お腹 ポコポコ お なら。 お腹がポコポコ鳴る4つの原因!ガスの溜まりを解消しよう!

お腹がポコポコ鳴るのはどうして?原因や解消する方法

お腹 ポコポコ お なら

お腹がポコポコ鳴る原因 痛いとき お腹で音がなるほかに、痛みもともなう場合は、• 過敏性腸症候群• 食べすぎ・飲みすぎ• 食中毒 といったさまざまな原因が考えられます。 便秘の場合は下腹部に張りがあるのが特徴です。 水分や食物繊維を積極的に摂取することで改善させていくといいでしょう。 食べ過ぎや飲み過ぎも腹痛の原因となります。 特にポコポコといった音が鳴っているのは胃などの消化器官が一生懸命飲食物を消化しているときに発生している音である可能性が高いです。 参考: また、お腹が冷えることで痛みが生じることもあります。 エアコンなど外部からの冷えのほかにも冷たい飲み物を飲んだりすることでも腹部は冷えてしまうので注意しましょう。 さらに食中毒の場合は激しい痛みや発熱・下痢を伴います。 過敏性腸症候群については下記で詳しくお伝えしていきますね。 動く感じがするとき お腹がポコポコした感じで動く感覚があるときは、筋肉の痙攣が原因である可能性が高いです。 お腹には胃や腸、膵臓、下腹部には膀胱などさまざまな臓器が存在します。 これらの臓器は 平滑筋という筋肉に包まれています。 この平滑筋が痙攣することでポコポコお腹が動いたように感じるのです。 それではどのような状況のときにこれらの筋肉は痙攣しやすくなるのでしょうか。 私たちの体は外部から多くのストレスを受けたり、疲労がたまってしまうと筋肉が緊張状態になってしまいます。 こうなると、運動神経の伝達がうまくいきにくくなり痙攣しやすくなってしまうのです。 つ まり、日々の疲労やストレスが原因でお腹がポコポコ動くような感じがするのです。 下痢があるとき 下痢を伴う場合は、 下痢型過敏性腸症候群という病気が考えられます。 下痢型過敏性腸症候群では突然、便意を感じ下痢をしてしまうことが多いです。 電車に乗ると下痢をしやすくなる、という方も多いです。 これは、以前、電車に乗ったときに下痢になった経験が影響しています。 この嫌な経験を脳がストレスに感じ、再び電車に乗ったときに下痢を引き起こしてしまうのです。 このように、過敏性腸症候群は多くの場合、ストレスが原因となります。 おならがあるとき おならがよく出てしまう場合は、 ガス型過敏性腸症候群の可能性が考えられます。 これは簡単にいうと、お腹(腸内)でガスが発生し、溜まってしまっている状態です。 ガスがお腹にたまってしまう原因としては、• 腸における消化作用が働きすぎて多くのガスが発生してしまう• 緊張やストレスが影響し、必要以上の空気を吸いそれがお腹にたまってしまう• 腸内の細菌叢が変化し、多くのガスを発生させてしまう といったことがあげられます。 多くの場合は、運動や食事、休養など基本的な生活習慣の改善で治ることが多いです。 まず、運動により自律神経系が刺激されるので、ガスがお腹にたまってしまうのを改善することができます。 また、食事でも食物繊維を多く摂取したり、ヨーグルト・納豆・キムチなどの発酵食品をとることで腸内の悪玉菌の活動を抑えてくれます。 悪玉菌の活動が抑制されると相対的に善玉菌の作用が強くなり、腸内細菌叢の改善に向かうのです。 さらに、疲労やストレスは過敏性腸症候群の根本的な原因となります。 しっかりと睡眠をとり、ストレスをため込まない生活習慣を心がけるだけでもお腹の調子を改善させていくことは十分可能です。 お腹にガスがたまりやすくなる原因 お腹がポコポコなる原因を紹介しましたが、その中でもお腹にガスがたまってしまっているという理由で音が鳴ることが多かったですね。 そこでここではお腹にガスがたまりやすくなってしまう原因についてさらに深くお伝えしていきたいと思います。 肉類の食べ過ぎ お肉ばかり食べるような食生活をしていないでしょうか。 豚肉や牛肉は特に動物性タンパク質が多く含まれ、脂質の過剰摂取につながります。 その 結果、腸内環境も悪くなりガスが発生しやすくなってしまうのです。 特に揚げ物は脂分が多いので注意しなければなりません。 お肉が食生活の中心になってしまっている方は、肉類の摂取を控え、野菜や発酵食品を多く摂取することで腸内環境を整えることが期待できます。 デスクワークが多い 仕事で起きている時間の多くをデスクワークに割いている方は多いのではないでしょうか。 意外にもこの長時間のデスクワークがお腹にガスがたまりやすくなる原因となります。 デ スクワークにより長時間同じ姿勢を保っていると腹部にガスがたまりやすくなってしまうのです。 特に女性の場合はストッキングやタイツで下腹部が締め付けられてしまうので腸が圧迫され、さらにガスがたまりやすい状態になってしまうのです。 いつもデスクワークで同じ姿勢ばかりしていると感じる方は、意識的に姿勢を変えるようにしたり、こまめに休憩をはさむようにするといいでしょう。 まとめ:食生活を改善とストレス解消を意識しよう! お腹がポコポコ鳴っているのは• 腸内環境が悪くなっている• 疲労やストレスの蓄積により平滑筋が痙攣している という2つの原因が主になります。 日ごろの食事に気をつけたり、疲労やストレスを解消できるようなライフスタイルにしていくことで改善されることが多いです。 また、こちらの記事も関連性が高い記事になっていますので併せてご覧いただくことをおすすめします。 参考:.

次の

お腹がならない方法はある?空腹時に止めるコツ・上手な対策法まとめ

お腹 ポコポコ お なら

下腹部がポコポコと動くわけ 下腹部にある臓器は、そのほとんどが筋肉でできています。 腸や膀胱などをイメージしてみて下さい。 臓器の一つ一つは、袋状や筒状になっており、 筋肉の繊維で包まれています。 筋肉の働きは、伸び縮みすることで活動しています。 腸や膀胱などは、自分の意志で動かすことのできない平滑筋でできています。 人が生命を維持するということは、この平滑筋が常に動いている状態になります。 動き続けている筋肉は、疲労などで ピクピクと痙攣を起こします。 この痙攣は筋繊維束性収縮といいます。 健康な人でも、 ストレスや疲労で痙攣が起こることがあります。 その場合は安静にして、筋肉を休ませてあげることで改善されます。 ただ、心配な痙攣もありますので注意が必要です。 下腹部のポコポコ…心配な病気は? 過敏性腸症候群 ガス型 ストレスを感じやすく、 特に女性に多く見られる、腸の病気です。 便秘と下痢を繰り返します。 その中で、下腹部がポコポコとなる症状の一つに、ガスの塊が腸の中でポンポンと割れている状態です。 痛みもあり、常にガスが溜まっている感じがあります。 緊張状態で、酸素を多く飲み込んだり、腸内細菌の影響で ガスが発酵していることが原因で起こります。 下腹部の臓器を包む筋肉がピクピクと痙攣しているのです。 ストレスや疲労、時には脱水で痙攣が誘発されることがあります。 脱水症状を防ぐために、こまめな 水分補給を行いましょう。 急性虫垂炎や膀胱炎などの炎症による痙攣 臓器に細菌などが原因で炎症をおこすと、それに伴い痙攣を起こします。 三本の指(示指・中指・薬指)で、特に痛む圧痛点を深く押してみます。 勢いよく、パッと手放すとき、激しい痛みを訴えるようであれば、その部位に炎症が起こっていると考えられます。 月経前症候群(PMS) 筋肉の塊である子宮は、 月経周期に伴い、収縮と弛緩を繰り返しています。 月経が近づくと、子宮が縮むために、痛みや痙攣を起こしやすくなります。 下腹部のピクピク、何かいい対処方法はありますか? ポコポコ・ピクピクと痙攣を起こすのは、 筋肉に負担がかかっているためです。 筋肉の応急処置を言えば、冷やすことを想像してしまいますね。 それでは逆効果。 下腹部は冷えやすく、ストレスを受けやすいので、緊張状態を続けています、 筋肉を緩めてあげるために、まずは温めてあげましょう。 温めたタオルやカイロで 血行をうながすようにします。 下腹部の痙攣で受診する場合は、痙攣が起こる部位で、エコーや検尿が必要な場合、受診する専門医が異なってきます。 右下腹部や左下腹部の大腸の違和感 … 消化器科・胃腸科・内科• 膀胱・尿管 … 泌尿器科• 子宮・卵巣 … 産婦人科 ご自身の自覚症状と合う 専門医を受診するようにしましょう。 ということで、やはり重要なのは異常を感じたら少しでも早く「医者にかかる」ということですね。 先ほど色々何科に行けばいいかと書きはしましたが、自分で判断するのが難しい場合はとりあえずどこでもいいので診せた方がいいでしょう。 下腹部の症状についてはこちらも合わせて読んでおくといいですよ。

次の

「お腹を凹ませたいなら、腹筋100回よりまず歩こう!」:Gooday 通信:日経Gooday(グッデイ)

お腹 ポコポコ お なら

去る12月13日、日本経済新聞社が主催する「エコプロダクツ2014」(東京ビッグサイト)において行われた、「日経Gooday プレゼンツ 中野ジェームズ修一が熱血指導!『エコウォーキングでぽっこりお腹解消』」の特別セッション。 五輪メダリストをはじめとするトップアスリートたちのコンディショニングをサポートする、超一流パーソナルトレーナーの中野ジェームズ修一さんを迎え、メタボ解消トークが繰り広げられました。 また、イベント期間中は「日経Gooday」のプロモーションブースも出展。 最新の体組成計で体の状態を測定するサービスが大好評でした。 当日の模様の一部を読者のみなさんにお届けします! お腹をへこませるのはとっても簡単! 「あれぇ、片脚だとフラフラするなぁ」「うぁ、これはキツぅ~い」 ステージの上からパーソナルトレーナーの中野ジェームズ修一さんが、会場の参加者に実践メソッドを兼ねた「筋力診断」を促すと、あちらこちらからため息にも似た声がもれてきた。 [画像のクリックで拡大表示] 今回のスペシャルトークは、「エコウォーキングでぽっこりお腹解消」がテーマ。 中野さんによる講演と実演を組み合わせながら、「ダイエット」「アンチエイジング」「メタボリックシンドローム」「ロコモティブシンドローム」「介護」そして「エコロジー」までと、実にさまざまな健康キーワードとともに熱血指導が行われた。 冒頭の声は、このトークライブ終盤の一幕でのことだ。 当日は、編集長の米田による冒頭のあいさつの後、会場の拍手に迎えられ、パーソナルトレーナーの中野ジェームズ修一さんがステージに登場。 副編集長の池田を相手に、熱を帯びたトークが交わされた。 中野 「お腹が出てきたことに悩んでいたり、へこませるのに苦労されていたりしませんか? へこませることがとても大変なイメージがあるようですが、実はものすごく簡単なんですよ。 でも、なぜできないのか? それは、やり方が違っていたり、間違った考え方を身に付けていたりするからなのです」 池田 「多くの人が『太った』『お腹が出た』と思いながら、体重やウエストの数字で悩んでいます。 原因は何なのでしょうか?」 中野 「体重を落とすために、食事量を調整したり、運動をがんばったりする人がいますが、重要なのは筋肉なのです。 会場のみなさんは『基礎代謝』という言葉を聞いたことはありますか?」 (会場にいる参加者のほぼ全員が手を挙げる) [画像のクリックで拡大表示] 中野 「基礎代謝が増えると太りにく体質になりますが、そもそも基礎代謝を大きく担っている器官は筋肉です。 そして、代謝量を後天的に増やすためには、筋肉を鍛えるしかないのです。 ちなみに、脳や肝臓は鍛えても残念ながら大きく出来ません(笑)。 で、多くの人は体重を落すためにカロリーを気にして食事を制限しますが、そうすると何が減るのか。 筋肉量です。 食事を減らせば細胞を作るために欠かせないたんぱく質の摂取量が減り、体のエネルギー源になる炭水化物も減る。 体はそれを一生懸命に補おうとするために、筋肉を分解して糖を作る。 この繰り返しで筋肉量が減ると、逆に太りやすくなってしまいます」 池田 「食事は減らし過ぎてはダメなのですね。 すると運動しようとなるわけですが、例えば、本日のテーマにもなっているお腹をへこませようとして腹筋を鍛えても、あまり効果が出ません。 これはどうしてなのでしょうか?」 中野 「実は、お腹をへこませるために必要なのは腹筋運動ではありません。 お腹が出る原因は内臓脂肪、腹部の内容物が増えたからです。 それを効率よく減らすには、エネルギー消費量を増やす考え方に改める必要があります。 筋肉を鍛えながらエネルギー消費量も上げるには、ウォーキングやランニングといった有酸素運動が向く。 腹筋を100回する時間があるならば、歩く方がよほどいいのです」 池田 「『お腹をへこませるなら腹筋運動』と思っている人は多いかと思うのですが」 中野 「腹筋は、筋肉量から見れば大きくありません。 太もも、お尻、さらに背中など、大きな筋肉を鍛える方が、効率的に代謝は上がる。 中でも脚は動かしやすいうえに、最も鍛えやすいのです。 もしもお腹がへこまずに悩んでいるならば、ウォーキングで下半身を鍛えてください。 すぐに効果が出るはずです」 池田 「お腹をへこませたいならば、下半身にある筋肉を動かして、鍛える! おもしろいですね」 中野 「そもそも基礎代謝は20歳から年1%ずつ減るといわれていますが、これは筋肉量に関係しているとされています。 ですが、上半身の筋肉量は20歳の頃とあまり変わらないことが分かっています。 では、どこが減るのか。 下半身の筋肉量です。 これが基礎代謝を下げる大きな原因なのです。 さらに年齢と共に生活での活動量が減るにつれて、『サルコペニア』といわれる筋肉が減ってくる現象も起こり始めます。 でも、70歳、80歳になっても筋肉量は増やせるのですよ」 FEATURES of THEME テーマ別特集• 激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。 今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。 中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。 前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。 前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。 今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。 健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。 異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。 数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。 では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。 今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

次の