スラムダンク 仙道。 スラムダンクの仙道彰はレモンを食べるのはなぜ?そのシーンと理由は疲労回復?

仙道彰名言・名セリフ【スラムダンク】

スラムダンク 仙道

もくじ• 感動キャラでない スラムダンクの漫画の魅力でもあるようなキャラではありません。 高校バスケットボールを舞台にして三井寿が不良から立ち直ってバスケットボールをはじめたり、試合中にケガをしながら頑張る赤木剛憲、桜木花道のような描写がありません。 逆にバスケットボールに対して真剣ではありますが、仙道はゆるいルーズなキャラであるのが個人的に好きです。 そんな場面をあげてみたいと思います。 釣りをしている 仙道と同じ綾南高校の彦一というチームのマネージャーのような仕事をしているキャラがあります。 その彦一がインターハイに出場する大阪の豊玉高校と仙道の話題で言い争いをしている場面があります。 そんな中、仙道はどこかの海で釣りをしている描写があります。 もちろん、仙道は自分のバスケットボールの実力について彦一が豊玉高校の生徒と言い争っている事は知りません。 この神奈川のインターハイ予選で敗れた後の休暇中に釣りをしているユルい感じがいいです。 アニメ版最終回のオリジナルストーリーの湘北高校VS神奈川県内ドリームチームの練習試合。 その試合に仙道を出すために、彦一の姉が仙道を探しに行っている場面でも釣りにいってました。 プライベートな趣味の時間は釣りをしているみたいです。 「あれから10日後」の作品では、練習をサボって釣りをしていました。 かなりの釣り好きです。 インターハイを逃したのに泣いていない 湘北高校にやぶれ、惜しくもインターハイ出場を逃して湘北高校、綾南高校は整列します。 そんな場面、綾南高校は3年のキャプテン魚住、2年の福田や他のチームメートも泣いている中、仙道は泣かずに普通の表情で終えます。 ちなみに3年の池上も仙道の表情に似ています。 アニメ版では、仙道が少し悔しいような吐息が音声で聞こえたり、池上もくやしがる表情を見せます。 アニメ版の解釈は顔は普通だけど、内心は悔しいという表現だと思います。 アニメ版の池上の表情の画像。 高校バスケットボールではインターハイ出場が目標だと思います。 仙道もインターハイは目標ですが、それよりもバスケットボールを上手くなったりする事や、普通にバスケットボールが好きな感じであるような印象がしていいです。 勝手な個人的な解釈な気がします。 仙道はもともと、そういう感動系が苦手なのかもしれないキャラなのかもしれないし。 3年キャプテン魚住、副キャプテン池上の引退に顔を見せない 3年最後のインターハイ予選を敗退で終え、キャプテン魚住、副キャプテン池上は残る2年、1年に最後の言葉をかけるために顔を出しています。 その場面に仙道は顔を出していません。 彦一は、新キャプテンとなる仙道が顔を出していない事を魚住に話します。 魚住は怒ることなく、「何も心配はいらん」と返します。 仙道への信頼もあついです。 (おそらく) 3年の池上も仙道に似ていますが、仙道以上かもしれません。 アニメ版オリジナルではこの場面、仙道は遅刻しているか、わざと遅れて綾南高校に向かっている描写などが追加されています。 アニメ版では綾南高校バスケットボール部は練習をしていて、そこへ3年の魚住、池上が制服を着たまま突然あらわれて引退を発表したという事だと思います。 練習に遅れた仙道は、歩きながら綾南高校へ向かっていたみたいです。 これは、どうとらえるかは見ている人次第な気がします。 仙道は、魚住と池上が部活動で引退すると話す事を知らなかった事をアニメでは描写しています。 それが正しいのかもしれないですね。 練習中に魚住と池上が引退するとつげる事を知っていたら顔を出してそうな気もします。 こういうのもコミックだけを見ている人も、アニメ版を見ると楽しめると思います。 でも、「あれから10日後」の作品では新キャプテンなのに実はサボり魔みたいです。 普段の練習もサボっていたのでしょうか。 それか、10日後にはキャプテン魚住がいなくなったからサボりだしたのでしょうか。 ある程度このサイトを作ってから「あれから10日後」を見ました・・・書きずらくなってきた。 こんな設定だったのでしょうか・・。 (笑) バスケットボールに取り組む姿勢がいい(おそらく) オフェンスでは流川以上の実力を持ち、いきなり大事な公式戦でポイントガードとして出場して海南の牧と互角の対決を見せる実力を見せる仙道。 でも、インターハイがかかっている予選なのに湘北高校の選手の成長を楽しんで観客席から見たり、味方のミスにも寛容です。 真剣にバスケットボールの試合はしますが、味方を怒ったりしてまで勝とうとしない姿勢がいいです。 書いていて、いいのかどうなのかわからなくなってきました。 仙道と一緒にバスケットボールをしていたら楽しい感じがします。 勝負に非道にならないのが仙道の弱点な気がする。 でも、私はバスケットボールの経験がないのでわかりません。 味方のミスに寛容 綾南高校のキャプテン魚住は、大事な場面でファールをし過ぎて退場したり、ベンチに下がる場面があります。 王者・海南高校との対戦では、キャプテン牧は海南の味方選手に「魚住につっかけろ。 コートから追い出せ」と命令します。 ワナにはまった魚住は、自分がファールを犯していないのに笛を吹く審判に怒り、テクニカルファールもしてしまい退場となってしまいます。 湘北の赤木は観客席で、「キャプテン失格だ。 審判とケンカして退場とは愚の骨頂だ」とコメントしています。 このへんの狡猾さの違いが仙道と牧の違いで海南高校は勝った気がします。 この場面の後の仙道のセリフが個人的に好きです。 「全国への道はなかなかに厳しい・・・」とだけ話すだけです。 湘北高校との試合で綾南高校・味方の越野がコートから出ていた場面で、同じく綾南高校のポイントガードの植草のボールを湘北の宮城がスティールされる場面。 仙道はスティールされた植草に自分のミスのように謝ります。

次の

スラムダンク仙道

スラムダンク 仙道

スポンサードリンク 男子バスケットボール世界選手権大会第2戦 3クオーター残り2分30秒 日本 55 オーストラリア 70 個々の能力で上回るオーストラリアが15点差をつけてリード。 日本はタイムアウトを獲った。 スラムダンクその後の続き(31)全日本ジュニアVSオーストラリア戦 3クオーター終了 スポンサードリンク 堂本「ここからは点の取り合いに挑むぞ。 」 「牧、いくぞ」 「相手ディフェンスをかき回してこい」 牧「分かりました」 堂本「河田、センターを頼むぞ」 河田「ハイ」 堂本「沢北、仙道、流川。 思う存分暴れてこい」 沢北「任せてください!」 仙道「わかりました」 流川「うす」 日本は森重に代えて牧を投入。 日本代表メンバー 4 牧伸一 G 184cm (海南大付属高校3年) 11 沢北栄治 SG 188cm(山王工業2年) 15 流川楓 SF 187cm (湘北高校1年) 12 仙道彰 PF 190cm (陵南高校2年) 5 河田雅史 C 194cm (山王工業3年) 「沢北、仙道、流川のトリオだ!!!」 「これはまた期待ができるぜ!!!」 「日本、あきらめんなよ!!!」 「ここからが勝負だ!!!」 オーストラリアは最後までメンバー変更なし。 日本ボール。 ボールを運ぶのは牧。 ダムダムダムダム・・・ 牧、早速仕掛ける! パワーとスピードでパドミルズを抜く!!! ビッ! ボールは仙道へ。 PFのシモンズが待ち構える。 仙道、一瞬でシモンズを交わす! ゴール下へ切り込む! エンド・ボーガットと1対1 ガガッ!!! 桜木、また立ち上がる・・・! 桜木「いけえぇぇぇっ!!!センドー!!!決めて来い!!!」 晴子、嬉しそうに桜木をみる。 〈こんなに一生懸命応援する桜木君をみるのは初めてだわ〉 仙道、エンド・ボーガットに上手く体を当てながらフックシュートを放つ。 宮城「おぉ!」 ビシイィィッ!! ブロックをしようと伸ばした手が仙道に当たる。 ボールをじっと見る。 〈・・・よし、やるか〉 ビッ! 仙道が山なりのシュートを放つ。 三井、異変に気付く。 「ボールの軌道が変だぞ」 ガン!!! ボールはリングに当たる。 仙道「河田さん!!!」 河田「おう!任せろい!!!」 誰よりもボールの動きを読み、いち早く動いた河田。 空中でボールを掴み、そのままダンクでねじ込む!!! ドガアアアァァァッッッ!!!!! 「仙道の外したボールを河田がダンクで決めた!!!」 「プットバックダンク!!!」 潮崎「仙道もフリースローを外すんだな」 三井「いや、あれはわざとだ。 」 潮崎「え?」 三井「河田の動きをみてたか?あそこにボールが飛んでくると思って先読みして動いていた」 「それに、仙道のシュート、明らかに山なりで、リングの中心からずれていた。 」 「わざと右のリングに当てて、シュートを外して河田が押し込むという作戦だぜあれは」 潮崎「・・・そんなことができるんですね」 仙道、安堵の表情。 「いやあ、普通に点を獲るより全然難しいや」 河田が駆け寄る。 「見事なパスだったぜ、仙道」 仙道、ニコリ。 「たまたま上手くいきました」 バシイィ!!! 仙道と河田、ハイタッチ! 3クオーター残り2分15秒 日本 59 オーストラリア 70 牧「よし、いくぞ!!!」 牧と沢北、パド・ミルズを密着マーク! 「日本、ここでゾーンプレスを敷いてきた!!!」 「これはナイス判断だ!!!」 キュキュ!!! 牧、沢北、スペースを作らせない! パド・ミルズ〈う、隙がないぞ・・〉 牧「悪いな、さっきまで休んでたから体力が有り余っているんだ」 沢北「俺もまだまだ余裕だぜ!」 「オーストラリア、時間がないぞ!!!」 「タイムオーバーになるぞ」 パド・ミルズ「くそっ、」 パド・ミルズ、わずかなスペースを見つけ、ボールを投げる。 バシイイイィィィッ!!! それを仙道がカット!!! 仙道「よし!!!」 そのままドリブル開始! オーストラリア監督、立ち上がる!!! 「ここはファウルをしてでも止めるんだ!!!」 シモンズ、ドリブルをする仙道に追いつけず。 〈コイツ、早い・・・!〉 ゴール前、オーストラリア選手はパド・ミルズ1人。 日本は仙道、牧、沢北の3人。 仙道の選択肢は・・・ ドリブル突破!!! トップスピードで、パド・ミルズを抜き去る! そして・・・ ダン!!! ドガアアアァァァッ!!!!! ダンクが炸裂!!!!! 「タイムアウト明け、3連続ゴール!!!」 「仙道がすげえ!!!!!」 会場が一気に沸く!!!!! 彦一「仙道さん!!!!!アンビリーバブルや!!!!!」 田岡も立ち上がる!!! 「ナイスプレーだ!!!」 福田はブルブル震える・・・ 〈お、俺もあそこに立ちてぇ・・・〉 続いてオーストラリアの攻撃 パドミルズ〈やられてばっかで終わるか・・・!〉 牧・沢北〈?!〉 パドミルズ、わずかなスキを見つけ牧と沢北のゾーンをかいくぐる。 三井「お、あれをかわしたか」 宮城「俺もあれくらいならできる」 〈俺だって、深津と沢北のゾーンを破ったからな〉 — ビビー!!! 残り時間でお互いにゴールを決め合い、3クオーターが終了した。 日本 65 オーストラリア 72 2分半の追い上げで7点差に迫った日本。 勝負の4クオーターに突入する。 スポンサードリンク.

次の

スラムダンクで仙道の「行け」は何巻?桜木花道への評価やセリフの意味についても

スラムダンク 仙道

主人公・桜木を擁する湘北高校のライバル校のひとつ、陵南高校のバスケ部エース・仙道彰。 「スラムダンク」の世界では、バスケの神的存在、容姿にも優れ年上女性をも虜にするが、彼の魅力はそれだけではない。 仙道は一言でいうと 天才。 仙道は一言でいうと 天才。 しかし、桜木とはまた 違うタイプの天才である。 桜木が常識では通用しないビッグな天才なら、仙道は王道というか、世間一般が想像する「授業中寝ていてもテストでは100点をとるうらやましいタイプ」の天才に近いであろう。 もちろん、はっきり描かれていないだけで、裏ではかなりの練習をしているのだろう。 「スラムダンク」のキャラクターは、桜木や三井のように自信満々、桜木をからかう清田などの印象が強い中、仙道は堂々としてはいるが、人に攻撃的な印象はない。 初登場シーンでは、桜木に「センドー、おめーはオレが倒す!!」と言われてもにっこり笑い、握手をするほど心が広い。 練習試合の集合時間にも遅れてくるが、これまた王者の風格。 桜木を素人扱いして侮るキャラ達が多いのに、この人は最初から桜木の凄さを見抜いていたのだろう。 表面には出さないものの桜木の良き理解者である。 木暮のように世話をしたり、赤木のように厳しくするわけではないが、絶妙なタイミングで、桜木を激励してくれる。 桜木にとっては初めての練習試合後に言った、「オレを倒すつもりなら…死ぬほど練習してこい!!」は特に印象的だ。 仙道にしか言えない台詞である。 桜木をただの初心者で破天荒なヤツではなく、バスケをやる者同士と認めてくれ もっと練習はしないといけないが 、まっすぐな目で桜木を見ている。 桜木にやる気を出させるのが上手い1人である。 仙道は、バスケの技術 攻撃面 だけでなく、陵南バスケ部のメンタル面の鍵をも握る素晴らしい選手である。 ピンチの時でもメンバーは「仙道ならきっとなんとかしてくれる」と信じている。 一見、点獲り屋としてワンマンに見えていたが、メンバーと信頼関係で結ばれているのだ。 桜木は仙道のおかげで成長し、陵南相手のインターハイ予選に勝てたわけだが、仙道もまた桜木や流川によって成長したであろう。 負けてこそのバスケの楽しさも知ることができたと思う。 また、これだけの技術があるからこそ、ただ強いだけでなく、ゲームの面白さや良いプレーなどバスケの醍醐味も読者に教えてくれる。 また、彦一が豊玉高校の選手と言い合いをしていた時に、場面が変わって、仙道が噂をされていたのにくしゃみではなくあくびをしていたのが興味深い。 名前を間違えるということは失礼だが、仙道はその次元をも超えているのだ。 仙道と沢北との対決を見ることは現時点ではできない。 もし、「スラムダンク」のスピンオフがあるのなら、「仙道対沢北」も見てみたいものだ。 こうして仙道を考えると、やっぱりスラムダンクのキャラで 仙道は天才なのかな。

次の