お 宮参り ママ 服装。 【お宮参りママの服装】スーツor着物?私服はNGってホント!?

お宮参りの服装!ママにおすすめのファッションとは?

お 宮参り ママ 服装

赤ちゃんが生まれて初めて迎える行事『お宮参り』。 生後間もない我が子を連れて出かけるイベントで、準備に慎重になってしまうママも多いのではないでしょうか? 今回は、Hugkumで実施したアンケートをもとにお宮参りで着るママの服装の選び方やおすすめのコーデ、レンタルできる人気ショップまでご紹介します。 お宮参り、ママの服装で多いのは? ママたちが実際に子どものお宮参りにどのような服装で行ったのかをアンケートで聞いてみました。 お宮参りの当日はどんな服装にしましたか? アンケートの結果、およそ半数以上がワンピースを着用したと回答。 次いでスーツ、礼服の順となりました。 お宮参りは氏神様へのご挨拶の儀式でもあるので、ママもフォーマルな格好を選ぶ家庭が多いですね。 重視した理由やメリットなどを見ていきましょう。 ワンピース 最も回答の多かった『ワンピース』。 特に、授乳のしやすさや動きやすさがポイントとなって選ばれているようです。 最近では授乳できるフォーマルなワンピースも多く販売されていて、汎用性の高さもあり、ママからの支持も高いのかもしれませんね。 ママのお宮参りの服装はマナーもある?選び方のポイント6つ では、お宮参り当日のママの服装は、どのように選べば良いのでしょうか? 6つのポイントをご紹介します。 赤ちゃんと服装の体裁を合わせて お宮参りは赤ちゃんが初めて氏神様にご挨拶をする儀式。 服装の明確なルールやマナーはありませんが、できるだけお祝いにふさわしい服装を選ぶのがベターです。 とくに、赤ちゃんの服装が祝い着やベビードレスなどのスタイルの場合は、両親も落ち着いた印象のフォーマルな服装を選ぶと良いでしょう。 カジュアルすぎる服装は避ける 決まったルールやマナーがないにしても、神様へのご挨拶の儀式なので、カジュアルすぎる服装は避けるべきです。 Tシャツ、Gパン、ハーフパンツ、露出が高いものはできるだけ避けるようにしましょう。 私服であってもきれいめな格好を選んでおくと良いでしょう。 授乳中のママは授乳のしやすさも考慮して この時期の赤ちゃんは、まだ授乳の間隔も短いので、いつでも授乳できるように服装も考慮しておくと、当日は親子ともにストレスなく過ごせます。 最近では授乳可能なワンピースやトップスなども人気です。 着物を着る場合は授乳のタイミングや方法に工夫を 赤ちゃんが祝い着を着る場合、色留袖や訪問着といった着物を選ぶママも多いです。 その場合、着物を着ている間は授乳ができないので、授乳のタイミングや方法などを事前に考えておく必要があります。 着付けの前に済ませて着物を着る時間を短めにしたり、哺乳瓶での授乳にしたりと、シミュレーションを考えておくと安心ですね。 靴は歩きやすいものを 当日は赤ちゃんを連れて移動する時間も多く、普段以上に疲れます。 ハイヒールなどの歩きづらい靴は避け、赤ちゃんを抱っこして歩くのに支障のないパンプスなどを選ぶようにしましょう。 季節にあわせて過ごしやすさや色柄も配慮 当日の服装は季節に合わせて工夫も必要です。 春から夏にかけては暑い日も多いですが、露出の高い格好は控え、風通しの良い綿素材のものを選んだり、インナーが薄手の場合は、カーディガンや薄手のジャケットなどの羽織りものを持参したりと工夫しましょう。 羽織りものを持っていると、冷房などの対策にもなるのでおすすめです。 一方で、秋冬はウール素材のワンピースやジャケットを選んだり、脱ぎ着しやすくあまりかさばらない上着や、カイロなどを持参するなど寒さ対策も万全にしておくと安心です。 また、服の色や柄も季節に合わせたものを選ぶと、さらに記念写真に季節感がプラスされます。 お着物をレンタルする場合は、季節を意識した色柄を選ぶとさらに粋な雰囲気に。

次の

お宮参りの服装は?赤ちゃん・母親・父親・祖父母の服装 | お宮参り

お 宮参り ママ 服装

1 お宮参りの服装・服とは ・赤ちゃんのお誕生おめでとうございます。 ・お宮参りとは、赤ちゃんの誕生を祝う行事の一つです。 生後1ヵ月頃に神社に参拝し赤ちゃんの誕生を祝い健康と長寿を祈ります。 本来は、男の子は生後31日目、女の子は生後32日目に参拝するのが正式ですが、生後間もない赤ちゃんや、出産を終えたばかりのお母さんの体調を見ながら、天候やお日柄などをみてお参りする日を選びます。 最近では、お父さんの仕事が休みの日に合わせてお宮参りをすることが多いようです。 生後一ケ月にこだわることなく、真夏の暑い時期や真冬の厳寒期を避けて柔軟に日程を決めてください。 ・お宮参りで参拝する神社はその土地の守り神様である産土神様(うぶすながみさま)です。 うぶすなまいり(…産土参り)とも言います。 初宮参り、初宮詣などと呼ぶこともあります。 生まれた土地の守り神のことをさします。 ・少子化の影響でしょうか、最近は赤ちゃん、両親の他に両家の祖父母も一緒に参拝することもあります。 しかしお宮参りの当日、赤ちゃんを抱っこするのは父方の祖母とされています。 最近のお宮参りでは、赤ちゃんと両親だけでお参りしたり、両家の祖父母も揃って全員でお参りするなど、形にとらわれなくなってきています。 赤ちゃんも含めた全員が普段着でお参りし、記念の写真撮影だけを、レンタル衣装でバッチリ行なうというご家族もあります (1)正式なお宮参りの祝い着(祝い着の着方) 最近のお宮参りの服装は、赤ちゃんはベビードレスにケープを羽織った形でのお参りも多くなりましたが、参考までに正式なお宮参りの祝い着をご紹介します。 その上から掛け着(晴れ着)を羽織らせ、(父方の祖母が抱っこしますので)赤ちゃんを抱いた状態で、祖母の首の後ろで付けヒモを結びます。 「お宮参りのマナーのページへ」 (2)ベビードレスとケープでお宮参り(ケープの着せ方) 上記(1)は着物の場合の例ですが、洋服の場合には、ベビードレスを着せてケープをかけるのが人気のようです。 レンタル(貸衣装)を賢く利用するのも良いでしょう。 冬は重ね着をさせたり、防寒対策をしたり、赤ちゃんの体温調整に気を配ってあげてください。 2 お宮参りの両親の服・服装(父親・母親、パパ・ママ) ・お宮参りの際の両親の服装は、最近では洋服(洋装)が大半となっています。 パパ・お父さん・父親はスーツ、ママ・お母さん・母親の服装は着物から洋服へとシフトしてきています。 ・着物は着付けや髪型などの準備が大変なのに対し、洋服は気軽に利用できます。 あくまでも主役は赤ちゃんですので、祖母や両親だけが華美にならないようにして下さい。 洋服については、その後も着まわしがきくものを選ぶと良いでしょう。 ・赤ちゃんの祝い着が着物の場合には、祖母も着物の方がバランスが良いと言えますし、祖母が着物の場合には母親も着物の方がバランスが良いでしょう。 なお、お宮参りに参列する父親の服装はスーツが大半です。 但し、あまり堅苦しく考えることなく、赤ちゃんやお母さんの体調を考慮し、無理のない服装で参拝するようにして下さい。 ママ・母親の服装(女性の服装) ポイント 主役である赤ちゃんの服装の格に合わせることになります。 赤ちゃんが正式な祝い着の場合には、両親も正装。 母親も訪問着や色留袖、紋付の羽織などになります。 下記は母親のお宮参りの一般的な服装です。 派手な飾りは避け、軽くまとめたり、清楚なアレンジ程度の髪型にします。 ただし髪のカラーに関しては、金髪等の派手な色はNGです。 和服(着物)の場合は、髪型もできればアップにして和装にふさわしいものにします。 祖母の服装(女性の服装) ポイント 主役である赤ちゃんの服装の格に合わせることになります。 赤ちゃんが正式な祝い着の場合には、祖父母も正装。 祖母も訪問着や色留袖、紋付の羽織などになります。 下記は祖母のお宮参りの一般的な服装です。 和服(着物)の場合は、髪型もできればアップにして和装にふさわしいものにします。 お宮参りの時の兄弟・姉妹の服装 ポイント 主役である赤ちゃんの服装の格に合わせることになります。 赤ちゃんが正式な祝い着の場合には、赤ちゃんの兄や姉も(パパとママや祖父母同様に)正装となります。 同行する上の子たちの年齢に合わせて、七五三や入園式などの行事にも着ることができるものを選ぶのがオススメです。 記念撮影の写真スタジオなどでレンタルの衣装を利用するご家族もあります。 靴だけでもおしゃれをすると服装全体がランクアップします。 [お宮参りの服装。 レンタル利用のワンポイント] 項目 解説 1. レンタル衣装はどんなところで利用するの? ・お宮参りの衣装は、ベビー用のレンタル専門店だけでなく、写真スタジオ、写真館などでも借りることができます。 お宮参りを気軽で動きやすい普段着で済ませておき、写真の撮影のときにだけ、祝い着のレンタルを写真館で利用することもできます。 ・母親、祖母が和服のレンタル衣装を利用する場合には、写真館でなくレンタルの専門店を利用すると良いでしょう。 いつ頃予約するの? ・遅くとも一カ月前くらいまでには予約をしておきます。 季節感のある衣装の場合には、時期が早すぎるとショップに用意されていないこともあります。 自分で用意するものは? ・祝い着の肌着については、お店によってレンタルができるところとできないところがあります。 可能ならご用意される方が良いでしょう。 ・最近は、和服(着物)で出席するママ・お母さんは少ないようですが、和装を利用する場合、下着(肌襦袢や腰巻きなど)、腰ひも、補正用タオル、帯枕、襟芯などを用意して下さい、と言われることがあります。 また、これら一式を用意し、利用者に販売してくれるレンタル店もありますので、予約の際に確認しておくと良いでしょう。 返却前に自分でクリーニングに出すの? ・通常のレンタル品の場合は、そのままショップに返却します。 母親はワンピースやスーツでも良い? ・最近は母親の衣装も洋服が増えているようです。 母親がワンピースやスーツを着用し、赤ちゃんはベビードレスにケープという取り合わせも多くなっています。

次の

お宮参りの服装は祖父母はどんな服を着ればいいの?

お 宮参り ママ 服装

お宮参りとは? お宮参りとは、産土神 うぶすながみ に赤ちゃんが無事に産まれたことを感謝し、報告するという行事です。 生まれた場所や住んでいる地域の産土神が祀ってある神社に参拝するというのが一般的です。 最近では場所にとらわれず、崇敬している神社や思い入れのある神社に参拝する人も増えているようですね。 伝統的には、両親と父方の祖母が付き添って神社にお宮参りをする風習がありますが、最近では父方の祖母だけでなく、母方の祖母が付き添うことも多いです。 お宮参りに関する基本的な情報は下記のサイトにありますので、ぜひご覧ください!• お宮参り成功の鍵を握るのは、親&祖父母 お宮参りの主人公はもちろん赤ちゃんですが、同時に親御さんや祖父母の皆さんをお祝いする日とも言えます。 だからこそ精一杯の準備をして、お宮参りを成功させましょう。 赤ちゃんはまだ生まれたばかりで、何もできません。 つまり、親御さんの行動がお宮参り成功の鍵を握るといっても過言ではないでしょう。 とは言っても、おめでたい日なので、リラックスして笑顔で過ごして下さいね。 日本の伝統を守る!定番の和服スタイル お宮参りは神社に参拝するのだから、和服で行きたい!という方も多いのではないでしょうか。 和服は落ち着いた印象があり、日本の伝統的な雰囲気を出すことができますね。 男性は袴,女性は着物で決めるのが和服スタイルの定番です。 ご年配の方々の中には伝統を重んじる方もいらっしゃいますので、祖父母の方と一緒に参拝される場合は和服の方が良いかもしれませんね。 普段は、あまり着ることのない和服だからこそ、特別なお宮参りにはぴったりの服装といえます。 シックに決めよう!スッキリとした洋服スタイル スッキリとした印象を与えてくれる洋服。 男性であればスーツやジャケット,女性であればワンピースやカーディガンが一般的ですね。 普段からスーツやワンピースを着用されている方にとってはリラックスしやすい服装ですね。 自然体の笑顔で撮影しましょう。 お子様の服装も洋服にした場合、いつもとは違う我が子の姿に思わぬ成長を感じるかもしれませんよ。 夏と冬、季節に適した服装でいこう お宮参りは生後一か月の日が目安となっていますが、お子様の誕生日によっては、お宮参りの日が真夏や真冬に当たってしまうこともあると思います。 そんな場合は、比較的気候が穏やかな時期に変更しても大丈夫です。 さすがに、何か月も伸ばしてしまうのは良くありませんが(笑)。 しかし、無理にお宮参りや撮影をすると体にも良くありません。 特に赤ちゃんは生まれてから、ママは赤ちゃんを産んでから1か月しか経っていないので、無理は厳禁です。 家族全員が笑顔で写真を撮れる日を選びましょう。 夏の服装 お母さん夏ver ママは赤ちゃんを産んでからまだ一か月なので、きつめの服装は避けましょう。 また、授乳中の方は前が開く服を選ぶなどの考慮も必要ですね。 お父さん夏ver 夏に背広を着るのはとても暑いですよね。 なので、撮影の時だけ上着を着用して、参拝の時などはワイシャツで過ごしても問題ありません。 薄めのジャケットなどを用意しておくと、よいかもしれませんね。 冬の服装 お母さん冬ver 赤ちゃんを出産したばかりで、まだ体が万全ではない時期なので風を引かないような服装にしましょう。 とわ言っても、厚着しすぎてしまうと授乳の時に大変なので、前は空けやすい服装を選びつつ、カイロを使うなどして暖を取った方が良いかもしれないですね。 お父さん冬ver スーツで行かれる方は普段のお仕事の時のスタイルで大丈夫です。 ネクタイやスーツ,袴の色が派手になりすぎないように注意してください。 気を付けるべきお宮参り服装選びの注意点 お宮参りという言葉さえ、なじみがない人も少なくないでしょう。 そこでお宮参りの服装選びに関する注意点について、ご紹介していきます。 主役は赤ちゃんということを忘れないで! 親御さんの嬉しい気持ちはわかりますが、あまり派手な格好を選ぶのは良くありません。 落ち着いた服装を選ぶようにして、赤ちゃんよりも目立つことのないような服装を選ぶことが大事です。 服装の系統は家族で揃えた方が良い 厳密に「家族の服装の系統は統一」という決まりはありませんが、系統は揃えていった方が無難です。 ただ、お父さんがスーツでお母さんが着物という様な組み合わせでも、良い場合もあります。 過度に適さない服装でない限り、服装にそこまでこだわる必要はありません。 一般的なマナーもしっかりと 半ズボンを履いたり、黒いネクタイをつけるなどの一般的にマナー違反とされる物も当然ですが、注意しましょう。 親御さんの態度一つで、赤ちゃんに対する印象も変わってしまいます。 まとめ お宮参りの服装についてまとめてきましたが、いかがでしたか?お子様の生涯に一度しかお宮参り。 そのかけがえのない1日を、最高の思い出にできるようにしてあげてください。 お子様の最高の笑顔のために、皆さん頑張ってください!.

次の