モンハンアイスボーン レベル上げ。 【モンハンワールド攻略】装飾品のレベル上げってできないの?【MHW】

【MHWアイスボーン】マスターランク(MR)上げの効率的なやり方【モンハンワールド】|ゲームエイト

モンハンアイスボーン レベル上げ

モンスターを狩猟することも、レベル上げの有効な手段。 効率では罠戦法に劣るが、MR上げや素材集めを並行できる。 歴戦個体と古龍はポイントが多いので優先的に狩ろう。 それぞれレベル4、5から出現する。 不屈を発動して火力アップ! スキル「不屈」は力尽きると攻撃力が上がる効果。 導きの地は何度でも力尽きることができるので相性抜群。 ただし火力アップ効果は2回目以降は加算されないので注意。 【レベル6-】地帯レベルが低い部屋で狩る 自分より地帯レベルが低い部屋で狩ると、ポイントを多くもらえる。 ただし ホストが指定した地帯以外での狩りは迷惑行為なので、ホストの意思を尊重すること。 汎用素材集めにも便利 氷雪地帯には、 歴戦イヴェルカーナと歴戦ネルギガンテが出現する。 この2体の素材はマカ錬金で他のモンスター素材と交換できるため、非常に有用。 大霊脈玉も落とすので、汎用素材集めにも便利な地帯となっている。 導きの地でできること 初めて来たらまずキャンプ設営! 導きの地はできることが多いが、同時に移動も大変。 エリア3ではキャンプを設営可能で、 広大な導きの地の移動が楽になる。 初めて散策に出たらまずはキャンプ設営から始めよう。 導きの地でできることまとめ 氷雪地帯 - もちろんモンスターは他にもいるが、希少性や素材の使用頻度を考えるとこれらのモンスターが挙げられる。 ただしガルルガは素材の使い道が少ないので、金冠集め以外でお世話になることはあまり無い。 地帯レベルが上がるとモンスターも増える 導きの地に行くと、各地帯にレベルがあることを確認できる。 これは「地帯レベル」といい、 モンスターを倒したり痕跡を集めると上げられる。 地帯レベルが上がるとその地帯のモンスターが増え、歴戦個体にも遭遇できる。 【重要】上がる地帯はマップで確認! 導きの地でマップを開くと、左下に出現中のモンスターと地帯のアイコンが表示される。 モンスターを倒すと、 この時表示されている地帯のレベルが上がる。 複数の所属地帯を持つモンスターもいるので、必ず狩りの前に確認しよう。 レベルが上がると他のレベルが下がる 地帯レベルは 他の地帯レベルが上がると下がる。 そのため特定の地帯レベルを上げたい場合は、その地帯に所属しているモンスターを狩り続けよう。 下げたくない場合はレベルを固定 導きの地に出発する前に、地帯レベルを固定するか否かを設定できる。 固定すると地帯レベルが変動しなくなるため、 お気に入りの地帯レベルを守ることができる。 好きなレベルまで下げることもできる 地帯レベルは、自分の好きなように下げることも可能。 クエストボードで導きの地を選択すると、「環境の調節」で下降可能だ。 ただしレベルを固定していると実行できず、 同機能で上げることはできないため注意。 どのモンスターが出るかはランダム 導きの地で出現するモンスターは1度に3体までで、どのモンスターが出現するかはランダム。 モンスターを倒すか立ち去るのを待つか、退散玉をぶつけることで別のモンスターと入れ替わる。 特殊痕跡でモンスターを呼ぼう! モンスターのストックとして使える! 導きの地には特殊痕跡というものが存在しており、集めることで「解析済みの特殊痕跡」が得られる。 この「解析済みの特殊痕跡」を使うことで、 好きなモンスターをいつでも呼び出せるぞ! 受付嬢に話しかけて使用する キャンプにいる受付嬢から「モンスターをおびき出す」を選択して、呼び出したいモンスターの特殊痕跡を使おう。 出現エリアも選択できるので、地帯レベル上げや素材集めに活用すると良い。 特殊痕跡は狩猟で集めよう 特殊痕跡の集め方はいくつかあるが、楽なのは狩猟すること。 1個体につき1個しか出ないが、地帯レベル上げをしていれば自然と集まる。 集める際はマルチが効率的 第2弾アプデから、マルチで特殊痕跡を入手すると他のプレイヤーにも共有されるようになった。 人数が多いほど効率的なので、可能な限り4人の部屋で集めよう。 導きの地素材の種類と入手方法 導きの地素材の種類まとめ 素材 入手方法 モンスター素材 モンスターを狩猟し、剥ぎ取りや報酬で獲得 採取素材 各地帯の採掘ポイントや骨塚で入手 霊脈玉 通常素材の天鱗などにあたる。 モンスターから稀に入手 通常の素材とは完全に区別される 導きの地で入手できる素材は、通常素材とは全く別物。 説明文に「導きの地で〜」といった記載があるのが特徴で、 調査クエストなどでは手に入らない。 モンスター素材は狩猟で入手 導きの地のモンスター素材は、狩猟の中での剥ぎ取りや捕獲で入手できる。 通常個体と歴戦個体で素材が異なり、用途も変化する。 ぶっ飛ばしで集めよう モンスター素材は落とし物から入手できる。 ぶっ飛ばしでぶつければ落とし物を落とすので、素材を持っていないモンスターを見かけたら ぶっ飛ばしで素材だけ回収しよう。 採取素材は採掘などで獲得 導きの地には骨塚と鉱脈が点在しており、鉱石や骨系の素材を入手できる。 場所は固定だがマップに映らず、出現はランダムだ。 場所を覚えて、探索のたびにこまめに採取しよう。 霊脈玉はレアなモンスター素材.

次の

モンハンワールド2chまとめ速報

モンハンアイスボーン レベル上げ

アプデで追加されたモンスターは対象なのか? アップデートで追加されたモンスターが「ほぼ」に入るかが問題な訳ですが、ナナ・テスカトリを最後に回してナナの研究レベルが最大になったタイミングでトロフィーを獲得出来たので ナナ・テスカトリは対象確定です。 イビルジョー、ベヒーモス、マムタロトは既に研究レベルマックスのため検証出来ずでした。 レーシェンは倒さないようにしていたのですがモンスター図鑑に載らなくてもトロフィーを獲得出来ました。 よって レーシェンは対象外です。 外部ゲームとのコラボモンスターであるレーシェンは対象外で、同じ境遇のベヒーモスは対象というのは考えにくいため ベヒーモスは対象外と見て良いでしょう。 イビルジョー、マムタロトについてはモンハンのオリジナルモンスターなので対象なのか微妙なところ… イビルジョーについては特別任務クエストも存在するため対象と見た方が良いでしょう。 マムタロトはイベント期間限定なので条件に入れてしまうと、 イベント未参加プレイヤーはトロフィー獲得が出来なくなってしまうので対象外と予想します。 モンスターのアイコン右横はLv7で右上の枠内の研究レベルはLv6と表記されていてややこしいので、アイコン横の数字で統一します。 アップデートモンスターの対象、対象外の予想が正しいと仮定して一覧を載せておきます。 Lvはモンスターのアイコンの右側のLvで表記しています。 アイコン横の研究レベルと画像右側の研究レベルの枠内にあるレベル表記が何故か違うんですよね。 イャンガルルガですが傷ついたイャンガルルガと共通項目のようです。 これは何故なのか理由は不明ですが別項目で出てきませんでした。 表示はされませんが別種としてカウントされていると思われます。 無印MHW登場モンスター• ゾラ・マグダラオス|Lv4• ドスジャグラス|Lv9• クルルヤック|Lv9• プケプケ|Lv9• ボルボロス|Lv9• ジュラトドス|Lv9• トビカガチ|Lv9• アンジャナフ|Lv9• ツィツィヤック|Lv9• パオウルムー|Lv9• ラドバルキン|Lv9• リオレイア|Lv9• ドスギルオス|Lv9• レイギエナ|Lv9• オドガロン|Lv9• リオレウス|Lv9• ディアブロス|Lv9• キリン|Lv9• ドドガマル|Lv7• リオレイア亜種|Lv7• リオレウス亜種|Lv7• ディアブロス亜種|Lv7• ヴォルガノス|Lv7• ウラガンキン|Lv7• バゼルギウス|Lv4• イビルジョー|Lv4• ネルギガンテ|Lv4• クシャルダオラ|Lv7• テオ・テスカトル|Lv7• ナナ・テスカトリ|Lv7• ヴァルハザク|Lv4• ゼノ・ジーヴァ|Lv4 アイスボーン追加モンスター• ブラントドス|Lv4• バフバロ|Lv4• トビカガチ亜種|Lv4• パオウルムー亜種|Lv4• プケプケ亜種|Lv4• ベリオロス|Lv4• ナルガクルガ|Lv4• ディノバルド|Lv4• ティガレックス |Lv4• ブラキディオス|Lv4• 凍て刺すレイギエナ|Lv4• アンジャナフ亜種|Lv4• ディノバルド亜種|Lv4• オドガロン亜種|Lv4• イヴェルカーナ|Lv4• 紅蓮滾るバゼルギウス|Lv4• 死を纏うヴァルハザク|Lv4• ネロミェール|LV4• 怒り喰らうイビルジョー|Lv4• 悉くを殲ぼすネルギガンテ|LV4• アン・イシュワルダ|Lv4• ジンオウガ|Lv4• イャンガルルガ|Lv4• 傷ついたイャンガルルガ|図鑑に登録時点• ティガレックス亜種|LV4• リオレイア希少種|Lv4• リオレウス希少種|Lv4 研究レベルはどう上げたか? モンスター大博士のみを獲得する効率だけで考えるとひたすら痕跡集めをするのが早いと思います。 しかし、 勲章・トロフィーのコンプを目指す場合は金冠集めやMR200と並行して進めた方が最終的には時間短縮に繋がると思います。 僕はMR上げと装飾品集めを並行して行いたかったのでクエストで狩猟・討伐をしながら研究レベルを上げました。 狩猟、討伐でもポイントがもらえるので楽しみながら研究レベルも上げられて、精神的に楽でした。 クエスト中でも痕跡を拾うようにしたり、落石等の環境利用や縄張り争いなどでポイントを稼げるので積極的に狙うとレベルアップが早いです。 まとめ アップデート追加モンスターの検証が中途半端で申し訳ないですが、情報をまとめておきました。 公式で「ほぼ全て」の内容をお知らせしてくれれば良いのですが…笑 獲得時点でちょうど発売1ヶ月経ちますがまだまだコンマ以下の獲得率で超レアトロフィーのままです。 ボリュームの大きさを感じました。 少しでも参考になれば幸いです。 関連記事.

次の

【MHWI】トロフィー「モンスター大博士」獲得!対象モンスターについての情報まとめ【モンハンワールドアイスボーン】

モンハンアイスボーン レベル上げ

導きの地の専用素材はマカ錬金で交換可能 まず初めに知っておいて欲しいのは、導きの地の専用素材は一度入手したものなら、 ほとんどがマカ錬金を利用して交換可能となっています。 その為自分の地帯レベルが低くても、マルチプレイで一度でも素材を入手しておけば履歴がつくので、マルチプレイとマカ錬金を活用するのもおすすめです。 マカ錬金による交換が不可能なのは、古龍・金レイア・銀レウス・バゼル・ジョー・ラージャン・ティガ亜種・ジンオウガ亜種の歴戦素材は交換できないので、 登場したら最優先でストックしておきましょう。 最優先は歴戦イヴェルカーナ 歴戦イヴェルカーナから取得できる『 歴戦の冠角』は、ほぼ全ての素材へと交換可能な万能素材となっています。 もちろん歴戦古龍などのLv7で出現する歴戦素材には交換できませんが、それ以外は交換可能です。 その為、最優先として 歴戦イヴェルカーナが登場する地帯はどこでもいいのでLv7にしておきたいです。 おすすめは溶岩・氷雪地帯をレベル7固定にする まず筆者がおすすめする地帯のレベル上げ方は、最終的に 溶岩・氷雪地帯を レベル7にする方法です。 以前までは森林と荒地をレベル1にする『11777』がおすすめでしたが、現在は必要となる素材が多い 溶岩・氷雪地帯をレベル7で固定しておくと便利です。 その他の地帯は自分の欲しい素材と相談して上げましょう。 溶岩地帯の歴戦ラージャン素材は、カスタム強化の上限解放やラージャン武器の強化に要求される数が多いので優先してLv7で固定したい地帯です。 氷雪地帯はマカ錬金で交換素材の多い、歴戦イヴェルカーナが出現し、キャンプから遠くレベルが上げにくい地帯なので、Lv7で固定しておきたいです。 マカ錬金での交換ができない歴戦素材の出現地帯 森林:カーナ・クシャ 荒地:カーナ・ナナ・テオ・金レイア 珊瑚:カーナ・キリン・ネロミェール・銀レウス 瘴気:カーナ・ハザク・ティガ亜種 溶岩:クシャ・テオ・ナナ・ラージャン・バゼル 氷雪:カーナ・ジンオウガ亜種・ネルギガンテ 溶岩・氷雪地帯をLv7にしておけば、マカ錬金で交換不可能な8種類の歴戦モンスターを狩猟することが可能です。 全地帯をバランスよく上げるのは非推奨 全地帯をバランスよく上げると、レベル7の地帯が少なくなるor無くなってしまうので、登場するモンスターが少なくなってしまいます。 導きの地の素材はマカ錬金で交換可能な点や、歴戦古龍がレベル7から登場する事を考えると、『 レベルを上げるなら上げきる』事を推奨します。 レベルを上げきる前に素材の履歴を埋めておこう 地帯レベルを上げるのは大切ですが、 必ず素材を入手しながらLv7にしましょう。 マカ錬金で交換可能な素材なら、一度入手するだけでOKです。 バフバロのようなどこでも出現するモンスターならいいのですが、歴戦では無いトビカガチやクルルヤックなどは地帯レベルがあがると登場しなくなるので要注意です。 レベルの微調整は痕跡集めがおすすめ! 導きの地では地帯レベルを上げていると、レベルMAXの地帯レベルが下がってしまうこともあります。 その場合。 わざわざモンスターを倒すよりも簡単で、時間もかからないので、痕跡を集めて地帯レベルを微調整していきましょう。 逆にLvを上げたい地帯以外の痕跡を入手してしまうと、レベルが下がる原因になるので、しっかりと痕跡を見て入手するようにしましょう。 陸珊瑚ならキリン、瘴気ならラドバルキンやヴァルハザクといったように、 その地帯にしか登場しないモンスターの痕跡の方がゲージ上昇率が高いです。 ちなみにLv7の地帯は通常では地帯ゲージが表示されませんが、 ギルドカードならLv7の地帯でもゲージが表示されます。 ギルドカードで確認しながらLv7地帯を調整することをおすすめします。 効率良く地帯レベルを上げるなら、罠と痕跡を活用しよう 地帯レベルが上昇する要因は、モンスターの狩猟だけでなく、罠・痕跡採取・部位破壊といった調査ポイントが入手できるものでも上昇します。 その為、普通に狩猟するよりも、痕跡集めをして罠を何度も使って狩猟する方が地帯レベルは上昇します。 陸珊瑚ならキリン、瘴気ならラドバルキンやヴァルハザク、氷雪ならベリオロスといったように、 その地帯にしか登場しないモンスターの方がゲージ上昇率が高いです。 といった方法で地帯レベルを上げる事も可能です。 この方法はソロよりもマルチプレイで行なうと効率がいいです。 この方法は罠の補充が必要なので、キャンプから遠い氷雪地帯ではやりにくいです。 マルチプレイでの地帯レベル上げがおすすめ 2019. 12月のアップデートで、『他のプレイヤーが特殊痕跡を入手した場合、自分も特殊痕跡が入手可能になる』という変更がありました。 その為4人でのマルチプレイだと、特殊痕跡の入手量が4倍になるので効率がかなり上がります。 モンスターの強さによってゲージの上昇量は変わらないので、森林地帯ならドスジャグラス、荒地地帯ならクルルヤックを呼び出してマルチプレイでタコ殴りにすれば特殊痕跡を回収しながら簡単にレベル上げ可能です。 痕跡集めと罠も利用すればさらに効率がいいです。 しかしあくまで導きの地は探索なので、自分の狩猟したいモンスターと別のモンスターを狩りに行くプレイヤーや、狩りに参加せずに採取を行うプレイヤーも参加する事もあります。 その為、絶対にマルチプレイが最高率という訳ではありません。 まとめ ・導きの地は全ての地帯をレベルMAXにできないので、レベルを上げる地帯を選ぶ必要がある ・溶岩・氷雪地帯をレベル7で固定するのがおすすめ ・歴戦イヴェルカーナの素材で、ほとんどの素材がマカ錬金で交換可能。 リオレイア希少種などの素材は交換できないので集める必要あり ・地帯レベルを7にするまでに、マカ錬金で交換可能な素材を入手して履歴をつけておく アップデートの度に仕様が変わる導きの地ですが、2019年12月5日現在ではこの方法がおすすめだと思います。

次の