ザ シークレット サービス キャスト。 シティーハンター ザ・シークレット・サービス(テレビアニメ)

ザ・シークレット・サービス

ザ シークレット サービス キャスト

監督は ()、出演はとなど。 の情報提供者「」こと、当時の(FBI)副長官を描いた作品。 製作、主演。 詳細は「」、「」、および「」を参照 長年FBI長官を務めていた長官が亡くなった。 副長官代理のマーク・フェルトは新しい長官に任命されると思っていたが、大統領は自分の息のかかったパトリック・グレイを長官代理に任命した。 そんな時、本部のウォーターゲートビルに盗聴器がしかけられ、犯人として元FBIと元CIA関係者などが逮捕された。 やがて犯人グループはニクソン大統領再選委員会の関係者であることが明らかになった。 フェルトは捜査を始めるが、グレイはホワイトハウスやCIAの事情聴取にはグレイの許可を得るようにフェルトに言い、フェルトはFBIの独立性を守ろうと対立する。 グレイは48時間で捜査を切り上げろとも、通話記録や銀行口座には手を出すなとも言う。 フェルトは誌とに電話する。 タイム誌とワシントン・ポストはスクープ記事を出す。 まもなくホワイトハウスの大統領顧問から電話がかかってきて対策してくれと干渉するがフェルトはFBIは下部組織ではないと反発する。 フェルトは大統領を疑い起訴できるかと仲間の捜査員に尋ねる。 政府は我々は無関係で捜査協力もしていると記者会見する。 しかしCIAはフェルトに捜査をフェードアウトさせろと干渉してくる。 さらにグレイは司法長官が大統領は事件にかかわっていないと発表するので捜査を打ち切れとフェルトに圧力をかける。 フェルトはその発表に同席させられた。 一方、フェルトの妻はフェルトがFBI長官になれなかったことや娘が家出したことなどで悩んでいた。 フェルトは娘が過激派組織に入ったのではないかと疑い探し出そうとする。 そして民主党はウォーターゲート事件について共和党ニクソン政府を攻撃する。 フェルトは仲間の捜査員に事件は闇に葬られようとしているが黒幕はおそらく大統領再選委員会そして大統領でFBIの捜査を止めることは誰にもできないと話す。 一方、フェルトはワシントン・ポストのに少しずつ情報をリーク(情報提供)していた。 ウッドワードは情報提供に皆が驚いていること、そして謎の情報提供者にディープスロートという仮の名前をつけたと話す。 そして全体像が見えないと言うが、フェルトは真相はもっと大きく、政権によるスパイ工作と陰謀で、記事になれば大統領選挙にも影響を与える、そして司法長官も捜査を再開せざるを得なくなるだろうと新たに話す。 記事が出た後、大統領と政権側もフェルトに反撃を始めFBIの人事異動を行う。 フェルトは正義感から国家への忠誠とマスコミへのリークとの間で迷いもあったが信念を曲げなかった。 フェルトはタイム誌のサンディ・スミスにもフェルトのライバルが隠していた別な過去の大統領の陰謀の事件の情報をリークし反撃する。 タイム誌の記事によりグレイと司法長官と大統領顧問と主席補佐官は失脚する。 そして公聴会での彼らの証言からついに大統領も辞任する。 数年後、フェルトはFBIを退職し、そして娘を見つけ出す。 数年後の大陪審審査でフェルトは自分がディープスロートであったかと問われるが答えるのを迷いためらう。 キャスト [ ].

次の

ザ・シークレット・サービス

ザ シークレット サービス キャスト

監督は ()、出演はとなど。 の情報提供者「」こと、当時の(FBI)副長官を描いた作品。 製作、主演。 詳細は「」、「」、および「」を参照 長年FBI長官を務めていた長官が亡くなった。 副長官代理のマーク・フェルトは新しい長官に任命されると思っていたが、大統領は自分の息のかかったパトリック・グレイを長官代理に任命した。 そんな時、本部のウォーターゲートビルに盗聴器がしかけられ、犯人として元FBIと元CIA関係者などが逮捕された。 やがて犯人グループはニクソン大統領再選委員会の関係者であることが明らかになった。 フェルトは捜査を始めるが、グレイはホワイトハウスやCIAの事情聴取にはグレイの許可を得るようにフェルトに言い、フェルトはFBIの独立性を守ろうと対立する。 グレイは48時間で捜査を切り上げろとも、通話記録や銀行口座には手を出すなとも言う。 フェルトは誌とに電話する。 タイム誌とワシントン・ポストはスクープ記事を出す。 まもなくホワイトハウスの大統領顧問から電話がかかってきて対策してくれと干渉するがフェルトはFBIは下部組織ではないと反発する。 フェルトは大統領を疑い起訴できるかと仲間の捜査員に尋ねる。 政府は我々は無関係で捜査協力もしていると記者会見する。 しかしCIAはフェルトに捜査をフェードアウトさせろと干渉してくる。 さらにグレイは司法長官が大統領は事件にかかわっていないと発表するので捜査を打ち切れとフェルトに圧力をかける。 フェルトはその発表に同席させられた。 一方、フェルトの妻はフェルトがFBI長官になれなかったことや娘が家出したことなどで悩んでいた。 フェルトは娘が過激派組織に入ったのではないかと疑い探し出そうとする。 そして民主党はウォーターゲート事件について共和党ニクソン政府を攻撃する。 フェルトは仲間の捜査員に事件は闇に葬られようとしているが黒幕はおそらく大統領再選委員会そして大統領でFBIの捜査を止めることは誰にもできないと話す。 一方、フェルトはワシントン・ポストのに少しずつ情報をリーク(情報提供)していた。 ウッドワードは情報提供に皆が驚いていること、そして謎の情報提供者にディープスロートという仮の名前をつけたと話す。 そして全体像が見えないと言うが、フェルトは真相はもっと大きく、政権によるスパイ工作と陰謀で、記事になれば大統領選挙にも影響を与える、そして司法長官も捜査を再開せざるを得なくなるだろうと新たに話す。 記事が出た後、大統領と政権側もフェルトに反撃を始めFBIの人事異動を行う。 フェルトは正義感から国家への忠誠とマスコミへのリークとの間で迷いもあったが信念を曲げなかった。 フェルトはタイム誌のサンディ・スミスにもフェルトのライバルが隠していた別な過去の大統領の陰謀の事件の情報をリークし反撃する。 タイム誌の記事によりグレイと司法長官と大統領顧問と主席補佐官は失脚する。 そして公聴会での彼らの証言からついに大統領も辞任する。 数年後、フェルトはFBIを退職し、そして娘を見つけ出す。 数年後の大陪審審査でフェルトは自分がディープスロートであったかと問われるが答えるのを迷いためらう。 キャスト [ ].

次の

ザ・シークレットマン

ザ シークレット サービス キャスト

ボディーガードから殺しまでどんな依頼でも、一度引き受けたからにはパーフェクトにこなす。 依頼方法は、新宿駅東口の伝言板に自分の連絡先と「XYZ」と書くこと。 これは後が無いという意味なのだ。 今日もシティーハンターは、ライバルの海坊主や刑事の野上冴子などとともに、法では裁けない悪に立ち向かい、新宿の街で大活躍するのだった。 ある日、奇妙な依頼が入る。 それは、現在来日中のガイナム共和国の大統領候補マクガイアをガードしているシークレットサービスの新庄安奈をガードして欲しいというものだった。 実は彼女はマクガイアの娘なのだ。 そして、彼女を狙うのは、かつてマクガイアが反政府活動をしていたときの元同志。 現在は麻薬組織のボスとなり、マクガイアを失脚させようと企むゴンザレスという男だった。 母を死なせた責任は父にあると、複雑な心境で任務についていた安奈は、獠や冴子にフォローされながら、少しずつ素直に父と向かい合えるようになっていく。 しかしマクガイアと安奈は、マクガイアの秘書であるローザの手引きによって、ゴンザレスに捕らえられてしまう。

次の