ぎゃく ばり。 「順張り・逆張り」とは|新ケンミレ式次世代投資 (AIを使った投資ソフトの提供)

逆張りとは(ぎゃくばりとは) 株式投資用語集

ぎゃく ばり

逆張りとは、株式取引において、株価が下落しているところで株を買う手法。 予め株価が反発することを見込んで買います。 株価が反発して上昇した場合に株を売ります。 株価が予想に反して下落し続けた場合、ナンピンか、損切りを行います。 必ずしも株価が反発するとは限らないリスクがあります。 逆張りの場合、 ボリンジャーバンドや 乖離率を参考にして買う場合が多いようです。 では、 各チャートのページ下部にある多機能チャートで ボリンジャーバンドや 乖離率を見ることができます。 ボリンジャーバンドでは3本ある線の最も下の曲線にローソク足が近づいた場合、 乖離率では大きくマイナスに転じている場合、 今後株価上昇の可能性があるという目安になります。 目安は、そのときの相場や市場、業種などにより基準が異なるので一概に数値では示せません。 順張りとは、株式取引において、株価が上昇しているところで株を買う手法。 今後も株価が上昇し続けると予想する場合に行います。 天井でつかむ可能性もあります。 B・N・F(BNF)氏 ジェイコム株の誤発注の件で儲けて有名になったB・N・F氏は、 過去2ちゃんねるにB・N・Fという名で登場し(本人かどうかは不明)、 逆張りが好き(得意?)というようなことを書いています。 ただ、相場によって順張りもするようです。 またジェイコム事件以前から儲けているので、誤発注があってもなくても儲かっています。 B・N・F氏は、 ボリンジャーバンドや 乖離率を参考に逆張りし、 スイングトレード(1泊2日、2泊3日程度)を行うようです。 企業の業績などは、あまり注目せず、単にその時点から株価が上がるか下がるかだけの判断で株を買うそうです。

次の

「順張り・逆張り」とは?それぞれのメリット、デメリットを考えてみよう。

ぎゃく ばり

トレンドの波に乗って、仕掛けます。 順張りのメリットとは? 順張りのメリットは、 流れに乗って取引をするので、判断がしやすいことです。 流れに乗れば、大きな利益を狙えます。 株価の上昇局面では、株を買って含み損になっている人が少ないので、投げ売りしてくる人が少なく、相場がくずれにくいという特徴があります。 そのため、初動に乗れば、波に乗って株価が素直に上がっていきやすいのがメリットと言えます。 順張りのデメリットは? 初動に乗らないと、上昇局面が終わろうとしているタイミングで買ってしまうことがあります。 株価が、安値から上昇した後の、天井近辺や、急上昇後の、長い上ヒゲ出現直後など、 買いとしてふさわしくないタイミングで買えば、ルールに沿って損切りをしないと、大失敗する可能性があります。 いわゆる 高値つかみ(ジャンピングキャッチ)ですね。 株価が上昇トレンドの途中でも、 「大きく上昇してしまったものは買わない」 「天井と疑われるチャートが出現したら買わない」などのルールを決める。 もし、これらの状況で買うとしても、 「買う前に損切り位置を徹底する」など、大きな損切りの可能性を軽減するためのルールの構築が不可欠です。 私は、順張りでは、初動を狙いすぎて、リスクが取れないことが、悩みの一つです。 逆張りとは? トレンド変換の、リバウンドを狙って仕掛けます。 逆張りのメリットとは? 逆張りのメリットは、 うまくタイミングを見計らうことができれば、安値で仕込んで高い利益が出ることです。 また、流れと逆を行くため、取引相手が多く、人と違う道を行くので、取引がしやすいという利点があります。 逆張りのデメリットとは? 相場の勢いが変わるタイミングを読むのが難しいことです。 個人的な感覚が、買いタイミングに、大きな影響を与えます。 ある程度株が下がったから「もうこれ以上下がらないだろう」と考えて買ったら、さらに下落したということも少なくありません。 さらに下落した場合、売られすぎと思ってかったのに、さらに株価がさがるので、 もうこれ以上さがることはないだろうという思惑で、さらに「 ナンピン買い」をします。 ルールを決めて「ナンピン買い」ができる逆張りトレーダーは、利益につながります。 しかし、ルールを決めずに「ナンピン買い」を続けていると、最終的に投げ売りをして、資金を大きく減らことになりかねません。 逆張り手法は、自分の感覚が頼りなので、感覚が身につくまで、慣れと訓練が必要です。 圧倒的に、順張りの投資本が多いのは、順張りの方がトレードに有利なのではなく、順張りの方が、エントリーのタイミングが分かりやすく、 逆張りのタイミングは分かりにくいからだと思います。 それでも、うまく「ナンピン買い」をルールに取り入れて、逆張りができるようになると、トレーダーとして成功する確率が、大きく上がるでしょう。 「順張り・逆張り」とは? それぞれのメリット、デメリットを考えてみよう。 のまとめ。 「順ばり」「逆張り」どちらの手法が良いかの結論はありません。 どちらの手法を使うかは、トレーダーの自由です。 いつでも変えることができます。 「順張り派」か「逆張り派」か は、人によってそれぞれです。 私の先輩は、順張りで成功されています。 Rさんは、逆張りで成功されています。 私の先生のように、その時々に応じて、 器用に両方を使い分けている方もいます。 トレードを始めると、「逆張り、順張り」両方の機会があるのだから、 「両方しないと損」とばかりに利益を求め、両方にチャレンジしようする人もいますが、 順張りと逆張りではメンタルの考え方にも違いがあります。 自分が得意とする手法を、固定しておくということは、トレーダーにとって大きな武器になります。 まずは、固定したうえで、他の手法もできるよう模索すべきです。 順張りができない人は、逆張りもできません。 逆張りができない人は、順張りもできません。 繰り返し自分が有効と思ったルールを検証していく中で、 自分が得意のパターンを固定し、「自分の手法」で相場に参加しましょう。 確実にできるようになってから、違うやり方を始めても遅くはありませんし、 どちらかに絞っても、そのルールが有効ならば、両方することにこだわる必要もないです。 相場には、上がるか下がるかしかありません。 「順張りがしやすい」「逆張りがしやすい」 どちらかが常に有効ということはありません。 順張りも、逆張りも、どちらもリスクがあります。 「順張りがよい」「逆張りがよい」を意識することに意味はなく、 自分がやりやすい手法で、自分に最適な大きさのリスクを取ることが、なにより大事なのではないでしょうか?.

次の

逆張り【ぎゃくばり】

ぎゃく ばり

逆張りとは、株式取引において、株価が下落しているところで株を買う手法。 予め株価が反発することを見込んで買います。 株価が反発して上昇した場合に株を売ります。 株価が予想に反して下落し続けた場合、ナンピンか、損切りを行います。 必ずしも株価が反発するとは限らないリスクがあります。 逆張りの場合、 ボリンジャーバンドや 乖離率を参考にして買う場合が多いようです。 では、 各チャートのページ下部にある多機能チャートで ボリンジャーバンドや 乖離率を見ることができます。 ボリンジャーバンドでは3本ある線の最も下の曲線にローソク足が近づいた場合、 乖離率では大きくマイナスに転じている場合、 今後株価上昇の可能性があるという目安になります。 目安は、そのときの相場や市場、業種などにより基準が異なるので一概に数値では示せません。 順張りとは、株式取引において、株価が上昇しているところで株を買う手法。 今後も株価が上昇し続けると予想する場合に行います。 天井でつかむ可能性もあります。 B・N・F(BNF)氏 ジェイコム株の誤発注の件で儲けて有名になったB・N・F氏は、 過去2ちゃんねるにB・N・Fという名で登場し(本人かどうかは不明)、 逆張りが好き(得意?)というようなことを書いています。 ただ、相場によって順張りもするようです。 またジェイコム事件以前から儲けているので、誤発注があってもなくても儲かっています。 B・N・F氏は、 ボリンジャーバンドや 乖離率を参考に逆張りし、 スイングトレード(1泊2日、2泊3日程度)を行うようです。 企業の業績などは、あまり注目せず、単にその時点から株価が上がるか下がるかだけの判断で株を買うそうです。

次の