シトルリン 効果。 L

シトルリンマレートの筋トレへの効果や摂取方法

シトルリン 効果

アミノ酸はそのほとんどが、として人間の体内に存在しており、血管や内臓、皮膚、筋肉などを構成していますが、一方たんぱく質を構成せずにひとつひとつバラバラの状態で体内に存在し、細胞や血管を巡りながら、必要な時にすぐ働けるような状態のものを「遊離アミノ酸」と呼んで区別しています。 遊離アミノ酸はシトルリン以外に、やも知られており、その高い機能性から注目を集め、多くの研究が進められています。 また、シトルリンはすいか以外にも、きゅうり、、、冬瓜などの可食部に含まれており、安全性の高さが確認されています。 まとまった量のシトルリンを食品から摂ることは難しいため、サプリメントによる摂取が効果的として、シトルリンを配合したサプリメントが販売されています。 シトルリン(citrulline という名称は、すいかの学名であるシトルラス ブルガリス(citrullus vulgaris から名付けられました。 シトルリンは、すいかの原種であるといわれているカラハリ砂漠の野生すいかに特に多く含まれており、強力な日光が降り注ぎ、乾燥した過酷な環境で生き抜くために、シトルリンは重要な役割を持つ成分であると考えられています。 日本では、2007年8月にシトルリンが食品成分として利用可能になり、現在では主に健康食品として利用されています。 また、シトルリンはフランスなどの欧州では医薬品成分として、アメリカではサプリメントとして注目を集めています。 シトルリンが血流を改善することにより、むくみや冷えの改善、新陳代謝の向上などの効果が期待されています。 また、シトルリンは肝臓内でアンモニアを解毒する機能において、重要な役割を担う成分であるほか、皮膚の水分保湿因子(NMF のひとつとしても知られています。 <豆知識>シトルリンの効果的な摂り方 シトルリンは、果肉にも含まれていますが、特に皮に多く含まれている成分です。 そのため、きゅうりなどの皮ごと食べることのできる食材とは異なり、すいかなどの果肉を主に食する食材に関しては、シトルリンをあまり多く摂取することができません。 すいかの皮は洗って炒めることで甘味が出るため、炒めものなどの食材として用いることができ、効率的にシトルリンを摂取するためには、果肉だけではなく果皮もうまく活用し、食することが必要であるといえます。 血管内皮細胞から血液中に生産され、血管拡張作用や、血小板凝縮抑制作用などの働きを示します。 むくみは、人間の体内に余分な水分や老廃物が蓄積されて起こる症状であり、特に筋肉量が少ない女性に多い悩みです。 心臓から遠い足にむくみを感じやすいといわれています。 血流が改善されることによって、体内に蓄積された余分な水分等が体外へ排出されやすくなるため、むくみの解消に効果的です。 冷え性は、女性に多い症状であり、末梢血管の血行不良が原因です。 シトルリンが持つ血管を拡張する作用は、末梢血管においても効果を示し、血流の改善を期待することができるため、シトルリンを摂取することは、冷え性の緩和や改善につながるといえます。 天然保湿因子(NMF はシトルリン以外にも、、、などが挙げられますが、それらはたんぱく質として肌を構成しているアミノ酸であるため、遊離アミノ酸としてはシトルリンが最も多く存在しています。 肌のツヤやハリは、天然保湿因子(NMF の量や効力に依存するため、シトルリンを摂取することは肌の潤いを保つためには有効であるといえます。 また、シトルリンは血流の改善に対して効果を発揮するため、新陳代謝を活発化し、ターンオーバーという肌の生まれ変わりを促進する作用も持つといわれています。 シトルリンはその多彩な機能性によって、美肌へ導くことができるのです。 疲労は、様々な要因によって蓄積されますが、主な原因はアンモニアと乳酸の蓄積です。 アンモニアや乳酸は、運動のためのエネルギーづくりを行う際に生産される物質であり、蓄積したアンモニアは疲労臭となって、体臭の原因になる場合もあります。 シトルリンには、疲労の原因物質であるアンモニアを肝臓内で尿素へ分解し、体外へ排出する作用があるため、疲労の回復に効果的であると考えられています。 欧米では、アスリートを対象としたシトルリンサプリメントが販売されており、シトルリンの疲労を回復する効果が広く認知されています。 また、シトルリンによって産生を促進される一酸化窒素は、運動時のパフォーマンスに対しても影響を与えるといわれており、運動後の筋肉痛を抑制する効果にも効果が期待されています。 遊離アミノ酸であるシトルリンには、筋肉増強に働きかける成長ホルモンの分泌を促進する作用があります。 成長ホルモンは体の成長を促すホルモンであり、筋肉をつくったり、骨を伸ばすなどの作用があるため、筋肉を増強する上で欠かせない物質です。 シトルリンを摂取することによって成長ホルモンの分泌が促されるため、筋力の増強を行うことができる上、シトルリンには血流を改善する作用もあるため、成長ホルモンの分泌促進作用との相乗効果が期待できます。 集中力や記憶力は、人間の思考を司る臓器である脳の働きに影響されますが、脳の血流が減退すると精神疲労が蓄積されることが知られています。 シトルリンの血流を改善する効果は、脳にも作用し、血流量を活発化することができるため、精神疲労を軽減し、脳が元気になるため、集中力や記憶力の向上が期待できるのです。 肌の深部から新しい細胞が生まれ変わるたびに、垢となって剥がれ落ちることで一定の厚みを保っています。 ケラチンたんぱく質で構成されています。 【2】鎌形赤血球患者5名を対象とした予備的な試験において、L-シトルリンを1日に約0. 【3】健康な男女20名を対象とした二重盲検クロスオーバープラセボ比較試験において、シトルリン0. 75 g、1. 参考文献 ・荻野善之 野菜まるごと大図鑑 株式会社主婦の友社 ・食材図典 小学館 ・船山信次 アミノ酸 東京電機大学出版部.

次の

シトルリンの効果・副作用・摂取量を徹底的に解説します。

シトルリン 効果

シトルリンとは シトルリンとは、遊離アミノ酸のひとつで、ウリ科の植物に多く含まれており、食品から摂取できます。 アミノ酸の状態で生体内に存在しており、特にアンモニアから尿素を生成する回路で、重要な役割を果たしています。 期待できる効果 シトルリンには血管拡張作用があり、 運動パフォーマンスを向上させたり、血流をよくしたりする効果があります。 その他にも疲労の軽減によい、抗酸化作用がある、などと言われていますが、どのようなメカニズムで効果が発揮されるのでしょうか。 筋トレをサポート 運動を行うとき、代謝の促進や疲労回復のためにアミノ酸やビタミンなどのサプリメントを利用されている人も多いと思います。 シトルリンは、生体内のオルニチン回路のなかで重要な役割をしています。 体内のシトルリンが増加すると、アルギニンが増え、その結果、体内の一酸化窒素の濃度が上昇します。 この一酸化窒素には血管拡張作用があるため、血流量が増加して運動のパフォーマンスを向上させます。 また、運動によって生じる乳酸やアンモニアなどの副産物を素早く除去してエネルギーの生成を促進する働きもあります。 この反応に伴い、 成長ホルモンの分泌促進や、筋肉を構成するタンパク質の分解抑制や合成促進などが起こります。 アルギニンを直接摂取すればよいのでは?と思うかもしれませんが、アルギニンを直接摂取するよりも、シトルリンをサプリメントで摂取したほうがより効果的に体内のアルギニンを増やすことが期待されています。 血流改善で冷え・むくみの解消に 冷え性や、足のむくみなどの悩みを抱えている女性は多いのではないでしょうか。 血液の流れが悪くなり、血液が体の隅々まで行き渡らなくなるなど、血液の循環が悪化すると、体が冷えたり、下半身に水分や老廃物が滞って足のむくみが出てきたりします。 シトルリンを十分に摂取し、オルニチン回路を活性化すると一酸化窒素が増えるため、 運動パフォーマンスの向上だけでなく、血流をスムーズにし、冷えやむくみの症状を改善することができます。 また、血流が良くなるということは、動脈硬化の進行の抑制や脳の血流促進によって集中力や記憶力にもいい影響を及ぼすのではないかと期待されています。 肌を保湿 シトルリンは、肌の潤いを保つ天然保湿因子(NMF)のひとつであり、遊離アミノ酸としてはセリンの次に多く含まれています。 NMFは私たちがもともと持っている保湿成分のことで、肌のツヤやハリを維持するために重要です。 シトルリンを十分に摂取することは、NMFを保持するだけではなく、 血流改善効果によって新陳代謝を活発にするので、肌のターンオーバーも促進することができます。 また、抗酸化作用もあるため、肌を酸化ストレスから守ってくれるので、積極的に摂取していきたいものです。 シトルリンを多く含む食べ物 スイカの他にもメロンや冬瓜、キュウリ、ニガウリ、ヘチマなど、ウリ科の植物に比較的多く含まれています。 以下の表に食品100g当たりのシトルリンの含有量をまとめました。 食品名 含まれる量(100gあたり) スイカ 180mg メロン 50mg 冬瓜 18mg キュウリ 9. 6mg ニガウリ 16mg ヘチマ 57mg クコの実 34mg ニンニク 3. 3個、冬瓜3. 8個、キュウリ56. 5本…という量を摂取する必要があるため、通常の食事のなかで毎日摂取することは困難です。 そのため、シトルリンを十分に摂取するためには、サプリメントを上手に利用するとよいでしょう。 シトルリンは毒性が低い成分なので、過剰摂取による健康被害の報告はありません。 食品から摂取するぶんには問題ありませんが、サプリメントで摂取する場合には目安の摂取量を守るようにしましょう。 まとめ シトルリンは、運動をする人だけでなく冷えやむくみが気になる女性や、いつまでも若々しい肌を保ちたいという人にもおすすめの成分です。 食品に含まれる量は多くないので、毎日効率よく摂取するためにはサプリメントを上手に利用するとよいでしょう。 おすすめ商品.

次の

シトルリンのペニス増大効果ってどういうこと?副作用はない?

シトルリン 効果

シトルリンの効果って?どんな食品に含まれているの? シトルリンが精力増強に効果があると聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。 40代以降の中高年になると男性機能の衰えを感じる方が多くなります。 精力を増強するためにはさまざまな方法がありますが、精力剤などで栄養を補給することも有効です。 ここでは、シトルリンにはどんな効果があるのか、副作用はないのか、アルギニンとはどう違うのか、などについて解説していきます。 そもそもシトルリンとはどんな成分なのか シトルリンはスイカから発見されたアミノ酸の一種です。 アミノ酸の一種ですがタンパク質を合成する作用はなく、有害なアンモニアの除去や血管を拡張する作用、抗酸化作用などがあると言われています。 シトルリンの血管拡張作用によって血流が良くなることから、それが男性器の増大や精力増強に役立つことが近年になって注目されるようになりました。 そんなシトルリンはアミノ酸の一種ではあるものの肉類や魚類、卵などにはあまり含まれておらず、スイカやメロンなどウリ系の植物に多く含まれています。 最もシトルリンの含有量が高い食材はスイカですが、それでも100gあたり約180㎎しか含まれていません。 1日あたりのシトルリンの摂取量としては800㎎が推奨されていますが、スイカだけでは足りませんし、そもそも年中スイカを食べるわけにもいきません。 そのため、 サプリメントでシトルリンを補うのが一般的になっています。 シトルリンがもたらす効果とは? それでは、シトルリンにどんな効果があるのか解説していきましょう。 アルギニンは成長ホルモンの分泌を促進します。 成長ホルモンが活発になると、男性ホルモンのテストステロンも活性化されます。 テストステロンの作用で、精力増強効果が期待できます。 テストステロンは男性ホルモンの一種で、歳をとるごとに分泌量が減っていきます。 したがって、 中高年男性はシトルリンを補うことによってテストステロンを活性化させることは有効といえます。 なお、テストステロンが活性化すると性欲そのものが増進します。 そのため、性欲の低下に悩む中高年にはシトルリンが非常におすすめです。 一方、男性機能の低下に悩んでいるけれど性欲は強い方の場合は、性欲のコントロールに注意する必要があるかもしれません。 血管が拡張することにより、全身の血流量が増えます。 下半身の血行も良くなるのでペニスへの血流量も増え、勃起力向上が期待できます。 つまり、勃起しても十分に硬くならずに柔らかいままだとか、勃起が長時間持続せずに中折れしてしまうという悩みにも有効です。 ペニスへの血流量が増加し、勃起力が向上することで徐々にペニスが増大する効果も期待できます。 シトルリンのその他の効果 精力増強やペニス増大、勃起力の向上以外にもシトルリンにはさまざまな効果があります。 血流の増進や成長ホルモンの分泌促進、アンモニアの除去、抗酸化作用などによって以下のような効果が期待できます。 ・筋肉増強 ・疲労回復、疲れにくい体質になる ・冷え性の改善 ・アンチエイジング(美容・美肌) ・ダイエット ・集中力や記憶力の向上 健康や美容にも効果があるのは中高年男性にとっても嬉しいですね。 スポーツや仕事、勉強でもパフォーマンスがアップするので、そういった面でもシトルリンを補給することはおすすめです。 シトルリンの効果はどれくらいで出るの?いつまで効くの? 医学的な実験では、シトルリンを摂取してから数時間以内に運動のパフォーマンスが向上したり、疲労回復が早まったりすることが確認されています。 しかし、サプリメントでシトルリンを補給する場合はそのような効果を期待することはできません。 サプリメントには医師の処方がないため、有効成分の含有量が少なくなっています。 そのため、短時間で劇的な効果を期待することはできないのです。 精力増強や勃起力向上の効果を実感するためには、 サプリメントを2~3ヶ月ほど継続的に飲み続けるのが良いでしょう。 ペニス増大の効果を実感するまでにはもう少し期間がかかります。 ただ、サプリメントを飲み続ければ体質改善の効果が期待できます。 一時的に大量のシトルリンを摂取しても、排泄されてしまえば効果は終了してしまいます。 それに対して、サプリメントを数ヶ月飲み続けて体質が改善されれば、継続的な効果が期待できるのです。 飲み過ぎると危険?シトルリンの副作用とは シトルリンは体内でも生成されるアミノ酸の一種なので、健康な方が適切な量を摂取する限りにおいては副作用の心配はありません。 ただし、持病がある方は要注意です。 特に、 尿素回路に異常があるシトルリン血症という病気の方がシトルリンを摂取しすぎるのは危険です。 ただでさえシトルリンの濃度が高くなり安い病気なので、シトルリンを過剰摂取すると意識障害やひきつけを起こす危険性があります。 他にも、高血圧の方や血管に関する何らかの疾病がある方は注意しましょう。 シトルリンを摂取することによって血管が拡張され、血流が増大するので体調が悪くなることがあります。 場合によっては脳や心臓に障害が及ぶこともあるので危険です。 健康な方であれば気にすることはないのですが、持病がある方は シトルリンのサプリメントなどを飲む前に主治医に相談しましょう。 シトルリンとアルギニンの違いとは アルギニンも精力増強に有効な成分として有名です。 アルギニンもシトルリンと同じようにアミノ酸の一種で、成長ホルモンの分泌を促進してテストステロンを活性化し、勃起力を向上させる作用があります。 シトルリンを摂取すると体内であるアルギニンに変換されます。 ということは、最初からアルギニンだけを飲めばいいと考える方もいますが、そういうわけではありません。 アルギニンは、勃起や性欲増進に不可欠な要素である一酸化窒素を体内で生成します。 一酸化窒素が生成される際、同時にシトルリンも生成されます。 そのシトルリンは再度アルギニンに変換され、そのアルギニンが一酸化窒素とシトルリンを生成します。 つまり、シトルリンがアルギニンになったり、アルギニンがシトルリンになったりするサイクルを何度も繰り返すことによって一酸化窒素がどんどん生成されていくのです。 ということは、 シトルリンとアルギニンは相乗効果によって精力を高めるものであり、どちらか一方に偏ってしまうと効果が半減してしまうことになります。 したがって、アルギニンを摂取するのも有効ですが、アルギニンだけなくシトルリンも摂取することによって効率よく精力を増強することができます。 1日にどれくらいのシトルリンを飲めばいいの? シトルリンの標準の摂取目安量は1日800㎎と言われています。 ただし、これは標準量なので、精力増強やペニス増大を望む場合はもう少し多く飲んだ方がいいのかもしれません。 健康な方であれば、飲み過ぎたシトルリンは排泄されてしまうので多少は飲み過ぎても問題はありません。 しかし、前述したように持病があると危険ですし、体質によっては気分が悪くなったり体調を崩したりする危険がないとはいえません。 あくまでも自己責任になりますが、 1日800㎎を目安として十分に飲むべきと考えておけばいいでしょう。 シトルリンは食品からも摂取できる 私たちが日ごろ食べている身近な食品からもシトルリンを摂取することはできます。 シトルリンを多く含む食品と100gあたりの含有量は以下のとおりです。 ・スイカ 180mg ・メロン 50mg ・きゅうり 9. 6mg ・ニンニク 3. 9mg どれも大量に食べるには苦労する食品ばかりですが、スイカやメロンはジュースにして飲むのもいいでしょう。 きゅうりはサラダに添えて食べるほか、きゅうり巻きなどにすると食べやすくなります。 また、夏は冷やしきゅうりにするとおいしく食べることができ、夏バテ解消の効果も期待できるといわれています。 ニンニクを使う代表的な料理としてはぎょうざが有名ですが、丸焼きや素揚げにしてもおいしく食べることができます。 すりおろして吸い物やめん類に入れて食べるのもおすすめです。 ただし、 食品だけで毎日800mgのシトルリンを摂取するのは現実的ではありません。 以上の食品を積極的に摂りつつも、 不足するシトルリンはサプリメントで補うのがいいでしょう。 シトルリンは食品から摂取。 効果を実感したいならサプリで補って。 中高年になると男性ホルモンの分泌が低下し、血行も悪くなってきます。 シトルリンは男性ホルモンのテストステロンを活性化し、血流を増大してくれるので中高年の精力増強には最適といえます。 不足していた栄養素を補給するだけで精力が増強することもよくあるので、悩んでいる方は一度、シトルリンのサプリメントを試してみてはいかがでしょうか。

次の