恋愛島 シーズン3 ネタバレ。 【ネタバレ】知ればもっと面白い!ドラマ「ARROW/アロー」トリビア15選!キャスト、ストーリーもざっくり紹介

【ポロス~古代インド英雄伝~】シーズン3第46~50話。あらすじとネタバレ。

恋愛島 シーズン3 ネタバレ

もくじ• 千葉の鴨川サーフィンハウス 確実にロケ地だと思われるのが、カクテルパーティ会場!シーズン1、シーズン2ともにバチェラーと女性が初めて会う場所です。 住所:千葉県鴨川市横渚808-59 鴨川サーフィンハウス 千葉県鴨川市にあるこの施設。 撮影スポットとしてミュージックビデオやドラマでも使われています。 なんと建てたのは、美容室EARTHを展開するアースホールディングス、代表取締役・國分利治さん! 大人のビーチハウス「EARTH鴨川サーフィンハウス 屋外プールあり キッチン、ホール、部屋がたくさんあり などなど、豪華な施設です。 海 これは今回の動画でありました。 浜辺で寝転んでいるシーンがあるんですね。 (羨ましい!w 私も浜辺でゴロゴロしたい。 )1、2でも海デートはあったので、今回もあるのは間違いなしです。 ただし、撮影時期が3月〜5月で、沖縄に入れるのは4月後半(まだ寒い) もしくは5月なら入れますね。 時期的に微妙なので、海外かもしれません。 シーズン1ではタイのプーケットと沖縄でした。 シーズン2も沖縄でしたね。 この時期はまだ観光客も少ないので、沖縄はありえるかもしれません。 もしくは、、、 タイの海 フィリピンのセブ島 インドネシアのバリ島 あたりが有力です。 追記:グアムでした!! バチェラー3のグアムのホテルはレオパレスリゾートグアム! 9月1日(日)から家族で楽しめる「ウェット&ワイルドウィークエンド」を開催するレオ!!! 入場制限(1日100名まで)だからお早めに!! — レオくん@レオパレスリゾートグアム leopalaceresort ホテルの敷地内に、ゴルフ場、プール、サッカー場、野球場などがあり、ホテル内にもレストラン、カフェ、ボーリングなどもあるレジャー施設です。 ゴルフデートもこの敷地内だったんですね! あとはデートに誘われなかった女性たちがプールに入ってましたが、それもこの敷地内です。 お値段はだいたい早割で一部屋160ドルほど、通常だと200ドルほどでした。 一人の値段ではなくて、一室あたりの値段なので、思ったより安いですね。 しかも!株主になると無料で泊まれてしまうそうです!もしかしたら無料で宿泊していたのかな、、、? グアム国際空港から車で25分です。 放送見ていても、敷地めちゃめちゃ広いな〜と思っていたら、なんとグアム島の面積の1パーセントを占めるんだとか!!! 1パーセントってすごい、、、、 グアム島が狭いのか、ホテルが広いのか、、笑 でもこんな海も綺麗な場所でバチェラーと過ごせたらもう夢のようですよね。。。 ただ水族館を見るだけではなく、脱出ゲームなどいろんな体験ができる施設です^^ 濱崎まりあちゃんと行ったのは、アンダーウォーターワールドの一日20組限定のディナーアンダーザシー! ディナーアンダーザシー 18:30〜20:00 1日20名様限定 完全予約制。 長さ100m。 神秘的な海底ワールドが広がる、美しい水中トンネル。 まるで海の中にいるかのような不思議な雰囲気の中で、最高のサービスとグルメなディナーをお楽しみください。 水族館でディナーなんて日本ではできないですからね、レストランでも水槽くらいしかないですし。 山 シーズン1は富士山の麓でキャンプ、富良野の雪山へ行きました。 シーズン2は軽井沢や群馬のキャンプ場へ行きました。 今回もあるでしょう。 自然の中でのデートは、ただのカクテルパーティや都会デートでは見えなかった一面が見えますよね。 バチェラーの好みにもよりますが、一緒にいて楽しめるか??も大切な気がします。 海外 シーズン1はタイのバンコク。 シーズン2はシンガポール!今回はグアムと、あとはフランスに行くんじゃないかなと思います。 バチェラーのフランスでの家族もいますしね! 海外でも、日本とは違った一面が見れるかもしれません。 そのほかありそうなデート スポーツデート シーズン1ではなんかボール?風船??みたいなのに入ってやるスポーツがありましたよね。 ゆきぽよが可愛かった〜〜(スポーツ名忘れました、すみません、、、><) あとはスポーツなのかはわかりませんが、セグウェイ、乗馬とかもあった気がする、、、 シーズン2ではバスケデートもありましたね。 今回はゴルフデートとかあるかもしれません。 水族館デート デートの定番!好きな人と美ら海水族館とか行けたら素敵ですよね〜><あー行きたい。。。。 笑 しかも過去のバチェラーでは水族館貸切!!! ヘリコプターデート 女性の憧れ、、、ヘリコプターデート。 もう一生に一度は乗ってみたい気がしますが、でもいざ彼氏が本当に準備していたら、なんか恥ずかしい気もするヘリコプターデート。 実際に私の知り合いがヘリコプターでプロポーズした人がいましたが、なんか笑ってしまいました。 笑 ひねくれているのかな。 笑 イケメンで完璧なバチェラーだから素敵に見えるのでしょうか。 庶民には恐れ多いヘリコプターデート。 花火大会の日に乗ってみたい〜〜!! まとめ バチェラージャパン3のロケ地についてでした。 ・千葉の鴨川サーフィンハウス ・海デート ・山デート ・海外デート ・ヘリコプターもありそう。 一体撮影日いくらかけているんでしょうか。 配信は2019年の秋からです^^今から楽しみですね〜〜!!.

次の

ドラマ「ロスト/LOST シーズン6」の全話ネタバレあらすじ結末まとめ

恋愛島 シーズン3 ネタバレ

特に、シーズン6最終話のラストは「まさかの夢オチ?」「全員死んだの?」「意味がわからない!」と物議をかもしましたね。 アメリカでは高視聴率が続き、エミー賞、ゴールデングローブ賞、全米映画俳優組合賞、全米脚本家組合賞など、多くの賞にノミネート、受賞しました。 LOSTのココがすごい!巨額の制作費、無名俳優を起用、連続シリーズものにも関わらず高視聴率 「LOST」はパイロット版(旅客機の墜落を描いた1話と2話)だけで、制作費が16億円! 当時は監督のJ・J・エイブラムスも、現在のような評価を築く前。 主演のマシュー・フォックス(ジャック・シェパード役)をはじめ、主要登場人物のほとんどに無名に近い俳優を起用したにもかかわらず、破格の制作費が費やされました。 巨額の制作費をかけたバクチ!で、プロデューサーがクビになったそうですよ… また、視聴者の興味を維持しやすい一話完結のドラマではなく、連続ミステリーシリーズものでありながら、人気番組となり、打ち切りではなくシーズン6で完結するまで続きました。 ミステリー、アドベンチャー、SF、人間ドラマといった要素が絡み合い、謎が謎を呼ぶ展開、世界中に熱狂的なファンを生み出し、社会現象にもなった大ヒット作品です。 「フラッシュ・バック」で人物たちの過去を描くだけでなく「フラッシュ・フォワード」や「フラッシュ・サイドウェイ」という手法で、さまざまな時間軸を描きます。 濃すぎて目が離せないキャラたちの、人間ドラマが面白い。 ちなみに撮影ロケ地はハワイ・オアフ島 LOSTの撮影は、スタジオではなくロケ撮影が多く、そのうちほとんどがアメリカハワイ州・オアフ島で行われました。 無人島のビーチやジャングル、山の景観はもちろん、ホノルル市街をLAの街に見立てたり、韓国やオーストラリアのシーンも実は、多くがオアフ島内で撮影されたとのこと。 いったいどうして?どうなってるの?水を求めて、食料をもとめてサバイバルする生存者たち。 外科医、護送中の殺人犯、詐欺師、元ロックスター、未婚の妊婦、ナイフ好きのおじさん、チキンが大好きな太っちょ、ぎこちない関係の父と子、英語がわからない韓国人夫婦、元イラク共和国軍兵士、セレブ風わけあり兄妹、飛行機後部のトイレに行ったまま行方がわからない夫を待つ妻。 などなど 国籍も経歴もさまざまな生存者たちの、過去と秘密が少しずつ明かされ、さらなる困難と事件が降りかかる。 脱出できるの?どうなるの?ていうか、 これタダの飛行機墜落サバイバル物語じゃない!!ということに、早々に気がつきます。 オーシャニック航空815人が無人島と思われる島に墜落。 なぜかジャングルにシロクマ出るわ、モンスターに襲われるわ、という謎すぎる状況で、救助を待ちながらサバイバルする生存者たち。 ケイトは護送中の逃亡犯で、サイードは軍隊時代に尋問官で拷問を行っていた。 ハーリーは呪いの数字で巨額の宝くじを当てて、人生が狂ってしまった…など、生存者たちの過去が少しずつ明かされる。 ジャックは死んだはずの父親の姿に導かれ、水場があって暮らしやすい洞窟を発見する。 無線機を修理したサイード。 救難信号をキャッチしたことから、16年前、島に漂着してジャングルで生き延びた、フランス人女性ルソーに遭遇。 島には「他のものたち」というおそろしい何者かがいるらしいとわかる。 生存者にグループに、飛行機の乗客ではない何者かが紛れ込んでいることがわかり、妊婦のクレアが誘拐されてしまう。 その後クレアは戻ってくるが、失踪中の記憶をなくしている。 ジャングルでは、ロックが地中に埋まった謎の人造物「ハッチ」を発見。 ビーチでは、どうしても息子と一緒に脱出したいマイケルを中心に、いかだ作りがはじまったものの、謎の火事で燃えてしまう。 昔墜落したらしいプロペラ機を見つけたブーンとロック。 ブーンはプロペラ機と一緒に崖下に落下して重症。 ジャックが必死で治療を試みるが、死んでしまう。 クレアはケイトの助けを借りて、ジャングルで男児を出産。 いかだが完成して、マイケル、ウォルト、ジン、ソーヤーが乗り込むが。 しばらく航海して漁船に遭遇。 喜びもつかのま、漁船の乗員に襲われいかだは沈没。 ウォルトはさらわれてしまう。 ロックは漂流船ブラックロック号から入手したダイナマイトを使って、ハッチの扉をあける。 ハッチ内部はデズモンドという男が暮らす基地だった。 その昔、島で研究事業をしていた「ダーマ・イニシアティブ」という団体の存在がわかる。 ヨットで島に漂着し、その後3年間、コンピューターに108分ごとに数字を入力する業務を遂行するため、ハッチ内で暮らしていたデズモンド。 いかだが破壊され、海を漂ったソーヤー、ジン、マイケルはふたたび島に漂着。 オーシャニック815便の後部座席の生存者グループ、アナ・ルシア、ミスター・エコーたちに捕らえられてしまう。 ジャックやケイトのいる前部座席グループのキャンプに合流しようと移動中、アナ・ルシアがジャングルで遭遇したシャノンを誤射して、殺してしまう。 ブーンとロックが発見したプロペラ機は、ナイジェリアのギャングだったミスター・エコーの仲間と弟が乗ったものだった。 チャーリーはプロペラ機からヘロインを持ち出し、クレアとロックの信用を失う。 ウォルトを探して、一人でジャングルへ入ったマイケルを追うジャックたち。 ケイトが「他のものたち」に捕らえられたが、以後干渉しないことを条件に解放される。 ルソーの罠に謎の男が捕らえられ、気球で漂着したアメリカ人「ヘンリー・ゲイル」と名乗る。 が、「他のもの」が偽装をしている可能性もあり、サイードが男を拷問する。 クレアは自身が監禁されていた医療基地を発見し、記憶を取りもどす。 ロックはハッチ内でで扉にはさまれる事故にあい、ヘンリー・ゲイルにコンピューターへの数字入力を頼む。 サイード、アナ・ルシアたちが気球を見つけ、ハッチに帰還。 ヘンリー・ゲイルはすでに死んだ別人であり、捕らえられた男がなりすましていた。 男は実は「他のもの」ということがわかる。 マイケルがジャングルから帰還するが、アナ・ルシアとリジーを射殺して、ヘンリー・ゲイルを逃亡させる。 じつはマイケルは、ウォルトを「他のもの」から取り戻すための条件として、ジャック、ケイト、ソーヤー、ハーリーを「他のもの」の元へ連れていく計画だった。 ハッチでの数字入力をめぐって、ロックとエコーが対立。 数字を押さなかったことにより、島の地下から強力な磁気が解放され、ハッチが吹き飛び、空が紫色に光る。 捕らえられたジャック、ケイト、ソーヤー。 ジャックは仲間の解放を条件に、「他のもの」のリーダーであるベン・ライナスの脊椎腫瘍手術を執刀する。 ベンの娘アレックスや、産婦人科医師ジュリエットの手を借りて、ケイトとソーヤーは脱出しキャンプへ帰還する。 ハッチの爆発後、未来予知の能力を手にいれたデズモンド。 ロック、サイード、ケイトはジャック救出に向かい、ダーマの通信ステーションを発見し、ミハイルに遭遇。 「他のもの」の住処にたどりつくが、ジャックはベンとの約束により、潜水艦で島を脱出する手筈になっていた。 爆薬で潜水艦を爆破したロック。 その後「他のもの」と行動をともにする。 ロックは、なぜか島で捕らえられた実の父に再会。 捕らえられたロックの父は詐欺師であり、ロックを騙して腎臓を奪った上、ビルから突き落とし、車いすの状態にした張本人だった。 ロックの父は実はソーヤーが探す両親の仇でもあり、事実を知ったソーヤーに殺害される。 ジャック、ケイト、サイード、ジュリエットはキャンプへ帰還。 ジュリエットは「他のもの」のスパイだったが計画をすべて打ち明け、ジャックたちに協力する。 デズモンドは未来予知のビジョンに導かれてジャングルへ。 ヘリコプターから降下した人物「ナオミ」を救出する。 島の外の世界ではオーシャニック815便は沈没した機体が発見され、乗客は全員死亡したことになっている、と知らされる。 ジャックたち生存者グループは、「他のもの」を待ち伏せして攻撃する計画、海中基地で妨害電波を切る計画、電波塔へ移動し、衛星電話でナオミの貨物船と通信する計画を同時に実行する。 待ち伏せが失敗し、サイード、ジン、バーナードが敵に捕らえられるが、生還。 海中ステーションでは妨害電波のスイッチを切ることに成功するが、チャーリーはデズモンドの恋人ペネロピとの通信に成功し、デズモントに貨物船についての警告を残して、溺死してしまう。 貨物船と通信するべきではない、というベンの警告を無視してジャックは衛星電話で連絡をとる。 「フラッシュフォワード」で、ケイトやジャックが島を脱出後の未来が描かれ始める。 貨物船と通信し救助を求めるジャックのグループ、チャーリーの警告を信じて貨物船の乗員を避け島内で身を守ろうとするロックグループで、生存者たちがふたつにわかれる。 物理学者のファラデー、人類学者のシャーロット、霊能者のマイルス、操縦士のラピーダスが貨物船から島へ降下。 ロックのグループは「他のもの」が去った住宅群(バラック)にとどまる。 ロックに捕らえられたベン・ライナスが、貨物船を派遣しオーシャニック815便の沈没を偽装し、島の力を狙う人物「ウィドモア」について語る。 デズモンドとサイードはヘリコプターに乗り貨物船へ。 島の影響でデズモンドの意識は過去と現在を行き来するが、ファラデーの助けにより混乱から脱する。 貨物船にベンのスパイとして潜入していた人物は、一度は島を離れたマイケルだった。 ベン・ライナスをとらえるため、貨物船からマーティン・キーミー率いる傭兵チームが島に上陸し攻撃をはじめる。 娘のアレックスを捕らえられ殺害されたベンは、「黒い煙のモンスター」を召喚して、傭兵たちに反撃。 ベン、ロック、ハーリーはジャングルで島の真のリーダ「ジェイコブ」のキャビンを発見し「島を動かせ」というメッセージを受け取る。 ヘリで貨物船へ向かうジャックたち。 ところがC4爆弾によって貨物船は爆発する。 ベンとロックはジェイコブの命令通り島を動かすことに成功。 島は忽然と姿を消す。 フラッシュフォワードでは、島からの脱出を果たしたジャック、ケイト、アーロン、サイード、ハーリー、サンのその後が描かれる。 島に残った者たちは、時間移動を頻繁に体験し、それぞれの時代での出来事が絡み合う。 時間移動が起こるたびに、生存者たちは身体に異変を生じ、脳神経が異常をきたしシャーロットは死亡。 ロックはベンが島を動かした手順で島を脱出。 外の世界では3年が経過し、ジャックたちは島での出来事について嘘をついたまま、生活している。 ロックはジャックたちに島に戻るようにと説得をするが、失敗し、さらにベンに殺害される。 ベンの説得とエロイーズ・ホーキングの手助けにより、ジャックたちは島への帰還を決意。 LA発グアム行きの飛行機に乗りこむ。 ジャック、ケイト、ハーリー、サイードは飛行機が墜落する直前に時間移動をし、1977年の島に。 そこでダーマの一員として3年間暮らしていたソーヤー、ジュリエット、ジン、マイルスに再会する。 ダーマに捕らえられたサイードは脱獄し、少年時代のベンを撃つ。 瀕死のベンを助けるためソーヤーとケイトは、ベンを島の力で治療することができる「他のもの」に引き渡す。 スワンステーションで大事故が起こることを警告るため、現れるファラデー。 ジャックたちはダーマに追われる。 マイルスの父、チャン博士の協力を得ながら、水素爆弾の爆発を起こすことで惨事を防ごうとする。 グアム行きの飛行機が島に墜落した現在では、ラピーダスとサンはジンたちをさがしてバラックへ。 1977年に移動していることを知る。 ビーチでは死んだはずのロックが蘇る。 ベンはロックとともにジェイコブの元へ行き、ジェイコブを殺害する。 1977年で水素爆弾が爆発後、現代の時間軸に戻ったジャックたち、そして「フラッシュ・サイドウェイ」という別の時間軸で別の人生を生きる登場人物たちが描かれる。 ジュリエットは爆弾を起爆させたあと、怪我により死んでしまう。 死んだと思われたサイードは「他のもの」の安全地帯であるテンプルへ運び込まれ、復活する。 島に墜落後復活したと思われたロックは偽物で、中身は、はるか昔から島でジェイコブと対立してきた「黒い煙のモンスター」=「黒服の男」だった。 偽のロックに導かれ、ソーヤーは洞窟の壁に例の数字の羅列、そしてジャックやケイトたちの名前が書かれているのを目撃し、飛行機の墜落は偶然ではなく、ジェイコブの後継者候補として呼び寄せられたと明かされる。 ジェイコブの指示でハーリーはジャックを連れて灯台へ行き、ジェイコブが自分たちを島へ呼び寄せる以前から監視していたことを知る。 ケイトはジャングルで一人で生きていたクレアと再会する。 チャールズ・ウィドモアが手下を引き連れて島に戻り、デズモンドに電磁波を浴びせる実験をする。 フラッシュ・サイドウェイの世界のデズモンドは、現実世界の記憶を思い出し、フラッシュ・サイドウェイに生きる他の人物たちにも影響し始める。 ソーヤーたちは偽ロックを出し抜いて、潜水艦に乗り込み島を脱出しようとする。 しかし潜水艦は罠で爆発がおこり、サイードとジン、サンが犠牲になる。 島の守護者ジェイコブと黒服の男(偽ロック)は、紀元前2000年ごろ島に漂着した漂流者から生まれた双子の兄弟であり、深い因縁があり敵対し続けていた。 偽ロックは、電磁波の影響をうけないデズモンドを利用して、島を破壊し、島から外の世界への脱出をたくらむ。 ジャックはジェイコブの後継者となり、偽ロックの脱出を食い止めようと格闘。 島が崩壊し始め、不死でなくなった偽ロックはジャックを刺し、ケイトに拳銃で撃たれ、崖から転落して死亡する。 ジャックは島の崩壊を止めるため、島の中心の装置を動かし、デズモンドを助ける。 ケイト、ソーヤー、クレア、マイルズ、リチャード、ラピーダスはアジラ航空機で島から脱出。 ジャックは飛び立つ飛行機を見送り、墜落時と同じ竹林で静かに息を引き取った。 ハーリーがジャックの後継者となり、島の守護者となる。 ベンは補佐役として島にとどまった。 全員死亡?結末は夢オチじゃないよ!シーズン6最終話感想、フラッシュ・サイドウェイの世界 シーズン6で、島でのストーリーと並行して描かれる 「オーシャニック815便が墜落しなかった、その後の日々」。 フラッシュバック(過去)でもフラッシュフォワード(近未来)でもない、「フラッシュ・サイドウェイ」というもうひとつの世界です。 ・実はフラッシュ・サイドウェイが本当の現実で、島での出来事は夢だった(夢オチ)? ・または実はジャックたち登場人物は墜落事故で全員死んでいて、島こそが「地獄」や「死後の世界だった?」 そんな見方もできますね。 フラッシュ・サイドウェイの世界は何だったのか?島での出来事は現実ではなかったのでしょうか? Eight Years Ago Today. Rest in peace, LOST. 「フラッシュ・サイドウェイ」は、皆がその後の人生を終えた後にいく、死後の世界というか「たましいの世界」。 フラッシュ・サイドウェイの世界では飛行機が墜落せず、ジャックには息子がいて、ソーヤーは詐欺師ではなく、刑事として生きていますし、 登場人物のみんなが、飛行機が墜落した現実とは違う現実を生きています。 そして島で過ごした「記憶」をなくしています。 デズモンド仲介役となり、登場人物たちの失われた「記憶」を取り戻させていきます。 最後はみんなが教会に集まり、ジャックのお父さんが現れ導かれます。 誰でもいつか死ぬ。 そしてこの場所には「時間」というものが存在しないため、現在も過去も未来もない。 フラッシュ・サイドウェイは、死んだ後の人間が、来世へ進むまえに現世での思い出や大切な人を思い出し、旅立ちの準備をする場所と言えそうです。 旅立ち=天国へ行く、成仏し、来世へ進んでいく・・・そんなイメージかな、と思います。 シーズン途中で死んでしまったキャラクターもみんな再登場して、また不幸せだったキャラクターが、幸せな人生を送っています。 ベンはあのお父さんの老後の面倒をみながら、教師として平凡な日々を過ごし、ロックはヘレンとともに生きています(涙)。 キーミーやミハイルなどの悪役は悪のまま登場するのが、また面白いんですけどね!! みんなあの島での出来事を思い出し、ずっと会いたかった人にも会えて。 よかったね、よかったね(涙)、という感じでほっこり。 ラストは荘厳な気持ちで見終えました。 謎は残るけど、そこがまた「LOST」の良さかもしれない 最終話まで見終えて、あきらかになった謎もあれば、謎のままも部分もあったLOST。 字幕・吹き替えどちらも観られます。

次の

バチェラーシーズン3のロケ地まとめ!会場や舞台を徹底調査!

恋愛島 シーズン3 ネタバレ

The Walking Dead Season 3 Episode 16「奇襲攻撃」 (原題:Welcome To The Tombs ) 海外ドラマ「ウォーキングデッド(以下TWD)」のあらすじ、感想等です。 あらすじの時点で ネタバレが十分に含まれていますのでご注意ください! また、極端な残酷画像はありませんが、ゾンビ画像等も一部載せておりますので、 苦手な方はスルーしてください。 宜しくお願い致します。 STORY ウォーカーの捕獲場に火を放ち焼き尽くした人物がミルトンだと知った総督は彼を殴り続け、 ミショーンや、やってくる者すべてをウォーカーの餌食にしようとしていたと話す。 そしてミルトンにアンドレアを殺せと命じる。 更に総督は町民を鼓舞し、 刑務所の人々を皆殺しにするために乗り込んでいく。 一方メルルの死や、ミショーンを差しだそうとしていたことに 納得のいかないカールは、リックのやり方に対して怒りを覚えていた。 あとネオジオミニ(格闘ゲームがいっぱい入っている流行りのやつ) の「サムライスピリッツ」で連打しすぎて腱鞘炎になったケント・ビターです。 っていうかあのシリーズはグロすぎるな!大人の俺でも引くくらい残酷だぞ! という事で、もっとも素晴らしいドラマの最終回だと断言できる、 TWDのシーズン3最終回のレビューです!! 敵視点から見る籠城バトルは緊張感が凄まじいよね 前回のメルルの犠牲を経て、ガバナー率いるウッドベリーのバトル要員が 揃って刑務所に襲撃しにくる緊迫の最終回です!! が、刑務所に誰もいないっぽいのでガバナー軍の視点になって 刑務所の中を練り歩くシーンがしばらく続きます。 この静寂はドキドキします! あ、その前に先制攻撃的な感じでロケットランチャーみたいなやつで グレンとマギーが監視の仕事をサボって 愛し合いまくっていた監視塔も破壊されました。 もうあのグレンが慌ててズボンを履くシーンは見れないのか……。 その頃アンドレアは、やはり拷問されてた…… 2話ほど前に捕まったアンドレアは、 ウッドベリーにて血まみれになっている……! 拷問されているシーンこそないものの、 椅子に繋がれた血まみれのキャラってキツい。 ちなみに冒頭で博士キャラのミルトンがガバナーにボコられていたので、 ミルトンもやはり血まみれになっております。 ミルトンも戦争反対派なんで敵に仕向ける用のウォーカーを始末したのを ガバナーに結構アッサリとバレてしまいましたからな。 ちなみに前回ガバナーは平和主義者が最初から容疑者だと思っていたので 暴力反対のタイリースさんがウォーカー始末をやったかと思ってふっかけたが 全然違うっぽかったので、2番目に疑ったミルトンに探り入れた瞬間に ミルトンさんはめちゃくちゃ困り顔をしていたので即バレた感じです。 まだだ、もっと引き付けろ……もっとだ…… いばだぁぁぁ、うでええええええ (バトル・ロワイアル2の藤原竜也さん演じる七原秋也より) ガバナー軍をある程度引き付けたところでリック軍が怒涛の反撃!! ただ、目的が殺害ではなく追い返す事だったので、 威嚇的な感じで囲んで攻撃した事でガバナー軍は 最終回の割に本格的なバトルにならずあっさり撤退。 ちょっと驚きですね。 最終回なので、シーズンを代表する敵となったガバナーと ここでいったん決着がつくと思ったのですが、それは次におあずけみたいです。 違う時の画像だと思いますが、 「うおぉぉぉぉ、あたしとグレンの愛の巣をよくもおおおお!」 的な想いを感じ取れそうな画像だったのでここに置かせて頂きます。 ガバナーがサイコ化。 つまり第二形態! 刑務所襲撃が失敗した事でガバナー軍の士気はダダ下がり。 しかも一部のメンバーは人殺しのバトルはしたくないんだけど、 と冷静になりもうやめようぜっ!!と意見したところ、 ガバナーによりほぼ皆殺しにされてしまいます!! そして、残されたちょっとガバナーに引いている人々を連れて、 ガバナーは殺しに対して更に躊躇がなくなったネクストレベルとなり、 シーズン4では恐らく更なる強敵になるだろう事を想像させてくれます。 なるほど、今回で決着がつかないというのはそういう展開があったからなんですね! すごいぞウォーキング・デッド!! カールも鬼化…… ガバナー軍の逃げ遅れた少年が銃を渡して降参しようとしているところを、 まさかのカール少年が容赦なく射殺!!! いわく自分の母も、メルルも、敵とされる人物を殺さなかった事で死んだので 敵と認定した奴は殺す方がベターでしょ?というヤバい思想に染まっておる。 しかもその染まっちった奴って、 こんな少年ですからね!末恐ろしい!! (後ろに写り込んでいるウォーカーは、多分ですけど ケーブルテレビの特番でやってた、TWDのウォーカーのオーディションに受かった日本人の方かも) アンドレアのミッション:アクション映画によくあるギリギリのやつ なんとあの怒りの男ガバナーがミルトンをめった刺しにして、 アンドレアのいる部屋にぽいっと放置していった為、 ミルトンがウォーカー化してしまったらアンドレアも危険という状態。 ミルトンは刺される前にアンドレアの腕の拘束を解く為に わざと手術器具をアンドレアの足元に落として置いたので、 アンドレアがそれをなんとか足で拾い、うまく拘束を外せればOK。 視聴者の心臓を思いっきり締め付けるような、 あれ、ミルトンが目を閉じた……まさか死……あ、いや生きていた! を何回か繰り返し、必死に足を動かすアンドレア。 途中、 足を止めてミルトンとしばらくガッツリ語るシーンもあるが さすがにこれはミルトンが亡くなる直前だから致し方ない! そして、ミルトンは後半でついに死亡し転化してしまうのですが、 このタイミングがアンドレアの自力脱出のタイミングとかなりギリギリ。 アクション映画によくある間一髪脱出系、もしくは スパイ映画にあるUSBメモリを会社のボスのPCに挿して情報を抜き出す。 コピー中です……37%……その頃ボスが近づいてくる!! 間一髪、コピー出来て……ボスのデスクの下に隠れる!! 的なあれですね。 本当にヒヤヒヤするシーンです。 しかし、アンドレアもついに…… かなりスピーディな展開ですが、リック達がウッドベリーにやってきて、 アンドレアを取り戻しに拷問部屋に突入! そうしたらなんと、アンドレア、間一髪ならず噛まれていたよ……。 悲しすぎる。 しかも胸元。 だからハーシェルみたいに斬り落とすとか無理……。 アンドレアが最期に、自分は戦争を止めようとした、と語りますが、 そうなんです。 前回のメルルもそうですが、2人とも不慮の事故とかでなく 誰かを守る為に危険を承知で行動を起こしたのです。 その強い意志にとても心を揺さぶられる瞬間でした。 シーズン1からどことなく不安定な面も多く、 メルル同様2つのコミュニティに生きたアンドレアでしたが、 過去に仲違いしたミショーンに看取られて自らを撃つ、 とても悲しい最期でした。 そういえば、メルルもアンドレアも、シーズン1から登場していたキャラですが 2人とも途中離脱していた事とかも共通していますね。 いずれにしても、このシーズン3では大きな役割を担ったキャラ達で、 まさかそんな2人が2話連続で死んでしまうとは、という脱力感でいっぱいです。 シーズン1開始早々に妹を亡くし、親のような存在だったデールさんを亡くし、 友人を失い、愛した男とかつての仲間たちが戦争を始める。 激動の日々を生き抜いた女性だったと思います。 アンドレア、どうか安らかに!! アンドレア役のローリー・ホールデンさん含む皆さんのいるオフショット。 メルルはいないがガバナーはいる。 あとこういう集合写真でのカール役のチャンドラー・リッグスさんって、 いつでもすごい笑顔を見せてくれるので、本当にその笑顔に癒されます。 引きずっていた悲しみを乗り越え、シーズンを終える!! この話の最初にリックの視線の先にいた妻ローリの亡霊が、 シーズンラストの同じ場所にはもういなくなっている、 という妻の死を乗り越えたのだろうと思えるリックの表情でシーズンが終わります。 この堂々たる終わり方もまた素晴らしい! あらゆる問題が山積みのままではあるけれど、 リック周りだけでなく、このシーズンで目いっぱい輝いたアンドレアやメルル、 そしてこれまでは怖がりな少年だったカールも母との別れを経験し 成長すると共に危険な一面も出てきたりと、立場としても本作のこの先の未来を担うキャラとして 今後が見逃せないと感じさせたり、メインキャラ以外でも コミュニティを移り続けたタイリース達など、色々なキャラにフォーカスされた事が大きいと思う。 (グレンとマギーの恋愛もかなり尺を使っていましたが、 あくまで個人的ですがそこはちょっと高校生カップルのような初々しさ、もどかしさで 少し作中の雰囲気とはミスマッチだったかなという印象が……あくまで個人的にですけどね!) 最後の場面でガバナーから離れ刑務所に移り住んだウッドベリーの住人達、 そして勿論ガバナーも、これからどういう動きをするのか全くの未知数。 雰囲気としては一区切り終わったようなラストではありますが、 これまでのシーズンとは全く違う、言うなれば「ウッドベリー編シーズン2」へ続く終わり。 まさかに最高傑作レベルのシーズンでした。 本当にすごかった! やっぱりこのドラマは凄まじい! ブログ村及びBLOG RANKINGのランキングに参加中です!! 関連商品  カテゴリー:.

次の