読売新聞社杯全日本選抜競輪 予想。 『第35回 読売新聞社杯 全日本選抜競輪』優勝は清水裕友選手!

第34回読売新聞社杯全日本選抜競輪

読売新聞社杯全日本選抜競輪 予想

号砲で武田が真っ先に飛び出し 、吉澤純平-武田豊樹-佐藤慎太郎、中川誠一郎、松浦悠士-香川雄介-小倉竜二、和田真久留、吉田敏洋で周回。 松浦ラインが吉澤ラインにかぶせた上を、残り2周で吉田が上昇し誘導員を退避させて流す。 2コーナーから踏み上げて先頭に立った和田を目がけて、吉澤が叩いて打鐘で抑え先行の態勢に。 この時点で吉田は最後尾。 4番手をキープした和田の外側で浮きかけた中川が意を決してカマシを打ち 、最終1コーナー過ぎに主導権を奪取。 なかなか吉澤が約2車身の差を縮められないまま 直線に入る。 6番手からの松浦のバック捲りは、吉澤の後ろの武田をも飲み込めず不発。 ゴール 準決勝 同様に丸1周強を駆けて 最後まで粘った地元九州勢の中川が、優勝。 初GIタイトルのの以来遠ざかっていた決勝の舞台で 、同じ単騎戦でGI2回目の制覇を果たした。 バックストレッチ横にある大型ビジョン でスロー映像を確認した後にガッツポーズを決めた。 勝利者インタビューでは、2年後に開催再開が発表されているホームバンクへの思いも語った。 9選手のうち中川に次ぐ競走得点でもあった佐藤が、2着。 吉澤が3着。 昨年6月の以来となる、師匠・武田とのGI決勝同乗だった。 吉澤の番手から直線で外側を行こうとした武田は、伸びを欠いて4着に終わり、GI最高齢優勝記録更新を逃した。 さらに最後は横に広がって混線となった中・下位着陣。 ゴール線前で武田の後輪と接触し、松浦にも当たって落滑入した香川は 、8着(左肩関節打撲 )。 この節のが望まれています。 特記事項 [ ]• 大会キャッチフレーズは「オニアツ。 」(「鬼 のように強く、地獄より熱い。 」の略で、ゆかりのとから)。 出場選手たちは、レースに勝利した際の歓喜表現などで口にした。 も両腕を挙げるオニアツポーズを披露し 、優勝者表彰式・閉会式 のインタビューでは、自らの提案で「せーの、オニアツ」を観客と斉唱して締めくくった。 平成30年度特別競輪統一サイト「 超人ケイリン編」では、が今大会を担当し、作中ではと、別府競輪誘客プロモーションキャラクターで大会ビジュアルで赤鬼を演じている が登場した。 ファンサービスでは、「ニッカンPDF新聞 」が連日無料提供された。 地上波の決勝戦中継は「 ~第34回読売新聞社杯全日本選抜競輪(GI)~」《系列 全国ネット》。 なお、進行はいつものでなく、昨年大会同様に。 ゲストはと。 なお、では二日目も独自で放送している。 4日間の総売上は、前年比99. 競走データ [ ]• - 選考基準で最優先される、この全9名のうちとは、ナショナルチームで来年に行われる予定だった参加資格獲得に向けた強化のため、出場を辞退した。 残る7名のうち5名が二次予選回りとなる幕開けから 、相次ぐ落車棄権も含め 、決勝へ辿り着いたのはだけだった。 8地区 - 九州勢はが病気欠場して総勢9名が参加。 地元・大分から唯一人選出された も二次予選で敗退し、準決勝の時点で残ったのは、スタールビー賞を走ったのみとなっていた。 全国8地区のうち7地区からの9選手が、決勝へ勝ち上がってきた(近畿は全員敗退し、関東と四国が2名ずつ)。 優出頻度 - と (今回の決勝で20代選手はこの2人のみ)は、GI初優出。 のみ、昨年11月のからのGI連続優出。 は、高松宮記念杯以来のGI決勝。 なお、和田とが初日一次予選組で、他の7名は初日特選組だった。 優勝データ - 39歳8か月のは、(大垣)の(40歳11か月)に次ぐ大会年長優勝(その次は)。 熊本所属選手の全日本選抜優勝は、(いわき平)の以来の2人目。 九州地区開催のGIでの九州勢による制覇は、の(長崎)以来となった。 脚注 [ ] 注釈 [ ]• - KEIRIN. JP 競輪資料室• - 競輪• - プロスポーツWeb• - KEIRIN. - 日刊スポーツ、2019年2月11日• - 別府競輪 オフィシャルサイト• - KEIRIN. - オッズパーク競輪、2019年3月15日• - 競輪スポニチ、2019年2月11日• - 競輪スポニチ、2019年2月12日• - 東スポ、2012年12月29日• - スポニチ、2016年12月27日• - 日刊スポーツ、2019年2月10日• - キャスターブログ、2019年2月11日()• - 超人ケイリン編• - 日刊スポーツ• 今回のみ通常はネットされないでも放送。 - KEIRIN. - 日本テレビ• - 日本テレビ 番組公式サイト• - デイリースポーツ、2019年2月8日• - デイリースポーツ、2019年2月8日• - 日刊スポーツ、2019年2月11日• - 西日本スポーツ、2018年12月22日• - 競輪スポニチ、2019年2月8日• - 日刊スポーツ、2019年2月9日• - 西日本スポーツ、2019年2月10日• - 東スポ• - 東スポ• - 東スポ 外部リンク [ ]•

次の

豊橋競輪 出場予定選手一覧

読売新聞社杯全日本選抜競輪 予想

号砲で武田が真っ先に飛び出し 、吉澤純平-武田豊樹-佐藤慎太郎、中川誠一郎、松浦悠士-香川雄介-小倉竜二、和田真久留、吉田敏洋で周回。 松浦ラインが吉澤ラインにかぶせた上を、残り2周で吉田が上昇し誘導員を退避させて流す。 2コーナーから踏み上げて先頭に立った和田を目がけて、吉澤が叩いて打鐘で抑え先行の態勢に。 この時点で吉田は最後尾。 4番手をキープした和田の外側で浮きかけた中川が意を決してカマシを打ち 、最終1コーナー過ぎに主導権を奪取。 なかなか吉澤が約2車身の差を縮められないまま 直線に入る。 6番手からの松浦のバック捲りは、吉澤の後ろの武田をも飲み込めず不発。 ゴール 準決勝 同様に丸1周強を駆けて 最後まで粘った地元九州勢の中川が、優勝。 初GIタイトルのの以来遠ざかっていた決勝の舞台で 、同じ単騎戦でGI2回目の制覇を果たした。 バックストレッチ横にある大型ビジョン でスロー映像を確認した後にガッツポーズを決めた。 勝利者インタビューでは、2年後に開催再開が発表されているホームバンクへの思いも語った。 9選手のうち中川に次ぐ競走得点でもあった佐藤が、2着。 吉澤が3着。 昨年6月の以来となる、師匠・武田とのGI決勝同乗だった。 吉澤の番手から直線で外側を行こうとした武田は、伸びを欠いて4着に終わり、GI最高齢優勝記録更新を逃した。 さらに最後は横に広がって混線となった中・下位着陣。 ゴール線前で武田の後輪と接触し、松浦にも当たって落滑入した香川は 、8着(左肩関節打撲 )。 この節のが望まれています。 特記事項 [ ]• 大会キャッチフレーズは「オニアツ。 」(「鬼 のように強く、地獄より熱い。 」の略で、ゆかりのとから)。 出場選手たちは、レースに勝利した際の歓喜表現などで口にした。 も両腕を挙げるオニアツポーズを披露し 、優勝者表彰式・閉会式 のインタビューでは、自らの提案で「せーの、オニアツ」を観客と斉唱して締めくくった。 平成30年度特別競輪統一サイト「 超人ケイリン編」では、が今大会を担当し、作中ではと、別府競輪誘客プロモーションキャラクターで大会ビジュアルで赤鬼を演じている が登場した。 ファンサービスでは、「ニッカンPDF新聞 」が連日無料提供された。 地上波の決勝戦中継は「 ~第34回読売新聞社杯全日本選抜競輪(GI)~」《系列 全国ネット》。 なお、進行はいつものでなく、昨年大会同様に。 ゲストはと。 なお、では二日目も独自で放送している。 4日間の総売上は、前年比99. 競走データ [ ]• - 選考基準で最優先される、この全9名のうちとは、ナショナルチームで来年に行われる予定だった参加資格獲得に向けた強化のため、出場を辞退した。 残る7名のうち5名が二次予選回りとなる幕開けから 、相次ぐ落車棄権も含め 、決勝へ辿り着いたのはだけだった。 8地区 - 九州勢はが病気欠場して総勢9名が参加。 地元・大分から唯一人選出された も二次予選で敗退し、準決勝の時点で残ったのは、スタールビー賞を走ったのみとなっていた。 全国8地区のうち7地区からの9選手が、決勝へ勝ち上がってきた(近畿は全員敗退し、関東と四国が2名ずつ)。 優出頻度 - と (今回の決勝で20代選手はこの2人のみ)は、GI初優出。 のみ、昨年11月のからのGI連続優出。 は、高松宮記念杯以来のGI決勝。 なお、和田とが初日一次予選組で、他の7名は初日特選組だった。 優勝データ - 39歳8か月のは、(大垣)の(40歳11か月)に次ぐ大会年長優勝(その次は)。 熊本所属選手の全日本選抜優勝は、(いわき平)の以来の2人目。 九州地区開催のGIでの九州勢による制覇は、の(長崎)以来となった。 脚注 [ ] 注釈 [ ]• - KEIRIN. JP 競輪資料室• - 競輪• - プロスポーツWeb• - KEIRIN. - 日刊スポーツ、2019年2月11日• - 別府競輪 オフィシャルサイト• - KEIRIN. - オッズパーク競輪、2019年3月15日• - 競輪スポニチ、2019年2月11日• - 競輪スポニチ、2019年2月12日• - 東スポ、2012年12月29日• - スポニチ、2016年12月27日• - 日刊スポーツ、2019年2月10日• - キャスターブログ、2019年2月11日()• - 超人ケイリン編• - 日刊スポーツ• 今回のみ通常はネットされないでも放送。 - KEIRIN. - 日本テレビ• - 日本テレビ 番組公式サイト• - デイリースポーツ、2019年2月8日• - デイリースポーツ、2019年2月8日• - 日刊スポーツ、2019年2月11日• - 西日本スポーツ、2018年12月22日• - 競輪スポニチ、2019年2月8日• - 日刊スポーツ、2019年2月9日• - 西日本スポーツ、2019年2月10日• - 東スポ• - 東スポ• - 東スポ 外部リンク [ ]•

次の

豊橋競輪 出場予定選手一覧

読売新聞社杯全日本選抜競輪 予想

昨日の準決勝を振り返ってみよう。 10Rでは 吉田敏洋選手が 主導権を握る形となった。 そこを 清水裕友選手が巧みに その後ろを確保するとシャープな捲りを 放ち堂々の1着。 山田英明選手が怒涛の追い込みを見せ2着だった。 11Rでは 宮本隼輔選手が 果敢な逃げを見せた。 そこを 松浦悠士選手が好機で抜け出し 余裕の走りを見せた。 やはり番手に回った松浦選手は 勝率がグンと上がる。 今日も松浦選手の走りに注目だ。 12Rでは予想を覆して 原田研太朗選手が逃げを見せた。 平原康多選手が 岩本俊介選手と合わせた 捲りを見せた。 その平原選手に乗り換えた 好調の 郡司浩平選手が差し切った。 郡司選手、平原選手は高いレベルを維持しているので 今日の決勝も期待がかかる。 白熱の全日本選抜も大詰めだ。 優勝を飾りグランプリのチケットを 確保するのは誰になるのか。 それではさっそく、 読売新聞社杯 全日本選抜競輪の予想をしていこう。 注目は関東ラインだ。 今記念総じて積極的な 走りを展開している 吉田拓矢選手が 最終日も果敢な攻めを見せるだろう。 そうなると番手の勝負師 諸橋愛選手が 前団で仕事をするだろう。 対抗は中四国ラインだ。 吉田選手との叩き合いが予想される 宮本隼輔選手が叩く走りをできると 逆転に一考。 番手の 渡部哲男選手が抜け出すだろう。 東北ラインの 守澤太志選手の 追い込み一発もある。 注目は中四国ラインだ。 2日目のSTR同様に 松浦悠士選手が前を乗る。 2日目には 平原康多選手に弾かれての 再戦となるので豪快な先行を見せるだろう。 そこで好機で番手の 清水裕友選手が 差し脚を発揮するだろう。 対抗は即席ラインだ。 このラインは 平原康多選手と 佐藤慎太郎選手がタッグを組み逆転を狙う。 松浦選手との気迫のやり合いに注目だ。 郡司浩平選手は状態がかなり良いので 前団でやり合っていると捲り一発で 逆転も一考。 単騎の 山田英明選手の走りにも注目だ。

次の