イオン モール 株価。 イオンモール(株)【8905】:掲示板

イオンモールは上がる株?予想屋の見通しを評価|株価予想は本当に当たるのか?

イオン モール 株価

イオンモールは2月のおすすめ株主優待銘柄のひとつです 株主優待は企業ごとに優待がもらえる権利月があります。 そのため1年の中でも優待獲得に向けて優待株の株価の変動は月毎に違います。 1月は優待銘柄が少ないため正直物足りませんね…。 2月はイオン系列の株主優待の確定月なんです。 イオン好きの管理人は種々の銘柄を優待目的で保有しております! イオンモールはまだ保有していませんがクロス取引で何度か取得しております。 個人的にはイオンギフトカードが最もおすすめになります。 イオンギフトカードは日本全国で展開するイオンモールで使えます。 さらにモールに限らずイオングループの各店舗でも利用可能です! 一部店舗では使用できませんので事前に下記サイトで確認しましょう。 近くにイオン系列の店舗が無くて、ギフトカードが使えない場合はカタログギフトがありますよ。 カタログギフト優待は選ぶのが楽しいですし家族に好評です。 最後はカーボンオフセットサービスになります。 特に優待を希望しない場合、こちらで環境保護に貢献可能です。 様々な株主の要望に応えられる優待の品揃え、イオンモールはいいですね! カーボンオフセットサービスとは? カーボンオフセットとは、日常生活などで避けることができない温室効果ガス(二酸化炭素など)の排出について、まずできるだけ排出量が減るよう削減努力を行い、どうしても排出される温室効果ガスについて、排出量に見合った温室効果ガスの削減活動から生じる排出権を活用する等により、排出される温室効果ガスを埋め合わせるという考え方です。 「カーボンオフセットサービスの購入」を選択いただきますと、株主優待品相当額分の二酸化炭素(CO2)排出権が、一般社団法人「日本カーボンオフセット」を通じて、国の償却口座に無償で移転されます。 なおイオンモールの株主優待は毎年6月頃に案内が届きます。 忘れずに希望の株主優待を選択して届出を出しましょう。 長期保有株主限定の優待でさらにお得になります イオンモールの株主優待は長期保有制度を実施しています。 上記の通常優待に加えて長期保有している株主を優遇してくれます。 株主としては嬉しい制度ですね! イオンモール長期保有株主の優待制度 権利月:2月 長期保有認定の条件:保有継続期間が3年以上 保有株式数と優待内容: 1,000株~1,999株:2,000円 2,000株~2,999株:4,000円 3,000株~4,999株:6,000円 5,000株以上:10,000円 こちらの優待を貰うのは保有期間が3年を超える必要があります。 認定される条件には何が必要なのでしょうか? まず同一株主番号で2月末日及び8月末日の当社株主名簿に連続7回以上の記載が必要です。 優待実施は2月のみですが、長期保有認定には8月も株主名簿に記載が必要になります。 ところで、こちらの認定は端株(1株など)でも大丈夫なのでしょうか? この点に関してはHPに記載の内容からはどちらとも判断がつきません…。 本制度は2019年2月が初の実施となる長期保有株主優待制度になります。 端株でも認定されるかはこれから情報が出てきますね。 私はとりあえず試しに今年の2月に端株を購入してみようかと思います。 長期保有の株主からすると待ち遠しいですね! イオンモールの株価は下落して買い時か?配当利回りは中々優秀です。 イオンモールの株価がは下落トレンド中…底値は1800円台か? さてイオン好きには嬉しい株主優待制度を実施するイオンモールですが株価はどうでしょうか? 株価が高すぎれば利回りは落ちるし、長期投資のリスクも高まりますね…。 まずは直近3年間のイオンモールの株価の変遷を確認しましょう。 参照:SBI証券 イオンモールの株価チャートより イオンモールの株価は2018年の半ばまでは順調に上場していました。 しかし年末にかけて株価は下落トレンドに入ったようです。 多くの日本株と似たような値動きをしていますね。 優待銘柄は株価が安定する傾向がありますが、イオンモールは通常銘柄に近い値動きです。 最近の株価はを見ていると1800円台のラインで反発しているようです。 利回り次第ではこの辺りが底値と考えてもよさそうですね。 イオンモールの株価指標はお買い得?不動産セクターの低PERなの要注意 続いて株価指標を確認しましょう。 現在の株価で予想PERは13. 0倍、PBRは1. 11倍程になります。 これは中々魅力的な指数ですね! 日本株の平均PERを下回っており、高値買いとなる可能性がそれ程ありません。 注意しなければならないのはイオンモールは不動産・建築関連銘柄であることです。 このセクターの銘柄はPER・PBRともに低めであることが多いです。 続いて利回りを確認しましょう。 予想1株配当は38円で、年間配当利回りは2. 株主優待の利回りは最も利回りの高い100株保有で1. 配当と優待を合わせた総合利回りは3. 低PERでこの高い利回り…中々魅力的です! 大きなキャピタルゲインは期待できませんが暴落の危険も少ないのではないのではないでしょうか? 数々のイオン関係の銘柄を保有をする管理人クロノもイオンモールに注目中です。 今期待しているのはクラウドポートが運営するFunds ファンズ です。 上場企業に対する貸付するファンドへの投資なので安定感がありそうです! ソーシャルレンディングとは違う仕組みですが、株式よりSLに近い印象です。 Fundsに興味がある方は是非ご覧くださいね。 無料口座開設 公式サイト >>> 管理人クロノはソーシャルレンディングで資産運用中です。 株式投資と違い日々の値動きを気にせずに資産運用が可能なのがソーシャルレンディングです。 しかしながら最近になり事業者リスクが高まり、運用するSL業者の選別が重要になっています。 私が現在投資中のSLの中でも今オススメできるのはOwners Bookになります! 利回りはそれほど高くありませんが、不動産プロの目利きによる案件のレベルの高さがいいですね。 また、早期償還になった際に想定利回りが上昇することもあるので資産の運用効率も良くなりますね! 案件数はそれほど多くない上に人気化することも多いです。 まずは口座開設を済ませて、納得できる案件が出た際に少額から投資を開始するのをオススメします。 無料口座開設 公式サイト >>> 管理人のOwnersBookでの実績はこちら >>> *投資はご自身の判断と責任において行って下さい。

次の

イオンモール (8905) : 株価/予想・目標株価 [AEON Mall]

イオン モール 株価

イオンモールのみんかぶ目標株価は「1,632円」で【買い】と評価されています。 みんかぶリサーチによる株価診断では【割安】 理論株価 1,574円 、証券アナリストによる予想では【買い】 予想株価 1,560円 、個人投資家による株価予想では【買い】 予想株価 1,902円 と判断されています。 イオンモールは、【ショッピングセンター、不動産関連、中国関連】などのテーマ銘柄です。 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

イオンモールの株価は下落傾向…なぜ?業績好調で優待・配当利回り4%なのに。|投資の達人

イオン モール 株価

現在は【買い】 予想株価 1,560円 と判断されています。 プロの証券アナリストによる売買予想・予想株価を掲載しています。 「イオンモールの2021年の業績予想」では、証券アナリストによる業績予想を掲載しています。 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の