楽天 モバイル エリア 確認 方法。 通信・エリア

楽天リンクとは?できることや注意点、楽天モバイル(キャリア)必須の電話アプリ!

楽天 モバイル エリア 確認 方法

サービスエリアに関する注意事項• サービスエリアは計算上の数値判定に基づき作成しているため、実際の電波状況と異なる場合があります。 またサービスエリアは予告なく変更となる場合があります。 本サービスはベストエフォート方式による提供となります。 実際の通信速度は、場所、通信環境、ネットワークの混雑状況、対応端末に応じて変化します。 ご利用いただく機器や利用環境(建物の中・地下・トンネルなど電波の届かないところ)により利用可能なサービスエリアが制限される場合があります。 パートナー回線エリア内ではau回線によるローミング接続がご利用いただけます。 楽天回線エリアとパートナー回線エリアとの境界付近や、地下と屋外の間を移動するとき、大きな商業ビルと屋外を移動するときに通信・通話が切断されたり、一時的にご利用になれない場合があります。 楽天回線エリアであっても、地下、屋内、大きな商業ビルの屋内等の場所、製品の設定、電波の状況等によってパートナー提供のネットワークを利用するローミング通信となる場合があります。 また、ローミング通信になると、パートナー回線エリアのデータ容量としてカウントされますのでご注意ください。 年末年始や災害時、および花火大会などのイベント開催時に利用する場合、回線の混雑によりつながりにくくなることがあります。 楽天モバイルが本サービスのために提供する製品、もしくは動作検証された製品以外での通信は保証されません。 ご契約プランのデータ使用可能容量を超えた場合、データ通信によるトラフィックがネットワーク帯域の上限を超える場合またはご利用の製品やアプリの設定などにより、通信速度やデータ通信量が制限される場合があります。 画面の表示速度や動画の再生開始時間を早くするための通信の最適化(端末の画面に適したサイズに画面、動画などを圧縮・変換すること)を行う場合があります。 本サービス網全体の輻輳(ふくそう)状態が継続して発生することを避けるため、輻輳制御を行う場合があります。 海上エリアでの緊急通報は、携帯電話から118を押してください。 電波の性質上、電波状態は刻々と変動します。 携帯電話に表示されるアンテナマークは目安としてご利用ください。

次の

楽天モバイルの回線エリアはどこ?注意点や繋がらない時の対処法を確認しよう

楽天 モバイル エリア 確認 方法

Contents• 楽天モバイルの自社電波を掴んでいるか確認する 楽天モバイル無料サポータープログラムの追加募集も終わり、新たに2万人ほどが利用を開始すると思われる楽天モバイルだが、第1次募集の時のように、スマホに詳しくない人も多数興味を寄せているような印象を受ける。 それだけ多くの人が、楽天モバイルの新規参入に注目をしているのだと思う。 利用者としては、楽天モバイルの自社電波を掴んでいるか、国内ローミングパートナーのau電波を掴んでいるか知りたくはないだろうか。 そこで、楽天モバイルの自社電波を掴んでいるか、そうではないかをチェックする方法をご紹介する。 今回はAndroid編となり、に掲載しているのでご参照頂きたい。 必要なアプリをダウンロードする いくつか方法はあるが、簡単にチェックする方法の1つを紹介する。 「」というアプリをGoogle Playストアよりダウンロードする。 このアプリは無料版と有料版があるが、無料版でも問題なく利用出来る。 尚、対応していないスマートフォンもあるかもしれないので、予めご了承頂きたい。 NetMonitorを使って確認する方法 楽天モバイル自社電波接続時 アプリを起動すると、「 MCC MNC」という項目がある。 ここに、 440 11と記載があれば、現在接続中のLTE電波は楽天モバイルの自社電波である。 auの国内ローミング接続時 上記の画像の様に、「 MCC MNC」が 440 53となっている場合はauローミング中となる。 その他の場合 この「」アプリは、デュアルSIMにも対応しているため、お使いの端末がデュアルSIM対応で、実際にSIMを2枚挿して利用している場合は、設定でSIMを切り替える必要がある。 また、いずれの電波もつかめない場合は近くにある他社電波が表示されることがある。 この場合、接続している状態ではないので利用できない。

次の

【楽天モバイル】UN

楽天 モバイル エリア 確認 方法

Contents• 楽天モバイル、正式サービスを開始。 楽天モバイルは、日本国内の第4の通信事業者として正式なサービスを開始した。 同社の売りは、「月額2,980円」「自社エリアならデータ通信無制限」「国内通話無料」「最初1年は無料」である。 低価格でネットも電話も使い放題というのは大きな話題を呼んだ。 本当に通信容量無制限なのか 楽天モバイルによれば、下記の注釈があった。 以下は引用である。 通信速度はベストエフォート(規格上の最大速度)であり、実効速度は通信環境・状況により変動します。 製品代、事務手数料、オプション料、通話料等は別費用。 つまり、楽天の基地局に繋がっているときに限り無制限であるが、公平にサービスを提供するための制御を行うことがあると書いてある。 つまり、 無制限ではないということだ。 無制限を検証する 検証は下記の条件で行った。 端末:Apple iPhone 11 Pro SIM:nanoSIM 契約:楽天モバイル UN-LIMIT正式プラン 場所:名古屋市内 尚、楽天のエリアを掴んでいるかどうかは で確認をしているため、パートナー電波を掴んでいるということはない。 朝の通信速度 電波状況が良い場所であり、名古屋市内でありながら、下り44. 5Mbpps 上り11. 9Mbpsという通信速度が出た。 10GBまでは問題なく利用出来た 今回は検証のために、「アプリのアップロード」「SNSの確認」「テザリングでPCを利用」「ハイレゾ音源をmoraよりダウンロード」するなどして10GBの通信容量を消費した。 10GB超過で通信速度制限が発生 10GBの通信を行ったあと、通信速度は上下とも1Mbpsに制限されていた。 昼や夕方の通信速度には変化があるか? 楽天モバイルが、ドコモの電波を借りてMVNOとして提供していた「スーパーホーダイ」プランでは、高速データ容量を使い切った場合や、高速通信をOFFにした場合に、上下1Mbpsの速度で利用できるとあった。 しかし、混雑時にあたる昼 12:00〜13:00)、夕方 18:00〜19:00 は、通信速度は300kbps 0. 3Mbps に制限がされた。 楽天モバイル MNO ではどのようになるのか、こちらについても検証をした。 制限されていない回線 上記と同じ場所にて測定をした。 こちらは通信速度制限のかかっていない楽天モバイル MNO 回線である。 下り50. 2Mbps 上り11. 0Mbpsの通信速度が出ていて、高速な通信が出来ている事が確認できる。 通信速度制限の解除のタイミング 通信速度制限がかかっても翌日に解除された。 制限中は、上下1Mbps程度しか出なかった通信速度が、下り40Mbps以上、上り10Mbps以上出ていた。 少し前まで、良く見た「直近3日間の通信量が〜」という制限ではなさそうだ。 1Mbpsだとどれくらい遅いのか 実際、上下1Mbpsという速度は、高速ではないが実用に耐えない速度というわけでもない。 メールやインターネットの閲覧などでは大きな問題はない。 動画も画質設定によっては問題なく再生できるし、音楽のストリーミングだって基本的に問題がない。 そのため、128kbpsに通信が制限されたときのような、何も出来ないような絶望感はない。 しかし、楽天モバイルは、「無制限」という宣伝だけを大きく書いているため、通信に制限があると知らないユーザーもいるはずだ。 注釈に「10GB超過時に1Mbpsに制限する」という旨の説明はするべきでは無いかと感じた。 自宅回線にしようとしていた人は注意 どれくらいのユーザーが該当するか定かではないが、「無制限」と聞いて、家のインターネットを解約して使おうと思っている人もいるかもしれない。 そんな人には注意していただきたい。 テレビに繋いで、NetFlixやHuluなどを沢山楽しむと通信速度制限にかかる恐れが高い。 この条件が適用されると、HD画質でも3時間見ると9GBになる。 4K画質なら1. 5時間持たない。 NetFlixでは、HD画質で5. 尤も、画質を下げても良いのであれば継続して視聴することは可能だと思われる。 楽天には説明と改善を求めたい。

次の