台風 対策。 「窓ガラスに養生テープ」の台風対策は効果ある? 正しい方法をYKK APに聞いた

物置の台風対策 ロープで物置コンテナを固定し風で飛ばされない様にする

台風 対策

(1)窓や雨戸はしっかりと閉め、かぎをかける 強風で飛ばされたものが窓を突き破る危険があれば、窓ガラスが割れたときに破片が飛び散るのを防ぐために、内側からガムテープをタテ、ヨコ、ナナメに貼っておくと飛散防止に効果的です。 カーテンは閉めておきます。 (2)ベランダの排水口、家の周りの側溝や排水溝を掃除する 枯葉やゴミなどは取り除いておく。 水はけが悪いと、豪雨時にあっという間に浸水被害を招くことがあります。 (3)風に飛ばされそうなものは、しっかり固定するか室内に収納する ベランダに洗濯機を置いている場合は、洗濯槽に水をいっぱいに溜めるなどして風に飛ばされないようにし、ふたやコード、ホースはガムテープなどで本体に固定する。 また、ベランダや庭で植木鉢や物干し竿、レジャー用品など飛ばされそうなものは室内に収納する。 屋外の自転車もカバーをかけていると強風で飛ばされたり倒されたりすることがあるので、外しておき、あらかじめ倒しておきます。 郵便受けは一時的にガムテープでふさいでおくとよいでしょう。 家の中での3つの備え 次に家の中の備えです。 停電や断水などライフラインが途絶えたときのことを想定して、非常用品を用意しておくこと、飲料水や生活用水を確保しておくこと、緊急連絡手段や避難方法について家族と話し合って決めておくことの3つの備えが必要です。 (1)非常用品を袋などにまとめておく 避難指示や避難勧告が発表されたときにすぐ持ち出せるようにリュックサックのような非常用袋などにまとめておきます。 以下は非常持ち出し品の一例です 気象庁「大雨や台風に備えて」より。 【食料品など】 飲料水 乾パンやクラッカーなど レトルト食品、缶詰 粉ミルク、哺乳ビンなど ナイフ、缶切り 鍋や水筒など 【医薬品など】 救急医薬品 常備薬 予備の眼鏡など 防災頭巾やヘルメット 丈夫な靴 【貴重品、お金】 現金(小銭も) 預金通帳など 印鑑 健康保険証など 身分証明書 【衣類】 下着 タオル 寝袋 雨具 【日用品】 懐中電灯 ラジオ 電池 軍手 ロープ マッチやライター 使い捨てのカイロ マスク 紙おむつ 生理用品 ティッシュなど 筆記用具 厚手のごみ袋など (2)浴槽やバケツなどに水をためておく ライフラインが止まった場合、電気やガスは蓄えておけませんが、水はためておけます。 断水に備えて、浴槽やバケツなどに水をためておけば、トイレも使えます。 (3)避難場所や避難経路を確認しておく 家族で緊急の時の連絡手段や方法、集合場所 学校や公民館など自治体が指定する避難場所 や避難経路について話し合って決めておく。 各自治体も台風への備えについて注意喚起を出しています。 最新の気象情報はもちろん、自分の地域の防災情報もこまめに確認しておきましょう。 「備えあれば憂いなし」と言われます。 「いつかそのうちに」と思わず、できるときに備えをしっかりと固めて、台風の危険から身を守るようにしましょう。

次の

台風19号 今やるべき台風への備え(日直予報士 2019年10月10日)

台風 対策

台風の窓ガラス対策は、なにかしていますか? 台風の窓ガラス対策というと、「シャッター」が一般的ですが今は見た目が重視されて家の窓にシャッターがついていないところの方が多いですよね。 また、台風がきたからといって台風の前日にいきなりシャッターを取り付けるというのは無理ですよね。 しかし、何もしないままだとガラスが割れたり、割れたガラスの破片で怪我をしないかと不安になるかと思います。 そこで今回は、ダンボールやガムテープを使った台風の窓ガラス対策や台風でガラスが割れてしまったときの対処方法などについてご紹介したいと思います。 受付はお電話をいただいた順に対応させていただいておりますので、お困りの際はお早めにお電話ください。 (対応の目処が立たない場合は受付をお断りさせていただくこともございます。 ) 【ガラスの強度は上がりません】 ガラスにダンボールやガムテープを貼るのは、「ガラスの強度を上げるため」ではなく、「ガラスが割れて破片が飛び散り、怪我をするのを防ぐため」です。 強風で飛ばされた物が当たれば、ガムテープやダンボールを貼っても、貼っていなくてもガラスは割れます。 台風時は対策をした後も、窓際はカーテンを閉めて近寄らないようにしましょう。 台風の窓ガラス対策「シャッターがないならダンボールとガムテープ」 台風がきたとき、電動シャッターなどが窓に取り付けられていればボタンひとつで簡単に窓をカバーすることができます。 しかし、そういったシャッターを取り付けている家よりも何も取り付けていない家の方が実際は多いですよね。 また、台風のとき以外はシャッターを使わないので非常時は一時的な対応ですませたいという人も多いと思います。 そういったときに役に立つのが、「ダンボールとガムテープ」を使った窓ガラス割れ防止対策です。 ダンボールとガムテープ両方を使ってもいいですし、ガムテープだけでもできる方法です。 誰でも簡単にできるので、ご紹介したいと思います。 ダンボールとガムテープで窓ガラスの飛散防止 最初は、ダンボールとガムテープを使った窓ガラスの飛散防止方法からご紹介したいと思います。 といってもやり方は簡単で、ガムテープを使ってダンボールを窓枠に貼り付けていくだけです。 注意点としては、ダンボールの重なる部分もガムテープでつないでおくことです。 これで、ガラスが割れたときに破片が飛び散って怪我するのを予防することができます。 ガムテープのみを使った台風対策 家にダンボールがない場合は、ガムテープだけでも台風対策をすることができます。 やり方は簡単で、ガラスにガムテープを「米」印に貼っていくだけです。 これだけで、ガラスの飛散をある程度軽減することができます。 ガムテープは使い終わった後にきれいに剥がすのが難しいので、「紙製ではなく ビニール製(養生テープ)」を使うといいでしょう。 ガムテープがきれいにはがれない場合 台風が過ぎて、ガラスからガムテープを剥がそうとしたらきれいに剥がせなかったという場合。 そういった場合は、剥離剤を使うときれいにテープを落とすことができます。 ホームセンターやネットショップで購入することができるので、事前に購入しておいてはいかがでしょうか。 時間があるときの台風の窓ガラス対策 9月~10月までの間だけ一時的に台風対策をしておきたいという場合、時間がある程度あるのならば下記のような台風対策もおすすめです。 【台風の窓ガラス対策】• 防犯フィルムを貼る• 飛散防止フィルムを貼る 似たようなフィルムですが、少しずつ機能性や選び方が異なるので説明しておきたいと思います。 台風窓ガラス対策1. 防犯フィルムを貼る 本来は、泥棒やストーカーなどがドライバーなどの工具を使ってガラスを破るのを防ぐために使われるのが「防犯フィルム」です。 一時的なガラス割れ・飛散を防ぎたいときにおすすめのフィルムです。 高性能なものになると、バールや石でガラスが割られるのを防ぐようなものもありますが、非常に高価です。 台風の一時対策として防犯フィルムを使うのであれば、防犯ガラスにしておいた方が割れるまでずっと使えるのでおすすめです。 台風窓ガラス対策2. 飛散防止フィルムを貼る 飛散防止フィルムはガラスを割れにくくするのではなく、「ガラスが割れたときに破片が飛び散らないようにする」ことを目的としたフィルムです。 台風だけでなく、地震などの防災グッズとしてよく知られています。 貼り付けも水でできるようなものが多く、価格も防犯フィルムよりも安いので一時的な対策を検討しているのであれば飛散防止フィルムを検討するといいでしょう。 台風のときは窓ガラス近辺に物を置かない ここまで、窓ガラスに直接何かをする対策についてご紹介してきましたが、一番気をつけたいは「窓の近くに物を置いておかないこと」です。 例えば、下記のようなものを台風がきているときに窓の近くに置いているとガラス割れの原因となることがあります。 【ガラス割れの原因になるもの】• ・物干し竿• ・鉢や玄関の置物• ・自転車やバイク• ・タイヤ• ・子供の遊び道具(ボールやバットなど)• ・ゴミ箱や掃除道具 上記以外にも、強風でいろいろな物がガラスに飛んでくることがあるので台風が来るときは早めに家や倉庫の中にしまっておくようにしましょう。 ダンボールやガムテープを使った台風の窓ガラス対策まとめ 今回は、ダンボールやガムテープを使った台風の窓ガラス対策についてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。 時間やたいした道具がないときでも、スーパーや100円ショップにも売られているガムテープを使えばガラスの飛散防止程度の対策は可能です。 台風が進路を変えて住んでいる場所に直撃しそうなときは、今回紹介した方法を試してみてはいかがでしょうか。 「ガラスちょっと割っちゃって修理してほしいんですけども。 」とやや重い口調で、不安でいらした様子でご相談を頂きました。 「玄関の窓ですね。 」とのことで、お困りしている現場のご住所をお聞きしたところ、岡崎市洞町のご自宅にあるガラスのご依頼でした。 お時間をお調べしまして、今から40分~50分ほどでお伺いさせていただくことをご了承頂き、「はい、お願いしますー。 」と慌てていらっしゃいましたが、安心いただけた様子で手配完了とさせていただきました。 受付日時 2020年3月12日 14時30分頃 受付担当 峰下 担当より一言 緊急のトラブルに最適なご提案が出来るよう心掛けています。 安心してご依頼いただけるよう丁寧にご説明致します。 「お風呂場の窓ガラスが破損したんですけど、こちらでよろしいですか?」と戸惑いながらも、落ち着いていらした様子でお電話を頂きました。 「穴が開いてヒビが入った状態で、今テープでとめている。 」とのことで、お困りしている現場のご住所をお尋ねすると、浜松市浜北区内野のお住まいにあるガラスのご依頼でした。 近くの作業スタッフに確認を取りまして、今から60分ほどでお伺いさせていただくことをご了承頂き、「はい、分かりました。 」と控えめですが、落ち着いて安心いただけた様子で今回の受付を完了致しました。 受付日時 2020年3月11日 13時50分頃 受付担当 稲葉 担当より一言 お客様がどのような状況で困っているかできるだけ早く汲み取って、適切なパートナーの手配もスムーズにできるように心がけています。

次の

大雨・台風では、どのような災害が起こるのか

台風 対策

注意 この記事で紹介するのは、台風が接近・上陸した場合に役立つ防災グッズです。 持ち出し用防災セットや備蓄品を備えた上で、台風対策として追加で買い足すことを想定しています。 (持ち出し用防災セットに備えてあるものは兼用可能)。 持ち出し用防災セットに備える防災グッズについては、別の記事で詳しく解説しています。 レインコート レインコートは、降雨時に避難するときに使用する防災グッズで、持ち出し用防災セットにも「最低限必要な防災グッズ」として備えるものです。 台風が接近・上陸すると、大雨・豪雨が発生します。 雨で体が濡れるとじわじわと体力が奪われ、不快感が募りますし、風邪をひくリスクもあるので、レインコートを着用して避難することが大切です。 レインコートを着ていれば、強風による飛来物が当たったときのダメージも多少は緩和されます。 レインコートには様々な種類がありますが、防災グッズとして備えるのはパーカーとズボンに分かれたタイプです。 ワンピースタイプのレインコートだと、顔や手足がはみ出して濡れます。 また、体にフィットしていないので動きにくく、レインコートの端がまくれてガレキに引っかかることもあります。 大雨・豪雨時には、玄関などの外側からだけでなく、自宅内の排水溝やトイレから逆流して水が入ってくることもあります。 「土嚢は玄関前などに置く」というイメージを持っている人が多いですが、逆流対策として自宅内にも置いておかなければなりません。 大雨・豪雨が発生するたびに、逆流対策を忘れて家中が水浸しになるケースが頻発しているので、意識しておきましょう。 浸水対策 ・玄関前などに土嚢や止水版を置く 逆流対策 ・便器の中に土嚢を入れ、排水溝の上に土嚢を乗せる 止水版 土嚢と同じく、雨水が住宅内へ浸入するのを防ぐための防災グッズが止水版です。 その名のとおり、浸水を防ぐことに特化しており、土嚢以上の浸水防止効果を発揮します。 ビルやマンション、駅前などに設置される業務用の止水板だけでなく、一般家庭用の止水版も販売されています。 一軒家に住んでいるなら一般家庭用を、マンションに住んでいるなら自治会で業務用を購入することを検討しましょう。 段ボール箱・ゴミ袋 一般家庭では、土嚢や止水版を備えておける量に限りがあります。 土嚢などが足りないときはゴミ袋に水を入れて水嚢を作り、段ボール箱に入れることで、土嚢代わりとして使うことができます。 ゴミ袋と段ボール箱があれば簡単に作ることができるので、念のために土嚢などと一緒に備えておきましょう。 水嚢の作り方は以下のとおりです。 MEMO 体力に自信がない人は、重い水嚢を運ぶのが大変なので、小さめの水嚢をいくつも作りましょう。 また、レジャーシートやブルーシートにポリタンクやプランターを包んで縛っても土嚢代わりになります。 十分な量の土嚢と止水版を備えることが大切ですが、足りない場合は家の中にあるアイテムを活用する方法もあることは覚えておきましょう。 ガラス飛散防止フィルム ガラス飛散防止フィルムは、窓ガラスに貼り付けておくだけでガラスの飛散を防いでくれる防災グッズです。 台風に伴う激しい風で舞い上がった木の枝、店の看板、ガレキなどが、窓ガラスに衝突することがあります。 窓ガラスが割れると、室内に床に飛散したり、家族に当たったりするリスクがあるので、飛散防止の対策が必要です。 脱出ハンマー 脱出ハンマーは、車に閉じ込められたときに窓ガラスを割って脱出するためのアイテムです。 台風の影響で大雨が降って冠水した道路に進入してしまうと、外圧がかかって車のドアが開かなくなる可能性があります。 車の窓ガラスは、素手で叩いても簡単に割れないようにできているので、緊急時用に脱出ハンマーを備えておくことが大切です。 JIS規格を基準にする 脱出ハンマーは、JIS規格に準拠している商品を選びます。 脱出ハンマーとして売られている商品の中には、窓ガラスが割れにくいものがあり、「車に閉じ込められたときに窓ガラスを割ろうとしたのに、なかなか割れなかった。 」という苦情が少なくありません。 しかし、「試しに車の窓を叩き割ってみる」というわけはいかないので、どのハンマーを選ぶか迷いやすいです。 迷った場合は、「日本の工業製品に関する規格や測定法などが定められた日本の国家規格 JIS 」に準拠した製品を選ぶと、はずれがなく、安心して備えておけます。 Yahoo! 防災速報• わが家の防災ナビ• 東京都防災アプリ• ゆれくるコール• MySOS救命・救急 応急手当ガイド AEDマップ 防災アプリについては、別の記事で詳しく解説しています。 ハザードマップを準備する ハザードマップというのは、自然災害によって引き起こされる被害の範囲や程度を表示した地図です。 洪水(水害)、土砂災害、高潮、津波、火山噴火など自然災害ごとに作成されており、各種災害が発生した場合の危険度が視覚的に分かります。 各自治体が作成し、刊行物や自治体ウェブサイトに掲載しており、誰でも自由に閲覧することができます。 また、では、各自治体が作成したハザードマップが閲覧できるようになっています。 台風の接近・上陸が予想される場合に確認しておきたいのは、自宅、職場、子供の学校、実家などがある地域の「洪水(水害)ハザードマップ」と「土砂災害ハザードマップ」です。 洪水(水害)ハザードマップ 大雨・豪雨災害が発生した場合に浸水が予想される範囲、浸水深、過去の浸水地域などを表示 土砂災害ハザードマップ 土砂災害が発生した場合に被害が予想される地域などを表示 避難場所と避難経路の確認 台風の接近・上陸時には、自宅から避難しなければならない可能性があります。 避難時には不安と心配を抱えて冷静な行動や判断がしにくいので、平時のうちから避難する場所やそこまでの経路を確認しておくことが大切です。 避難する場所には、避難場所と避難所の2種類あります。 避難場所 災害が発生または発生するおそれがあるときに、その危険から逃れるために一時的に避難して身の安全を確保する場所 災害ごとに指定されており、市区町村が避難準備・高齢者等避難開始、避難勧告、避難指示 緊急 を発したときに開設される 避難所 災害の影響で住宅が被害を受けて生活の本拠が失われたときに、一時的な生活地として滞在する場所 東日本大震災が発生したときには避難場所と避難所の区別が曖昧で、被害拡大の一因になりました。 そのため、平成25年6月に改正された災害対策基本法ではっきりと区別されました。 自宅やその周辺の清掃 災害対策用の防災グッズのところで、窓ガラスにはガラス飛散防止フィルムを貼っておくと書きました。 それ以外にも、外壁や屋根が激しい風に耐えうる状態か、自宅周辺に風邪で吹き飛ばされそうな物がないかも確認し、リスクがあれば修繕や清掃・片付けをしておきましょう。 また、側溝や排水溝が詰まっていると、道路の冠水や床上浸水の原因になるので、詰まった落ち葉やゴミを取り除いてくことも大切です。 連絡方法や集合場所を家族で決めておく 家族が離れた場所にいるときに台風が接近・上陸し、避難が必要な状態になる可能性もあります。 そのため、家族がバラバラの状態で被災した場合に備え、連絡方法や集合場所を家族で決めておきます。 子供がいる場合は、被災した場合に取るべき行動を教えたり、避難する場所やそこまでの経路を一緒に歩いて見たりしておくことも大切です。 主な台風被害 最後に、2000年以降に日本へ接近・上陸し、大きな被害をもたらした台風について触れておきます。 台風の接近・上陸は、大雨・豪雨、土砂災害、床上浸水、飛来物によるケガなど様々な被害をもたらすので、平時から防災グッズを備え、その他の対策を講じておきましょう。

次の