絹さや 栽培。 絹さやえんどうの栽培記録(秋まき)

絹さや・スナップエンドウの育て方≪簡単&写真つき≫家庭菜園

絹さや 栽培

日向を好む• 連作障害:あり• マメ科の植物• 輪作は4年~5年あける• 種まき時期が遅れたり早すぎたりしないように注意 日当たり 日向を好みます。 冷涼な気候を好み、寒さには強い野菜で、苗が小さいうちは積雪にも耐えられます。 あまり早く種まきして、冬を迎える前に苗が大きくなりすぎると、冬の霜や積雪で、苗が枯れてしまします。 大きくなってからは、積雪には耐えられませんので、種まき時期は非常に重要です。 連作障害 マメ科の植物で、連作障害があります。 同じマメ科の植物を4年から5年間育てていない場所に植えつけてください。 栽培期間 キヌサヤエンドウの栽培期間は、種まきから180日前後です。 秋植えの植え付けが遅れたり、早すぎるとうまく冬越しできなかったり、春に成長するのが遅れたりします。 重複しますが、種まきや植え付けの時期が重要です。 畑の準備• 追肥の時は肥料焼けに注意• あまり肥料を必要しない• 追肥は年内に2回だけ• 1回目の追肥は本葉が2,3枚程度のころ• 2回目の追肥は本葉5,6枚のころ• 追肥量はいずれも一株当たり50から60gが目安です• 追肥は根を痛めないように、株元にパラパラまいて軽く土になじませる 追肥の時期 1回目の追肥は、本葉が2,3枚ぐらいにそろってきた頃です。 2回目の追肥は、そのあとは本葉5,6枚になるころでいずれも年内に行きます。 追肥の方法 根が浅く横の広がって成長します。 根を痛めやすいので、肥料焼けや根を傷つけないように注意してください。 追肥する際は、化成肥料を株元に約60g、軽く片手一握り程度を株元に播いて、土となじませて軽く土寄せしておきます。 2回目に追肥する場所は、外に向かって広げていくと良いでしょう。 マルチを利用している場合は、植穴を少し広げてやると、そこから追肥することができます。 絹さやエンドウの水やり・トンネル・支柱・間引き・受粉などやその他の作業• 栽培期間が長いので、マルチなどで雑草の侵入を防ぐと除草の手間が省ける• 種が発芽するまでは防鳥対策をしておいたほうが安心です• 支柱とネットが必要です 水やり 水やりは、種播きから苗が完全に定着するまでの間、乾燥したらたっぷり水やりしてください。 苗が定着してからは、水やりは必要ありません。 土寄せ 強い茎を作るためにも、株が小さい頃は、追肥の際に軽く土寄せをしておきます。 根を痛めないように注意が必要です。 支柱 支柱は春に目が大きくなってきたら立てると良いでしょう。 合掌型か、垂直に複数の支柱を立てて、ネットを張ります。 トンネル 防鳥対策として、発芽して苗がある程度大きくなるまでは、不織布などでカバーして栽培する事をお勧めします。 間引き 種まきから育てる場合は、間引きながら1本立ちにして苗を作ります。 その他の作業 特にありません。 栽培はいたって簡単です。 初心者の方にもおすすめできる野菜です。 絹さやエンドウの収穫 絹さやエンドウの収穫は簡単で、さやができたものから収穫していきます。 開花から約10~15日が収穫適期です。 開花日を記録しておくと、初めはわかりやすいのですが、あとは、大きさで判断しなければいけません。 Advertisement 関連する記事• 目次 1. なばな(白菜)栽培の特徴2. 白菜なばなの栽培カレンダー3. 白菜なばなの植え付け3. 栽培環境3. 日当たり3. 生[…]• 目次 1. かき菜栽培の特徴2. かき菜の栽培カレンダー3. かき菜の植え付け3. 栽培環境3. 日当たり3. 生育適温3. 3[…]• 目次 1. サヤエンドウ栽培の特徴2. サヤエンドウの栽培カレンダー3. サヤエンドウの植え付け3. 栽培環境3. 日当たり3. […]• 目次 1. ニンニク栽培の特徴2. ニンニクの栽培カレンダー3. ニンニクの植え付け3. 栽培環境3. 日当たり3. 生育適温3. […]• 目次 1. キャベツ栽培の特徴2. キャベツの栽培カレンダー2. 日当たり2. 生育適温2. 連作障害2. 栽培期間[…].

次の

絹さやえんどうの栽培記録(秋まき)

絹さや 栽培

つるなし絹さやプランター栽培記 今年は絹さやの苗を購入して、プランターで育てました。 足のケガのために畑は断念したからです。 多分靭帯損傷かと。 プランター栽培ではほんの少ししか収穫ができませんが、育つ様を眺めているだけでも元気がでます。 2013-3-16 このように3株植えつけました。 つるなし絹さやは初めての栽培になります。 絹さや、スナップエンドウが栽培される期間は、低温期になるため根粒菌による窒素分の補給は期待できないそうです。 2013-3-18 早くも花が咲いています。 枯れ木があったので支柱にしてみましたが、ただ枝を挿しただけ・・・簡単すぎるかな。 細かい枝があるので、つるが絡まりやすいかと思います。 2013-4-11 きれいな赤紫の花で、まるでスイートピーのようです。 以前にきれいなピンクのスイートピーを育てましたが、それはコンテナ用なので、草丈が低いものでした。 絹さやの収穫が始まる頃はちょうど田植えや麦の刈り入れなどの季節なので、収穫はいつも子供の役割になっていました。 それからスジを取ってお味噌汁にしたものです。 絹さやを見るとそんな子供時代を思い出します。 忙しい両親の代わりに弟の面倒をみたり、漬物を作ったり、うどんを茹でたり、ご飯を炊いたりと・・ それが手伝いと思わずに当たり前に思っていました。 絹さやイコール忙しい季節のイメージが頭に植え付けられていますよ。 2013-4-25 エンドウが肥大する前の未熟なサヤを利用するのがサヤエンドウで、通常 絹さやエンドウ、 キヌサヤといいます。 もともとはつるがあるのですが、いつからかわかりませんが、つるなしの絹さやができました。 つるなし絹さやの初収穫です! 「初物」を食べると七十五日長生きすると言います。 いろいろな野菜を作って初収穫し、それを食べたなら一年に何日長生きするかな・・・? 5回以上初物を食べると年を取らないことになりますね。 2013-5-9 ズームアップで見るといかにも柔らかくておいしそうです! 2013-5-9 収穫! たった一つのプランターでもかなりの収穫となります。 左が つるなし絹さやで、右はスナップエンドウです。 バックに咲いているのは、昨年の寄せ植えからこぼれ種のビオラです。 2013-5-9- 最盛期の つるなし絹さやです。 Category List• 育てた草花が多いので、このような分類になってしまいました。 下のサイト内の検索をご利用ください。 下のサイト内の検索をご利用ください。 ハーブや山野草は集め始まるとハマリそうな感じがするので、いまのところなるべく見ないようにしています。 特に山野草は究極の美があり、最終的には山野草で終わりそうな感じがします。 もう少し先になってからにしよう・・・• 1996年ごろから集め始まり、一時は約50種類ありましたが、2015年現在では半分になってしまいました。 主に畑で育てていますが、他の樹木と比べると枯れるのが多く、大分入れ替わっています。 開花時期にアシナガコガネの被害に悩まされて諦めてしまったこともありましたが、2016年から再び集め始めました。 球根はほとんど植えっぱなし状態です。 多年草は庭や畑に多種類をランダムに植えています。 手間がかからないので重宝しています。 本格的に多肉を集め始まったのは2012年からです。 2017年現在でその数350~400種になりました。 皆さんがお店よりたくさんある~! お店を開いたら? 2014年から多肉の寄せ植えをしたり春と秋にオークションに数度ほど。 我が家の庭や畑にある花木・樹木・果樹でしたが、身近にあるよく見かけるものも追加しました。 造園のかたや深い知識がある義弟の協力、自分でもネットや本で相当調べていますが、間違っていたらごめんなさい。 室内の観葉植物だけではなく、葉がきれいな植物も含まれています。 約42年間(2014年現在)、自宅近くの畑で、主に自家消費するだけの色々の野菜を栽培してきました。 ブログを書き始めた2006年あたりから、毎年試行錯誤でこれまでとは違った野菜作りをしています。 成功のときもあれば失敗するときもあるので、そのときの様子を記しています。 最初は植物ばかりのカテゴリでしたが、身近なところの虫・鳥・猫などの動物を追加しました。 ムシの苦手なかたはぎょっとするような大きな画像があります。 ご注意ください。 でも見続けることで、慣れますよ。 私がそうでした。 それから素人ですので、名前などの間違いがあるかもしれません。 悪しからず・・・ 幼児期には多様性を持った生物(植物・動物)に触れたりする体験が重要かな・・・と思うこのごろです。 野菜や花には欠かすことのできない虫。 この年になって初めての世界が見え始めてきました。 かなり面白くてドップリ状態です。 素人の寄せ植えやフラワーアレンジメントです。 購入したものや自宅にあるものでつくりました。 フラワーアレンジメントも主に自分で育てた花を使っています。 追肥(ついひ、おいごえ)とは,閉鎖花(へいさか)とは,ボーダーガーデン(境栽花壇),など。 庭づくりに関連した記事ですが、ど素人です。 毎年のようにあれやこれやと庭や花壇をいじっています。 自分が満足すればよいかな・・・と思っています。 身近な出来事、育てた野菜の料理、健康に関することなどを。

次の

絹さや・スナップエンドウの育て方≪簡単&写真つき≫家庭菜園

絹さや 栽培

日向を好む• 連作障害:あり• マメ科の植物• 輪作は4年~5年あける• 種まき時期が遅れたり早すぎたりしないように注意 日当たり 日向を好みます。 冷涼な気候を好み、寒さには強い野菜で、苗が小さいうちは積雪にも耐えられます。 あまり早く種まきして、冬を迎える前に苗が大きくなりすぎると、冬の霜や積雪で、苗が枯れてしまします。 大きくなってからは、積雪には耐えられませんので、種まき時期は非常に重要です。 連作障害 マメ科の植物で、連作障害があります。 同じマメ科の植物を4年から5年間育てていない場所に植えつけてください。 栽培期間 キヌサヤエンドウの栽培期間は、種まきから180日前後です。 秋植えの植え付けが遅れたり、早すぎるとうまく冬越しできなかったり、春に成長するのが遅れたりします。 重複しますが、種まきや植え付けの時期が重要です。 畑の準備• 追肥の時は肥料焼けに注意• あまり肥料を必要しない• 追肥は年内に2回だけ• 1回目の追肥は本葉が2,3枚程度のころ• 2回目の追肥は本葉5,6枚のころ• 追肥量はいずれも一株当たり50から60gが目安です• 追肥は根を痛めないように、株元にパラパラまいて軽く土になじませる 追肥の時期 1回目の追肥は、本葉が2,3枚ぐらいにそろってきた頃です。 2回目の追肥は、そのあとは本葉5,6枚になるころでいずれも年内に行きます。 追肥の方法 根が浅く横の広がって成長します。 根を痛めやすいので、肥料焼けや根を傷つけないように注意してください。 追肥する際は、化成肥料を株元に約60g、軽く片手一握り程度を株元に播いて、土となじませて軽く土寄せしておきます。 2回目に追肥する場所は、外に向かって広げていくと良いでしょう。 マルチを利用している場合は、植穴を少し広げてやると、そこから追肥することができます。 絹さやエンドウの水やり・トンネル・支柱・間引き・受粉などやその他の作業• 栽培期間が長いので、マルチなどで雑草の侵入を防ぐと除草の手間が省ける• 種が発芽するまでは防鳥対策をしておいたほうが安心です• 支柱とネットが必要です 水やり 水やりは、種播きから苗が完全に定着するまでの間、乾燥したらたっぷり水やりしてください。 苗が定着してからは、水やりは必要ありません。 土寄せ 強い茎を作るためにも、株が小さい頃は、追肥の際に軽く土寄せをしておきます。 根を痛めないように注意が必要です。 支柱 支柱は春に目が大きくなってきたら立てると良いでしょう。 合掌型か、垂直に複数の支柱を立てて、ネットを張ります。 トンネル 防鳥対策として、発芽して苗がある程度大きくなるまでは、不織布などでカバーして栽培する事をお勧めします。 間引き 種まきから育てる場合は、間引きながら1本立ちにして苗を作ります。 その他の作業 特にありません。 栽培はいたって簡単です。 初心者の方にもおすすめできる野菜です。 絹さやエンドウの収穫 絹さやエンドウの収穫は簡単で、さやができたものから収穫していきます。 開花から約10~15日が収穫適期です。 開花日を記録しておくと、初めはわかりやすいのですが、あとは、大きさで判断しなければいけません。 Advertisement 関連する記事• 目次 1. なばな(白菜)栽培の特徴2. 白菜なばなの栽培カレンダー3. 白菜なばなの植え付け3. 栽培環境3. 日当たり3. 生[…]• 目次 1. かき菜栽培の特徴2. かき菜の栽培カレンダー3. かき菜の植え付け3. 栽培環境3. 日当たり3. 生育適温3. 3[…]• 目次 1. サヤエンドウ栽培の特徴2. サヤエンドウの栽培カレンダー3. サヤエンドウの植え付け3. 栽培環境3. 日当たり3. […]• 目次 1. ニンニク栽培の特徴2. ニンニクの栽培カレンダー3. ニンニクの植え付け3. 栽培環境3. 日当たり3. 生育適温3. […]• 目次 1. キャベツ栽培の特徴2. キャベツの栽培カレンダー2. 日当たり2. 生育適温2. 連作障害2. 栽培期間[…].

次の