キングダム 638。 【キングダム】638話ネタバレ!王翦の鄴(ぎょう)攻略は斉を使った逆の水路

最新ネタバレ『キングダム』638

キングダム 638

Contents• 黄河の水路を使う 黄河の水路から必死に漕いで兵糧を届けようとしている。 李牧は先の様にこれを読んでいた。 目の前に現れるのが趙の水軍の兵。 水軍の熟練度では圧倒的に趙が有利。 上流と下流とでは河の水の量が違う それ即ちそのまま水軍の練度の差よ 水軍の大将である甲鬼央将軍が出てくる。 秦国の船も慌てて戦闘船を前に出して臨戦状態。 鄴では飢えが進む 鄴では兵達が飢えている。 信たちにもどうする事もできない。 李牧に王命 李牧の元に王命として直下の兵が現れる。 扱いは罪人と同じ。 王翦が飢えて取り戻すまで10日ほど待ってくれればと李牧。 朱海平原の敗戦の咎ですか? そう聞いています あと10日 王翦が飢えて鄴を取り戻す所まで 待っていただけたらありがたかったのですが 鄴での指揮は雷伯に委ねて、罪人の如く手錠をはめられて馬車で移動する李牧。 史実では悼襄王は愚王とは言われていない。 しかしキングダムではかなりの暗愚の王である。 更に後に李牧が光と評した次の王でる嘉が王位を剥奪される。 この話はもう少し後だろうが、それに関わる何かがこの王命の一件に関わってくるだろう。 キングダム639話 キングダム639話は別の道からの兵糧となる。 予想としてあがっているのが閼与からの兵糧運びとなる。 そう言われる理由は、軍の偏りである。 そもそも李牧の軍は王都の軍ではない。 王に断られている事から、閼与の軍を使って鄴を見張っている。 朱海平原の戦で繰り出した兵達だ。 更に水軍は全てだし、舜水樹は念の為に橑陽から列尾に向かった。 山を守っていた守護者である扈輒も列尾にいる。 また橑陽には今、唐利将軍も加わって増援として楊端和を包囲した。 どうだろう。 閼与周辺の兵はとてつもなく減っていると言える。 李牧は胸騒ぎがすると言っていたが、まさにこの事ではないか。 まさか最初から山脈を超えて、閼与側に秦国軍が居るとは思っていないのだ。 しかし出陣前の二十日以上前に伝えられているのだとすればどうか。 間に合ってしまう。 李牧もさすがに今の戦況を王翦が最初から予想していたとは考えられない。 この時点ですでに王翦の軍略は李牧のそれを圧倒的に凌駕していると言える。

次の

最新ネタバレ『キングダム』638

キングダム 638

2020年4月現在までに単行本第57巻まで発売され累計6400万部突破している 週刊ヤングジャンプに連載中の中国史記の史実をもとに描かれている大人気漫画 「キングダム」。 今回は2019年4月9日(木)発売の 週刊ヤングジャンプ2020年19号に掲載の キングダム638話の 最新話ネタバレ画バレ速報&感想、 そして次週 639話の考察を紹介していきたいと思います。 舜水樹 しゅんすいじゅ率いる趙軍は必死に 介億 かいおく率いる秦国軍の兵糧を 鄴 ぎょうにいる 王翦 おうせん軍に届けさせまいと必死に兵糧を燃やそうと補給部隊を襲います! が、先週話636話の後半にて 介億 かいおく軍の補給部隊が運んでいる兵糧の俵は空であることがわかり… 趙国軍は「他も調べろ!」と他の俵も確認を急ぎます! その結果、補給部隊が運んでいる兵糧の俵が全て空であることが判明します。 舜水樹 しゅんすいじゅの部下達は 「 舜水樹 しゅんすいじゅ様、この補給部隊は見せかけっ…」 「小奴らは兵糧を運んではおりませぬ!! 」と報告します。 その様子を遠目から見ていた 介億 かいおくは 「参った、想定より大分早くバレてしまった」 そして兵を退避させるよう部下に伝えますが、 兵は 鄴 ぎょうへ送る兵糧はいいのか?不安に想います。 介億 かいおくは 「よろしいのだよ」 「なぜなら本命は・・・」 秦国軍が 鄴 ぎょうにとどまっている 王翦 おうせん軍へと運ぶ兵糧部隊の本命は、 黄河づたいに大船団を率いてやってくる青忠水軍大補給船団でした! 咸陽の城内には、秦国の補給船団が 列尾 れつびを越え、趙国内の水域に侵入したことが伝えられます。 いっぽうの 飛信隊 ひしんたいを始めとする 王翦 おうせん軍は… 鄴 ぎょうの占領を成功させたものの食糧不足により兵士達は飢えと戦っています。 飛信隊の隊士のひとりが信にちいさいが芋を2つ見つけてきたと、渡して食べさようとしますが、 飛信隊の隊長である 信 しんは 「ありがとう」 「でも1つは 羌瘣 きょうかいに食わせてやってくれ、もう1つはおまえが食え」 と、 鄴 ぎょうの城中では 飢餓 きがが兵士達におそっています… 場面は鄴の城から程遠い場所から鄴の様子を眺める 李牧 りぼく達、 鄴の様子が気になる 李牧 りぼくに部下のカイネは 「 李牧 りぼく様が見ていても、鄴の城内で秦国軍の飢えが早くなるわけではないのだから休んで欲しい」 と 李牧 りぼくに進言しますが、 李牧 りぼくはなにかわずかに胸騒ぎがする… 王翦 おうせんに水路の他に手はないはず。 続いて 李牧 りぼくが 「今ですか?」と訪ねますが 即座に 「今です」と冷静に答えます。 そこで 李牧 りぼくが 「断ると言ったら?」とたずねると 王印の騎士団は 「側近達を皆殺しにして、連行するだけです」とカイネ達の背後をとり、いつでも殺せる様子を見せつけます。 それを見た 李牧 りぼくはあきらめ、その場の引き継ぎをカイネ達に頼み言われるように迎えの馬車に乗り込みます。 馬車の中では 李牧 りぼくは手錠をされ、その状況が朱海平原の敗戦のせいかと訪ねますが、 せめて水軍の成果を聞いて、あと10日ほど立ってから連行されたかったとつぶやきます。 黄河の水軍同士の戦いは数に勝る趙国軍の圧勝で終わり、秦国軍の兵糧はみな河へ沈められてしまいました。 そして場面は今回の秦国対趙国の戦いの前、まだ 王翦 おうせんが出発する前に戻ります。 出発前に、 王翦 おうせんは軍の総司令である 昌平君 しょうへいくんに、何やら頼み事を持ちかけます。 「出発前に1つ頼んでおきたいことがある」 と… そしてそれを聞いた総司令の 昌平君 しょうへいくんは驚いた表情を見せますが・・・ ーーーキングダム637話【 鄴の命 ぎょうのいのち】おしまいーーー seiyuuotaku. その謀とは一体・・・!? 前回のお話637話【鄴の命】のラストでは、 鄴 ぎょうへと出発する直前に総司令の 昌平君 しょうへいくんに何やら頼み事をしていた 王翦 おうせんでしたが、 今週話のキングダム638話で開幕からその会話の内容が明らかにされます! 王翦 おうせんは、 「総司令、出陣前に1つ頼んでおきたいことがある」 と言い、 昌平君 しょうへいくんに人払いを頼みます… 介億 かいおくは 「…私は分かるが、左丞相の 昌文君 しょうぶんくんまで払うのか…」 昌文君 しょうぶんくんは 「それほど極秘の頼み事…」とことの重大さを察します。 そして 王翦 おうせんは 「 鄴 ぎょうを落としても恐らく兵站を断たれ 鄴 ぎょうは飢える」 「その場合は・・・」 そして場面は 楊端和 ようたんわ軍が占領を成功し占拠している 橑陽 りょうように移ります。 外に放っているパコイ族から鳥が来た と、外部の情報が入ったようで 「 王翦 おうせん軍と 桓騎 かんき軍が 鄴 ぎょうの入城に成功した」 と朗報が舞い込んできますが、 同時に 「しかし 鄴 ぎょうには食糧がないと」 いうことも報告を受けます。 その報告を受けた 楊端和 ようたんわと行動を共にしていた壁将軍は 「ちょっと待て、本当に 鄴 ぎょうに食糧がないのなら大変なことに」 「我らはこの 橑陽 りょうようの備蓄でもっているが 王翦 おうせん軍はもうとっくに兵糧は尽きているはずだ」 「今すぐ何とかここから兵糧を送らねば」 と話しますが、 楊端和 ようたんわに無理だと遮られてしまいます。 楊端和 ようたんわは 「パコイ族からの報告で、この 橑陽 りょうよう~ 鄴 ぎょう間は幾重にも趙軍が構えて道を遮断している」 「兵糧を抱えたまま 鄴 ぎょうまでたどり着くことは不可能だ」 「 鄴 ぎょうを救うには橑陽からではなく秦国本土から食糧を送らねばならぬ」と説明しますが、 壁将軍は 「しかし…そのためには再び 列尾 れつびを抜く必要がありますが、あそこは今我らが通ってきた時とは比べ物にならぬほど軍が強化されていると…」 「それこそ不可能では…」 すると 楊端和 ようたんわはそのとうりだと話ます。 「残る道は、 鄴 ぎょうに兵糧を運ぶには水路しかない!! 」と語ります。 だが・・・ 黄河の岸で 介億 かいおく達は突破に失敗し ボロボロになって引き返していく 補給船団の生き残りを見ていました。 趙軍側の兵士達は 水軍が完勝し秦国の兵糧は全て河底に沈めた と舜水樹へと報告していました。 その結果を見た 舜水樹 しゅんすいじゅは 「 王翦 おうせん軍はこれで終わりだ」 「 鄴 ぎょうの攻略が失敗に終わったということだ!」 と自軍の勝利を確信します。 一方、 鄴 ぎょうの城内で 王翦 おうせん軍や飛信隊の隊員達は 飢餓に苦しむ状態が続いており、 限界を感じ取っているようで、 いっぱい犠牲が出て、 やっと朱海平原で勝てて、 やっと 鄴 ぎょうにまで入った結果 最後に 鄴 ぎょうでみんな飢え死になんて、そんなのあるかよと。 そして、スイマセンとあきらめモードのようです。 場面は 李牧 りぼくを連行している馬車の中にうつし… 「と、止めて下さい」 「見落としていた、1つ、1つだけ…」 と何かに気がついた様子です。 再び 鄴 ぎょうの城内にうつり、 飢えで身動きが出来ないでいる飛信隊の隊士の 尾平 びへい達が 何かザワついている音に気が付きます。 「どうかしたか?向こう」 「南側の門が開いてどっかの軍が外に出たらしい」 「外は全部趙だぞ…」 「大丈夫かな?」 と話いている間に近くの門も開きだし、 開いた門からはなんと… ものすごい数の兵糧を載せた馬車が押し寄せて来ました!! それを見た 尾平 びへい達は驚き、 運んできた兵士には 「まだ後ろから兵糧が山ほど続いているのだ」 「お前達はさっさと晩飯の準備をせよ」と怒鳴られます! 鄴 ぎょうの城の外からその様子を見ていた カイネ達は、すぐに軍を呼べ 「なぜだ!? 」 「あの大量の補給は一体どこから来てる」 「列尾以外のどこかが抜かれていたのか!? 」 と問いますが、 兵士は 「すぐ近くの黄河の岸に兵糧船団が着いて車に移しているんだ」 と答えます カイネは 「そっそんなバカな」 「我々の水軍が抜かれていたのか!? そんな報告は受けていないぞ」 と不思議がりますが・・・ 再び出発前の 王翦 おうせんと 昌平君 しょうへいくんとの会話に戻り、 さらに内容を詳しく話しています。 兵糧を運ぶには水路しかないが、 李牧 りぼくもそう考えるだろうと話ますが、 王翦 おうせんは 「だから、逆から運ぶ」 と秘策を伝えます。 さて、 これで 鄴 ぎょうにいる 王翦 おうせん軍、 桓騎 かんき軍、 飛信隊 ひしんたいもようやく食糧にありつけて 明日からでも戦闘態勢に入れる準備が整いそうですが、 こうなってくるとやはり 李牧 りぼくが抜けた趙軍では さすがに 王翦 おうせんには歯が立たないと思われます。 史実では 李牧 りぼくの代わりに2人の将軍が戦闘に参加するようですが、 キングダムではどうなるでしょうか!? キングダム作中では カイネと 傅抵 ふていが 信 しんとの因縁がありそうですので、 信 しん対 傅抵 ふていの戦いは今後みられそうですよね!? 第2期までの出来も良かったので キングダムテレビアニメ第3期もとても楽しみですね!! 毎週詳しく展開を紹介していきたいと思っていますので、ご期待下さい!! 次週もなるべく早くキングダムネタバレ投稿していきたいと思いますので.

次の

【キングダム】最新638話感想 王翦の頼み事が明らかに!驚きの兵糧解決法とは…

キングダム 638

前話までのおさらい ・不敵に笑う介億。 本命は黄河だった! ・全て読んでいた李牧。 今回、黄河ルートは水軍が壊滅してもう無理になりました。 となると地上から送るとしたら、列尾に向かわず、閼与(あつよ)など山を超えて大きく迂回するルートしかありません。 (引用:「キングダム」509話より原泰久/集英社) 楊端和や壁、犬戎らの軍勢がそちらに向かってルートを攻略していれば不可能ではありませんね。 王翦は列尾を突破して鄴を攻略できたとしても、趙の国内にいるかぎり、孤立する危険性を考えていました。 追加の食糧を補給してもらわないと餓死してしまいます。 そして鄴を確保しても再び列尾を塞がれると秦としては苦しくなります。 となると最初から列尾以外のルートを王翦が考えていたとしてもおかしくありません。 ただし、王翦の部下たちはみな王翦についてきており、別働隊がどこかにいるような描写はありませんでした。 となると自分の部下ではなく昌平君の配下の誰かに託している可能性もありますね。 昌平君には直下部隊の黒旗兵がいます。 この兵をあらかじめ閼与に布陣させておけば、閼与の攻略もできるかもしれません。 となると秦以外の他国から調達するしかありません。 趙国内も十分可能性はあります。 趙王はクソヤローですから、不満分子も大勢いるはず。 キングダムの趙王が正しく見えてしょうがない。 あるいは趙の周辺国と交渉して趙を破った後に領土を分割するなど条件を示せば、食糧くらいはもらえる可能性もなくはありません。 朱海平原の戦いも大詰めみたいなので、 ここで今までに立ててたフラグを確認。 郭開は過去呂不韋と内通があった人物、 今も李斯と繋がってると思われる。 となると、昌平君から呂不韋に話がいき、呂不韋から郭開に連絡がとれることになります。 郭開にとっても、趙の王は邪魔ですから、趙王を殺して自分が王になる野望を持っているでしょう。 そこで作戦としては密かに鄴にいる王翦軍を支援させて趙の邯鄲を攻めさせます。 そして、趙王が死んだら、秦が征服後の趙国の権力を握ることができると。 そんな条件を持ちかければ郭開なら話を受けるかもしれませんね。 王翦が鄴を落とすことに成功したとはいえ、まだ兵糧問題が解決したわけではない状況。 それでも王翦が驚くべき方法で食糧問題を解決することは確定していますので、李牧がどうなるか?そこも気になるなぁ。 李牧は合従軍の失敗の時もあやうく斬首されるところでした。 そしてその時に、もし鄴が落ちることがあれば一族郎党みな殺しにしてやる、と宣告されています。 となると、いよいよ李牧もやばいかもしれません。 史実では李牧は秦国に買収された郭開の策動で処刑されています。 史実+オリジナルストーリーを組み合わせて展開されるキングダムですから、李牧が処刑されるのは既定路線とも言えます。 まあキングダムなら李牧が逃亡させて、またどこかで登場する、なんてことがあるかもしれませんが。 キングダム638話ネタバレ予想&考察のまとめ 王翦の頼み事がここに来て生きてくるということは、王翦はこうなることを予想していたことになります。 ご存知のように王翦軍は黒羊へ行く振りをして、裏をかいて突然、列尾へルート変更しました。 改めて地図を見てみると、? への補給ルートは限られているのが分かりますよね。 朱海平原で李牧軍を倒し、今度は鄴に移動し、鄴攻めを成功させます。 となると、王翦は出撃前の時点で、列尾ルートへ変更、朱海平原で李牧に勝利、最後の鄴攻めは成功するが食糧が足りなくなる。 ここまで予想できていたことになります。 すごいな王翦。 そして食糧の調達方法について事前に昌平君にお願いをしていたわけです。 まあ、朱海平原も鄴攻めも食料不足を考えるとけっこうギリギリだったわけですが。 638話でついに明かされる王翦の頼み事が楽しみですね。 あるいはさらに引っ張り、639話以降になる可能性も・・・。 キングダム638話のネタバレ確定速報! 2020年4月9日発売の週刊ヤングジャンプのキングダム638話より、確定速報を紹介します。 なんと、ついに食糧が鄴に届きました! さて一体どこから届いたのでしょうか!? キングダム638話ネタバレ確定「昌平君だけに告げる王翦の頼み事」 冒頭から、あの回想シーンです。 王翦が鄴攻めの前に昌平君に行った頼み事。 それが637話のラストシーンで描かれていましたが、この頼み事の内容が次の638話で明らかになりそうですね。 この昌平君の驚いた顔は王翦の発言が驚くべき内容だという証拠だとは思いますが、王翦の策というのはどんな策なんでしょうね?気になる。 「総司令。 出陣前に一つだけ頼んでおきたいことがある」 そして王翦はそばにいた介億、昌文君まで遠ざけて、昌平君と密談をします。 介億は、自分はともかく昌文君まで遠ざけるような内容なのかと少し驚いてます。 昌文君も 「それほどの頼み事・・・」と推察しています。 そして王翦は昌平君に 「仮に鄴を落としても兵站を絶たれて軍は飢える。 その場合は…」 そこで場面が変わります。 おーい、肝心な場所で引っ張るなぁ。 そして次のページには1ページまるごと王翦で、 「私の目に狂いはないーーー。 」 そんなキャッチコピーが!もう期待させますね。 キングダム638話ネタバレ確定「橑陽にて楊端和と壁が鄴の窮状を知る」 一方、場所は変わり、今度は橑陽です。 橑陽といえば楊端和と壁の軍が占拠してる場所です。 楊端和の部下からの報告によると 「外に放ってるパコイ族から鳥が来た」 と言って、鄴の状態について報告がきています。 それによると、 ・王翦軍と桓騎軍が鄴に入城した ・しかし鄴には食糧がない それしか記されていないという。 これに慌てるのが壁。 すぐに食糧を送らねばと言う。 しかし楊端和はこれを 「無理だ!」と止める。 パコイ族によれば橑陽と鄴の間には趙軍が幾重にも軍を展開しており、とてもじゃないが食糧を運ぶことは出来ないという。 だから食糧を送るなら秦の本土から運ぶ以外にない。 それには水路しかない!そう断言する楊端和。 しかし・・・ 列尾攻めから退却した介億は、黄河でやられてボロボロになって引き返してくる補給船団を見て愕然としていた。 というか、介億も王翦の頼み事は知らされてないのね。 そして同時にそれを遠くから見つめる白ナスこと舜水樹。 趙の水軍の甲鬼将軍から完勝したとの報告を受けて、 「終わりだ。 秦の鄴攻めは失敗に終わったな」 そう勝ち誇ります。 果たして本当にそうかな!? キングダム638話ネタバレ確定「餓死寸前の鄴の兵たちは…」 一方、鄴の城内では飢えてしゃべる元気もなく横たわる兵たちの姿が。 せっかく朱海平原で勝って鄴まで落としたのに、その結果、餓死するという結末に悲しすぎて涙が出る飛信隊の面々。 この戦いでは仲間である松左や去亥らが亡くなってます。 彼らの犠牲が無駄になってしまいます。 悔し涙を流す飛信隊。 一方、馬車で趙の都・邯鄲に護送中の李牧は突然、目を大きく開いて何かに気づきます。 「馬車を止めてくれ!」 「なんてことだ!一つだけ見落としていた!」 そういって馬車を止めようとしますが、止められません。 ならばカイネに伝言をと頼む李牧。 こんなに慌てる李牧はめったにありません。 果たして何に気づいたのか? キングダム638話ネタバレ確定「王翦、あんた天才かよ!?」 場面は変わり、鄴の城内。 何かの音がするのに気づき騒ぎ出す兵たち。 南側の門が開いたようで、大丈夫かなと不安がる兵たち。 すると! 近くの門が開き、兵糧を山程積んだ馬車が次々に入ってきます! おー、間に合ったんですね、王翦の頼み事が。 尾平ら飛信隊の面々も、目の前の現実が信じられなくてめちゃくちゃ驚いてます。 思わずガッツポーズをする尾平たち。 そして遠くからそれを見て慌てるのが李牧の側近カイネたち。 「あの大量の補給は一体どこから来てるのだ?」 「列尾以外の場所が抜かれたのか?」 そして部下が確認すると、それはすぐ近くの黄河の岸から兵糧船団が来てるという。 「そんなバカな!水軍が抜かれていたのか?」 「なんで秦の水軍が鄴の岸に着いている?」 ここで再び冒頭の昌平君と王翦のシーンに戻ります。 ここでいよいよ判明です。 頼み事の中身とは何なのか? 王翦は言います。 「鄴に食糧を運ぶには水路しかない」 昌平君「私もそう思う。 そして李牧もそう考える」 すると王翦は 「ああ。 だから、逆から運ぶ。 つまり、斉から運ぶのだ」 そう、やっぱり秦以外の他国から食糧を調達したんですね。 予想では趙の大臣・郭開と裏取引して食糧を横流ししてもらうのかと思ってましたが、斉の王様と取引したようですね。 そう、鄴の岸に着いた補給船団は斉のものでした。 638話 趙軍が包囲してるギョウ城に兵糧が!? これならすぐに運べますね。 そして斉の王都・臨淄では斉王が部下から報告を受けています。 「食糧船団が無事に鄴の岸に到着しました!」 斉王は言います。 「秦が倍の値段で買うというから売らない手はない」 そう言って指でOKマークを作る斉王。 隣にいる大臣も「よい商談でしたね」と笑顔を浮かべてます。 なるほどねぇ、そういうわけか。 斉王の性格ならこの可能性は全然ありだな。 うーんさすがに的中はできなかったな。 しかし、一時、アツヨルートで運ぶのでは?という考察もあったが、やっぱり無理だったか。 そして水路の逆から運ぶって、王翦、すごいな。 軍略の天才だな。 お見事でした。 Twitterでも絶賛でした。 今週のキングダム鳥肌たったわ その方法は全く分からんかった王翦さすがかよ — 達ヤ a. — Tomohiro Okada(本人) y5sOY5mEtUiVPN1 キングダム638話の感想と考察 最後のページのキャッチコピーは 「飢えに喘ぐ秦軍を救ったのは東の王。 でも、秦が趙を倒したら、その矛先が今度は斉にも向くわけで、長期的に見れば不利になるような気もしますが、その辺はどうなんでしょう? そして斉王は相変わらず口からヘビを出してます。 この人、いつも口に咥えているんですかね。 次回の予想を考察してみました。 脚本には原作者・原泰久も参加してるから、マンガ版との違いも楽しめます。 あと、楊端和役の長澤まさみの太ももが色っぽかったです・・・。

次の