ブシドー 回避距離。 【MHX】双剣のスタイル別操作方法、コンボ、モーション値|人気はブシドーか?

スキル:回避性能の効果。エリアルやブシドーの無敵時間は?

ブシドー 回避距離

前転:前宙着地直後の前回りの動作。 エリアル回避の「出始めに回避性能+2の無敵時間が付与される」が正解(に近いと思われる)。 出始めの無敵時間はジャンプ判定は無いが、通常の回転回避と同様に、 攻撃を見てからとっさに避けることが出来る。 ジャンプ判定のタイミング/長さに変更はない。 モンスターの攻撃判定の短い攻撃は、エリアル回避の出始め(前宙出始め)の無敵で回避できる。 (攻撃回避後に踏みつけ判定が出るため、踏みつける部分が重なればジャンプできる)• 逆に攻撃判定の長い攻撃は、無敵時間が切れたところで攻撃を受ける。 つまり回避性能+2をつけると、前宙出始め、前宙着地直前後、の二ヶ所にわかれて無敵が付く。 (踏み付けジャンプ成功後にも無敵があるので、計3種の無敵動作がある)• なお踏みつけ成功(ジャンプ)後も少し無敵時間があるが、この無敵時間は回避性能では伸びない。 その為、近距離だと踏みつけ成功(ジャンプ)したがゆえに、逆に無敵時間が短くなる結果も。 エリアル回避と回避性能+2について(追検証) 引き付け回避(攻撃直前にエリアル回避を出す)を検証。 検証結果まとめ ・エリアル回避の回避性能+2は、「無敵時間が前に伸びる」ではなく、 「出始めに回避性能+2の無敵時間が付与される」が正解(に近いと思われる) ・「ジャンプ判定が出ている間は無敵」は間違い。 ・モンスターの攻撃判定の短い攻撃は、エリアル回避の出始め(前宙出始め)の無敵で回避できる。 (攻撃回避後に踏みつけ判定が出るため、踏みつける部分が重なればジャンプできる) ・逆に攻撃判定の長い攻撃は、無敵時間が切れたところで攻撃を受ける。 ・つまり回避性能+2をつけると、前宙出始め、前宙着地直前後、の二ヶ所にわかれて無敵が付く。

次の

モンハンダブルクロス おすすめ装備: ランス 評価順「ブシドースタイル」 (MHXX)

ブシドー 回避距離

33秒(10F)• 40秒(12F)• 60秒(18F) に延長される。 また通常回避だけでなく、 ステップ回避にも効果がある。 マイナス側が発動すると、 無敵時間が0. 1秒と半分になる。 これではフレーム回避がほぼ成功しなくなるので、発動させないようにしよう。 実際に当たり判定が一瞬の攻撃(ナルガの尻尾振りなど)を、 回避行動の 無敵時間で躱すと言う立ち回り(通称:)が存在する。 しかし、スキル無しでの 0. 2秒というのはかなりシビアであり、 少しでも早すぎると、無敵時間が切れたところで被弾するし、遅すぎても当然被弾してしまう。 繊細なタイミングが要求される。 33秒になるだけでも、別次元と言えるほどフレーム回避が成功しやすくなる。 試しに…• ナルガの尻尾攻撃• ジンオウガのお手(前脚連続叩き付け)• 多くのモンスターの咆哮 辺りに合わせて回避してみよう。 狩猟が楽しくなるくらいに攻撃をすり抜けられるようになる。 ティガレックス怒り時の突進に対して、正面から回避で突っ込んでも尻尾側へ抜けられるか?と言うほど。 フレーム回避が成功すると… 詳しくは「」の項目に書いたが、 敵の攻撃を避けるためには、 基本的に攻撃範囲の外まで離脱しないといけない。 つまり、少し早めに此方の攻撃を中止し、離脱しないといけない。 そして敵の攻撃が終わったら再び接近、と言うステップを踏む。 この離脱と接近の間は手数が落ちてしまうのが分かると思う。 一方でフレーム回避が成功するようになると、敵の攻撃範囲外まで 離脱する必要がなくなる。 被弾ギリギリまで手数を稼ぎ• 当たる直前でフレーム回避• 回避後は接近の必要もなく即座に反撃 と言う立ち回りも可能にすらなるので、 結果手数の増加に繋がる。 何より、 フレーム回避が決まると大変気持ち良い。 回避系スキルでありながら、見方を変えれば 攻撃系スキルとも言える。 回避性能の弱点 当スキルの弱点は、当たり判定が非常に長い時間残る攻撃。 この場合フレーム回避は望むべきではない。 ただ、全ての攻撃が非常に長い当たり判定を持つモンスターは限られるので、基本的に当スキルの守備範囲は広い。 一方で、テンポの悪い攻撃も人によっては難しく感じる。 長い時間タメを作ってから、分かり辛いタイミングで攻撃してくる系統や、ノーモーション系の攻撃。 回避が遅れて被弾しやすい。 武器種で言うと、 スポンサーリンク MHX・ブシドーに回避性能は効果ある? MHXでは、 狩猟スタイルと言う要素が登場。 中でもは、敵の攻撃を引き付けてタイミングよく回避することで、ジャストアクションを行える。 回避行動を行った瞬間から一定の時間内に、敵の攻撃が当たるように回避で突入することで発生する。 ここで気になるのは ジャスト回避の受付時間。 検証の結果、当スキルを発動させても 受付時間は伸びないことが判明した。 つまり、ジャスト回避が可能な武器種のブシドースタイルにとっては、 当スキルは死にスキルになる。 一応、ジャストアクションがガードになる• スキル無し:無敵時間7F(0. 233秒)• 回避性能Lv1:無敵時間8F(0. 266秒)• 回避性能Lv2:無敵時間9F(0. 300秒)• 回避性能Lv3:無敵時間10F(0. 回避性能Lv4:無敵時間11F(0. 366秒)• 回避性能Lv5:無敵時間7F(0. 参考・回避の装衣:無敵時間16F(0. 533秒) のこと(詳しくはリンク先にて)で、スキルレベル毎に1Fずつ無敵時間が延びて行く。 200秒)だが、MHWでは1F長くなっているようだ。 参考に書いたが、回避の装衣はとんでもなく無敵時間が長い。 MHW「回避性能」の主な用途 MHWはハンターの機動力も全体的に上がっているため、敵の至近距離でフレーム回避を要求されるケースは過去作より少ないかも知れないが、 それでも依然として強力な、見方によっては攻撃的なスキルである。 装飾品の場合はLv2スロットが必要なため、装飾品だけでの発動は少々重たい。 発動する防具は多めで、護石もあるためそちらも活用したい。 最大まで発動させずに、空いているスロットを埋めるくらいでも強いだろう。 装飾品自体はなかなか出にくいが。 回避の装衣と当スキルの相性は良い。 装衣が使える間は楽にフレーム回避、充電中もスキルの効果で回避。 と言った感じである。

次の

【モンハンクロス】上位/剣士・ガンナー汎用のオススメ装備セット【MHX】

ブシドー 回避距離

ブシドースタイルとは? 回避や反撃が専門のテクニカルなスタイル モンスターからの攻撃を受ける瞬間、タイミングよく回避すると身を翻 ひるがえ すように回避したり、タイミングよくガードするとカウンターを決めたりと、反撃への起点作りに特化したテクニカルなスタイルとなっている。 狩技の数 装備できる狩技の数はエリアルと並び、スタイル最小の「1」です。 狩技をメインに立ち回りたい場合には相性が悪いです。 ブシドースタイルの特徴 ジャスト回避/ガードを活用しよう モンスターや味方ハンターの攻撃をタイミングよく回避/ガードすることで、特殊アクション「ジャスト回避/ガード」が使用できます。 ジャスト回避に成功すれば、身を翻すようなアクションと共に、即座に素早いダッシュで指定した方向へ移動可能です。 ジャストガードに成功すれば、攻撃を無効化することができます。 ジャストアクションを使いこなそう ジャスト回避に成功した後、攻撃のコマンドを入力すると「ジャストアクション」と呼ばれる、武器ごとの特殊アクションが発動します。 反撃の起点になるのでぜひ使いこなしましょう。 メリットとデメリット メリット 生存スキルが要らなくなる! ジャスト回避/ガードに成功すると、簡単に攻撃を避けられたり、ダメージを無効化できるので、生存スキルの必要性が薄まります。 その分、火力面にスキルを振ることができます。 反撃を上手く使うことで、有効に立ちまわることが可能です。 狩技が使いやすい ジャスト回避/ガードに成功すると、「狩技ゲージ」が上昇します。 エリアルやギルドと比べると、狩技が若干使いやすくなります。 デメリット 連続攻撃に弱い の連続パンチのような、連撃の初撃をジャスト回避してしまった場合、ジャスト回避の硬直時間に連撃の最終攻撃が当たる場合があります。 使うタイミングには注意しなくては行けません。 一部アクションが制限 強力な「ジャストアクション」を得た反面、様々なアクションが使用不可になります。 普段使っていたコンボが出せないなどの影響あるものもあるので予め調べてから使用しましょう。 初見に弱い トリッキーな動きのモンスターや、初めて対峙するモンスターの場合、ジャスト回避のタイミングを掴むのが難しいです。 知らないモンスターの場合は、予めタイミングを掴むようにしましょう。 体力満タンを維持しやすいので、フルチャージとは相性が良いです。 その他火力スキル の必要性が薄いので、様々な火力スキルで構成することができます。 ジャストアクションをより強力にすることが可能です。 明鏡止水 ジャスト回避/ガードに成功した際の狩技ゲージの上昇率も上がります。 強力な狩技を頻繁に使えるようになるのでおすすめです。 ブシドースタイルにおすすめの武器TOP3 1. 弓 ジャストアクションに成功すると、溜め段階3に派生します。 そのまま「剛射」を撃つこともできるので、非常に相性が良いです。 近接武器と違い「ジャスト回避で少し距離を取りつつ反撃」、という戦い方ができます。 太刀 長いリーチのおかげで、ジャスト回避で少し距離を取りつつ反撃ができます。 即座に「気刃大回転斬り」に派生もできるため、非常におすすめです。 大剣 ジャスト回避から強力な溜め攻撃、強なぎ払いに派生することができます。 ガードが出来る武器のため、とっさの時にジャストガードを使用可能な点も相性が良いと言えるでしょう。 ランス 現状ではジャスト回避に比べ、ジャストガードの使い勝手が悪いです。 また、他の武器にあるステップ等のジャスト回避などもありません。 ガンランス 現状ではジャスト回避に比べ、ジャストガードの使い勝手が悪いです。 また、他の武器にあるステップ等のジャスト回避などもありません。 注目記事• コミュニティ掲示板• 武器別 装備報告用掲示板• 武器 全武器の最終強化一覧• スキル一覧• 古龍種モンスター 50音順• 二つ名モンスター 50音順• 大型モンスター攻略 50音順• オトモ&ニャンター• 狩技一覧 共通の狩技• 武器種別の狩技• 防具一覧 防具を一覧で探す• フィールドマップ• ちょっとためになる話(小ネタ)• よくある質問(Q&A) 事前に知っておきたい知識• 新要素の情報• その他ゲームシステム• 狩猟スタイル一覧•

次の