簡単 あっさり レシピ。 和食レシピ30選|簡単にできる、あっさり食べやすい、魚料理など人気の和食レシピまとめ

子どもから大人まで大満足、初夏のあっさり中華レシピ5選

簡単 あっさり レシピ

冷たいそばとネバトロの相性が良く、醤油に漬け込んだ黄身も良い味を出してくれます。 とろろの量を多めにしても美味しくなりますね。 食欲ない日でも栄養をつけるために、食べやすい料理をご紹介します。 夏バテ防止のために、しっかりと食事を摂ることで暑い夏を乗り越えられますね。 水菜は3cm程度に切り揃え、きゅうりは3cmの千切りにします。 かいわれ大根は根を落とします。 キッチンペーパーに取っておき油を切りましょう。 お皿に野菜を敷いてかつおをドーナツ状に並べて真ん中に玉ねぎとにんにくを乗せれば完成です。 香味ダレは冷蔵庫に入れておくことで味が馴染みます。 冷たいタレをかつおにかけて美味しくいただける料理です。 蒸し暑い日に熱々の鍋なども良いですが、冷たい料理も食欲増進できますよ! 魚料理から鶏肉料理までアレンジも効くので、たくさんレパートリーを作っていきましょう。 火が通ったら保存容器に入れておきましょう。 野菜がしんなりしたら鯵に南蛮漬けソースをかけて粗熱を冷まし、冷蔵庫に入れて寝かせれば完成です。 冷たい料理は味がよくしみるので、多めに作り冷蔵庫で常備しておきましょう。 お好みで唐辛子を多めにしてピリッと辛い南蛮漬けにしてもいいですね。 他の調味料を入れたら冷蔵庫で冷やしておきましょう。 食べる直前に冷やしておいたドレッシングをかけていただきましょう。 ドレッシングは冷たい方が美味しいので、できれば2〜3時間冷やしてくださいね。 親子サラダ.

次の

【節約】安い食材で簡単に作れるクックパッドレシピを46種類厳選してみた

簡単 あっさり レシピ

中華料理が食べたいけど「あぶらっぽいのはちょっと…」というときに作りたいのが、さっぱりと味わえる中華レシピです。 食べ応えがあるのに、食後に胃腸がもたれないのも魅力。 そこで今回は、初夏にピッタリな「あっさり中華レシピ」5選をご紹介します。 ダイエット中に最適なレシピも登場しますよ。 作り方はとっても簡単。 ボウルにクラゲとキュウリ、ゴマ油を入れて和えるます。 器に盛り、白ゴマを振れば完成です。 10分で作れるので、時間がないときにも、もってこいのレシピ! カロリー控えめで、ダイエット中に、中華粥と一緒に味わうのもいいでしょう。 さっぱりとしたやさしい味で、クラゲのコリコリとした食感がやみつきになりそうです。 副菜としてだけではなく、お酒のおつまみとしても優秀な一品。 しかし、こちらのレシピは至ってシンプル。 初心者でもラクに作れます。 鍋に中華スープを温め、そこに豆腐、水菜、塩を加え、盛りつけ直前に白ゴマとゴマ油を加えれば出来上がりです。 素材の美味しさが伝わるあっさりとしたスープなので、どんな主菜にもマッチしますよ。 辛いのが好きな場合は、仕上げにラー油を加えても良さそう。 溶き卵やシイタケ、鶏肉を材料にプラスすることで、簡単にボリュームアップもできます。 ぜひお試しください。 バンバンジーを美味しく味わうポイントは「タレ」です。 こちらのレシピでは、ゴマダレを手作りします。 この一手間をかけることで、いつものバンバンジーが絶品に! 仕上げに、白髪ネギをのせてからいただきましょう。 お好みで、クラゲやモヤシ、トマトを敷くのもオススメです。 ジューシーな鶏肉とゴマダレの組み合わせがたまりません。 さっぱりとした味わいで、いまの季節にピッタリです。 一度味わうと、リピートしたくなりますよ。 ビールや紹興酒の肴にも最適。 ピリ辛の中華風タレが食欲をそそるブリの串焼きです。 ブリとシシトウははそれぞれ竹串に刺し、予熱をしておいたグリルで焼き色がつくまで焼きます。 お好みで、春キャベツ、プチトマトを盛り合わせ、中華風タレをかけてからいただきましょう。 ブリにはしっかりと味がついていて、ご飯との相性バツグンです。 多めに作っておき、翌日のお弁当のおかずにするのも良さそう。 ブリをメカジキや鶏肉に代えて作っても美味しくいただけますよ。 ヘルシーな梅ささ身冷やし中華です。 鶏ささ身は余熱で中まで火を通すことで、しっとり仕上がります。 梅肉でさっぱりと味わえるのも、嬉しいですね。 仕上げに、白ゴマを散らし、冷やし中華スープを注いでからいただきましょう。 普段とは少し違った冷やし中華を味わいたくなったら、ぜひ試してみてくださいね。 脂っこいものを食べた日の夕食にもピッタリです。 いずれのレシピも、子どもから大人まで大満足できそうですね!.

次の

【節約】安い食材で簡単に作れるクックパッドレシピを46種類厳選してみた

簡単 あっさり レシピ

もうじき梅雨が明け、本格的な夏がスタートしますね。 そんな時期は、少しでも暑さがやわらぐ料理を味わいたいものです。 そこで今回は、食欲が増す、爽やかな主菜レシピを5つご紹介。 香りや味わいから爽やかさを感じる料理を食べて、ヘルシーに夏を乗り越えましょう。 いずれのレシピも、ペロリと食べられる美味しさです。 鰹節の出汁も美味しいアクセントを後押ししてくれますよ。 彩りも美しく、お弁当にもピッタリ。 これまで味わったことがない爽やかな香りは感動ものです。 夏らしい味わいがくせになりそう。 子どもから「あの卵焼き、作って」とおねだりされる可能性も大。 たった15分で作れるので、忙しい日のランチや夕食にも最適です。 この卵焼きを主菜として、ご飯と一緒にじっくりと味わうのもいいでしょう。 レモン汁の爽やかな酸味がたまらないエビマヨで、子どもから大人まで大満足しそうです。 作り方は、フライパンにサラダ油を中火で熱し、エビを両面色が変わるまで炒め、いったん取り出します。 続いて、フライパンに赤パプリカ、黄パプリカを入れ、サッと炒めましょう。 そこに炒めたエビを戻し入れ、炒め合わせます。 タレのボウルに炒め合わせた具を入れ、混ぜ合わせれば完成です。 お好みで、粗挽き黒コショウを振ってからいただきましょう。 こちらのレシピは、餃子のタネに大葉を巻きます。 そうすれば、大葉の香りが口内にフワッと広がる、爽やかな味わいに。 ご飯との相性も抜群でパクパクと食べられますよ。 このレシピを美味しく作るコツは、キャベツは塩揉みせずに使い、タネはひき肉の粘りが出るまできちんとこねること。 よりジューシーな味わいとなり、家族みんなが大満足する一品になります。 材料のキャベツの代わりに白菜を使っても問題ありません。 夏の間に何度も作りたくなる餃子です。 このレシピで作った、鶏肉の竜田揚げはそのまま食べても十分美味しいです。 しかし、おろしポン酢をかけることで、脂っこさが軽減し、爽やかな味わいになります。 仕上げに、大根おろしをのせてポン酢をかけ、刻みネギを散らてからいただきましょう。 鶏肉の臭みをしっかり消すためには、鶏肉の余分な脂肪を取り除き、ひとくち大に切った後、下味の材料をまぶして15分ほど置いてくださいね。 カラッと揚げた鶏肉の旨味があふれ出す、やみつきになる一品です。 スタミナ不足になったときにもオススメ。 一度、味わうとハマってしまう美味しさですよ。 お好みで、パセリを振ってからいただきましょう。 このレシピを上手に作るコツは、バターを焦がさないように弱めの中火で焼くこと。 そうすることで、バターの風味とレモン汁が絶妙に混じり合います。 パパッと簡単に作れるので、お弁当のおかずにも最適。 ボリュームアップしたい場合は、茹でたブロッコリーやサラダを添えるのも良さそうです。 料理にひとつ取り入れるだけで、一気に夏らしさがアップしますよ。 ぜひお試しください!• がおいしい! ゲストさん 11:14• がおいしい! ゲストさん 11:10• がおいしい! ゲストさん 10:51• がおいしい! ゲストさん 10:42• がおいしい! ゲストさん 10:39• がおいしい! ゲストさん 10:21• がおいしい! ゲストさん 10:16• がおいしい! ゲストさん 10:13• がおいしい! ゲストさん 10:12• がおいしい! ゲストさん 10:09• がおいしい! ゲストさん 10:07• がおいしい! ゲストさん 10:07• がおいしい! ゲストさん 10:07• がおいしい! ゲストさん 09:52• がおいしい! ゲストさん 09:33.

次の