ドメイン ポイント。 後悔しない独自ドメインを取得!参考にしたい3つのポイント

ドメイン種類を選ぶときの 2つのポイント | TK

ドメイン ポイント

CORSで広告がブロックされるのか、へぇー 的なことを思って仕事に戻ったんですが、 ふと頭の片隅に疑問が残っていたので軽く調査してみた時のメモになります。 色々な情報の寄せ集めなので、粗が多いと思います。 そもそも、ドメインの末尾に「. 」が付いて良いのか より引用。 The following syntax will result in fewer problems with many applications that use domain names e. , mail, TELNET. That is, two names with the same spelling but different case are to be treated as if identical. JPNIC の より引用。 ピリオド. で区切られた部分は「ラベル」と呼ばれます。 一つのラベルの長さは63文字以下、ドメイン名全体の長さは、 ピリオドを含めて253文字以下でなければなりません。 ラベルには、英字 A~Z 、数字 0~9 、 ハイフン - が使用できます ラベルの先頭と末尾の文字をハイフンとするのは不可。 ラベル中では大文字・小文字の区別はなく、 同じ文字とみなされます。 RFC 1034 の定義や JPNIC の説明を見てみましたが、ラベルの. 以外は A-Za-z0-9 と - しか利用出来ないように見えます。 なら、ドメイン末尾の「. 」は何者? なんで普通にサイトへアクセス出来るの? 「 」と「. 」って何が違うのか 普通にサイトへアクセス出来るってことは、「. 」の有無に関係なく名前解決出来るんだろう。 ちょっと FQDN について調べてみる。 JPNICの より引用。 「FQDN」とは、「Fully Qualified Domain Name」の略で、 日本語では主に「完全に指定された 限定された ドメイン名」などと訳されますが、 「絶対ドメイン名」と呼ばれることもあります。 ツリー 木 構造を持つDNS Domain Name System の階層構造において、 ある特定のノードに付けられたドメイン名を表記する際、 そのノードからDNSのルートまでのすべてのラベルを並べて書いたものがFQDNです。 具体的な例を挙げると、JPNICのWebサーバのFQDNは「www. nic. 」となります。 一番左から、「www 第4レベルドメイン 」. 「nic 第3レベルドメイン 」. 「ad 第2レベルドメイン 」. 「jp トップレベルドメイン 」. 「ルート」と、 順にすべてのラベルを表記しています。 ドメイン名の表記においては、一般的にルートは「. 」で表されるため、 狭義の意味でのFQDNを表記する際には、末尾の「. 」まで含めて表記することが必要です。 ただし、RFCなどで厳密にFQDNの定義が決まっていないことから、「www. nic. jp」のように、 トップレベルドメインまで表記されていれば、広義のFQDNとして扱われる例も増えてきていますので、 こうした表記が必ずしも誤りというわけではありません。 一方、上記の例における表記の中から、 「www」や「www. nic」などといったドメイン名を抜き出して表記した場合については、 それらの表記は「相対ドメイン名」や「不完全なドメイン名」などと呼ばれます。 日常的に、多くのユーザーがインターネットを利用する際には、 サーバ側やクライアント側がドメイン名を補ってFQDNを用いて通信するため、 ユーザー自身が特段FQDNを意識する必要はありません。 ただし、DNSのドメイン名空間において、 あるノードを一意に特定する必要がある場合には、FQDNが利用されます。 例えば、DNSのゾーンファイルなどを記述する際には、FQDNを用いて設定する場合があります。 は、 相対ドメインで、. は、 絶対ドメインという違いがあるらしい。 RFC で FQDN の定義が厳密に決まっていない為、 末尾の「. 」は有っても無くてもドメイン名の表記的には問題無いらしい。 相対ドメインで FQDN する際のスタート・ポイントは、必ずルートサーバになる為、 末尾の「. 」が省略されても問題無く名前解決が出来る。 lvh. lvh. 」が無い。 lvh. lvh. 」が無い。

次の

ホームページアドレスとは|決めるポイント、独自ドメイン取得まで

ドメイン ポイント

独自ドメインって何ですか? そもそも、独自ドメインってなんですか? ただネットを検索ツールとして使っている人は、「聞いたことがあるけど、ハッキリ知らない」って人がほとんどでしょう。 はじめて聞いた人も、もしかすると、いるかもしれません。 独自ドメインから、わかりやすく説明していきます。 独自ドメインとは 簡単に言えば、インターネット上の住所です。 jp など〇〇〇〇〇の部分になります。 comになります。 このドメインは、世界にたった一つしかありません。 とても特別なものに感じます。 たった、ひとつしかないので、このドメインをメジャーにしていかないといけない。 全く、誰かと同じは、無理ですが、ドメインは好きなものを作ることが出来ます。 でも、好きなのが作れるからと言って、使い捨てのように、コロコロ変えてはいけません。 基本的には、ず~と使っていくので、よく考えて作りましょう。 ポイント1 できるだけ簡単にしよう こり過ぎて、めちゃくちゃ長いドメインは、避けましょう。 見込み客になりそうな人に、伝えるときに大変です。 相手もわかりにくい。 長すぎて間違えやすい。 など、デメリットになります。 広告を出すとき、チラシなどの掲載スペースに収まらないこともあります。 とにかく、短くわかりやすく、がベストです。 ポイント2 日本語でもドメインが作れますが注意も必要! 日本語ドメインも取得ことが出来ます。 サイトによっては、日本語ドメインを、すすめてるサイトもあります。 ドメインと一緒にメールアドレスも取得出来ます。 しかし、日本語ドメインは、HTML上では、Punycode ピュニコード というものが関係してきます。 そのため、ちょっと意味不明なメールアドレスとなってしまいます。 アドレスで、不信感を持たれることもあります。 このブログ「地域未来形マーケティング!」のドメインを試しに、日本語ドメインになった場合を、試してみます。 miraikei. com 簡単なドメインなんですが、 日本語ドメインの場合、 未来形. com になります。 さらにURLで表すと xn--92t16ocf. com になります。 メールアドレスにもこの xn--92t16ocf が入ります。 〇〇〇@xn--92t16ocf. com のようになります。 ちょっと、わかりにくいアドレスになります。 日本語ドメインにしてしまうと、やや使いにくい部分が出てきてしまいます。 絶対にダメ!ではありません。 ただ、Punycode ピュニコード を後から知って、後悔する人もいます。 メールアドレスを使う場合、問い合わせフォームのメールアドレスば別で準備したほうが、いいでしょう。 Gメールを利用すれば、わかりやすいアドレスも取得できます。 日本人なので、日本語ドメインは、誰でも分かりやすいので、メリットはありますが、日本語ドメインを、取得する場合は、先にお伝えしたことに注意しましょう。 ポント3 ドメインの末尾は. comか. jpが安心感がある ドメイン末尾は、 「. com」 や「. jp」にした方が、無難です。 その次ぐらいが、 「. net」「. biz」「. info」になってきます。 ドメイン末尾によっては、登録するときに金額に多少の開きがあります。 安く感じるものから高額に感じるものまであります。 登録料金が安いからという理由で、あまり見慣れないドメイン末尾にしてしまうと、それだけで、「ちょっと怪しそうなサイト」と判断されることもあるので注意しましょう。 特に、こだわりのない場合、あまり見慣れないドメイン末尾にするより、一般的に見慣れているドメイン末尾にしましょう。 com」「. jp」が一般的に、安心感があります。 ドメインを取得してから、考えすぎて、「変なドメイン末尾を取得してしまった」とならないように、気をつけましょう。 まとめ 自社ブログを作るなら独自ドメインは、あたりまえ! 自社ブログを作って、ネット集客、ブログ集客を取り組みたいと、考えているなら独自ドメイン取得は、作ってあたりまえです。 なぜなら、商用利用できるからです。 独自ドメインは、一度取得すると、この先ずっと使っていくのです。 誰が見てもわかりやすく、おぼえやすい、紹介しやすい、独自ドメインを取得しましょう。 ドメインを取得してから、後悔しないように今回のポイントを踏まえて、参考にして下さい。 メジャードメインに育てましょう。

次の

独自ドメインを取得時に気を付けるべき3つのポイント@アフィリエイトブログ

ドメイン ポイント

pink. com 0312345678. com 「なに、コレ?」と感じませんか。 それだけならまだマシです。 私ならば 「危険なサイト」もしくは「怪しいサイト」ではないかと疑ってしまいます。 このように、ウェブサイトのイメージと結びつかないドメイン名にしてしまうと、ユーザーに不信感や不安といった悪い印象を与えてしまいます。 そうすると、ウェブサイトの売り上げやお問い合わせ数に悪影響が出ます。 このような状況にならないために、ドメイン名は「ウェブサイトのイメージと結びつくもの」にする必要があります。 注意点:一般の人に意味が分かるようにする 「ウェブサイトのイメージと結びつくドメイン」を考える際に気をつけたいのが、一般の人に意味が分かるようにすることです。 悪い例を紹介します。 長すぎるドメイン名 tk-create-website-and-seo-service. com 「URLを入力してこのサイトを表示してください」と言われたらどうでしょうか? おそらく、ほとんどの人が「面倒くさい…」と感じるはずです。 このように、長すぎるドメイン名はユーザーに嫌われます。 また、打ち間違えも増えるためユーザーに不快感を与える原因になります。 したがって、ドメイン名は短くて覚えやすいものにするべきです。 見た目がスッキリとして良い印象を与える 二つ目の理由は、長いドメイン名よりも短いドメイン名の方が「見た目がスッキリして良い印象を与えることが多い」からです。 次の2つのドメインを見比べて見てください。 「怪しいサイト」ではないか? と疑ったりしませんか? 文字化けしたURLを見て「怪しいサイト」や「危険なサイト」ではないか? と不安になる人は少なからずいます。 そして、そのように感じた人はおそらくURLをクリックしません。 つまり、 日本語ドメインを使用すると「SNSでウェブサイトを知ってもらう」チャンスを逃す可能性があるということです。 このような理由から、日本語ドメインは使用するべきではありません。 おすすめの方法:サイト名をドメイン名にする ここまでの説明を読んでも「いまいち良いドメイン名が思いつかない…」という方は、多いと思います。 そのような方におすすめしたいのが次の 2つの方法です。 楽天市場 … rakuten. ZOZOTOWN … zozo. 有名サイトは、たくさんの人が日常的に使用しています。 そのため、そのサイトのドメイン形式は多くの人にとって「見慣れたもの」になっています。 見慣れているものには安心感を感じる 人間は「見慣れていないもの」を見ると違和感を感じ不安になります。 逆に「見慣れているもの」には安心感のようなものを感じます。 その特性を利用して、ドメイン名を多くの人が「見慣れている」有名サイトと同じドメイン形式にしておけば「ユーザーに安心感を与えられる」という訳です。 これが、有名ウェブサイトと同じドメイン形式をおすすめする理由です。 おわり 以上で、当記事の内容は終了です。

次の