麒麟 が くる 沢尻 エリカ。 大河初挑戦の沢尻エリカ「感情が高ぶっている」→白い巨塔ではとんでもない大根で驚いた

麒麟がくる|帰蝶・濃姫(沢尻エリカ)信長の妻は実像不明の謎多き道三の娘!

麒麟 が くる 沢尻 エリカ

女優・沢尻エリカ容疑者 33 が合成麻薬・MDMAを所持した容疑で逮捕され、来年1月5日から出演予定だったNHK大河ドラマ『麒麟がくる』からの降板は確実で、代役を探して撮り直しが行われると各メディアに報じられています。 長谷川博己さんが主演の『麒麟がくる』は6月3日から撮影がスタートし、来年4月に撮影終了予定となっており、沢尻エリカ容疑者は染谷将太さん演じる織田信長の正妻・帰蝶(濃姫)役を演じ、第1話から出演予定でした。 そして、気になる沢尻エリカ容疑者の代役を巡っては現在様々な情報が飛び交っており、『日刊ゲンダイ』の記事でベテラン芸能記者・佐々木博之さんは、 「橋本愛さん、菜々緒さん、二階堂ふみさん、乃木坂46の白石麻衣さんあたりでしょうか。 」と予想しています。 一方の週刊誌『週刊女性』は、代役に求められる条件は 「30代、カリスマ性と乗馬経験あり」としながら、 「菊地凛子や満島ひかり、栗山千明、比嘉愛未」の名前が挙げられているとしています。 『フライデー』の記事でも、満島ひかりさんや栗山千明さんの他にも、10月に結婚発表した 多部未華子さん、2017年に芸能界を去った 堀北真希さん、今年7月に第2子出産を発表した 上戸彩さんの名前も挙がっているとしています。 また、『スポーツニッポン』(スポニチ)は20日、すでに代役候補が数人にまで絞られていることが判明したと報じています。 関係者によれば今週中にも代役を決め、12月から沢尻エリカ容疑者の出演シーンを撮り直す方向で調整が進められているといい、代役はすぐさま撮影に入る必要があるため、時代劇経験のある女優とし、現時点で有力候補として名前が挙げられているのは、演技派女優の 蒼井優さんのほか、広末涼子さん、貫地谷しほりさん等だとしています。 3人の中なら蒼井優が見たい。 抜群の演技力。 こうなったら無名でも実力のある女優がいいよ。 舞台とかで活躍してるけど地味な実力派の人いるでしょ。 大河ドラマに演技が下手な女優連れてくるとガッカリするもん。 沢尻エリカよりもブスでいいから、実力派がいいな。 元々、沢尻エリカ容疑者の濃姫役に期待はしていなかった。 今回の降板で、より役に相応しい役者さんが選ばれて作品の質があがる事に期待したい• 広末涼子より、蒼井優や貫地谷しほりのほうが演技に深みがあって格が上に思えるし、見てみたい。 ヒロスエは棒読みで表情乏しくて、女優というよりまだアイドル。 比嘉愛未さんが一番バランスが良いと思うのだが… 彼女は過去に、茶々やお市の方も演じてるので違和感無いけどね。 この中では、たしかに満島いいけど、、、。 前、突如いきなり降板する騒ぎあった。 危ない人ちゃ危ない…。 リスクあるかも。 次選ぶ人いろんな意味で大変。 広末は旦那のキャンドルジュンが見た目的にお薬感半端ないから実際は大丈夫だとしてもやめておけ 人を見かけで判断って言うけどここ最近捕まってるの見かけ通りだろ• 満島はやだなぁ。 堀北ちゃんは、子育て中で無理そう。 ここは、NHKが発掘したあまちゃんの「のんちゃん」が良さそう。 のんにとっても、復帰のチャンスになる。 などの声が上がっています。 『麒麟がくる』は、脚本家・池端俊策さん 73 のオリジナル脚本による作品で、長谷川博己さんが主人公・明智光秀役に抜擢されたのも池端さんの意向が多いに働いていたとされ、沢尻エリカ容疑者演じる帰蝶(濃姫)も、沢尻容疑者をイメージして脚本を書いたとのことから、池端さんが納得する女優を選ぶ必要がありそうです。 現時点で名前が挙げられている女優の中で、過去に池端俊策さんの作品に出演したことがあるのは、広末涼子さん、満島ひかりさんで、この他に尾野真千子さん、美村里江さん(旧芸名=ミムラ)等がいくつかの作品に出演しています。 撮り直しは12月からスタートするとみられており、代役は時代劇での所作、乗馬なども重要な条件になるとのことから、これまでに4本の大河ドラマ出演経験がある貫地谷しほりさんのほか、高い演技力があり2010年放送の『龍馬伝』に出演の蒼井優さん、2009年放送の『天地人』出演の比嘉愛未さん、2003年放送の『武蔵 MUSASHI』や『龍馬伝』に出演の広末涼子さんあたりが代役候補として挙げられている可能性は高そうですね。 ネット上ではこの他にも、『いだてん』への出演が噂されていた のんさん(旧芸名=能年玲奈)や、上野樹里さん、柴咲コウさん、真木よう子さん、中谷美紀さん、吉田羊さん、松岡茉優さん、新垣結衣さん、深田恭子さん、剛力彩芽さん等の名前も挙げられています。 果たして、この中の誰かが代役に抜擢されるのか、全く別の意外な女優が抜擢となるのか楽しみなところですね。 参照元• sponichi. html• jprime. kodansha. nikkan-gendai. daily. shtml.

次の

「麒麟がくる」後任の川口春奈 沢尻エリカとは浅からぬ「因縁」があった!?: J

麒麟 が くる 沢尻 エリカ

KNNポール神田です。 しかし、民放のテレビの場合はそうはいかない。 スポンサーが嫌がる為に番組差し替えというのは広告による民放では仕方がないことだからだ。 沢尻エリカ容疑者の再撮影で、年に2度も『大河』が撮りなおしとなった。 4日間で、投票総数799票、10代~80代までから幅広く回答が得られた。 出典: N数799票で、半数の人が「撮り直ししなくてよい(反対)」という声が集まっていたにもかかわらず、再撮をNHKは判断したのだ。 しかし、一番気になるところは制限時間とコストだ。 時代物の大掛かりなセットを組んだり、衣装を新調する場合、制作費がかさみます」 出典: 沢尻エリカ被告の出演分は、すでに10回分を取り終えている。 1本あたり6,000万円の制作費のかかる大河ドラマの10回分でいうと単純計算で6億円だ。 しかし、すでに完成し編集が済んでいる作業を再構築する時間的、精神的、いろんなコストを換算すると、1本あたり1億円もらいたいくらいだ。 すると損害賠償額は10億円以上にもなるだろう。 沢尻エリカ被告の事務所は、という大手なので、損害賠償に応じることができるだろうが、今後タレントマネージメントのリスクコストに反映されていくことは確実だ。 そうなると、連続の『大河ドラマ』のような場合は、出演者が毎回、尿検査やキャスティングのデューデリジェンスまでが必要となり、個性的な俳優や奇行癖のあるタレントは起用されなくなる。 ダイバーシティ(多様性)を認めようとする社会との動きと逆行するようなキャスティングとなるとドラマも当然、つまらなくなることだろう。 また、薬物依存は犯罪などの事件的側面よりも、仕事から排除されることによって立ち直れなくなる社会的な制裁のことのほうが問題である。 org』に寄せられる3. 4万人を超える声 署名サイトの『』では、『』として、署名が3. 4万件を超えて集まっているが、NHKには全く届いていなかったようだ。 Change. orgは誰もが、キャンペーンという名の署名運動をネット上に開設することができる。 サイトの運営費用はによって成立している。 署名後にでてくるが拒否することもできる。 この署名サイトは、「」代表の。 『』のピエール瀧さんの出演したシーンをノーカットで公開した映画監督さんらが。 NHK職員の不祥事はニュースで扱うだけで終わり、タレントや役者の不祥事は番組ウェブサイトでも、なかった事のようにすべて削除され排除されてしまう。 について、筆者が個別に質問しても『』としか返答がない。 NHKも職員の不祥事があった場合は、自粛謝罪放送を徹底的におこない、コンプライアンスを協会職員全体でしっかりと、タレントや役者並のペナリティを課すべきではないだろうか? また、薬物依存を一発NGで患者が、立ち直れない状況に追い込んでしまうドラマを高額で制作する必要性さえ問われる。 一方、NETFLIXのだ。 大河などは、NETFLIXに外注しても1本あたり6,000万円もかからないだろう。 auと提携してNETFLIXの料金が無料になるなどのことができるのだから、NHKの受信料でNETFLIX製作ドラマ枠を買い取るなどで、ドラマ部門やバラエティ部門、音楽エンタメ部門、とドキュメンタリー部門、ニュース部門を明確に分離してみるのはどうだろうか? 公共放送に求められるのは、公平で客観的で第三者的なストレートニュースを提供し、政府に対しても一家言持てる報道としての『』メディアである。 政府からは一銭ももらわずに自由に権力批判を行える公共放送へシフトしてはどうだろうか? を占めている(平成31年2019年度)。 もちろんそうすれば、してもらう必要もなくなる。 『』であるならば、国に忖度しない姿勢も必要だろう。 そう、国政選挙で裁判官を選ぶように、も選べばよい。 そして、NHKの経営委員会も立候補制にすればもっと変わる。 NHKはぶっ壊さなくて良いので、NHKに対して、ちゃんとした公共放送に国民が変えられる権利を持つべき時期だと思う。 KNNポール神田です。 この度、2020年2月より、有料記事の定額サブスクリプションサービスを開始することとなりました。 シェアリングエコノミー時代、インターネットもソーシャルメディアを媒介として大きく変革してきました。 大手メディアとの接触時間よりもより尖った個人の時代へという流れは、もはやYouTuberにもこのYahoo! 個人ニュースの流れにもみえてきました。 現在のYouTubeのビジネスモデルは広告収益の7割をクリエイターに還元することにより、クリエイターへの報酬の『トリクルダウン型の分配』が上がり、プロとして自立し職業としてのYouTuberが育成されてきました。 現在は広告を掲載できるユーザーに制限を加えているほでです。 そう、Yahoo! 個人ニュースも同じ『トリクルダウン型の分配』モデルです。 そして、今度は『D2C(Direct to Consumer)』のような自社チャネル、いわば『個人チャネル』の時代へ向かう勢いがみえてきました。 note. muで販売する個人コンテンツで生計を立てられる人も、liveチャンネルで『LIVER』として生計を立てる人まで、また、『オンラインサロン』などのサブスクリプションも…。 今までであれば、ひきこもりや、オタク、低偏差値と差別や区別された人たちが、稼ぎはじめている。 この潮流はなかなか表層だけではつかみにくいものです。 かつてのエリートと言われた人たちが会社から、リストラを宣言されたり、副業を考えはじめた時に、まったく道の世界がすでに広がっていたりします。 しかし、その流れは確実に、インターネットの次なる潮流を照らしていると思います。 『ウェブ2. 0』の概念は、『SNS』のメディアを予見していました。 『IoT』やら、『AI』やら、『5G』やら、常にIT業界は売るためのバズワードで溢れています。 しかし、本質は常に、『ニッチ』から生まれていきます。 日々のニュースを深堀りしながら、新たな次世代の『ニッチ』な変化を一緒にさがしませんか? KNN総研リポートでは、日々のITニュースの潮流をリポートしながら、その裏で起きているビジネスのヒントやチャンスを具体的な事象のアイデアでのアプローチ手法を紹介していきます。

次の

沢尻エリカ出演分の大河ドラマ10回分の撮影費用は6億円。再撮の必要性は本当にあるのか?(神田敏晶)

麒麟 が くる 沢尻 エリカ

大河ドラマ「麒麟がくる」 帰蝶(お濃) 大河ドラマ「麒麟がくる」で沢尻エリカが演じるのが、斎藤道三の娘でのちに織田信長に嫁ぐことになる帰蝶(濃姫)。 帰蝶はマムシの道三の娘として、はたまた覇王信長の妻として妖艶で勝気なイメージをつけられることが多いですが、実際のところ人物像についてはよく分かっておらず、父や夫との真偽不明の逸話によって勝手に作られたイメージにしか過ぎません。 今回は「麒麟がくる」で準ヒロインのような描き方をされるであろう帰蝶(濃姫)について簡単に紹介していきます。 母は正室の小見の方。 一説によれば母・小見の方は明智氏の出身で明智光秀の叔母にあたり、帰蝶と光秀は従兄妹の関係にあったといわれる。 天文10年(1541年)頃、父・斎藤道三は守護・土岐頼芸を尾張国へ追放し、美濃国主を実効支配していた。 しかし、道三の側室・深芳野が産んだ長男・義龍が土岐頼芸の落胤であるとの噂があっのたため、旧土岐家臣団の統率には苦労が絶えなかった。 天文13年(1544年)、土岐頼芸を支援し、道三を追い落とそうとした尾張国の織田信秀が越前国の朝倉孝景と土岐頼芸の甥・土岐頼純(政頼)と連携して美濃国に侵攻する。 劣勢に立たされた道三は、この状況を打破しようと織田、朝倉に和睦を持ち掛け、織田氏とは信秀の嫡男・吉法師丸(のちの信長)への帰蝶のを輿入れを約束した。 また、天文15年(1546年)には朝倉氏とも和睦して、土岐頼芸と頼純を美濃に入国させた。 一説によれば、朝倉氏の和睦の際、土岐頼純へ帰蝶の輿入れがあったとされ、織田氏との約束は保留となったとされる。 しかし、織田、朝倉にとっては一時的な和睦にしかすぎず、道三討伐を諦めたわけではなかった。 出典: スポンサーリンク 天文16年(1547年)、織田、朝倉が土岐氏を支持する家臣団に蜂起するように促したため、この動きを知った道三は先手を打って土岐頼純を越前国に追放する。 その後、信秀が再び美濃に侵攻してきたが、道三がこれに壊滅的な打撃を与え、美濃国を守り切った。 前述の一説によれば、このときに帰蝶は夫・頼純の死によって実家に戻ったされる。 こののちも道三と織田信秀は争っていたが、最終的に疲弊した双方は和睦することに合意。 条件として信長と帰蝶の縁組みが再び持ち上がり、天文18年2月24日(1549年3月23日)に帰蝶は15歳で織田家に嫁いだ。 縁組みの話は、信秀は病気がちとなっていたために織田側が約束履行を迫ったとも、織田家臣・平手政秀が巧みな交渉でまとめられたともいわれる。 出典: スポンサーリンク 帰蝶(濃姫)の逸話 帰蝶は尾張に発つ際、道三から短刀を渡され「信長はうつけものと評判だ。 そうであるなら、これで殺せ」と言われたが、帰蝶は「この刀はむしろ、父上を殺すことになるかもしれません」と返したという。 この話が本当だとすると、帰蝶は織田家に嫁ぐ限りは父よりも夫・信長のために尽くすという強い気持ちが伺えるが、別の逸話では父を想う気持ちを信長に利用された話もある。 結婚の1年後、信長は毎夜不審な行動を続けたため、帰蝶が浮気を疑って尋ねると、信長が「斎藤家の家老2名に謀反させることになった」と答えたため、帰蝶は急ぎその旨を道三に知らせて家老2名を処断させた。 しかし、これは帰蝶の密告を利用して、罪のない家老を処断させる信長の策であったという。 これらの逸話の真偽は不明であり、二人の結婚生活はうまくいっていたのかどうかも分からないが、史実では帰蝶と信長の間には子が生まれることはなく、帰蝶の存在ははその後完全に途絶えてしまう。 ちなみに、現在では「帰蝶」の名より「濃姫」の方が有名であるが、これは美濃国の姫という通称に過ぎず、名前を意味するものではない。

次の