ベスト ボディ ジャパン 2019 結果。 ベストボディジャパン2019日本大会【男子結果】

ベストボディジャパン2019日本大会【女子結果】

ベスト ボディ ジャパン 2019 結果

近年のフィットネスブームの高まりを受け、トレーニングで磨いたボディを競うコンテストが活況を呈している。 そこで、「夏が一番似合う男女」を決定する『サマースタイルアワード(SSA)』や、健康美コンテスト『ベストボディ・ジャパン(BBJ)』を中心に、人気のボディコンテストを精力的に取材。 >インタビュー 22歳元保育士が美尻&美脚を披露• >インタビュー 36歳整体師が3位入賞• >インタビュー 23歳のコンサルOLが優勝• >インタビュー 現役女子大生が出場• >インタビュー アラサーOLが美ボディ披露• >インタビュー 不動産会社の美人OLが抜群スタイル披露• >インタビュー モデル兼ヨガ講師が3位入賞• >インタビュー アラサー美女が準優勝• >インタビュー ヨガインストラクターが準優勝• >インタビュー 31歳の消化器内科ナースが優勝• >インタビュー 30歳の精神科医が優勝• >インタビュー 33歳エステシャン、お尻に特化したトレーニングで3位• >インタビュー 2児の美人ママが優勝• >インタビュー 26歳美人ママ、ファイナリスト選出• >インタビュー ファイナリスト選出の美人インストラクター• >インタビュー 現役女子大生、3位入賞• >インタビュー 26歳看護師、初の美ボディ大会で準優勝• >インタビュー 「自信があるのは前腕」 36歳はり師が優勝•

次の

ベストボディジャパン2019日本大会【女子結果】

ベスト ボディ ジャパン 2019 結果

どうも、ザキです。 昨年初めて出場したベストボディジャパン高知大会から約1年。 フレッシャーズクラスに参加します。 当初出る予定だった高松大会でなぜかメールが来なかったので、メールが来てほっとしました。 笑 【2019年版】大会1ヶ月前の身体 体重:71. 4kg 体脂肪率:不明 去年と比較してみると、こんな感じ。 左:2019年 右2018年 あんまり変わってない気がするけど、、笑 見た目で進化した点でいうと、• 背中が広がり• 肩のボリューム 見た目で分からない部分で進化した点だと、• 全体的な筋量アップ• 扱える重量の増加• 腕周りの太さ と見えないけど去年より確実に成長している。 世界一周してた3年前のガンジス川で沐浴している自分と比べると圧倒的な成長や。 笑 大会まで残り3週間 大会まで残り3週間。 去年もだけど、絞りがやばい... 笑 最低でも3キロは体重減らさないといけない。 計画を立ててスタートするのは自分の強みだけど、 そこから日々進捗管理・修正・改善のサイクルを回すのが本当に苦手。 自分のウィークポイント。 あと体重が停滞してモチベが下がったときに発動してしまうキレ食い。 笑 笑い事じゃないけど、何か理由つけてえげつない量を食べてしまう。 後悔すると分かっているのに感覚が麻痺して抑えられない。 これもカロリー抑える日とハイカーボデイを計画的に決めて、それを状況に合わせて実行するのではなく、気分でなんとなくやるという爪の甘さで、自分の中でもタイミングを見失い、疲労感や倦怠感のあるときにそれまでのストレスが全放出されて歯止めがきかなくなり爆食いしてしまうんだろうな。 しっかりサイクルを決めて(低カロリー5日間のあとにハイカーボデイ1日とか)、自分でリズム整えるべきだな。 あとは自分の傾向を認知すること。 今年の折れ線グラフを見てみると、74. 75kg台での停滞がすごい。 (減量スタートして2ヶ月くらい) 1ヶ月近くずっと停滞している。 たしかこれは去年もこのくらいの体重のとき停滞していた。 笑 減量に停滞は絶対にあるので、来年に向けては停滞を見越して焦らず地道に日々をすごしていこう。 5kgの変化で一喜一憂しないようにしよう。 笑 それくらいの変化は水分量で全然変わるからなー。 まとめ 強み• 計画を立て実行する力• 焦ってからの粘り 弱み• 毎日の進捗管理・修正・改善のサイクルを回す• 結果が出ないとき場面での我慢強さ・逃げ• 最悪の場面を常に想定した行動・選択肢を持つ 傾向• 減量スタート2ヶ月くらい• 体重74. 食事量だけではなく、食事計画のルーティン(例:週1のハイカーボデイ)• 進捗遅れを想定したバッファの設定• カードを切るタイミング(例:カロリー制限、有酸素導入、食事の種類) なんか最後自己分析になってしまったけど、来年度はしっかりを目の前の現実から逃げずに自分見つめ合って最高の減量をしていこう。 まあまだ今年の大会も終わってないので結果出せるように残り3週間がんばります! それじゃあ! zakihana.

次の

ベストボディ・ジャパン&ベストフィジーク・ジャパン&ベストビキニ・ジャパン2019大会スケジュール

ベスト ボディ ジャパン 2019 結果

どうも、ザキです。 昨年初めて出場したベストボディジャパン高知大会から約1年。 フレッシャーズクラスに参加します。 当初出る予定だった高松大会でなぜかメールが来なかったので、メールが来てほっとしました。 笑 【2019年版】大会1ヶ月前の身体 体重:71. 4kg 体脂肪率:不明 去年と比較してみると、こんな感じ。 左:2019年 右2018年 あんまり変わってない気がするけど、、笑 見た目で進化した点でいうと、• 背中が広がり• 肩のボリューム 見た目で分からない部分で進化した点だと、• 全体的な筋量アップ• 扱える重量の増加• 腕周りの太さ と見えないけど去年より確実に成長している。 世界一周してた3年前のガンジス川で沐浴している自分と比べると圧倒的な成長や。 笑 大会まで残り3週間 大会まで残り3週間。 去年もだけど、絞りがやばい... 笑 最低でも3キロは体重減らさないといけない。 計画を立ててスタートするのは自分の強みだけど、 そこから日々進捗管理・修正・改善のサイクルを回すのが本当に苦手。 自分のウィークポイント。 あと体重が停滞してモチベが下がったときに発動してしまうキレ食い。 笑 笑い事じゃないけど、何か理由つけてえげつない量を食べてしまう。 後悔すると分かっているのに感覚が麻痺して抑えられない。 これもカロリー抑える日とハイカーボデイを計画的に決めて、それを状況に合わせて実行するのではなく、気分でなんとなくやるという爪の甘さで、自分の中でもタイミングを見失い、疲労感や倦怠感のあるときにそれまでのストレスが全放出されて歯止めがきかなくなり爆食いしてしまうんだろうな。 しっかりサイクルを決めて(低カロリー5日間のあとにハイカーボデイ1日とか)、自分でリズム整えるべきだな。 あとは自分の傾向を認知すること。 今年の折れ線グラフを見てみると、74. 75kg台での停滞がすごい。 (減量スタートして2ヶ月くらい) 1ヶ月近くずっと停滞している。 たしかこれは去年もこのくらいの体重のとき停滞していた。 笑 減量に停滞は絶対にあるので、来年に向けては停滞を見越して焦らず地道に日々をすごしていこう。 5kgの変化で一喜一憂しないようにしよう。 笑 それくらいの変化は水分量で全然変わるからなー。 まとめ 強み• 計画を立て実行する力• 焦ってからの粘り 弱み• 毎日の進捗管理・修正・改善のサイクルを回す• 結果が出ないとき場面での我慢強さ・逃げ• 最悪の場面を常に想定した行動・選択肢を持つ 傾向• 減量スタート2ヶ月くらい• 体重74. 食事量だけではなく、食事計画のルーティン(例:週1のハイカーボデイ)• 進捗遅れを想定したバッファの設定• カードを切るタイミング(例:カロリー制限、有酸素導入、食事の種類) なんか最後自己分析になってしまったけど、来年度はしっかりを目の前の現実から逃げずに自分見つめ合って最高の減量をしていこう。 まあまだ今年の大会も終わってないので結果出せるように残り3週間がんばります! それじゃあ! zakihana.

次の