小松菜 スムージー レシピ。 【初心者向け】小松菜とバナナのグリーンスムージーレシピ

野菜を飲もう☆おすすめの野菜スムージーレシピ10選

小松菜 スムージー レシピ

小松菜とりんごを使ったスムージーの効果について グリーンスムージーを作る際の王道のレシピと言えば小松菜です。 牛乳に負けない位のカルシウムや、鉄分も多く含まれています。 現代人に不足しがちな栄養素もしっかり摂取できる優秀な食材です。 小松菜だけでスムージーを作ると青臭く飲みにくいという方は、りんごを組み合わせると良いでしょう。 りんごにはビタミンC、カリウム、食物繊維が豊富に含まれています。 腸の調子を整え、便秘や下痢の改善にも期待できます。 またポリフェノールやクエン酸も含まれており、疲れをやわらげ、免疫力を高める効果があるとされています。 たくさんの栄養素が含まれているりんごは万能フルーツと言えるでしょう。 複数の野菜とフルーツを組み合わせることで、不足しがちな栄養素もしっかり摂取できます。 小松菜とりんごを使ったスムージーの栄養について たくさんの栄養を含んだ小松菜には、健康だけではなく美容にも良い成分がたっぷり詰まっています。 天然保湿成分であるプロリンと呼ばれるアミノ酸の一種が含まれています。 プロリンはコラーゲンの主成分であり、美肌に欠かせない成分といえます。 コラーゲンの生成を促し、ダメージを受けた肌を補修、ハリを保つ働きをします。 ほうれん草よりも鉄分が多く含まれていますので、貧血の改善や予防にも最適な食材です。 万能フルーツのりんごに含まれるポリフェノールには、コレステロールを取り除く働きがあると言われています。 皮に多くポリフェノールが含まれていますので、食べるときは皮付きのままがおすすめです。 またりんごに含まれるカリウムなどには、体の塩分を排出し高血圧に効果が期待できます。 作り方は簡単で、まず小松菜、リンゴ、冷凍したバナナ、水を用意します。 材料を切って小松菜、リンゴ、バナナの順にミキサーに入れ、水を加えて攪拌したら出来上がりです。 りんごは芯をとって、皮つきのまま使います。 バナナは冷凍したものを使うと、ひんやりトロリと美味しくなりますよ。 小松菜(こまつな)は、結球せず葉を食べるチンゲン菜やからし菜などの仲間の野菜です。 江戸時代、東京都小松川地区の特産として盛んに栽培されていたため、その名がついたと言われています。 現在では幅広い地域で栽培され、癖のない味が重宝されるメジャーな野菜に成長を遂げました。 耐寒性が強い野菜で旬は冬ですが、1年間を通して栽培されています。 あくが少なく、様々な調理法で活躍できる小松菜ですが、いざ料理しようとなるとおひたしばかり、という人も多いのではないでしょうか。 ほうれん草と肩を並べるほど栄養価の高い小松菜。 色々なレシピで楽しみたい野菜です。 そこで今回は、炒め物や煮物、ご飯や麺など多彩な小松菜レシピを紹介します。 スムージーの定番ともいえる小松菜とバナナのスムージーは健康にも美容にも効果抜群です。 ちょっと苦味のある小松菜もバナナと一緒だと飲みやすくなるのも嬉しいポイントです。 手軽にスーパーで買える食材ですので一年中いつでも簡単に作れ、アレンジレシピもたくさんあります。 この記事では、小松菜とバナナを使ったスムージーの基礎知識に加え、小松菜とバナナを使ったスムージーの栄養素、小松菜とバナナを使ったスムージーの効果、小松菜とバナナを使ったスムージーのレシピをグリーンスムージー・豆乳やヨーグルトの入ったスムージーにカテゴリを分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 小松菜はアブラナ科の野菜で、天然のマルチサプリとも言われるほど豊富な栄養素を含んでいます。 小松菜にはビタミン類・ミネラル・カロテンが豊富に含まれており、中でもカルシウムと鉄分はほうれん草より多くなっています。 栄養たっぷりの小松菜はぜひ家族に食べて欲しい野菜ですが、野菜嫌いなお子さまや緑黄色野菜は苦手、という大人の方も多いのではないでしょうか。 今回は小松菜を使った焼くレシピを紹介しています。 他の材料と合わせることで、色どりがきれいで食べやすくなっています。 小松菜が苦手な方でもおいしく食べられるレシピがたくさんあるので、ぜひ参考にして下さい。 この記事では、「小松菜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 冬の野菜の代表格と言えば小松菜。 関東では雑煮にかかせない材料で、冬にはよく鍋料理にも使われます。 ほうれん草と似ていますが、あっさりした味わいがほうれん草より食べやすくなっています。 和風はもちろん、牛乳やクリームとも相性がよく洋風の料理にもよく使われる便利な野菜です。 緑がきれいで彩がよく、料理のアクセントにもなります。 カルシウムや鉄分も豊富で、ほうれん草よりも多く含まれており料理に取り入れたい野菜です。 この記事では、「小松菜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 小松菜はチンゲンサイなどと同じアブラナ科の野菜で、江戸時代初期に江戸で栽培され始めたとされています。 特に関東地方で古くから親しまれている野菜です。 小松菜は一年を通じてスーパーなどで手に入りますが、旬は冬で冬の野菜の代表格になっています。 おひたしや炒め物、煮物や鍋料理などさまざまな料理に使えて、醤油や酒など和食の調味料とよく合います。 ほうれん草に似ていますが、ほうれん草よりあくやクセがなく食べやすいので、料理に取り入れやすい野菜です。 この記事では、「小松菜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の

小松菜とトマトのスムージー 作り方・レシピ

小松菜 スムージー レシピ

スムージーの定番ともいえる小松菜とバナナのスムージーは健康にも美容にも効果抜群です。 ちょっと苦味のある小松菜もバナナと一緒だと飲みやすくなるのも嬉しいポイントです。 手軽にスーパーで買える食材ですので一年中いつでも簡単に作れ、アレンジレシピもたくさんあります。 この記事では、小松菜とバナナを使ったスムージーの基礎知識に加え、小松菜とバナナを使ったスムージーの栄養素、小松菜とバナナを使ったスムージーの効果、小松菜とバナナを使ったスムージーのレシピをグリーンスムージー・豆乳やヨーグルトの入ったスムージーにカテゴリを分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 小松菜とバナナを使ったスムージーの栄養素について グリーンスムージーの定番とも言える小松菜とバナナのスムージー。 作り方も簡単で材料も手に入りやすいので初心者の方にもおすすえのスムージーです。 小松菜とバナナのスムージーが人気の秘訣はその栄養素です。 小松菜には三大ビタミンとして有名なビタミンA、ビタミンC、ビタミンEが豊富に含まれています。 中でも熱に弱いビタミンCを摂取するには生でとれるスムージーはぴったりです。 バナナには日常生活で不足しがちなカリウムが多く含まれ、スムージーいっぱいで1日に必要なカリウムの3割を補うことができます。 また代謝をあげるビタミンB2や肌の調子を整えるビタミンB6など女性には嬉し栄養素がバナナにはぎゅっとつまっています。 小松菜とバナナを使ったスムージーの効果について 小松菜とバナナのスムージーには美容にとてもよい効果があります。 小松菜に含まれるビタミンには皮膚や粘膜を正常な状態に保もち、老化防止などのアンチエイジング効果があるといわれています。 美肌効果が高い点で女性から大きく支持されています。 また、ビタミンCとビタミンEは同時に摂取すると効果高まるのでその両方を豊富に含んでいる小松菜は美容健康にぴったりです。 また小松菜などの葉野菜は細胞が硬く、噛んで摂取するのは難しいのですがスムージーにすることで栄養がぐんと摂取しやすくなります。 またバナナに含まれるカリウムはむくみ解消に効果が高いのでダイエットにも効果的です。 水に溶けやすいカリウムもスムージーなら簡単にしっかりと摂取することできます。 作り方はミキサーに小松菜、バナナ、水、氷を入れて滑らかになるまで攪拌します。 ミキサーの蓋をあけて蜂蜜とレモンの絞り汁を入れてさらに数秒攪拌したらできあがりです。 小松菜は小さめに刻んでおくとミキサーの攪拌時間が短くなります。 またバナナを多めにするとさらに飲みやすくなります。 作り方は、ぬるま湯で洗って刻んだ小松菜、バナナ、レモン汁、豆乳、はちみつ、氷をミキサーにいれて滑らかになるまで攪拌すれば出来上がりです。 小松菜はぬるま湯に10分ほどつけておくとすっきりと洗い上がります。 またバナナは凍らしてつかうと氷をいれなくても美味しくできあがりますよ。 作り方は、まずざく切りにした小松菜、バナナ、ヨーグルト、レモンの絞り汁をブレンダーに入れて軽く攪拌します。 次に小松菜の水分を見ながらお好みの硬さになるまで水を加え、滑らかになるまで攪拌すればできあがりです。 バナナは冷凍でも生でもお好みで使ってください。 またグリーンスムージーに慣れてきたら野菜を増やしてアレンジしてください。

次の

美肌効果♡【小松菜とバナナ】を使った人気スムージーレシピ20選

小松菜 スムージー レシピ

カロチンやカルシウムが特に多いモロヘイヤは、疲労回復に効果があると言われています。 多くの種類を一度に入れてしまうと、胃腸への負担が大きくなるので、葉物1種、フルーツ2~3種を目安にするとよいでしょう。 簡単に野菜が摂れる!小松菜と人参の野菜スムージーレシピ。 小松菜・人参・りんごを2cm角に切り、人参はレンジで3分温めます。 野菜と果物、しょうが・レモン汁・はちみつ・牛乳をミキサーに入れてなめらかになるまで混ぜたら完成。 食材を切ってミキサーにかけるだけなので、朝の忙しい時間帯でも簡単に作ることができきます。 野菜嫌いが克服できるかも!飲みやすい野菜スムージーの作り方。 高速ブレンダー「バイタミックス」にバナナ・りんご・オレンジ・人参・水・氷を入れます。 蓋を閉めて運転開始。 約30秒~1分程度混ぜてなめらかになったらできあがり。 とても飲みやすいので、野菜が苦手なお子さんでも飲んでくれるスムージー。 簡単に作れるので、朝食にぴったりです。

次の