ダイナミック 琉球 エイサー。 ダイナミック琉球は誰の歌?なぜ流行ったのか?ソロをどれだけ歌えるか!

チュニキャンの新曲「ダイナミック琉球」の振り付け動画が再生回数100万回を突破し、話題

ダイナミック 琉球 エイサー

東浜選手が開幕投手を務める19日のロッテ戦(ペイペイドーム)でお披露目される。 同曲のオリジナルは、沖縄在住のシンガー・ソングライター、イクマあきらが2008年に発表。 県内各地のエイサーの団体がこぞって取り上げる人気曲となっているが、18年夏の甲子園で仙台育英高が応援歌として使ったことがきっかけで、大阪桐蔭高も取り入れるようになり、甲子園の定番曲となっている。 昨年の火災で主要7施設が焼失した首里城の復興を支援する応援歌として、チュニキャンが3月22日にシングルとして配信。 沖縄出身の世界的ダンスエンターテイナー、仲宗根梨乃が振付を監修し、兵庫・市尼崎高吹奏楽部がブラスバンド演奏に参加。 松任谷由実の音楽監督としても知られる音楽プロデューサーの武部聡志が編曲を手掛けた。 ブラスバンドで参加の市尼崎高吹奏楽部を総監督として率いるのは沖縄出身・羽地(はねじ)靖隆さん。 1981年の沖縄県人会兵庫県本部から依頼をきっかけに、費用などの問題で遠方からなかなか応援に来ることができない甲子園の沖縄代表校を40年近くに渡りブラスバンドで友情応援し続けている。 08年春のセンバツ大会に、当時沖縄尚学高のエースとして出場した東浜選手も、アルプスから羽地さんのブラスバンド応援を受け優勝を果たしている。 その恩師が参加する故郷・沖縄の名曲に乗せて東浜選手は自身初の開幕戦のマウンドに立つ。 「思ったよりも普通にすんなり入っていけるし、元気の出る曲。 マウンドに上がるときに沖縄の風を感じられるのはすごくいいことだと思いますし、僕自身もそれで元気をもらっています」と語った。 チュニキャンのリーダー、ソフィー(20)も沖縄尚学高の卒業生。 今後、母校で「ダイナミック琉球」のミュージックビデオ撮影を行う予定だ。 「東浜選手は母校の大先輩でもあるので、今回私たちがカバーした『ダイナミック琉球』を登場曲にしていただけてすごくうれしいです! 東浜選手のご活躍を、この曲を通して精いっぱい応援できたらと思います!」とコメントを寄せた。

次の

ダイナミック琉球がなぜ甲子園で応援歌に?高校バスケから野球で熱唱

ダイナミック 琉球 エイサー

沖縄出身の少女たちで結成されたガールズグループ「Chuning Candy」が、首里城再建を支援する応援歌としてカバーした沖縄の人気曲「ダイナミック琉球」のダンス動画が、YouTubeで100万回再生を突破するなど話題となっている。 沖縄伝統のエイサーをEDMとしてアレンジした本作は、沖縄出身で世界的なダンスエンターテイナーとして活躍する仲宗根梨乃が振付を監修。 沖縄色満載のダンスをパワフルに踊るメンバー5人の姿に注目が集まっている。 この振り付け動画を元にSNSなどで踊ってみた動画の投稿が相次ぎ、Spotifyのバイラルチャートにもランクイン。 有線J-POPランキングでも4位まで上昇しており、ジワジワと楽曲の魅力が浸透し始めている。 元々は高校野球の応援歌として甲子園でも人気の同曲。 音楽プロデューサーの武部聡志氏が監修したブラスバンドのアレンジも加わり、演奏には春夏の甲子園で沖縄代表校を40年近くブラスバンドで友情応援し続けている、沖縄出身の羽地靖隆氏が率いる尼崎高校吹奏楽部も参加。 2021年には再び春夏の甲子園が無事に開催され、同曲が鳴り響くことに期待したい。 コロナウイルスの影響でミュージックビデオ(MV)の撮影も延期されているが、振り付け動画の公開で、MVの公開への期待も高まる。 MVは、Chuning Candyリーダー・ソフィーの母校で、昨年野球部が夏の甲子園に出場した沖縄尚学にて撮影される予定だという。 グループ名はキャンディーのように色々な個性を持つメンバーが、一体となって音楽を紡ぎだすことを表した造語である。 2018年3月にシングル「Dance with me」でメジャーデビューを果たし、日本レコード大賞 新人賞を獲得。 TOKYO MX「音ボケPOPS」 毎週土曜21:30 レギュラー出演ほか、ラジオ日本「Chuning Candy Tune Up Party!! 」 毎週木曜23:00 、エフエム沖縄「KIREIMO presents 週明け応援Radio Chuning CandyのCheer up! 」 毎週日曜19:25 が放送中。

次の

イクマあきら

ダイナミック 琉球 エイサー

Contents• エイサーとは?カチャーシーとは? 二つとも、沖縄の踊りで、 聞き馴染みはあるけど、 何が違うの? エイサーとは? 沖縄でも人気の年に一度の大イベント、 沖縄全島エイサー祭り! エイサーの振り付けは 地域ごとでも違い、 各地域のエイサー団体が 一同に集まり、鑑賞できるのが、 このお祭りの醍醐味です! さて、 エイサーとはなんなのか? という話ですが、 近年では、太鼓をもって踊るスタイルが 定番です。 大太鼓と小太鼓を使い 掛け声とともに踊ります。 ご先祖様を送迎するために踊られる エイサーは 青年会などがメインに行われており 夏に近づくといろいろな場所から 練習の声が聞こえてきますよ! カチャーシーとは 沖縄の方言で、かき混ぜるということを カチャースンと言い、 語源はそこからと言われています。 カチャーシーは手を振りながら踊る 気軽にできるものです。 とにかく、人が集まっていて、 楽しい空間であれば、 いつ踊りだしてもおかしくないのが カチャーシーなのです。 沖縄ならではの指笛が聞こえ出し とても陽気な時間ですよ! カチャーシーの踊り方 さて、気軽に踊るといっても いざ踊るとなると難しいものですよね。 カチャーシーの踊り方の基本 カチャーシーは、男性と女性で 少し気まりが違います。 かき混ぜるから来ているカチャーシーは 言葉の通り、 手を挙げ、かき混ぜるように手を振るのが 基本のスタイルです。 男性と女性で違うのは、 その際の 手の開きです! 男性は軽く握り、女性は手を開きます。 そして、手を頭の上まであげ、ひじは曲げます。 そして、 障子をあけたり閉めたりするイメージで 右、左、とリズムに合わせて動かします。 女性は しなやかに、流れるように左右を行き来し、 男性は 力強く、少し勢いのある動きがおすすめです! また、リズムに合わせて、 足も動かし、体全体も揺らしてみてください! きっと楽しくなりますよ~! カチャーシーの踊り方のコツ カチャーシーは、 決して勉強し、練習するものではありません。 三線が鳴り、指笛が鳴り、 みんなが楽しくなった時に 自然と体が動いていた!踊っていた! なんて、それくらい気軽に踊るものです。 振り付けに正解はありません。 自分が楽しくて、みんなが楽しかったら 正解です! 「コツは障子を開け閉めするように、頭の上で手を左右に動かすこと。 でも決まりはないのよ。 各家庭のチャンプルーがあるように、それぞれの踊り方があるものだから。 大事なのは手足ではなく『どぅぶい』。 身体の振りという意味ね」。 引用元: きっと、おばぁなどはとても上手でしょう。 でもそれも、練習したわけではないはずです。 数をこなせば、自分なりのカチャーシーが 身に付き、 自然と踊りだしてしまうのです! 県外の方で カチャーシー踊ってみたいぁ~なんて 興味のある方は、 沖縄民謡ライブのある居酒屋などに 行ってみてください! 島唄ライブの後には大抵、カチャーシーを 踊る時間がありますよ! 一緒に来たわけでもない、 その場に居合わせただけのお客様とも 仲良くなれるのが カチャーシーの魅力の一つです! スポンサーリンク カチャーシーの掛け声の意味は? 沖縄の掛け声といえば、 いーやーさーさー、はーいやー、ですね! これには、特に意味はないようです。 ただの掛け合い、合いの手のようなものです。 では、カチャーシーの際に流れる 定番の音楽の掛け声の説明をしてみましょう。 唐船どーいってなに? 沖縄の音楽で、 唐船どーいというものがあります。 この曲を聴くと体が動き出す!なんて人は 多いはずです! なぜなら、沖縄本島では カチャーシーのBGMの定番が 唐船どーいなのです! この曲の合間には、 ハイヤセンスルユイヤナ イヤァサッサッサ~ なんて、お囃子もあり、 この部分には意味はありません。 エイサー団体が演奏してくれる場合、 ここでとても盛り上がります! 最後に、 ヘーシヨーサヌ、ヘーシディキラサ、 サッサ、ハイヤ、アーテッヤッティヤッティ と叫ぶシーンがあります。 これは方言で、 観衆、囃子が弱いよ? 観衆、もっと大きな囃子ができるよ! さぁさぁ、はい、やってやって! という意味です! ここから終盤に向けて どんどん盛り上がっていくわけですね! イヤァサッサッサ~なんて、 一緒に盛り上がってみてはいかがでしょうか? オススメの書籍など.

次の