中国 がるちゃん。 中国茶のイメージが変わる!生プーアル茶・岩茶・工芸茶とは?所さん お届け物です!

中国で粉ミルクにメラミン混入|ザ!世界仰天ニュース|日本テレビ

中国 がるちゃん

武漢協和医院の医師が、同誌の取材に匿名で応じた。 「流行が始まったばかりの時期、武漢市の方針は消極的だった」と指摘し、病院側から「許可を得ずに公共の場で感染状況を語ったり、メディアの取材を受けたりしてはならない」と通知されていたと明らかにした。 市が肺炎の流行を初めて公表したのは昨年12月30日だった。 この医師はかん口令の期間中は「医師にできたのは患者に繰り返しマスク着用を勧めることだけだった」と振り返った。 市トップらに対してはこれまでも、情報公開や対応の遅れが指摘されていた。 湖北省共産党委員会の機関紙・湖北日報の 張欧亜 ( ジャンオウヤー )記者は24日、中国版ツイッター・ 微博 ( ウェイボー )への書き込みで市トップの対応を批判し、「交代を希望する」と主張した。 武漢市の党委書記や市長らトップは、上級組織の省党委にも名を連ねる地元の高級幹部にあたる。 党機関紙記者が正面から批判するのは極めて異例だ。 書き込みはまもなく削除された。 中国政府は、25日に大規模な医師団を派遣するなど、武漢市の防疫政策への関与を強めている。 2月3日の完成を目指して24日に着工した1000床の臨時病院の整地作業も進んでいる。 2002~03年に大流行した重症急性呼吸器症候群(SARS)の際、北京市当局が郊外に1週間で完成させた「小湯山医院」に倣ったという。

次の

8年かけ勝訴!中国商標「しんちゃん」事件の教訓

中国 がるちゃん

武漢で新型コロナウイルスによる肺炎が拡大している状況を動画で撮影し、それをインターネットに流した2人が現在、行方不明になっている(写真:ロイター) ベージュのワゴン車が、ある武漢の病院の前に停まっている。 サイドと後ろのドアが少し開いている。 地元で衣料品を販売する方斌氏は、そのワゴン車の横を通り過ぎるとき、中を覗いてみた。 「たくさんの遺体があった」と方氏は苦しそうな声を出す。 5つ、6つ、7つ、8つ。 遺体を入れた袋が8つあった。 「こんなにたくさんの人が亡くなっている」 方氏はこのとき、新型コロナウイルスによる肺炎が拡大している状況を40分間撮影して投稿し、ネット上の有名人になった。 しかし、それから2週間も経たないうちに、方氏は姿を消した。 その数日前、別の有名な動画ブロガー、陳秋実氏も行方不明となった。 陳氏の友人や家族は、陳氏が強制的に隔離されたようだと話した。 一般市民が感染の実態を投稿 2人は姿を消す前に、武漢で何十本もの動画を撮影してインターネットに流した。 新型肺炎流行の中心地からの悲惨な映像だ。 その映像が特に衝撃的だったのは、それが中国の内側から発せられたものだったからだ。 中国では政権を少し批判しただけの内容でも、すぐにインターネットから削除され、それを公開した者はたいてい罰せられる。 2人の動画が注目を集めたことは、中国に独立した報道機関が不足していることを反映している。 中国では、一般の新聞は当局に厳しくコントロールされている。 中国共産党中央宣伝部は、今月はじめ数百人のジャーナリストを集めて、新型コロナウイルスの報道の仕方を改めて確認した。 しかし、2人の動画は、中国でここ数週間、言論の自由への要求が高まっていることを反映してもいる。 新型肺炎の危機によって、中国中の思いがけないところから、批判や内省の声が出ている。 複数の報道機関が、新型肺炎の流行について、辛辣な報道をするようになった。 また、医師の李文亮氏が亡くなると、政府の検閲に対して中国のソーシャルメディアで抵抗が起こった。 李氏は武漢の医師で、政府が新型肺炎の流行を公表する前に、警告を発していた人物だ。

次の

ファン・ビンビン中国一美人!整形?すっぴん画像や武則天の動画も!

中国 がるちゃん

中国南西部の重慶市にあるテーマパークで今月18日、新アトラクション「バンジー・タワー」がオープンし、その記念イベントで豚が宙を舞っていたことが分かり物議を醸している。 タワーの高さは約70メートルあり、豚はハーネスで固定されるとジャンプ台から突き落とされた。 空中で豚が上下に大きく振られている様子を捉えた動画はSNSに投稿され、『South China Morning Post』『Fox News』などが伝えて拡散している。 足を縛られたうえに身体をロープでぐるぐる巻きにされ、紫のマントを付けた体重75キロの豚がバンジージャンプをしている動画が拡散している。 撮影されたのは重慶市にあるテーマパークで、豚は従業員と思われる男たちによってジャンプ台まで運ばれると、無理やり68メートルの高さから転がるように投げ出された。 新アトラクション「バンジー・タワー」のオープニングイベントに駆けつけた客からは歓声があがったが、豚は甲高い声でキーキー鳴くだけでなすすべもない。 イベントを主催したオーナーはメディアの取材に「アフリカ豚コレラの影響で今年は豚の価格が高騰したけど、ここにきてずいぶん値が下がっただろう。 だから豚はバンジージャンプのオープニングを飾るのに相応しいと思ったんだよ。 それに春節(旧正月)を25日に迎えるからね。 これまでの干支である豚から、新しいネズミに代わる節目を祝うにはぴったりだろう」と述べており、.

次の