えていることもあり、行動の遅さはあるものの、派手に身を飾ったり、過剰な行為に走るなどはなく、安心して日常を送ろうと努めます。 また、無駄なエネルギーを使わず、ストレスのない日常を愛しながら生きて行きたいと思っています。 基本的な性格や性質? 愛情が豊かで心が優しい 天王星人プラスの人は、付き合いが長くなるほどにその愛情の深さ、豊かさが垣間見え、驚くこともあるでしょう。 また、心の優しさは人をさりげなく気遣う振る舞いに表れます。 男性は、自身のそうした性格が甘く見られてしまうことを懸念して、強気に振る舞うこともあるでしょう。 天王星人プラスの性分は、良きにつけ悪しきにつけ、相手に対してあれこれと世話を焼いてしまうことに繋がります。 それを鬱陶しいとか、指図されているように感じて耐え難いと感じさせる恐れもあります。 しかし、天王星人プラスの人自ら相手を拒絶するようなことは、よっぽどの事がなければないでしょう。 それは、やはり一旦できた絆は大切にしたいという優しさと愛情によるものでしょう。 基本的な性格や性質? ケチに見られる 天王星人プラスの人は無駄を嫌い、物事が自分にとって利益となるか損失となるか瞬時に判断ができるので、周りの人にはケチに見られることもあります。 セールやバーゲンでも必要のないものを考えなしに購入したりしませんし、とても堅実的な生活のできる人です。 ケチも裏を返せば節約上手で、資源を無駄にしないエコな性格であると言えますし、そのような天王星人プラスの性格は「きちんとした人」という印象も持たれます。 自慢したり、羽振りの良い振る舞いもしないので、驕ってもらうことだけが目的の人は集まってきません。 「ケチ」な印象を和らげたいなら、信頼関係を築いて仲良くなった人には、たまに飲み物をご馳走してあげたり小さなプレゼントをしてあげましょう。 基本的な性格や性質? 博愛主義 天王星人プラスの人は、困っている人を見ると、放っておけない博愛主義者です。 これは「善行」として行うというよりは、自分の気質が見過ごすことを許さないといえるでしょう。 それが近しい人であるほど強く働きます。 天王星人プラスの女性なら特に愛情面での豊かさを感じる人も多く見られます。 ただ、必死さはなく、自分の自然な振る舞いの中で人を気遣うことができますので、とりわけ表情に優しさが滲み出ているという人ばかりではありませんが、基本的には一緒にいると居心地のよさを感じるでしょう。 そもそも人に対して好意的なので、うっかり勘違いをさせてしまうこともあります。 また、そんな人をも受け入れてあげようとしてしまう節もあり、自己対策のほうに困ることもあります。 、 基本的な性格や性質? ことなかれ主義 天王星人プラスの人は、争い事を避けたい気持ちが強く、それゆえにことなかれ主義に陥りがちです。 あまりネガティブな物事に関わり合いたくない、という消極姿勢になるからでしょう。 ただ、これも立場や状況によります。 人が困っていれば手を差し伸べることができるのが天王星人プラスの人だからです。 また、物事にけじめをつける、ということも苦手です。 これは理知的、知性的に物事を見ながら進めるよりも、感情や人情の面を大事にしがちであることが原因していると言えます。 それは公私に渡って目立ち、時に「だらしない人」と思われてしまうこともあります。 それをマイナスと捉えるか否かは相手にもよりますが、救いとなるのが人たらしの面であり、実際には広く好印象を残す人と言えます。 霊合星人の天王星人プラスの性格や特徴 霊合星人の天王星プラスは、生まれながらにして人を大切にしようとする卓越した優しさを持ち合わせたタイプ。 その優しさからくる包容力には誰もが惹きつけられることでしょう。 そのうえ、非常に社交的でもあり話し上手なので、常にみんなの和の中心にいることが多くなりそうです。 また天性ともいえる楽天的にものを考えるといった特徴も持ち合わせており、周りの人の心を明るくさせてくれること間違いなし。 これらの理由が多くの人を惹きつける魅力だといえるでしょう。 ただしときには、寂しがり屋で周りに人がいないと不安を覚えてしまうといったことも。 しかし、そんな甘えん坊な一面も、より人を惹きつける魅力に繋がる霊合星人の天王星プラスは多くの味方に支えられることでしょう。 天王星人プラス(+/陽)の家庭運・結婚運の特徴 家庭や結婚の特徴? 家庭運に恵まれる 天王星人プラスの人は愛嬌があり、男女問わずに小さい頃からもてるという人が多いです。 愛情深く周りの人を大事にして、どんな人の気持ちも聞き入れるという優しさも持っているので、自然と人が集まってきます。 そういった天王星人プラスの人は、家庭運にも恵まれます。 家庭を作りそこで愛に包まれた穏やかな生活を送るということを幸せだと感じていて、若い頃から意識しているので、結婚するチャンスが来ればそれを逃すことなく結婚をします。 周りの人と上手くやっていくことが上手な人なので、結婚生活も大きなトラブルなく幸せに過ごすことができます。 結婚する時には周りから反対されることも少なくないのですが、それを乗り越えて結婚すると、徐々に周りからの理解も得られて幸せになれるという運気も持っています。 家庭や結婚の特徴? 結婚する時期には注意が必要 刹那的で、現在の楽しさを追求する気質の天王星人プラスは、必要以上の金を貯えず散在してしまいがちです。 しかしそれは、天王星人プラスの楽観的な性格に起因するものなので、決してネガティブに捉える必要はありません。 今が楽しければそれでよいという価値観は、健康的な生活を支えているのです。 周囲の人に迷惑をかけることも多々ありますが、特に気にしないのも天王星人プラスの特徴と言えます。 明るい性格で人当たりが良いので、後腐れの無い人間関係を構築しやすい長所もあります。 目先の利益にとらわれすぎて、先行きには一切感心を抱かない姿勢に憧れを抱く人も多いのです。 計画性はないため、結婚する時期は注意しなければなりません。 家庭や結婚の特徴? なぁなぁになりやすい 天王星人プラスはとても優しく親切な面が強いですが、それは良い面であると同時に悪い面でもあります。 例えば、仲間内でトラブルがあって、他の仲間が許せなくても、天王星人は博愛主義から、そして争いを嫌うというところから、どうしても許してしまう事があるのです。 世の中においては、規律やルールを重んじる場面も必ずあるものですが、そういう時でさえ許してしまえば、結果としてなあなあで、臭いものには蓋をするということになりかねません。 ある意味では、人を許すという寛大な心の持ち主ではあるのですが、あまりにも行き過ぎると、今度はだらしのない人だと思われかねないでしょう。 結論としては、良い面はある意味では悪い面でもあるという事でしょう。 恋愛運の傾向は恋多き人生を歩む 天王星人プラスの人は愛嬌が良く、小さい頃からモテているという人生を歩む人が多いです。 自分の方からアプローチしなくても異性が寄ってくる、来る者拒まずというスタンスなので、恋多き人生になります。 一人の人と長続きすることが苦手で、次々に相手を変えて恋愛をするという傾向もあります。 異性関係においてもルーズなところがあり、あまり細かいことを気にしないので、浮気をしてもデートをすっぽかしたり、ドタキャンをしても 罪悪感を感じにくく、天王星人プラスの人のパートナーは、こういったルーズなところに振り回されてしまいます。 異性と一緒にいると安心したり安らぎを感じるので、相手がいなくなると物足りなく感じ、周りからは恋愛体質だと思われることが多いです。 セックスの傾向は快楽主義者 天王星人プラスの人は、年齢を重ねても人生を楽しんで生きようとする姿勢に変わりありません。 それはセックスに対しても表れていて、人一倍強い快楽を求めようとします。 人によっては変わった趣向を楽しみたい、嗜好も追及したいなど、相手が驚くようなことを試すこともあります。 だからといって自分だけよければいい、という考えではなく、相手にもちゃんと楽しんでもらいたい、という気持ちも働きます。 相手がこの部分だけで判断すると、「軽い」「遊び」などと思われてしまいますが、天王星人プラスの人は至って本気で、この先も楽しく時間を共有するためには、恥ずかしがらずに伝え合うことも、体の相性の良し悪しも大切な事だと考えています。 天王星人プラス(+/陽)の金運の特徴は成功しやすいがギャンブルは苦手 天王星人プラスの人の金運は良好で、成功を掴みやすい運勢です。 成功というと、競馬やパチンコなどのギャンブルでたくさんの当たりが出せそうな気がしますが、そういった類は得意ではないので手を出さない方が無難です。 ギャンブル依存症という病気も存在するように、「自分に限ってそんなことはない」と思っている人も、一度何十万を当てるという特別な経験をしてしまうと、その後どんなに当たらなかろうが行きたくなかろうが、抑制できずにのめり込んでしまう状態になる危険性があります。 そのような怖さと時間を無駄にするギャンブルに手を出さなくても、天王星人プラスの人は十分に良い金運を持っているので、わざわざリスクを冒してギャンブルに手を染めないように気を付けましょう。 天王星人プラス(+/陽)の仕事運の特徴は多数の人と関わるのが吉 多くの人に慕われやすい天王星人プラスの人は、仲間と喜怒哀楽を分かち合うことに歓びを感じやすいと言えます。 共同意識をもって働く環境のほうが、実力を発揮できるでしょう。 人づきあいもよく、誰に対しても家族のように接することができるので、職場の雰囲気が盛り上がります。 また、天王星人プラスの人は相手の意見に理解と思いやりをもって応えることができるため、状況に応じて相手が納得のいくように事を進めることもできるでしょう。 万が一、相手を咎めるような場面にあっても、気遣いでき、ユーモアを交えることも忘れません。 ただ、天王星人プラスの人は楽しい事、楽し雰囲気は好きなのですが、いい加減な一面もあり、問題を適当に受け流すこともあるため、周囲のフォローは欠かせません。 天王星人プラス(+/陽)の相性はどう?各星人との関係を解説 天王星人プラスと金星人との相性は人生の目標や方向を一緒に見られる関係 積極性があり、自ら道を切り開いていく行動力にも優れた天王星人プラスは、恋愛に関して少し無頓着なところがあります。 一方、ロマンチストで夢見がちなタイプである金星人は、クリエイティブな魅力を持った天王星人プラスに憧れを抱いています。 互いに距離感があるので付き合い始めてからは遠慮することが多いです。 しかし、金星人がサポートする側に徹することで、人生の目標を共有化して、共に努力していく関係になれるのです。 将来的な成功に繋がる積極的なアプローチをしていく強さが手に入れられます。 日々のトラブルはもろともせず、跳ねのけていくことが可能となっていきます。 二人三脚でしっかり地に足の着いたパートナーシップが築けます。 天王星人プラスと火星人との相性は恋人や友人としては良いが愛には距離が必要 天王星人プラスと火星人との相性はとても良いもので、何をするにも楽しい時間を共有することが出来ます。 遊びに行けば、互いの欲求を満たすためにあらゆる行動を積極的に行なえます。 一種の快楽主義的な嗜好を、天王星人プラスの人と火星人は共有しているのです。 これは愛情によるものではなく、単なる刹那的な遊興を求める本質的な性向であると言えます。 そのため、表面的な付き合いをしているうちは良いものの、結婚などより深い愛の存在を認識しなければならない局面では、維持することが難しくなってしまいます。 未来を見据えた建設的な話し合いは上手くいかず、次第にすれ違いが目立つようになっていくのです。 友人関係のままでいる方が幸せでいられます。 天王星人プラスと土星人との相性はそれぞれの価値観に憧れを抱き惹かれあう 天王星人プラスの求める相手のタイプは、物静かでしっかりと物事を見極められる聡明さを持っている人なので、土星人の特徴と合致する部分が多いです。 また、土星人は度胸があって何でも前向きに考えられる相手を求めているため、天王星人プラスとの相性はとても良いと言えます。 互いに異なった価値観と理想を持っているので、うまく噛み合えば素敵な関係を作り上げることが可能なのです。 憧れの相手と一緒になって、幸せな家庭を作れる可能性が高まります。 お互いを尊重しあって、個性を大切にする関係が末永く続けられるので、いつも幸せな気持ちでいられます。 将来の明るい展望も抱きやすく、しっかりと先を見据えた将来設計をしていけるようになるのです。 天王星人プラスと天王星人との相性は波乱だが二人なら怖いものなく前に進める 流行に左右されず、独自のスタイルを進化させていける天王星人プラスは、保守的で新しいチャレンジは快く思わない天王星人との愛を育むには多くの障壁が立ちはだかります。 波乱万丈の交際を続けていくことになりますが、独創性溢れる天王星人プラスの個性に、天王星人は次第に惹かれていきます。 二人の間にあった壁が、少しずつ薄くなっていくのが感じられるのです。 お互いに思いやりを持って、あらゆる困難を乗り越えられるくらいの愛が芽生えていきます。 猪突猛進に突き進んでいく力が漲り、どんどん前に進んでいくエネルギーが得られるようになるのです。 些細なことは気にせず、信じあうことの大切さを共有して、よりよい信頼関係を作り上げられます。 天王星人プラスと木星人との相性は惹きつけ合い相反する価値観から成長できる どこまでも自分の信念に基づいて突き進んでいく天王星人プラスの行動力は木星人を惹きつけますが、実際には全く異なる価値観が互いの魅力を高め続けているのです。 目的の達成のためなら手段を選ばないタイプの天王星人プラスですが、冷静沈着でコンサバなタイプの木星人に対して畏怖の念を抱いているところがあります。 初めのうちは少し警戒していますが、次第に関係が深まってくるにつれて、その価値観を愛せる様になります。 コミュニケーションをとる機会を増やし、お互いの考え方の違いを楽しめるようになれば、安心して愛情を注いでいけます。 異なる魅力を自分の生き方にも取り入れようとする意欲も湧いてきます。 ともに成長できる関係がそこにはあるのです。 天王星人プラスと水星人との相性は人生を大きく転換する際に必要となる存在 この相性はあまり深い縁にはなりにくい相性です。 なぜなら天王星人プラスは博愛主義者で人間が大好きです。 ですが、水星人は利己主義で人を利用するところがあります。 なので、何か特別な縁がない限り、なかなか仲良くなれないでしょう。 ですが、この相性は人生を大きく転換させるにあたっては、とても有効な相性となります。 例えば、天王星人プラスが事業を起こしたくて、何か行動を起こす時、水星人が良い人物を紹介してくれたり、利益になるような決定的なアドバイスをしてくれます。 そのおかげで、一気に飛躍する事も多いのです。 水星人にとっても、例えば就職に困っていたりしていて、天王星人プラスに助けを求めれば、就職先を紹介してくれたりします。 それこそ、お互いにとって、現状から脱皮する時、大いに力となる相性なのです。 天王星人プラスの2020年運勢 2020年のあなたは、新たな出会い・環境に恵まれます。 2019年は、人間関係でトラブルになりやすかったり努力が報われなかったりと、あなた自身の力だけではどうにもならないような無力感があったことでしょう。 しかし2020年からは3年間続く幸運期に入っていきます。 今までの不調が嘘のようにたくさんの良い出会いに恵まれるかもしれませんね。 2019年までの良くない運気を多少は引きずるので2020年の始めからがっつり幸運、とはいきませんが次第に道が拓けていくように感じるでしょう。 その流れに乗って積極的に変化を起こしていくと、自然と理想的な状況が手に入ります。 また、これまでに諦めてしまったことや、距離を置くこととなった人と再会するご縁にも恵まれます。 今この時期に再び縁をもつことの意味をよく考えながら接していくと良いでしょう。

次の