ガウディ。 ガウディ(Gaudi)|ホットペッパービューティー

ガウディとは

ガウディ

ガウディの生涯• ガウディは、1852年6月25日、カタルーニャ地方南部の町で生まれました。 彼が好きだった科目は工作だけだったようです。 親友たちは「それなら建築家がいいよ」と夢を後押しするようなことを言ってくれたのです。 16歳でバルセロナに移り住み、大学に通っていた兄・フランシスコと共に生活することになりました。 兄は1876年、25歳の若さで息を引き取り、その2カ月後に母親が亡くなります。 当時の主なバイト先は、建築現場です。 バルセロナ市からの依頼で、レアール広場の街灯を造ることになったのです。 若手実業家、エウゼビ・グエルとの出会い。 タイル業者、マヌエル・ビセンスの夏用邸宅の設計です。 1883年、ガウディは、「サグラダ・ファミリア」の主任建築士に大抜擢されました。 1884年、ガウディの元に、ついにグエルから建築の依頼が来ました。 後にこの作品は、ガウディ初期の最高傑作と言われるようになります。 無神論者でしたが宗教建築を手掛けていると、自然と神父やカトリック教徒に出会う機会は増えます。 1894年2月、ガウディは誰にも告げることなく、ひっそりと断食に入りました。 「カサ・カルベット」は、第一回バルセロナ市建築年間賞を受賞しました。 「コロニア・グエル」は、グエルが1890年に設立した労働者のためのコロニーです。 1900年、グエルは初めて自らの都市計画を実行に移そうとしていました。 1904年、綿紡績会社を経営する実業家、ホセ・バトリョがガウディに邸宅の建築依頼をしました。 ガウディは生涯独身でしたが、人生で3度の恋をしていました。 この邸宅には、「ラ・ペドレラ(石切場)」という不名誉なあだ名がつけられました。 ガウディが魂を込めて「カサ・ミラ」を完成させたのは1912年、彼が60歳を迎えた時です。 1914年からはサグラダ・ファミリア以外の仕事を全て断りました。 事故から3日後の6月10日、彼は力尽き、永眠します。 ガウディの建築物• ガウディがまだ直線的な構造を多様していた頃の建築物です。 貴族の家系出身のマクシモ・ディアス・デ・キハーノが夏用の邸宅として依頼。 エウゼビ・グエルが初めてガウディに依頼をした作品で、新築ではなく建物の増改築を行いました。 エウゼビ・グエルが「グエル別邸」の次にガウディに依頼して建設された邸宅です。 聖テレジア派修道会創設者、セルベリョ司祭によりガウディが制作した建築物です。 レオン県アストルガ市のグラウ司教からの依頼により、建設されたものです。 シモン・フェルナンデスとマリアノ・アンドレスから依頼を受け、僅か10ヶ月で完成させました。 地中海に面するバルセロナ郊外・シッチェス近郊にあるガラフという町にあります。 第一回バルセロナ建築年間賞を受賞した秀作で、繊維業者ペレ・M・カルベットの依頼により建設されました。 サゲス夫人(フィゲラス未亡人)の依頼により建築されました。 繊維業を営む労働者たちのために造ったスペイン初のコロニーです。 エウゼビ・グエルが「田園都市」というコンセプトで建築計画をした公園。 ユニークな作風のガウディ建築の中でもずば抜けて個性的な建物です。 パルマ大司教ペレ・カンピンスからその改修工事を依頼されました。 9層から成る巨大な集合住宅。 バルセロナのシンボル「サグラダ・ファミリア」は、世界一の規模を誇るカトリック建築です。

次の

クロコダイルレザー(ワニ革)ショップ/メンズ財布・バッグ・ベルト/ガウディ

ガウディ

大自然から素直に学んだガウディ 19世紀末から20世紀の初頭にかけて スペインが誇る一大商業都市バルセロナを 類まれなる創造力を駆使して彩った異端の大建築家。 それがアントニオ・ガウディ(1852~1926)です。 ガウディ建築のユニークさは 彼が大自然から素直に学んだ点にあります。 バルセロナを中心としたカタルーニャ州の片田舎に生まれたガウディは アーモンドやオリーブの樹、 あるいはブドウの蔓に囲まれた植物との 縁深い幼少時代を過ごしました。 ガウディは必然的に植物の形状や、 その美しさにごく普通に触発を受けてきたと言えるでしょう。 バルセロナの建築学校に入学したガウディは 型にはまった講義は聴かず、授業も欠席しがち。 彼は建物の構造と、建物に付随する装飾や周囲の環境を分けて考える 今までの紋切り型の理論にどうも馴染めなかったようです。 「建築物と周囲の環境が調和してこその建築。 そして装飾は同時に建物の構造の一部であらねば」 という彼独自の理想が芽生えたようです。 これは彼が幼い頃から慣れ親しんできた 植物のあり様に理想の姿を見出したからでした。 「植物は美しい。 そして、その美しさを形作っている根、茎、幹、枝、葉、 そして花などは植物が植物たりえるために十分に機能してもいる」。 いつしかガウディは機能と美が一体化し両立する 建築美学に傾倒してゆくことになったのです。 植物の蔓や葉、そして花を意匠として数多くの建物にとり入れたガウディ。 それらは建物を彩る装飾であるのと同時に、 柵になり、柱になり、壁になり、バルコニーになり、 屋根になり、煙突になるといった具合に 建物の構造としても機能していたのです。 このユニークかつ斬新なガウディの発想と 生来の才能を高く評価した人物に、 大実業家グエルがいました。 グエルは別邸や本宅の設計と建築をガウディに依頼し、 さらに都市計画の一環でもあるグエル公園のデザインまで一任しました。 木の幹のごとく林立する柱に支えられた橋、 天井を支える花型の意匠など、理解あるパトロンの後ろ盾を得て、 ガウディは他に類を見ない自然美あふれる空間造りを実現していきます。 生涯最大のプロジェクトは何といってもサグラダファミリア・聖家族教会。 建物を高くそびえ立たせるゴシック建築は壁とそれに支えられた柱が命でした。 しかし、これでは壁面に大きな窓を開けることが出来ず、 内部は暗くなってしまいます。 そこでガウディは樹木の形状に倣った柱を考案し、 この上部が枝分かれした幾本もの柱で聖堂を支えることによって 建物の重さを主に柱のみで支えることに成功。 そのために聖家族教会の礼拝堂は 今でも優しい木漏れ日のような光に満ち溢れているかのようです。 いよいよ2020年代には念願の完成を見る予定です。 text / 月刊フローリスト イラスト/高橋ユミ 語る人 名前:川崎景介 Keisuke Kawasaki プロフィール:花文化研究者。 マミフラワーデザインスクール校長。 米国アイオワ州グレイスランド大学にて史学を専攻し卒業。 フラワーデザイナーの養成機関等で教鞭をとり、スクールでは考花学のクラスを持つ。 執筆活動や全国での講演活動に従事するかたわら、日本のみならず世界各国の花文化を独自の視点で研究し、フローラルアートの啓蒙に努めている。 日本民族藝術学会員。 マミフラワーデザインスクールでも、考花学が学べます!•

次の

2020年 尾道ガウディハウスへ行く前に!見どころをチェック

ガウディ

概要 [ ] (1852年 - 1926年)は古今東西の折衷様式を唱えたの代表的建築家として知られる。 アントニ・ガウディは26歳の時、パリの博覧会に出品したのをきっかけに大富豪、(スペイン語読みはエウゼビ・グエル)と出会う。 これが元で世界遺産の題名の一部となった(パルケ・グエル)、(パラシオ・グエル)の設計・建築を依頼されこれらを建設した。 この後、ガウディはバルセロナ中の富豪から設計の依頼が来るようになった。 これらの一部も世界遺産に登録されている。 スペインはスペイン国内のすべてのガウディの建築群を登録申請したが、登録を許可されたのは以下の7箇所である。 登録基準 [ ] この世界遺産はのうち、以下の条件を満たし、登録された(以下の基準は公表のからの翻訳、引用である)。 1 人類の創造的才能を表現する傑作。 2 ある期間を通じてまたはある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。 4 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。 バルセロナ [ ]• のご生誕のファサードと地下聖堂• その他の地域 [ ]• ギャラリー [ ]•

次の