座右の銘 短文。 明日から使いたくなる座右の銘

名言集!【有名人】前向き&やる気になれる座右の銘は?【英語あり】

座右の銘 短文

さて、本日のブログのテーマは、クルマ関係でも家関係でもありません。 新型コロナウイルスによって、日本全国の人々が困っていたり、悩んでいたり、自分もそうであったりしますので、なにか元気になれるような記事を書きたいと思っておりました。 そんな折、九州から始まった豪雨によって、いつまで我々を痛めつけるのか!という気持ちになってしまいまして。 ならば元気モリモリになりそうな話題でもふってみようかな、と考えて、今日の記事を書こうと思います。 軽く読んでください。 頑張れよ!とか、明日があるさ!とかは言いません。 人が生きる上で便利なものって、いくつかある。 クルマ?そうじゃない。 マイホーム?あぁ、それは便利、というか大事・・・いや違う。 そういうことではない。 例えば、勉学で得た知識、人との関わり合い、人間ならではというやつだ。 人が生きる上で便利なもの、それは、「座右の銘」がある。 自分の考えを纏めたり、芯を通したり、つまり自分自身を作り上げるもののひとつの要素としての言葉が、座右の銘だ。 例えば、「有言実行」なんていう四文字熟語を座右の銘とする人もいるだろうし、「笑われて、笑われて、強くなる」なんて太宰治っぽい言葉を使う人もいる。 自分が迷った時、どういう行動を取ればいいか考える時、成りたい自分を明確に持ちたい時に、座右の銘を用意しておくと大変便利なのである。 ま、そこは分かりきっているものとして話しをすすめる・・・ブログというのは、知りたい情報を知るために読むものである・・・そう、まこまちさんの座右の銘は何か?というところに話題を振らなくてはならないよね(笑) 私の座右の銘は、「 他人(ヒト)に厳しく 自分にあまく」である。 おいおいおい!と。 普通は「自分に厳しく 他人にあまく」だろう?というツッコミには慣れているぞ。 そう、尊敬できる人物というのは、自分に厳しく、他人に優しい人である。 しかし私は、ここを屁理屈で曲げてしまおうと思い立った。 もっと直感的に、わかりやすい座右の銘にしたかったからだ。 「他人に厳しく」は、そのとおり他人には厳しい物言いをする。 とくに、自分が大事だと思っている人に対して、しっかりと厳しく接するときがある。 どうでも良い人には厳しくしても意味がないから、しない。 私の為にはならないからね。 厳しく接するのは、その人が誤った行動をするのを見たくないから。 大事な人なのだから、人に嫌われるようなことはしてほしくないし、仕事も失敗してほしくない。 だから、厳しい言葉をかけることがあるし、それで良いと思っている。 もちろん、闇雲に厳しく接しても意味はない。 ウルサクて面倒くさいおっさんになってしまうから(^^;) だから、厳しさの前後(大概、逆上しているので、後の場合が多いぞ・・・!)には、なぜ厳しいことを言ったのか説明をする。 しっかりと愛情を込めて、しっかり接する、叱る。 これができないと、自分の生きている意味は無いのだと思ってしまうからね。 余談だが、叱ることを子供にできない親がいるけれど、だいたい子供にナメられているように見える。 愛情、あるのかな、あの親って思う。 叱ることはとても辛いことだけど、その辛さを自分が受け入れて叱らないと、それが子供であっても言葉は正しく伝わらないよね。 なら、「他人に厳しく 自分に甘く」の「 自分に甘く」ってなんなのさ?ってなる。 人に厳しいことばかり言っておいて、自分の行動には甘いのか?と言われそうだけど、そうじゃない。 本当の意味は、「自分に甘くしているように見えるほどに、叱る相手よりも切磋琢磨する。 」である。 かっこいいでしょ? 相手が困っていて、相談してきたとする。 それが相手の失敗だったとしたら、私は間髪入れずに叱るだろう。 そして相談事が解決できそうなヒントを与える。 あのあたりを調べてごらん、みたいな。 その上で同時に私自身も相手の手助けを裏で行う。 必要な知識を調べ上げて、答えが出なかった時の、最悪な状態に至る前で止まるような、そういう準備を行っておく。 (ずいぶん、会社的な話になってしまった・・・) これが私の基本動作であり、座右の銘として「他人に厳しく 自分に甘く」を心に刻んでいる。 少し八方美人なところもあるけれど、それで良いと思っているのだから仕方がない(笑) ところで、なぜ座右の銘の話しをしたのかと言うと、苦難が降り掛かった時にとても大事だから。 心が折れそうになった時、自分を支える言葉が、座右の銘だと思っている。 難しい話ではない。 座右の銘は、自分の心の鏡だと思ってもらうと良い。 むしろ、自分の考え方を一言で表すもの。 かっこいい言葉なんて要らなくて、自分の基本的な考え方ってなんだろう?って想像して、関連する言葉を作り出せば、それでよい。 新型コロナウイルスの影響で、仕事を失った人、忙しくなった人、今までの生活からガラッと変わると、心の負担は大きくなる。 豪雨で避難しなくてはならない人、被災した人。 大変なコトになってしまったよね・・・ 優しい言葉で励ますことはできる? 私には、ちょっと無理だ。 励まされる人のことを思うと、余計に辛くなるんじゃないかなって。 私自信ひねくれ者ですので、つらい気持ちの時に励まされると、更に辛くなる(可能性の高い)人間だからです(^^;) だから、もしも辛い人がこの記事を読んだ時に、ちょっぴりでもやる気が出るようにと、書いてみた。 役に立ってくれると、うれしいな。 もしも、大変なめに遭ってしまった時。 心に刻んだ座右の銘でも、想い出の言葉でも、思いだしてみよう。 きっと心の支えになるはずだ。 人生、辛い時は必ずある。 辛い時があるからこそ、愉しい事が、より愉しくなるものだ。 しかし、そうは言われても辛い時は辛い。 大人だって、涙を流したくなる時はある。 そんな時は、空を見上げよう。 なにもない空を見ると、世界の中で、ちっぽけな自分を感じるかもしれない。 自分ができることなんて、何の意味もないと感じるかもしれない。 それでも空を見上げよう。 そして、 座右の銘を口に出すんだ。 少し涙を流した後は、その言葉通りのことをしてみよう。 力がみなぎる。 貴方を支える力になる。 ちっぽけな自分が何故生きているのか、わかるはず。 それが座右の銘、言葉の力だ。 貴方の心の支えのために、座右の銘を持ってみよう。 もしもすぐに見つからないなら、あなたもぜひ、「他人に厳しく 自分に甘く」をつかってみよう!• 「まこまち」の最新のツイートはこちらです! コメントをありがとうございます!• まこまち on がー様 コメントをありがとうございます。 私も気になっていました。。 原子力電池とか核融合エネルギーと…• まこまち on BB様 コメントをありがとうございます。 ディーラーの対応などに変化の兆しがある事に、私も大変嬉しく…• がー on クルマの動力源で今後どうなっていくんでしょうね。 クルマ大好きですが最新トレンドに疎くなかなか話しに…• BB on まこまちさん 以前のブログで数回コメントさせて頂いたBBというものです。 V40D4に乗っています。 売却は少しもったいない感じもし…• on コメントありがとうございました! あの後すぐ雨だったので試しましたが、もちろん508でもレバーの手前…• がー on 親子そろってアグレッシブ、血は争えないもの、いいじゃないですか。 一度きりの人生ですから、私がいつも… サイト内検索.

次の

座右の銘の意味とは?座右の銘にしたい名言40選も!

座右の銘 短文

座右の銘とは?意味は? 座右の銘の意味とは「自分自身の戒めの言葉」 『座右の銘』とは、「自分時自身にとっての戒めの言葉」という意味です。 人間はついつい楽な方へと流されてしまう生き物です。 努力や頑張るということを忘れてしまいます。 そんな時、自分が始めた理由や志を思い出して努力することや頑張ることの大切さを思い出す為の言葉を指して、『座右の銘』と言います。 座右の銘とは「人生の方向性を思い出す為の言葉」 『座右の銘』とは、「人生の方向性を思い出す為の言葉」という意味もあります。 ひとつの目標に向かって努力を重ねていると、方向性を見失ってしまうことがあります。 状況や周囲の人たちからの様々な声に惑わされてしまうのです。 そんな時、一度立ち止まって初心に帰る為の言葉を、座右の銘という場合もあります。 人生に迷った時に指針となる名言もあります。 記事をご紹介いたします。 人生における選択を迫られた時などに、参考にされると良いかもしれません。 それは『恒産なきものに恒心なし』という言葉です。 これは孟子が残した言葉です。 意味は、「決まった仕事がなければ、安定した精神を保つことはできない」となります。 わかりやすく言い換えると、「物質的な安定が、精神的な安定を創りだす」となります。 私たちは物質世界に生きています。 どれだけ綺麗な言葉を並べ立てても、またどれだけ立派な志を掲げても、物質的な安定がなければ不安でいっぱいになります。 その不安は、言葉を聞いている人たちに伝わります。 物質的な安定があって初めて、自らが発した言葉に真の意味が加わり、周囲の人たちの心を動かすということです。 それは『努力は報われる』という言葉です。 努力は必ず報われます。 どれだけ時間がかかっても、必ずいつかは報われるのです。 報われない努力はありません。 努力が報われないと感じるのは、努力が足りないからか、焦りの感情が先走ってしまっているからでしょう。 これは言い換えるなら、「努力をしなければ報われない」ということです。 努力もせずに何かを手に入れよう、と考えるのは良い手段とは言えません。 また、努力もせずに手に入れたものは、必ず他の誰かに奪われてしまうということも表しています。 目に見える結果があらわれなくても、惜しみない努力を続けましょう。 それは『乗りたい風に乗れなかった者はまぬけ』という言葉です。 「あんなことがしてみたい」や「本当はこんなことをしてみたい」と思うことがあるでしょう。 やってみたいことがあるのに、何かと理由をつけて自分を納得させ、諦めてしまうのは良くありません。 やりたいことがあるのなら、自分に言い訳せずにチャレンジしてみることが大切です。 そうしなければ、必ず後悔することになります。 また、誰かの成功を羨む場合もあるでしょう。 乗りたい風があるのなら、自分からその風を掴んで乗りましょう。 そのようなことをこの言葉は表しています。 それは『自分を信じることをサボらない』という言葉です。 自分の力や才能を信じることができるのは、自分だけです。 自分自身以外の周囲の誰かが信じてくれることは、決してありません。 なぜなら、自分を信じることは、あなたに課せられた役目だからです。 自分を信じるには、努力が必要です。 自分の期待を裏切らないようにする為の努力が必要なのです。 その努力をサボってしまうと、自分のことが信じられなくなります。 すると、ますます努力をすることが嫌になったり、馬鹿馬鹿しく感じられたりします。 自分で自分を信じられるように、精一杯の努力を続けましょう。 それは『人生の道は自分の後ろに創られる』という言葉です。 人生の道は、どこにも存在しません。 どれだけ探しても、あなたの人生の道はどこにもないのです。 人生の道とは、自分で切り開いていくものだからです。 最初から用意されている人生の道はないのです。 自分の人生の道を切り開く覚悟を決めましょう。 あなたの人生は、あなたが自分で創り上げていくのです。 舗装されていない場所に、あなたが自分の力で道を切り開いていくのです。 それが人生の道です。 そうやって切り開いたあなたの人生の道は、あなたの後ろに創られていきます。 それは『人生の価値として残るのは行動だけ』という言葉です。 頭の中で考えたことは、人生の価値として残りません。 なぜなら、あなたが頭の中だけで考えていることは、あなた以外には誰も知らないからです。 どんな事を考えているのか誰にもわからないからです。 たとえば、あなたが英会話を勉強しようと思ったとしましょう。 ですが、頭の中で考えただけでは誰もわかりません。 英会話を勉強する為に学校のパンフレットを取り寄せれば、それはパンフレットという形で残ります。 それが、人生の価値として残るということです。 頭の中に思い浮かべたことは、行動に移していきましょう。 それは『楽しむことにも努力が必要』という言葉です。 楽しいことは待っていても、向こうからやってきません。 「すべてを楽しもう」というあなたの気持ちが大切なのです。 そして楽しむ努力も大切なのです。 すると、すべてが楽しいと感じられます。 それは『蒔かぬ種は生えぬ』ということわざです。 種はそのまま保管していても、芽が出て花を咲かせ、実を結ぶことはありません。 「土に蒔く」という第一歩が必要なのです。 それは『能ある鷹は爪を隠す』ということわざです。 本当に才能のある人は、自分から才能があることを吹聴しないということです。 周囲の人たちが困っている時に行動で自分の才能を示す人が、本当に才能のある人です。 それは『散りも積もれば山となる』ということわざです。 どんな小さなことでも、積もればやがて大きな山となります。 それは小さな努力や小さな一歩も同じだということです。 それは『七転び八起き』ということわざです。 七回転んでも八回起きれば良い、という意味です。 何度転んでも必ず立ち上がるという強さを身に着けましょう。 それは『夢幻泡影(むげんほうよう)』という四字熟語です。 「人生ははかない」ということの例えになります。 これが転じて、「だからこそ、すべての瞬間を大切に生きましょう」という意味になります。 それは『事上磨錬(じじょうまれん)』という四字熟語です。 「行動をすることで、知識や精神が磨かれていく」という意味になります。 わかりやすく言い換えると、「行動しなければ、知識も身につかず、精神も磨かれない」ということです。 それは『万里一空(ばんりいっくう)』という四字熟語です。 「やるべきことを見失わずに、頑張り続ける」という意味になります。 目標や目的を見失ったりせずに、達成できるまで弛まない努力を続けましょう、ということです。 そうすると心のわだかまりがなくなります。 引用元: 癒しツアー 自分の座右の銘の素晴らしい言葉や名言の1例目は、瀬戸内寂聴さんの名言です。 言いたいことを我慢すると、心の負担になります。 その心の負担は、別の形で相手に伝わってしまいます。 言葉を選んで相手に伝えた方が、良い人間関係が築けるのです。 教わるものは遠慮なく教わるがいいが、自分の頭と眼だけは自分のものにしておかなければいけない。 引用元: 癒しツアー 自分の座右の銘の素晴らしい言葉や名言の2例目は、武者小路実篤の名言です。 どれだけ著名な人からの教えでも、それがすべてとは限りません。 最終的に決めるのは、あなた自身ということです。 ただ、牛のように、図々しく進んで行くのが大事です。 引用元: 癒しツアー 自分の座右の銘の素晴らしい言葉や名言の3例目は、夏目漱石の名言です。 焦っても結果が速くなることはありません。 それよりも牛のようにゆっくりと、更にゆっくり進むことに図々しくなることが大切なのです。 どちらも弱い者には堪えることは出来ない。 引用元: 癒しツアー 自分の座右の銘の素晴らしい言葉や名言の4例目は、芥川龍之介の名言です。 多くの人たちは「自由」というものを、とても楽なものだと考えています。 ですが、それは間違いです。 本当の自由とは、精神的に強くなければ手に入れられませんし、享受することもできないものなのです。 引用元: 癒しツアー 自分の座右の銘の素晴らしい言葉や名言の5例目は、吉川英治さんの名言です。 時間がないと焦るのは良くありません。 予定していた以上に時間がかかったのなら、その分結果を後ろへ伸ばせば良いのです。 焦る必要はありません。 あなたが必要とするだけの時間は、充分与えられます。 そんなレベルに達するまで人生の修行は続きます。 弱音を吐かず覚悟を決めて。 引用元: 癒しツアー 自分の座右の銘の素晴らしい言葉や名言の6例目は、美輪明宏さんの名言です。 トラブルが起こっても動じない人は、それだけたくさんのトラブルを乗り越えてきたからです。 動じない心や精神を創り上げるには、たくさんのトラブルや困難を経験することが大切なのです。 引用元: 癒しツアー 自分の座右の銘の素晴らしい言葉や名言の7例目は、手塚治虫さんの名言です。 周囲の人たちを信じることは、とても大切なことです。 ですが、それよりももっと大切なことがあります。 それは自分自身を信じることです。 なぜなら、自分自身は絶対に嘘をつかないからです。 引用元: 癒しツアー 自分の座右の銘の海外の言葉や名言の1例目は、シェイクスピアの名言です。 フルマラソンでは、最初に飛ばしてしまうとゴールに辿り着くことができません。 目標や目的もそれと同じです。 最初から全速力で飛ばしてしまうと、最後まで体力やエネルギーが持ちません。 最初は自分自身をならすつもりで、ゆっくり進みましょう。 引用元: 癒しツアー 自分の座右の銘の海外の言葉や名言の2例目も、シェイクスピアの名言です。 人間はひとつのことを成し遂げると、つい慢心してしまいます。 ですが、慢心は自分自身の成長を妨げることになります。 また、人間関係の悪化の原因にもなります。 いつも自分を成長させることを考えることが大切です。 それが謙虚さにもつながります。 きっと、生きる道が見えてくる。 引用元: 癒しツアー 自分の座右の銘の海外の言葉や名言の3例目は、ゲーテの名言です。 どんな事を始めるにしても、まずは自分を信じることが大切です。 自分の力を信じましょう。 それは才能であるかもしれません。 または継続する力であるかもしれません。 あなたが自分自身を信じることで、あなた自身はあなたの期待に必ず応えてくれます。 後悔はなおさら役に立たない。 焦りは過ちを増し、後悔は新しい後悔をつくる。 引用元: 癒しツアー 自分の座右の銘の海外の言葉や名言の4例目も、ゲーテの名言です。 焦りの感情は、人生で何の役にも立ちません。 焦ることで目の前が見えなくなり、失敗や見落としが多くなります。 また、後悔は焦りの感情以上に役に立ちません。 後悔するくらいなら、その経験をバネにして次の新しいことを考えましょう。 その方が革新的です。 引用元: 癒しツアー 自分の座右の銘の海外の言葉や名言の5例目は、アガサ・クリスティの名言です。 人間は見た目通りの人はいません。 その人のことを本当に知る為には、先入観を手放してその人と付き合ってみることです。 それしか方法はありません。 なぜなら、あなたも相手に対して自分を偽っているからです。 引用元: 癒しツアー 自分の座右の銘の海外の言葉や名言の6例目は、オードリー・ヘップバーンの名言です。 「ありのままで生きる」という言葉を聞いたことはあっても、それを実践できている人はどれくらいいるでしょう。 ありのままで生きるとは、欠点を受け入れることです。 それは自分の欠点だけではなく、他人の欠点も受け入れることなのです。 他人に喜びを運ぶ人は、自分自身の喜びと満足を得る。 引用元: 癒しツアー 自分の座右の銘の海外の言葉や名言の7例目は、ウォルト・ディズニーの名言です。 周囲の人たちに「喜び」を運ぶことは、人生で最大の使命となっています。 周囲の人たちを楽しませ、喜ばせることで、幸せの輪が広がっていくからです。 幸せの輪を広げるという使命を果たすことは、本来の人生を歩むことにつながります。 それは『本をたくさん読む』ということです。 「座右の銘」とは言葉です。 「座右の銘」として残る言葉というものは、後世まで伝えられます。 後世まで伝える方法として最も多く取られているのが、文字として残すということです。 これは言い換えるなら「書籍として残す」ということです。 その為、本にはたくさんの良い言葉が収録されています。 自分にとってのかっこいい座右の銘を見つけたいのなら、本をたくさん読みましょう。 それらの本の中に、あなたの琴線に触れる言葉が必ず見つかります。 それは『その言葉通りに生きてみる』ということです。 言葉を読んだだけでは、心や肉体に染み渡ってきません。 実際にその言葉通りに生きてみて実感することが、何より大切なのです。 行動が大切だということです。 それは『何度も声に出して言ってみる』ということです。 言葉というものは一度声に出して言ってみただけでは、自分の中に落とし込めません。 何度も声に出して言ってみましょう。 繰り返し発言することで、その言葉の意味が理解できるでしょう。 自分の座右の銘は本で探して実行してみることが大切 自分の座右の銘を持っていると、確かにかっこいいでしょう。 ですが、本当にかっこいいのは、その言葉通りに生きていることです。 まずは本を読んで、自分の座右の銘を探しましょう。 そして、その言葉通りに生きてみましょう。 その言葉通りに生きる努力をすることで、その言葉が自他共に認める座右の命になります。

次の

【永久保存版】座右の銘にしたい偉人の名言!厳選20選

座右の銘 短文

こんにちは、最近、キャッチャーミットの使用率が高くファーストミットを使っていなかった富山南部射水営業所の千葉です。 写真は高校時代に使っていたファーストミットです。 この写真を見る通り、ファーストミットが汚れていたため、オイルを塗ることにしたのですが、このグローブ袋に書いてある「勇往邁進」という言葉は私の座右の銘です。 今回はそんな座右の銘についてお話をしたいと思います。 座右の銘とは 座右の銘とは、自分の心を律するための格言のことです。 格言とは人間の真理や生き方、戒めなど簡潔に表した言葉のことです。 日々、生きていく上で、自分が忘れてはならないと思っていることや、こうでありたいと感じている格言を、自分の座右の銘とする事で毎日を揺るがず有意義に過ごすための指針とします。 座右の銘に決まりは無いため、「ありがとう」や「感謝」などの一言を座右の銘としても問題はありません。 また、一つに決めなければいけないという事も無く、二つや三つと複数持っている方もいます。 座右の銘の語源 座右と言う字の通り、自分が座った時の右側を示します。 次に「銘」とは、石や器に歴史上の人物の言葉を記したもので現代で言うと「紙」のようなものです。 昔の皇帝など位の高い人は銘に自分が尊敬する過去の人の言葉を記し、自分の右側に置いていたと言われています。 皇帝にとって右側というのは、自分がもっとも信頼する補佐役などを座らせる場所です。 このことから、 自分にとって重要な右側に置くほど大切な言葉という意味で座右の銘と言われるようになったとされます。 昔の皇帝は座右の銘を持つ事で冷静さを欠く事なく過ごしたと言われています。 現代の座右の銘も、自分が自分らしくいるため、あるいは自分が目指す方角へ向かうために冷静さを必要としている多くの人が胸に掲げています。 ちなみにですが、勇往邁進という言葉の意味は「恐れることなく、自分の目的・目標に向かってひらすら前進する事」。 自己紹介や面接のアピールする場面で使う事が出来るので、持っていて損はありません。 四文字熟語以外で好きな言葉は、アメリカの哲学者ウィリアム・ジェームズ氏の言葉「楽しいから笑うのではない、笑うから楽しいのだ」です。 いかがでしたか?たまにはこのような名言集などを探すのもいいかもしれませんね。

次の