スーパー ストローク グリップ。 スーパーストロークの良い点悪い点

マスターズでガルシアが装着の「スーパーストローク パターグリップ」

スーパー ストローク グリップ

スーパーストロークからグリップエンドにウエイトを付ける事ができるカウンターコアなるものが発売されましたので、早速試してみました。 グリップ形状も数種類ありますが、今回、私の試したのは、MIDSLIM2. 0+カウンターコアのタイプとなります。 どうしてこのグリップを選択したかと言いますと、今現在MIDSLIM2. 0を使っているから 他のタイプを試すのもひとつですが、カウンターコアの純粋な検証をしたいという意味で、今までと同じタイプのグリップを選択しました。 まずは、グリップ交換ですね。 しかし、スーパーストロークは入れるときも通常のグリップより苦労しましたが、取り外しも少し手間取ってしまいました。 何せ、太さが太いので、切込みを入れるのが、通常のグリップより深く入れなくてはいけません。 なんとか、古いグリップを取り外し、カウンタコア仕様のスーパーストロークのグリップを装着します。 この時に、カウンターコア仕様のスーパーストロークのグリップには、50gのウエイトとただのキャップの2つが付属されています。 グリップ交換をする際には、ウエイトではなく、キャップをつけて交換するようにしましょうね。 で、いつもながら、スーパーストロークのグリップ交換は、きつくて中々入っていきません。 もっと濡らさないとダメですかねぇ。 笑 そうこうしながら何とかグリップを交換しました。 まずは、ウエイト無しの状態で試し打ちをしてみました。 今までと、感覚的には変化ありません。 当然ですね。 全く同じグリップではないですが。 仕様が一緒なので、違和感なく打つことができます。 次に、50gのカウンターコアを取り付けてみました。 取り付けは、いたって簡単です。 グリップの後ろからウエイトを差し込むだけです。 ウエイトの先端がスポンジになっているので、入れるときに少し抵抗がありますが、少し押し込んでやればすんなり入ります。 取り付けて握った感じは、はやり、ずっしり重い!。 グリップ側が重くなったのが良くわかります。 で、実際にパターマットで打ってみました。 ショートパットの距離の球筋が明らかに変化しました。 今までと同じ程度の振り幅で打ってみると、非常に力強い転がりで転がってくれます。 これがカウンターコア効果なのでしょう。 ショートパットでのボールの転がりが変化し、有利に働いているのが良くわかります。 ただし、最初慣れるまで、少し右側に出球が出ていました。 これはおそらく、グリップ側がウエイトを付けて重くなったことで、ボールにインパクトする際に僅かにフェースが開き気味に当たっていたためと思われます。 元々、ウエイト無しでも少し、開き気味にストロークしてしまう癖があったので、この辺はカウンターコアの影響とは切り離してもいいかもしれませんが、重くなった分、今までより少しだけフェースローテーションを意識したほうが良さそうです。 ただし、あまり過度に意識しすぎると、左への引っ掛けになるので、少し慣れが必要かなと思います。 しかしながら、それ以上にショートパット時の球の転がりが随分変わったので、実際のラウンドではショートパットの成功率が上がることを期待しています。 実際に、ラウンドした後で、レポートを追記したいと思いますが、自宅でのパターマットで打った感触では今まで、少しボールの勢いが弱く、カップ周りで嫌われて切れて入らないといったことが減るような気がします。 ただ、心配もあります。 それは、ロングパットの距離感です。 ロングパット時の振り幅が今までと一緒だと、転がりが良くなった影響で、オーバーしてしまう可能性があるかなと・・・。 また、それを加味して振り幅を小さくするとしても、どの程度小さくしていいのか、実際にロングパットを何度か打ってみないと感覚がつかめそうにありませんね。 こちらについても実際に数ラウンド、このウエイトを付けた状態のパターでまわってみて、レポートしたいと思います。 何れにしてもファーストインプレッションが非常に良いので、現時点では思い切って変えて良かったと思っています。 新しいテクノロジーが次々出てきて、それを試すのは、ちょっと勇気がいりますが、今回のスーパーストロークのカウンターコアについては、それ相応の結果が期待できそうです ということで、ショートパットが入らないとお悩みの方がいましたら、スーパーストロークのカウンターコア、おススメです。 ちなみに、私はスーパーストロークの関係者ではありません。 念のため付け加えておきます。

次の

グリップをDIYで交換する方法!・・・パターグリップで挑戦してみます!!キリッ

スーパー ストローク グリップ

流行りつつあるクローグリップ パッティングスタイルはグリップの仕方だけでも数えきれないほどあります。 最近見るようになったのが クローグリップというスタイル。 フィル・ミケルソンが長く取り入れているグリップスタイルです。 派生形を含めると5種類ほどあり、中には同じクローグリップというネーミングが怪しいものもあります 笑 有名なのはジャスティン・ローズ、トミー・フリートウッドあたりだと思います。 私は、ジャスティン・ローズのグリップスタイルをまねして取り入れてみようと思い、今回 スーパーストローク・クロー2. 0をテストしてみました。 スーパーストローク・クロー2. 0のフィーリング 素材は、他のスーパーストローク同様にバイキャストポリフォームという軽量素材を使用しているので、太いのに63gに抑えられています。 特徴はこの形状。 ヘッド側が長方形になっていて、右手を添えやすくなっています。 クローグリップ初心者にうってつけのグリップでしょう。 スーパーストローク・クロー2. 0の強み スーパーストロークを使ったことがある人なら分かると思いますが、素材よりも形状が特徴です。 特に、クローグリップでは右手と左手が全く別の握り方をするので、これまでのパターグリップではどちらかの手が握りにくいことが多かったです。 実際、これこそが私がこれまでクローグリップにトライしようと思えなかった理由でもあります。 店頭に並べてあるのを見て、「これならクローグリップが出来そうだ」と思えたのはこのグリップが初めてです。 ジャスティンローズが使っているラムキンのグリップは、握ってみてもとてもクローグリップが出来るとは思えなかったのです。 実際どうだったのか? 2ラウンドほど使用してみました。 結論はかなり 良いです。 下りのラインの距離の微調整が非常にやりやすかったです。 今使っているストロークラボTENにもつけたいくらいです。 よって、素早いストロークではなくゆっくりと振り上げ、少ないローテーションになると思います。 そうなってくると、考え方としては長尺に近いのかと。 ヘッドを重くして、出来れば慣性モーメントが大きいフェースバランスが良いと予想しています。 プロはピンタイプやL字もいますが、パターが特異でない私のような人にはこのような組み合わせが最強だと思います。 バリエーション 日本仕様はこの三色が選択可能です。

次の

決定版!人気のパターグリップ8選。驚愕のスーパーストロークを発見

スーパー ストローク グリップ

ゴルフプライド 144• イオミック 267• エリートグリップ 318• ウィン 449• ナウオン 12• ラムキン 269• パーフェクトプロ 13• スウサス 24• ムジーク 117• オデッセイ 304• クロスライン 28• PING 228• ダイヤコーポレーション 38• テーラーメイド 6• カーマ 17• ロイヤルグリップ 25• スコッティキャメロン 127• ダンスウィズドラゴン 26• ツアーベルベット 5• ロマロ 9• アートグリップ 4• ベティナルディ 20• マスダゴルフ 2• スティッキー 10• グリップマスター 14• ニオン 3• スプラッシュ 1• カラカル 79• タイトリスト 10• ゼクシオ 2• キャロウェイ 3• カデロ 9• STM 26• JOP 114.

次の