ゴミ屋敷 料金。 【協会認定】全国のゴミ屋敷片付けの料金相場と買取・口コミを比較【みんなの遺品整理】

料金表

ゴミ屋敷 料金

ゴミ屋敷の片付け料金を決める目安となるのは「モノ・ゴミの量」 ゴミ屋敷の片付け料金を決める最大の要素は、やはり「モノ・ゴミの量」です。 上の画像は、ゴミ屋敷のゴミの蓄積量を、弊社独自でレベル分けしてイラスト化したものです。 レベルA……床が見えないくらいのゴミがある• レベルB……腰の高さくらいまでゴミがある• レベルC……肩の高さ以上にゴミがある あくまで目安ですが、上記3段階に分けて考えてみたいと思います。 【間取りとゴミの量別】ゴミ屋敷の片付け料金の目安 上記の表はあくまで目安ですが、間取りやゴミの量に応じて、片付けに必要な料金が見積されます。 基本的には 部屋の間取りが広いほど、そしてゴミが多いほど、片付け料金は高くなります。 また、例えば団地のゴミ屋敷の片付けを行う場合、1階のお部屋の片づけよりも5階のお部屋の片付けの方が、搬出の効率が悪いため時間がかかり、料金は割高になります。 例えば、物がたくさんあるけどある程度ゴミの分別がされている状態なのか、物がたくさんある上に色んな種類のゴミが混ざって散らかっている状態なのかで、大きく作業量が異なるため、それに応じて料金も変わるのです。 ちなみに、 1ルームのお部屋であれば、通常の荷物の量は1トンくらいです。 以下では、ゴミ屋敷の片付けの基本料金に、料金が上乗せされるケースの例をいくつか紹介しましょう。 強烈な悪臭が発生している場合• 特殊清掃が必要な場合• 探し物をする場合• 電気をつけられない場合 強烈な悪臭が発生している場合 ゴミの腐乱などにより、部屋に強烈な悪臭が発生している場合は、特殊な消臭作業が必要となります。 また、作業員の健康状態を考慮し、休憩の回数を通常より増やすことがあり、その場合どうしても作業完了まで時間がかかるため、料金が割高になるケースが多いです。 特殊清掃が必要な場合 生ゴミの汁が床板に染み込んでいるなど、状況によって特殊な清掃が必要なケースでは、料金が上乗せされます。 探し物をする場合 ゴミ屋敷をきれいさっぱり片付けてしまうだけではなく、大事な書類などの探し物を依頼する場合は、通常の片付けよりも若干料金が上乗せされます。 ご依頼主様の探し物を間違って捨ててしまわないように、該当しそうな物を1つ1つ確認したり、予期しないところに紛れていないか見たりするので、通常のゴミ屋敷の片付けより、作業時間が長くかかるためです。 電気をつけられない場合 電気料金の支払いが止まっていて、電気をつけられないお部屋は、電気がつくお部屋よりも作業料金が高くなる傾向にあります。 暗がりでは状況の把握がしにくく、より慎重な作業が求められ、作業時間がわずかに伸びるためです。 まとめますと、特殊な作業が必要になるかどうかと、作業時間が長くなるかどうかが、料金加算の要素となります。 ゴミ屋敷の片付け料金を安くするためのコツ ゴミ屋敷の片付け料金を少しでも安くするためには、ちょっとしたコツがいくつかあります。 以下で、その一例をご紹介しましょう。 ある程度ゴミをまとめる• 探し物は先に見つけておく ある程度ゴミをまとめる 1番、ゴミ屋敷の片付け料金が安くなる可能性が高いのは、ある程度ゴミを袋に詰めてまとめておいてもらうことです。 仮に 「もう袋を運び出すだけ!」という状態になっていれば、業者が行う作業は回収と清掃くらいなので、上記で示した基本料金より大幅に安くなる可能性があります。 しかし、ただゴミを袋に詰めておいてもらうだけでは片付け料金は安くならず、場合によっては高くなってしまう可能性があります。 それは、袋の中にゴミを分別せずグチャグチャに詰めている場合です。 すべてのゴミ袋の中身を確認し、中身を取り出して分別し直す必要があるため、余計に時間がかかってしまうのです。 ゴミの分別に関する知識に自信がなければ、業者に任せてしまった方が安心です。 探し物は先に見つけておく どうしても見つけておきたい探し物を、作業が入る前に頑張って自力で見つけていただけると、探し物を探すために必要な上乗せ料金をカットすることができます。 仮に 探し物込みで、ゴミ屋敷の片付けに15万円かかるとすると、12万円くらいに抑えられる可能性が出てきます。 ただ、ゴミ屋敷の中で物を探す作業は一般の方には大変難しいですし、物の積み上がり方によっては崩れて危険なケースも多いので、無理はしないでくださいね! 激安ゴミ屋敷の片付け業者!依頼する前の注意点 「どの業者さんにゴミ屋敷の片付けを依頼しようかなぁ……?」と思って各業者のサイトを見比べていると、明らかに安い業者さんが見つかることがあるかもしれません。 もちろん、ゴミ屋敷の片付け料金は安く済んだ方が嬉しいですよね? その気持ちは否定しませんが、結果として悪い業者さんにあたってしまう前に、きちんと確認しておいてほしいことがあります。 例えば、表示されているのは作業代だけで、処分代は別途となっていませんか? 料金システムに不明確なところや怪しいところがあれば、問い合わせて聞いてみるのも手です。 個人情報の扱い方、大丈夫ですか? ごくまれに、料金を引き下げるために、ゴミ処分を適当にする業者もいるようです。 大事な書類をゴミ袋に確認なく入れて、公共のゴミ置き場や山に置いたりするケースがあると耳にしました。 回収したものに対してずさんな扱いをしている業者は、安くてもオススメできません。 「ゴミはどこに持っていくのですか?」「個人情報の書いてあるものは、どうするんですか?」など、気になることを聞いてみて、きちんと対応してくれない業者なら、依頼は待った方がいいかもしれません。 ゴミ屋敷の片付け料金についてのまとめ 以上、ゴミ屋敷の片付けの料金についてのお話でした。 ここでのお話はあくまで目安で、詳細はお見積りをしないことには分かりませんが、だいたいの予算を見積もるときの参考にしていただければ幸いです。 「少しでも安いところにゴミ屋敷の片付けを依頼したい!」と思うかもしれませんが、業者としては料金を安さよりも、安心・安全かどうかに目を向けて、信頼できる業者に依頼してほしいなと思うのが本音です。 住んでいるお部屋をゴミ屋敷にしてしまった、実家がゴミ屋敷になっていた……。 にお声掛けください。 この記事を書いた人.

次の

料金表

ゴミ屋敷 料金

高く積み上げられた弁当ガラに新聞紙。 ツーンと鼻を刺す嫌な臭い。 あなたも今まさに、そんな『ゴミ屋敷』化してしまった家の片付けにあたって、「片付けるのにいくら必要なのか?」と悩んでいませんか? ゴミ屋敷化してしまった料金は「3つの要素」で決まります。 そこで今回は料金の決定方法からゴミ屋敷の片付けにかかる料金を実例の写真と料金をすべて写真付きで公開します。 最後まで読んでいただければ、ゴミ屋敷の片付け料金に関する知識が今は全くない人でも、片付けを進める上で、金銭面のプランを立てられると同時に、良い業者に依頼する方法も身に付きます。 悩みの種だった大量のゴミを、すっきり全て片付けることができるので、新しい生活の第一歩を踏み出すことができますよ。 お見積りは 無料です。 今すぐご相談ください! 1 ゴミ屋敷の片付け料金はゴミの内容・人件費・清掃の3つで決まる (1)ゴミの内容 一般廃棄物として処分できるゴミは安いが、産業廃棄物として扱われる場合は、処分代が高くなり、その差は5倍もあります。 「一軒家のゴミ屋敷片付けはマンションの汚部屋片付けより高くなる」というイメージを持つ方も多いですが、それは違います。 そもそも、ゴミ屋敷に相場はないといってしまっても過言ではありません。 どんなゴミがあるのか?どういった要望を片付けに求めるのか?一口にゴミ屋敷といっても、それを作り上げるゴミの内容や片付けるに至ったシチュエーションは人によって千差万別ですから、同じ広さの部屋でも、同じゴミの物量でも、現場ごとに、料金は異なるのです。 ただし、高くなりやすいケースと安く終わるケースには、傾向があります。 同じ物量・部屋数でも料金が高くなるケース• 室内の衛生状態が悪くスタッフへの健康被害が危惧されるニオイやホコリ、残飯やペットの糞尿がある部屋• エレベーターがなく階段からの搬出になる• ハウスクリーニングが必要 同じ物量・部屋数でも料金が安くなるケース• すでに袋詰めしてある• 生ごみは一切ない• 清掃が不要 それでは、実際に片付け110番で行ったゴミ屋敷片付けの現場とその写真、そして料金について紹介します! 事例1 1R 27,000円 総額 約27,000円 ゴミの内容と物量 例:段ボール、空のペットボトル、弁当ガラ、お菓子の袋、紙ごみ、空き缶 軽トラック1台分程度 作業人数 1名 作業時間 約2時間 作業内容• 散らかったゴミの袋詰め及び搬出 事例2 1R 76,800円 総額 約76,800円 ゴミの内容と物量 例:段ボール、空のペットボトル、弁当ガラ、お菓子の袋、紙ごみ、空き缶 2tトラック満載量 作業人数 2名 作業時間 約5時間 作業内容• 必要品と不用品との仕分け作業• 5m程の物量 作業人数 2名 作業時間 約5~6時間 作業内容• 散らかったゴミの袋詰め作業• 必要品と不用品との仕分け作業• 作業後の簡易清掃 事例4 1R 162,000円 総額 約162,000円 (内、ハウスクリーニング費用:約60,000円) ゴミの内容と物量 例:空き缶、煙草の吸殻、段ボール、袋に入った生活ゴミ、空のペットボトル、弁当ガラ、お菓子の袋、紙ごみ 2tトラック1台分と軽トラック1台分程度 作業人数 2名 作業時間 ゴミ片付け約5時間、クリーニング約3時間 作業内容• 散らかったゴミの袋詰め作業• ゴミの搬出作業• お部屋全体の煙草のヤニ汚れへのハウスクリーニング 事例5 2DK 225,000円 総額 約225,000円 (内、ハウスクリーニング費用:約20,000円) ゴミの内容と物量 例:空のペットボトル、弁当ガラ、お菓子の袋、紙ごみ、空き缶、生ごみ、衣類、雑誌、段ボール 2tトラック2台分程度 作業人数 3人 作業時間 約6時間 作業内容• 散らかったゴミの袋詰め作業• ゴミの搬出作業• ハウスクリーニング 事例6 2LDK 216,000円 総額 約216,000円 ゴミの内容と物量 例:空のペットボトル、弁当ガラ、お菓子の袋、紙ごみ、空き缶、生ごみ、衣類、布類、故障小型家電 2tトラック1台半分 作業人数 6名 作業時間 約6時間 作業内容• 散らかったゴミの袋詰め作業• ゴミの搬出作業• 作業後の簡易清掃 事例7 一軒家(平屋) 334,000円 総額 約334,000円 ゴミの内容と物量 例:空のペットボトル、弁当ガラ、お菓子の袋、書類、空き缶、生ごみ、衣類、布類、小型家電、不要家具、段ボール 2tトラック4台分 作業人数 4名 作業時間 約2日間 作業内容• 散らかったゴミの袋詰め作業• 不用品及びゴミの搬出作業• 作業後の簡易清掃 事例8 孤独死現場 540,000円 総額 約540,000円 (内、特殊清掃費用180,000円) ゴミの内容と物量 例:空のペットボトル、弁当ガラ、お菓子の袋、書類、空き缶、生ごみ、衣類、布類、小型家電、不要家具、段ボール 2tトラック1台半分 作業人数 5~6名 作業時間 約3日間 作業内容• 感染症予防・汚染物除去及び消毒消臭のための特殊清掃• 家財一式及びゴミの片付け・搬出 事例9 一軒家 864,000円 総額 約864,000円 ゴミの内容と物量 例:空のペットボトル、弁当ガラ、お菓子の袋、書類、空き缶、生ごみ、衣類、布類、小型家電、不要家具、段ボール 2tトラック11台分 作業人数 6~8名 作業時間 約1週間 作業内容• 散らかったゴミの袋詰め作業• 不用品及びゴミの搬出作業• 作業後の簡易清掃 お見積りは 無料です。 今すぐご相談ください! 3 少しでも安く片付けるコツ3選 ゴミ屋敷を片付ける上で、安く終えるには、この3つの方法を実践するほかありませんので、是非取り組んでみて下さい。 (1)行政代執行を受ける前に片付ける 自分で業者を探して依頼していれば数十万円で済むところが、行政代執行が行われると、請求額が数百万円になることも珍しくありません。 実際に、2016年3月26日郡山市で行われた行政代執行では、管理者の男性に対して撤去費用約176万円が請求されました。 地方自治体が依頼者に注意喚起をしてもゴミ屋敷の掃除を行わない場合、行政が強制的に片付けを強行し、その費用を徴収することがあります。 それを、『行政代執行』と言います。 支払いを拒否した場合は、督促状(とくそくじょう)が届き、財産を差し押さえられてしまいます。 自分で良心価格の業者を見つけて早めに片付けていかないと、高額な料金が法的な拘束力を持って強制的に請求されてしまいまうんですね。 (2)少しでも自分で作業しゴミ出しや袋詰めをしておく ゴミ屋敷のゴミの内容の多くは、弁当ガラや紙ごみなど、毎週の地区のゴミ出しで出せるものが多い傾向にあります。 少しでも予算を抑えたいなら、できる範囲でゴミを捨てていくことが一番です。 個人で片付ける場合でも業者に頼む場合でも、ゴミ屋敷の片付けの手順は次の通りです。 例えば、『床一面にゴミが散らかっている1ルーム』を片付けようと思ったときに、すべて丸投げしてしまえば4万円程はかかってしまいます。 しかし、もし事前に自分で袋詰めだけでもできていれば、作業時間や作業員の短縮が可能になり、1万円前後安く片付けを終えられることができます。 業者に頼む前に少しでも片付けてみよう!と思ったら、次の3つのポイントを押さえて作業すると、効率よく、さらに後で業者に頼む時にもスムーズな作業ができますよ。 人手とスケジュールを事前に確保しておく• ゴミ袋や軍手など事前に揃えて置く• 玄関から片付け始める 自分達で袋詰めできたものは、最短の地区の収集日でゴミとして出し、絶対に溜め込まないようにしましょう! (3)業者は相見積もりを取って決める 相見積もりを取ることで、相場価格設定の優良業者の中から、さらに『安く』片付けてくれる業者を見つけることができます。 他社相みつがあることで、値段交渉がしやすくなりますし、他社との差別化として、割引や特典を案内してもらえる可能性もあります。 相見積もりを取った場合と、取らなかった場合のメリットを表にしてみましたのでご覧ください。 相見積もりを取った場合 相見積もりを取らなかった場合 適正価格(相場)が分かる 適正価格が分からない 業者ごとの作業プランが分かる 一社の作業プランしか分からない 業者ごとのメリット・デメリットが分かる 一社のメリットしか分からない 相見積もりは、『各社の強み・メリット・作業員の対応』など 価格面以外の点についても比較検討することができます。 依頼する前にチェック!優良な業者のチェックシート ゴミ屋敷に直面したら「早く片付けてすっきりしたい!」と思うかもしれません。 しかし、タンスを1つ捨てるのとはわけが違い、実例で紹介した通り、ゴミ屋敷の片付けには非常に大きなお金が必要になります。 業者選びをないがしろにすると、『トラブル』に巻き込まれて法外な料金を請求される可能性もありますので、これから紹介するチェックシートを参考に『業者選び段階』『見積もり段階』で慎重に業者選びを行ってください。 消費者センターに寄せられる、悪質不用品回収業者によるトラブルの多くが、「見積もりは安かったのに最後に突然追加料金だといわれて上乗せされた」というケースだからです。 これ以上追加料金はかからないのか、当日になって割増になったりしないのかをしっかり確認し、可能であれば書面に明記してもらうことが 自分の身を守るために必要です。 まとめ ゴミ屋敷の片付け費用は、『ゴミの内容』『人件費』『清掃費』によって決まります。 片付けるには大きな金額が必要になってしまいますが、安く終える為のコツもあります。 『行政代執行を受ける前に片付ける』『少しでも自分で作業しゴミ出しや袋詰めをしておく』『業者は相見積もりを取って決める』ことで、費用を抑えた片付けを進めていくことができます。 良質な業者をチェックシートでしっかりと見極め、業者と協力して、きれいな家を取り戻しましょう。 当記事を通して、あなたが無事にゴミ屋敷の片付けを終え、作業後の新生活を気持ちよく送れることができれば、幸いです。

次の

【協会認定】全国のゴミ屋敷片付けの料金相場と買取・口コミを比較【みんなの遺品整理】

ゴミ屋敷 料金

ゆーすけ|片付け部編集長 片付けが好きで、妻を巻き込んで毎週断捨離を行っています。 仕事でも遺品整理、ゴミ屋敷、生前整理、不用品回収、特殊清掃の現場に行き、プロの技を学んでいます。 片付けをしたい方にとって有益な情報をお伝えいきたいと思っています。 ゴミ屋敷の片付け料金相場は、間取り別に決まっていることが多く、1Kで55,000~150,000円、1DKで75,000~250,000円程度になっています。 下記にはゴミ屋敷の片付け料金相場表を掲載しておきました。 間取りが広くなればなるほど、ゴミ屋敷での片付けの量が増えていくこともあり料金相場は上がっていきます。 ゴミ屋敷の片付け料金相場表 間取り 片付け料金 1K 55,000円~150,000円 1DK 75,000円~250,000円 1LDK・2DK 95,000円~350,000円 2LDK 115,000円~450,000円 3LDK 135,000円~550,000円 このページでは、になってしまった部屋や家の片付け料金について、ゴミ屋敷の片付け料金の決まり方やゴミ屋敷の片付け料金相場を解説していきます。 ゴミ屋敷の片付け料金を学んで、ゴミ屋敷の解決に繋げていきましょう。 オコマリは、ゴミ屋敷片付けを始め遺品整理や生前整理、片付け、木の伐採や剪定といった生活のお困り事を解決するサービスを提供しています。 ゴミ屋敷片付けに関して専門知識のあるスタッフが親身になって無料で相談に乗っておりますので、0120-916-397までご相談いただければと思います。 オコマリのゴミ屋敷片付けのサービスの詳細ついては、「」のページからご確認いただけます。 ご相談内容は秘密厳守いたしますので、安心してご連絡ください。 ゴミ屋敷の片付け料金の決まり方とは? ゴミ屋敷の片付け料金の決まり方を早速解説していきましょう。 どのようにゴミ屋敷片付けの料金が決まるのかを知れば、お見積書を見たときに相場通りなのかを判断できます。 ゴミ屋敷の片付け料金は「基本料金+オプション料金」の2つで決まります。 基本料金・オプション料金のそれぞれに、どのような費用が含まれていて、どのように決まるのかを見ていきたいと思います。 ゴミ屋敷の片付けの基本料金の決まり方 のうち、基本料金は業者に依頼するすべての方が支払う費用になります。 基本料金は、 人件費・処分費・車両費・交通費という作業に直接関わる料金の他、事務所代・広告費といった作業には直接関係ないものの間接的に必要な費用が含まれています。 基本料金を決める大きな要素は、 ゴミ屋敷の中のゴミの量です。 片付けるゴミ屋敷にゴミがあればあるほど、基本料金は高くなっていきます。 理由は、ゴミが多ければ多いほど人件費や処分費、車両費がかかってくるからです。 ゴミ屋敷の片付けのオプション料金の決まり方 ゴミ屋敷の片付け料金のうち、オプション料金は依頼者が必要だと感じたら追加すればよい費用です。 オプションでは、 ゴミ屋敷の片付けとともに清掃をしてもらいたい方や消臭をしてもらいたい方に対して、清掃や消臭といったサービスを提供しています。 オプション料金の決まり方は、部屋の広さによって変動します。 例えば消臭をしたい部屋が多ければ多いほど、また広ければ広いほど料金が高くなっていきます。 これは部屋の多さや広さに比例して、人件費や材料費が必要になるからです。 もちろん、部屋が多くてもオプションをして欲しい部屋が1つだけであれば、料金を抑える事はできます。 ゴミ屋敷の片付け料金相場~大阪や札幌などの地域別も紹介 ゴミ屋敷の片付け料金相場表~地域別~ 間取り 北海道(札幌) 東京都 神奈川県(横浜) 愛知県 大阪府 福岡県 沖縄県 1K 4. 5~15万円 5. 5~15万円 5~13万円 4. 5~14万円 3~12万円 3. 5~11万円 4~15万円 1DK 7. 5~25万円 8. 5~25万円 8~23万円 7. 5~24万円 7~22万円 7. 5~21万円 7~25万円 1LDK・2DK 9. 5~35万円 10. 5~35万円 10~33万円 9. 5~34万円 9~32万円 9. 5~31万円 9~35万円 2LDK 11. 5~45万円 12. 5~45万円 12~43万円 11. 5~44万円 11~42万円 11. 5~41万円 11~45万円 3LDK 13. 5~55万円 14. 5~55万円 14~53万円 13. 5~54万円 13~52万円 13. 5~51万円 13~55万円 ゴミ屋敷の片付け料金相場を地域別に並べたものを上記に記載しました。 表では、北海道(札幌)、東京都、神奈川県(横浜)、愛知県、大阪府、福岡県、沖縄県のゴミ屋敷の片付け料金相場をお伝えしています。 冒頭にもお伝えしたように、 ゴミ屋敷の片付け料金相場のうち、基本料金は間取り別に示される事が多いです。 既にお伝えしたように間取り自体が大切なのではなく、ゴミ屋敷にある物量で料金は決まるのですが、分かりやすいように間取り別に示されているのです。 一般の部屋の片付けよりも、ゴミ屋敷の片付けは部屋によっての物量のブレが大きくなります。 生ゴミや汚物が大量にある部屋もあれば、ただプラスチックゴミが多いだけの部屋もあります。 そのような事もあって、ゴミ屋敷の片付けの料金相場は幅が大きいのです。 下記では実際のの料金表を2つご紹介しますので、参考にしてみてください。 A社のゴミ屋敷の片付け料金相場表 間取り 作業人数 物量 料金 1K 2名 2㎥ 50,000円〜 1DK 2名 6㎥ 120,000円〜 1LDK 2名 8㎥ 160,000円〜 2DK 2名 12㎥ 240,000円〜 2LDK 2名 14㎥ 280,000円〜 3DK 3名 16㎥ 320,000円〜 3LDK 3名 18㎥ 360,000円〜 B社のゴミ屋敷の片付け料金相場表 間取り 物量 片付け料金 1K 6㎥ 120,000円程度 1DK 8㎥ 160,000円程度 1LDK 12㎥ 240,000円程度 2K 14㎥ 280,000円程度 2DK 16㎥ 320,000円程度 2LDK 20㎥ 400,000円程度 3K 24㎥ 480,000円程度 3DK 26㎥ 520,000円程度 3LDK 28㎥ 560,000円程度 4K 30㎥ 600,000円程度 4DK 34㎥ 640,000円程度 4LDK 38㎥ 680,000円程度 5DK 40㎥ 720,000円程度 5LDK 44㎥ 800,000円程度 ゴミ屋敷の片付け料金のうち、オプション料金はどのような料金設定なのでしょうか? まずはハウスクリーニングをオプションとして依頼した場合の料金相場を見てみましょう。 掃除する場所 料金 トイレ 10,000円~30,000円 お風呂場 16,000円~30,000円 キッチン 10,000円~30,000円 洗面台 10,000円~30,000円 フローリングなどのフロアクリーニング 1畳 8,500円〜 ハウスクリーニングの場合には、このように場所によって料金が決まっている事が多いです。 またフロアの場合には広さによって料金が変動していきます。 ゴミ屋敷の片付けを依頼する方の約半分は、ハウスクリーニングや消臭の依頼をされているようです。 理由は、 やはり長年ゴミ屋敷の状態だった部屋にはこびり付いたニオイや汚れがあり、それらを除去して欲しい要望が多いからです。 ハウスクリーニング以外のオプション料金は下記のようになっています。 作業内容 オプション料金 汚物撤去 20,000円~ 消臭剤や除菌剤の散布 12,000円〜 畳の撤去 4,000円〜 オゾン脱臭/消臭 35,000円〜 害虫駆除 20,000円〜 ゴミ屋敷の片付け料金を安くするには? ゴミ屋敷の片付け料金の相場を見てきましたがどのような印象を受けたでしょうか?ゴミ屋敷の片付け料金は、一般的な部屋の片付け料金よりもどうしても高くなってしまいます。 そこでここからは、ゴミ屋敷の片付け料金を安くする方法を3つご紹介していきたいと思います。 方法1 — 自分で出来るところまで行う ゴミ屋敷の片付け料金を安くする方法の1つ目は、 自分で出来るところまでゴミ屋敷を片付ける事です。 ゴミ屋敷の片付け料金は、どれだけゴミ屋敷にゴミがあるかで決まるとお伝えしてきたように、業者にゴミを処分してもらうほど料金が高くなっていきます。 そこで、 自分自身でゴミ屋敷の片付けを行ってしまう事で、ゴミ屋敷の片付け料金を安くするのです。 もちろん全ての部屋、全てのゴミを自分で片付けるのは困難なので出来るまでで構いません。 大きな家具や大きな家電はゴミ屋敷の片付け業者に料金を支払ってやってもらうとして、それ以外の細かい物を片付けてみましょう。 自分でまず片付けを行った事で、最大10万円以上も片付け料金を安くした方もいますので、実践してみましょう。 方法2 — 業者選定をしっかりとする ゴミ屋敷の片付け料金を安くする方法の2つ目は、 依頼する業者の選定をしっかりする事です。 ゴミ屋敷の片付け業者の中には悪徳な業者も混ざっており、そのような業者に依頼すると金品を盗まれたり、高額な追加料金を請求されたりしてしまいます。 つまり、 安くゴミ屋敷の片付けをしてもらう為にも、業者選定はしっかりと行うべきなのです。 ゴミ屋敷の片付け業者の選定は下記のような点をチェックするようにしましょう。 お問い合わせ時の対応が丁寧だったか?• お見積りに来た時の対応は丁寧だったか?• お見積り時の服装や身なりは清潔感があり、しっかりしていたか?• お見積り書は紙、またはデータで渡してくれたか?• 不明な点について質問したら、明確に答えてくれたか? 方法3 — 買取をしてもらう ゴミ屋敷の片付け料金を安くする方法の3つ目は、 買取をしてもらってその分を支払う料金から引いてもらう事です。 ゴミ屋敷とはいえ、すべてがゴミという方も少ないかと思います。 自分が大切にしていた物の中に価値のある物が含まれている方もいるのではないでしょうか? そのような方は ゴミ屋敷の片付け業者に買取をしてもらって、その分を片付け料金から引いてもらうようにしましょう。 業者が買取に対応している必要がありますので、お問い合わせ時に買取対応しているかを確認するようにしてください。 ゴミ屋敷の片付け料金を支払い方法って何がある? 最後にゴミ屋敷の片付け料金の支払い方法についてお伝えします。 片付け料金の表を見て分かったように、料金が高額になる事も少なくないので、支払い方法についても詳しくなっておきましょう。 ゴミ屋敷の片付け料金を支払う方法は主に3つあります。 現金当日払い• クレジットカード• 事前振込 一番多いのが現金での当日払いです。 これはゴミ屋敷の片付け業者が出来るだけ早く現金を売上として手に入れたい為です。 ただ、数十万円するゴミ屋敷の片付け料金を当日用意するのが怖い方もいらっしゃると思います。 そんな方はクレジットカードでの支払いか事前振込で対応してもらいましょう。 クレジットカード支払いについては、片付け業者によって対応していないケースも多くあります。 理由としては、クレジットカード利用だと手数料を取られてしまうのを嫌がる業者が多いのと、料金の支払いが1ヶ月後になってしまう為です。 現金主義の業界ですのでクレジットカードに対応しているゴミ屋敷片付け業者は多くないのが現状です。 どうしてもクレジットカードが良い場合には問い合わせ時に聞いてみるようにしましょう。 事前振込については作業を行ってもらえるか不明なのに振り込みたくない…という意見があるものの、当日に現金を持参しなくてよいので利用されている方法の1つです。 事後払いは殆どの片付け業者で断られてしまいますが、 事前振込であれば問題なくOKしてもらえるでしょう。 自分の状況にあった料金を支払い方法を選ぶようにしましょう。 「ゴミ屋敷の片付け料金の決まり方を徹底解説!安くするコツも紹介」まとめ ゴミ屋敷の片付け料金の決まり方について解説してきましたがいかがでしたでしょうか? ゴミ屋敷の片付け料金がどのように決まるのか?を知ることによって、よく分からなかった業界の料金相場が明確になったかと思います。 お伝えした料金が安くなるコツは、全国のどのゴミ屋敷片付け業者でも使えるテクニックですので、ぜひ活用してみてください! ゴミ屋敷の片付けについてさらに知りたい方はこちらの記事も参考にしてみてください。

次の