関 暁夫 アプリ。 関暁夫、洗脳手法について。第7感を得る方法教えます

シリーズ累計300万部突破の最新刊『Mr.都市伝説 関暁夫の都市伝説6』にスターティアラボのARアプリ『COCOAR2』が採用!

関 暁夫 アプリ

動画は関氏が我々に語り掛けながら画像や暗号メッセージが意味深に示されているが、明確な答えは動画内で明かされていない。 以下がその動画だ。 この動画については様々な考察がなされているが、今回はこの動画について独自に考察をしていく。 この映像のバックに使われている関氏の話のフルバージョンは、2019年12月28日に別の動画で公開されているので、そちらも参考に話をしていこう。  以降は区別のために、ひとつめの動画を「クエスチョン動画」、ふたつめの動画を「語り動画」と表現し、考察を進めていく。 イルミナティカードの予言 出典: まずはクエスチョン動画の1:10あたり。 「このイルミナティカードをスキャンしてください」のメッセージと共に、一枚のカードが映し出される。 「イルミナティカード」とは、1982年に発売されたカードゲームだが、9. 11事件や日本の原発事故など、世界の重大な出来事を予想しているとして話題になった。 そしてこの動画で映し出されたイルミナティカードは 「Lab Explosion」というもの。 直訳の「研究施設の爆発」の通り、フラスコや試験管の置かれた施設が爆発している。 1-1. AR(拡張現実)とは 関氏は、語り動画の2:12あたりからAR(拡張現実)の世界を紹介している。 出典: 現在はテレビなどのモニターを所有する時代ではないとし、関氏はおもむろにスマホを自身の書籍のポスターにかざした。 するとスマホの画面ではポスター部分から書籍のプロモーション動画が流れ始めた。 これがまさに、実際の映像にバーチャル的な視聴覚映像をリンクさせるAR(拡張現実)なのである。 1-2. 実際にカードを読み取ってみると・・・ 関氏が使っているのは「COCOAR2」というスマートフォンアプリだ。 実際にそれを使って「Lab Explosion」のイルミナティカードをスキャンしてみると、カードから映像が流れ始める。 30秒ほどの短い動画だが、そこには「人類を10億人まで減らす」とのメッセージが流れ、「人類再生化計画は始まっているのだ。 イエローモンキーの諸君」と締めくくられた。 そしてこのカードに描かれているのは爆発を受けている研究員と猿。 しかし研究員に外傷はなく、猿のみが黒焦げとなって描かれている。 単なる研究動物とも考えられるが、先ほどの 「イエローモンキーの諸君」というメッセージからもこれは 日本人を意味すると考えられる。 日本人がなんらかの実験対象となり、「人間選別」の対象となることを予言しているのだろうか。 1-3. AIによる人間選別 スキャンした動画では、中心に人間とは思えない機械的な塔のようなものが鎮座し、話している。 これは関氏が「やりすぎ都市伝説」でもかねてから警鐘を鳴らしてきた「AIによる人間選別」を意味していると考えられる。 Siriに代表されるAI(人工知能)は現在凄まじい勢いで発展し、様々な分野で活躍している。 しかし関氏は、AIが発展し続け学習を続けると、ある時人間の知能を超える シンギュラリティ(技術的特異点)が生まれるという。 このとき、AIは私たち人間を必要とするだろうか。 プーチンとその目に映る戦闘機の謎 出典: クエスチョン動画の最後には、ロシアのプーチン大統領の画像が映し出されるが、その目は黒く塗りつぶされている。 そしてその目をよく見ると、戦闘機のシルエットが 赤く映っているのだ。 2020年1月8日、ウクライナの旅客機がイラク軍に撃墜されるという事故が起こった。 ウクライナには数年前からロシアが軍事介入しており、緊張が続いている。 イランはアメリカとも対立しており、イランを支援している中国企業に対してトランプ大統領が経済制裁を加えるなど、状況は複雑かつ悪化の一途をたどっている。 以上のことからも、第三次世界大戦が現実味を帯びてきた。 そしてその中心となるのはロシアで、プーチン大統領の目に映る戦闘機は世界が様々な国を巻き込んで戦争に入ることを予言していると考えられる。 2-1. イギリス紙「エコノミスト」も戦争を予言 出典: イギリスの経済紙「エコノミスト」は、毎年その1年がどのようなものになるかを表紙のデザインで予言している。 2019年末に発刊されたものには大小の文字列がデザインされ、2020年に起こるであろうことを暗示している。 表紙には文字が羅列され、下に行くにつれて文字は小さくなっている。 上から「TRUMP」「BREXIT(イギリスのEU離脱)」「AI」「TOKYO」と続き、あまり意外性は無いように感じる。 しかしこの表紙の右下2段目には、小さく「WAR(戦争)」そしてその真下には「RUSSIA」の文字がある。 緊張した世界情勢を前に、エコノミストも第3次世界大戦を予言しているのである。 謎のメッセージ「本物のみ集まれ」 出典: クエスチョン動画の最後は「本物のみ集まれ 第7感の能力者たちよ」と謎のメッセージで締めくくられている。 このメッセージの真意とは何なのだろうか。 3-1. 「8383」の数字に隠された意味 出典: メッセージの前には、漫画「ワンピース」の悪魔の実とともに「8383」の文字が表示されている。 スピリチュアルナンバー(天使が人間にメッセージを数字で伝えること)でいうこの数字は「スピリチュアルな面に意識をしなさい」という意味。 スピリチュアル界では有名な話なのだが、この動画が投稿された1月11日の翌日、1月12日は「水瓶座の時代活性化瞑想」の日とされる。 さらにこの瞑想が行われるのは、日本時間で15時11分である。 3-2. 1月12日15時11分、関暁夫はどこにいたのか 関氏は、1月12日の15時11分、まさにその時間に「集まれ」といっているのではないだろうか。 関氏はこの日のこの時間、長崎県佐世保市のテーマパーク、ハウステンボスでトークショーを開催している。 【さよならスリラーシティ😭今日はMr. 「悪魔の実」「83」からも「ダークネス」が連想できる。 ここまで来て、「暗号を使った営業か」と思うかもしれないが、関氏は単にそれだけでここまで凝った暗号を残したのだろうか。 関暁夫はトークライブで何を語ったか ここまで手の込んだことをして行ったトークライブ、果たして関氏は何を語ったのだろうか。 話した内容はその場にいた人しかわからないだろう。 しかし、関氏は2019年末に投稿した語り動画で「テレビの垣根を越えてひとつになろうぜ」などと呼び掛けている。 語り動画の8:00あたりから、関氏は何の変哲もない千円札を前述したスマホアプリでスキャンし、そこに自身がチャンネルを持っていることを示した。 千円札というのはあくまで一例で、「同じこの(誰でも共有できる)チャンネルで集まろうぜ」と続けた。 4-1. 夢を持った者が集まれる場所づくりを 出典: こういうと突拍子もないことのように聞こえるが、関氏は語り動画の後半では「本気で、日本武道館で一緒にライブをしようぜ」 「自分たち自身の希望に満ちた世界を、自分たちの手で本気で作ろうよ」 などと熱く語った。 そして動画9:50あたりからは「まずは『愛』でひとつになろう」と語った。 関氏は「宇宙意識」と呼ばれるものの中で生きていくことになると続け、「夢」や「希望」といった前向きなインスピレーションの大切さを説いた。 確かに2019年末の「やりすぎ都市伝説」でも、マウスの脳細胞のみで動く機械が紹介されていた。 私たち人間が体を持たず、共有の意識の中で暮らしていく未来も遠くないかもしれない。 そしてその「ひとつになる」ための場所を関氏はつくっているのではないか。 「愛で集合する人のみ」とも語っており、「愛」を持たずに誹謗中傷をして仲間を集めるような者は淘汰される。 それこそが、人間選別であると。 生き残るために、グローバルに大きくなるためにはインスピレーションを共有して世界中の人と意識を重ねるフェーズに、人類は到達しているのだ。 まとめ 出典: 関氏のクエスチョン動画に関する考察を以下にまとめる。 ・イルミナティカード…AIによる人間選別による警鐘 ・プーチンの目に戦闘機…第三次世界大戦の始まり ・「8383」はエンジェルナンバーで「スピリチュアルな面の重視」。 つまり瞑想を行え ・メッセージを読み取って集まった「本物」に対して、インスピレーションを共有することのできる場所づくりを行っている ・「愛」を持って意識を共有できる者が人間選別を生き残ることができる といったところだろうか。 今回紹介した考察はあくまでも都市伝説であり、その他の意見も多数存在する。 しかし、2020年は東京五輪や5Gの導入などもあって日本が大きく動く年になるのは間違いない。 明らかに早足で時代が変わる今、関氏は我々が新世界へ進むための道を切り開いてくれているのだ。

次の

関暁夫さんがスキャンしてと言うイルミナティカードをARで見てみた

関 暁夫 アプリ

動画は関氏が我々に語り掛けながら画像や暗号メッセージが意味深に示されているが、明確な答えは動画内で明かされていない。 以下がその動画だ。 この動画については様々な考察がなされているが、今回はこの動画について独自に考察をしていく。 この映像のバックに使われている関氏の話のフルバージョンは、2019年12月28日に別の動画で公開されているので、そちらも参考に話をしていこう。  以降は区別のために、ひとつめの動画を「クエスチョン動画」、ふたつめの動画を「語り動画」と表現し、考察を進めていく。 イルミナティカードの予言 出典: まずはクエスチョン動画の1:10あたり。 「このイルミナティカードをスキャンしてください」のメッセージと共に、一枚のカードが映し出される。 「イルミナティカード」とは、1982年に発売されたカードゲームだが、9. 11事件や日本の原発事故など、世界の重大な出来事を予想しているとして話題になった。 そしてこの動画で映し出されたイルミナティカードは 「Lab Explosion」というもの。 直訳の「研究施設の爆発」の通り、フラスコや試験管の置かれた施設が爆発している。 1-1. AR(拡張現実)とは 関氏は、語り動画の2:12あたりからAR(拡張現実)の世界を紹介している。 出典: 現在はテレビなどのモニターを所有する時代ではないとし、関氏はおもむろにスマホを自身の書籍のポスターにかざした。 するとスマホの画面ではポスター部分から書籍のプロモーション動画が流れ始めた。 これがまさに、実際の映像にバーチャル的な視聴覚映像をリンクさせるAR(拡張現実)なのである。 1-2. 実際にカードを読み取ってみると・・・ 関氏が使っているのは「COCOAR2」というスマートフォンアプリだ。 実際にそれを使って「Lab Explosion」のイルミナティカードをスキャンしてみると、カードから映像が流れ始める。 30秒ほどの短い動画だが、そこには「人類を10億人まで減らす」とのメッセージが流れ、「人類再生化計画は始まっているのだ。 イエローモンキーの諸君」と締めくくられた。 そしてこのカードに描かれているのは爆発を受けている研究員と猿。 しかし研究員に外傷はなく、猿のみが黒焦げとなって描かれている。 単なる研究動物とも考えられるが、先ほどの 「イエローモンキーの諸君」というメッセージからもこれは 日本人を意味すると考えられる。 日本人がなんらかの実験対象となり、「人間選別」の対象となることを予言しているのだろうか。 1-3. AIによる人間選別 スキャンした動画では、中心に人間とは思えない機械的な塔のようなものが鎮座し、話している。 これは関氏が「やりすぎ都市伝説」でもかねてから警鐘を鳴らしてきた「AIによる人間選別」を意味していると考えられる。 Siriに代表されるAI(人工知能)は現在凄まじい勢いで発展し、様々な分野で活躍している。 しかし関氏は、AIが発展し続け学習を続けると、ある時人間の知能を超える シンギュラリティ(技術的特異点)が生まれるという。 このとき、AIは私たち人間を必要とするだろうか。 プーチンとその目に映る戦闘機の謎 出典: クエスチョン動画の最後には、ロシアのプーチン大統領の画像が映し出されるが、その目は黒く塗りつぶされている。 そしてその目をよく見ると、戦闘機のシルエットが 赤く映っているのだ。 2020年1月8日、ウクライナの旅客機がイラク軍に撃墜されるという事故が起こった。 ウクライナには数年前からロシアが軍事介入しており、緊張が続いている。 イランはアメリカとも対立しており、イランを支援している中国企業に対してトランプ大統領が経済制裁を加えるなど、状況は複雑かつ悪化の一途をたどっている。 以上のことからも、第三次世界大戦が現実味を帯びてきた。 そしてその中心となるのはロシアで、プーチン大統領の目に映る戦闘機は世界が様々な国を巻き込んで戦争に入ることを予言していると考えられる。 2-1. イギリス紙「エコノミスト」も戦争を予言 出典: イギリスの経済紙「エコノミスト」は、毎年その1年がどのようなものになるかを表紙のデザインで予言している。 2019年末に発刊されたものには大小の文字列がデザインされ、2020年に起こるであろうことを暗示している。 表紙には文字が羅列され、下に行くにつれて文字は小さくなっている。 上から「TRUMP」「BREXIT(イギリスのEU離脱)」「AI」「TOKYO」と続き、あまり意外性は無いように感じる。 しかしこの表紙の右下2段目には、小さく「WAR(戦争)」そしてその真下には「RUSSIA」の文字がある。 緊張した世界情勢を前に、エコノミストも第3次世界大戦を予言しているのである。 謎のメッセージ「本物のみ集まれ」 出典: クエスチョン動画の最後は「本物のみ集まれ 第7感の能力者たちよ」と謎のメッセージで締めくくられている。 このメッセージの真意とは何なのだろうか。 3-1. 「8383」の数字に隠された意味 出典: メッセージの前には、漫画「ワンピース」の悪魔の実とともに「8383」の文字が表示されている。 スピリチュアルナンバー(天使が人間にメッセージを数字で伝えること)でいうこの数字は「スピリチュアルな面に意識をしなさい」という意味。 スピリチュアル界では有名な話なのだが、この動画が投稿された1月11日の翌日、1月12日は「水瓶座の時代活性化瞑想」の日とされる。 さらにこの瞑想が行われるのは、日本時間で15時11分である。 3-2. 1月12日15時11分、関暁夫はどこにいたのか 関氏は、1月12日の15時11分、まさにその時間に「集まれ」といっているのではないだろうか。 関氏はこの日のこの時間、長崎県佐世保市のテーマパーク、ハウステンボスでトークショーを開催している。 【さよならスリラーシティ😭今日はMr. 「悪魔の実」「83」からも「ダークネス」が連想できる。 ここまで来て、「暗号を使った営業か」と思うかもしれないが、関氏は単にそれだけでここまで凝った暗号を残したのだろうか。 関暁夫はトークライブで何を語ったか ここまで手の込んだことをして行ったトークライブ、果たして関氏は何を語ったのだろうか。 話した内容はその場にいた人しかわからないだろう。 しかし、関氏は2019年末に投稿した語り動画で「テレビの垣根を越えてひとつになろうぜ」などと呼び掛けている。 語り動画の8:00あたりから、関氏は何の変哲もない千円札を前述したスマホアプリでスキャンし、そこに自身がチャンネルを持っていることを示した。 千円札というのはあくまで一例で、「同じこの(誰でも共有できる)チャンネルで集まろうぜ」と続けた。 4-1. 夢を持った者が集まれる場所づくりを 出典: こういうと突拍子もないことのように聞こえるが、関氏は語り動画の後半では「本気で、日本武道館で一緒にライブをしようぜ」 「自分たち自身の希望に満ちた世界を、自分たちの手で本気で作ろうよ」 などと熱く語った。 そして動画9:50あたりからは「まずは『愛』でひとつになろう」と語った。 関氏は「宇宙意識」と呼ばれるものの中で生きていくことになると続け、「夢」や「希望」といった前向きなインスピレーションの大切さを説いた。 確かに2019年末の「やりすぎ都市伝説」でも、マウスの脳細胞のみで動く機械が紹介されていた。 私たち人間が体を持たず、共有の意識の中で暮らしていく未来も遠くないかもしれない。 そしてその「ひとつになる」ための場所を関氏はつくっているのではないか。 「愛で集合する人のみ」とも語っており、「愛」を持たずに誹謗中傷をして仲間を集めるような者は淘汰される。 それこそが、人間選別であると。 生き残るために、グローバルに大きくなるためにはインスピレーションを共有して世界中の人と意識を重ねるフェーズに、人類は到達しているのだ。 まとめ 出典: 関氏のクエスチョン動画に関する考察を以下にまとめる。 ・イルミナティカード…AIによる人間選別による警鐘 ・プーチンの目に戦闘機…第三次世界大戦の始まり ・「8383」はエンジェルナンバーで「スピリチュアルな面の重視」。 つまり瞑想を行え ・メッセージを読み取って集まった「本物」に対して、インスピレーションを共有することのできる場所づくりを行っている ・「愛」を持って意識を共有できる者が人間選別を生き残ることができる といったところだろうか。 今回紹介した考察はあくまでも都市伝説であり、その他の意見も多数存在する。 しかし、2020年は東京五輪や5Gの導入などもあって日本が大きく動く年になるのは間違いない。 明らかに早足で時代が変わる今、関氏は我々が新世界へ進むための道を切り開いてくれているのだ。

次の

関暁夫、洗脳手法について。第7感を得る方法教えます

関 暁夫 アプリ

~動く都市伝説!8月1日(月)発売開始~ デジタルマーケティングを手掛けるスターティアラボ株式会社(代表取締役社長:北村健一、本社:東京都新宿区)は、Mr. 都市伝説として知られる芸人・関暁夫氏の最新作『Mr. 都市伝説 関暁夫の都市伝説6』に自社開発のARアプリ『COCOAR2(ココアル)』が採用されたことを発表いたします。 『Mr. [画像1: ] COCOAR2は当社自社開発のスマートフォン向けAR(拡張現実)アプリであり、アプリ経由でカードやポスターなどを読み込むと、設定されている動画・音楽・URL・3Dといった様々なオリジナルコンテンツが表示可能です。 2014年5月から新バージョンとして提供開始し、昨今、大手飲料・お菓子メーカーにも販売促進ツールとして採用され、現在50万以上のダウンロード数を誇ります。 (2016年6月末時点)『Mr. 都市伝説 関暁夫の都市伝説6』では、本カバーや本誌内合わせて計16箇所にARコンテンツが仕込まれており、指定された写真部分を、COCOAR2で読み込むと、テレビでは公開していない封印情報や関暁夫氏のメッセージが浮かび上がる仕組みになっております。 都市伝説 関暁夫の都市伝説6』においては、株式会社竹書房(代表取締役会長:高橋一平、本社:東京都千代田区)を通じて採用されました。 主な採用理由として、印刷された写真が動き出すような演出が出来るCOCOAR2は、雑誌や書籍など紙媒体にとって読者に映像という新しい付加価値を簡単に提供できるツールだったからです。 実際、トーク映像などのAR動画をふんだんに書籍内に盛り込むことにより本の新しい楽しみ方を提供できたという評価を受けました。 本サービスを導入した企業は、AR制作を自社サービスとして 顧客に提供することができます。 紙媒体に任意の画像をマーカーとして設定し、スマートフォンアプリである「COCOAR2」経由でマーカーをかざすと、画像、動画や3Dコンテンツを表示・閲覧することができ、スマートフォンに映し出されたコンテンツと一緒にカメラモードとして撮影することもできます。 2012年12月から提供開始し、印刷会社やWEB制作会社を中心に、1,124社以上(2016年3月末時点)に導入されております。 ARアプリ「COCOAR」「COCOAR2」は計93万以上のダウンロード数を誇ります。 都市伝説 関暁夫の都市伝説6』 著者:関暁夫 1975年生まれ。 「Mr. [画像4: ] プレスリリース提供:PR TIMES.

次の