ルカリオ 技構成。 ルカリオ育成論

【ポケモンGO】対戦(トレーナーバトル)でおすすめのポケモン

ルカリオ 技構成

全国 No. 2 m 重さ : 54. せいしんりょく ひるまない。 隠れ特性 夢特性 せいぎのこころ あくタイプのわざを受けると、攻撃のランクが1段階上がる。 ルカリオのさらに詳細なデータはを参照 覚える技・入手方法等の詳細なデータを確認できます。 ルカリオの特徴 【良いところ】• 攻撃、特攻がどちらも高めのため型を読まれにくいです。 二刀流や「つるぎのまい」を積む物理型、特殊型があります。 「インファイト」の威力が高いため物理型の方が火力は上ですが、特殊型は「おにび」「いかく」に強いので安定します。 覚える攻撃技の種類が多いです。 物理技では「インファイト」「かみくだく」「ストーンエッジ」、特殊技では「はどうだん」「あくのはどう」「ラスターカノン」「サイコキネシス」などなど。 威力80の先制技である「しんそく」、タイプ一致の先制技である「バレットパンチ」を覚えることができます。 「つるぎのまい」と組み合わせれば相手の全抜きも狙えます。 バトル序盤でやろうとすると失敗するので、相手のポケモンを弱らせてからやりましょう。 鋼タイプなので「どくびし」「どくどく」が無効であり、砂嵐ダメージを受けません。 「いのちのたま」を持たせる場合、できるだけ蓄積ダメージを押さえたいところなので、じわじわ系ダメージが無効なのは助かります。 「おにび」は受けてしまいますが・・・• バンギラス、ドサイドンなど岩ポケモンの「ストーンエッジ」読みで出して行き、格闘技で効果抜群をとることができます。 交代読み「じしん」に気をつけましょう。 カビゴンの「おんがえし」「かみくだく」読みで交代出しし、流すことができます。 ノーマル技に耐性があるとはいえ、ルカリオが耐久に無振りだと「おんがえし」で4割くらい削られるため注意が必要です。 その他、ハピナスなど特殊技で攻めるノーマルタイプの「れいとうビーム」読みで交代出しできます。 相手が逃げるターンに「つるぎのまい」を舞ってもOKです。 【悪いところ】• 耐久は低めです。 鋼タイプのため10個ものタイプに耐性を持ちますが、元の耐久がないので効果いまひとつの技を受けてもダメージを押さえにくいです。 できるだけ先手で攻撃して相手を倒したいところですが、素早さは90と微妙です。 物理型にすると、物理受けグライオンで止まります。 素早さでもグライオンに負けているため、交代読み「れいとうパンチ」を当てるくらいしか対処できません。 攻撃特化ルカリオが「れいとうパンチ」しても、HP振りグライオンを確1にできません。 ルカリオの型 性格 : いじっぱり 努力値: HP252、攻撃252、素早さ6 持ち物: いのちのたま メイン: インファイト、しんそく サブ技: バレットパンチ、かみくだく 補助技: つるぎのまい 「つるぎのまい」を積んでから攻撃するルカリオです。 バトル中盤~終盤で出し、できるだけ多くの相手を倒します。 一度舞ってしまえば、このルカリオを受けられるポケモンはほぼいません。 性格・努力値について。 攻撃特化のいじっぱりとします。 素早さは激戦区ですが、• 先制技である「しんそく」を使っていくこと• 「しんそく」に耐性のある岩・鋼タイプのポケモン 「インファイト」を撃つ相手 は素早さが遅いものが多いこと を考えると素早さに振るメリットは薄いです。 HPに振っておけば、「ストーンエッジ」「おんがえし」など読みで交代出ししやすくなり、相手が逃げるターンに「つるぎのまい」を舞うことができます。 死に出しでルカリオを出すとしても、耐久が上がるため「つるぎのまい」が舞いやすいです。 持ち物について。 突破力をあげ、小回りの効く「いのちのたま」がオススメです。 技について。 「しんそく」「インファイト」「つるぎのまい」「かみくだくorバレットパンチ」という技構成とします。 「しんそく」はこの型の軸となる技です。 「インファイト」は「しんそく」に耐性のある岩・鋼タイプに撃つ技。 「つるぎのまい」は相手の交代読みor死に出しで舞ってください。 残りは「かみくだく」と「バレットパンチ」の選択となります。 「かみくだく」はヨノワールを意識した技です。 ゲンガーにも効果抜群はとれますが、あちらの方が素早さが高いため先制で「きあいだま」を撃たれ、不利です。 また、素早さの高い岩タイプであるプテラにも効果抜群となります。 獲物?• 獲物?•

次の

【ポケモン剣盾】ルカリオの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

ルカリオ 技構成

全国 No. 2 m 重さ : 54. せいしんりょく ひるまない。 隠れ特性 夢特性 せいぎのこころ あくタイプのわざを受けると、攻撃のランクが1段階上がる。 ルカリオのさらに詳細なデータはを参照 覚える技・入手方法等の詳細なデータを確認できます。 ルカリオの特徴 【良いところ】• 攻撃、特攻がどちらも高めのため型を読まれにくいです。 二刀流や「つるぎのまい」を積む物理型、特殊型があります。 「インファイト」の威力が高いため物理型の方が火力は上ですが、特殊型は「おにび」「いかく」に強いので安定します。 覚える攻撃技の種類が多いです。 物理技では「インファイト」「かみくだく」「ストーンエッジ」、特殊技では「はどうだん」「あくのはどう」「ラスターカノン」「サイコキネシス」などなど。 威力80の先制技である「しんそく」、タイプ一致の先制技である「バレットパンチ」を覚えることができます。 「つるぎのまい」と組み合わせれば相手の全抜きも狙えます。 バトル序盤でやろうとすると失敗するので、相手のポケモンを弱らせてからやりましょう。 鋼タイプなので「どくびし」「どくどく」が無効であり、砂嵐ダメージを受けません。 「いのちのたま」を持たせる場合、できるだけ蓄積ダメージを押さえたいところなので、じわじわ系ダメージが無効なのは助かります。 「おにび」は受けてしまいますが・・・• バンギラス、ドサイドンなど岩ポケモンの「ストーンエッジ」読みで出して行き、格闘技で効果抜群をとることができます。 交代読み「じしん」に気をつけましょう。 カビゴンの「おんがえし」「かみくだく」読みで交代出しし、流すことができます。 ノーマル技に耐性があるとはいえ、ルカリオが耐久に無振りだと「おんがえし」で4割くらい削られるため注意が必要です。 その他、ハピナスなど特殊技で攻めるノーマルタイプの「れいとうビーム」読みで交代出しできます。 相手が逃げるターンに「つるぎのまい」を舞ってもOKです。 【悪いところ】• 耐久は低めです。 鋼タイプのため10個ものタイプに耐性を持ちますが、元の耐久がないので効果いまひとつの技を受けてもダメージを押さえにくいです。 できるだけ先手で攻撃して相手を倒したいところですが、素早さは90と微妙です。 物理型にすると、物理受けグライオンで止まります。 素早さでもグライオンに負けているため、交代読み「れいとうパンチ」を当てるくらいしか対処できません。 攻撃特化ルカリオが「れいとうパンチ」しても、HP振りグライオンを確1にできません。 ルカリオの型 性格 : いじっぱり 努力値: HP252、攻撃252、素早さ6 持ち物: いのちのたま メイン: インファイト、しんそく サブ技: バレットパンチ、かみくだく 補助技: つるぎのまい 「つるぎのまい」を積んでから攻撃するルカリオです。 バトル中盤~終盤で出し、できるだけ多くの相手を倒します。 一度舞ってしまえば、このルカリオを受けられるポケモンはほぼいません。 性格・努力値について。 攻撃特化のいじっぱりとします。 素早さは激戦区ですが、• 先制技である「しんそく」を使っていくこと• 「しんそく」に耐性のある岩・鋼タイプのポケモン 「インファイト」を撃つ相手 は素早さが遅いものが多いこと を考えると素早さに振るメリットは薄いです。 HPに振っておけば、「ストーンエッジ」「おんがえし」など読みで交代出ししやすくなり、相手が逃げるターンに「つるぎのまい」を舞うことができます。 死に出しでルカリオを出すとしても、耐久が上がるため「つるぎのまい」が舞いやすいです。 持ち物について。 突破力をあげ、小回りの効く「いのちのたま」がオススメです。 技について。 「しんそく」「インファイト」「つるぎのまい」「かみくだくorバレットパンチ」という技構成とします。 「しんそく」はこの型の軸となる技です。 「インファイト」は「しんそく」に耐性のある岩・鋼タイプに撃つ技。 「つるぎのまい」は相手の交代読みor死に出しで舞ってください。 残りは「かみくだく」と「バレットパンチ」の選択となります。 「かみくだく」はヨノワールを意識した技です。 ゲンガーにも効果抜群はとれますが、あちらの方が素早さが高いため先制で「きあいだま」を撃たれ、不利です。 また、素早さの高い岩タイプであるプテラにも効果抜群となります。 獲物?• 獲物?•

次の

【ポケモンGO】ルカリオの最適技!「はどうだん」で最強かくとうタイプ誕生?!|ポケらく

ルカリオ 技構成

同複合タイプではシリーズ5にてがレート解禁される。 物理・特殊・二刀が可能な種族値と、さらに物理特殊それぞれの積み技・先制技まで備えたアタッカー。 とりわけ攻撃技のレパートリーが豊富であり、優先度の高い神速をはじめ、高火力の一致技、サブウェポンにも困らない。 物理特殊の判別の難しさも然り、技範囲の広さから全ての型を想定して完璧に受けきるというのは困難。 第八世代ではメガシンカが廃止され素早さと決定力を落としてしまった。 さらに新システムのダイマックスは格闘技の威力の低さ、先制技が使えないなどルカリオとはミスマッチ気味。 積み技が成功しても相手にダイマックスされると普通に耐えられることもザラである。 強化点としては高火力の特殊技であるてっていこうせんを獲得。 こちらはダイマックスすることでデメリット無しになる。 一応初手ダイマックスすることで物理特殊の判別をさせないまま動けるというメリットもなくはない。 逆風ばかりではないのだが、総合的に考慮すると従来の抜き性能は弱体化した感は否めない。 とはいえゴースト・ダイジェットの流行とリベロによる役割剥奪で大半のタイプが姿を消すなか、鋼複合や独自の抜き性能をもつルカリオは一定の採用率を保持している。 ネタ考察やマイナー考察はにあります。 特性考察 ふくつのこころ 怯みそのものは防げない。 仮に素早さが上がり次ターン先に攻撃できても怯まずに攻撃できた方が断然得なのでどの型においても優先度は最も低い。 せいしんりょく 特殊型ならこれで確定。 第八世代ではを無効にする効果が追加されたため物理型でも無難な選択肢。 特にねこだましやいわなだれが飛びかうダブルでは最有力。 せいぎのこころ 隠れ特性。 物理型でせいしんりょくと選択。 対面で悪技を撃たれることはほぼないため、はたきおとす読みなどで受け出していくことになる。 ただし耐久の低いルカリオで読み外そうものなら致命的。 運用難易度は高い。 高威力・命中安定のメインウェポン。 能力低下のデメリットは小さい。 とびひざげり 闘 130 195 90 外すと反動 タイプ一致技。 高火力だが命中率とゴーストが怖い。 きあいのタスキをあわせて。 アイアンテールより命中率が高い。 高威力・命中不安。 アイアンヘッドは覚えない。 先制技。 無効タイプ無し。 優先度や一貫性が高い。 に無効。 ダブルでは相手全体攻撃。 じしん 地 100 100 - 対。 ダイマックス前提ならこちらが使いやすい。 高威力・命中不安。 はどうだん 闘 80 120 必中 - タイプ一致技。 性能安定だがわるだくみが欲しい。 必中効果付きだが、ちいさくなる持ちには通りにくい。 先制技。 に無効。 てっていこうせん 鋼 140 210 95 最大HP半分減少 タイプ一致技。 最大火力。 ダイマックス前提。 または散り際、ラス1に。 性能安定。 C下降補正無振りでも、無補正A振りバレットパンチより高威力。 格闘技とあわせて全ポケモンに等倍以上。 怯みを狙える。 りゅうのはどう 竜 85 100 - 対竜。 妖や鋼は呼びにくいため一貫して通りやすい。 変化技 タイプ 命中 備考 つるぎのまい 無 - 有利対面で物理型の火力を補強。 味方の起点作りとあわせて。 わるだくみ 悪 - 有利対面で特殊型の火力を補強。 味方の起点作りとあわせて。 こうそくいどう 超 - 有利対面ですばやさを大幅強化。 ダイナックル等とあわせて。 つめとぎ 悪 - 火力と命中を同時に補強。 アイアンテールやとびひざげりやきあいだまの命中を強化する。 第5,6世代技マシン。 みがわり 無 - 補助技対策や、交代読みで。 みきり 闘 - ダブル用。 基本技。 まもるより封印されづらい。 いやしのはどう 超 - ダブル用。 ファストガード 闘 - ダブル用。 相手の先制技を防ぐ。 まねっこ 無 - ダブル用。 コンボの発動に。 威力は低め、抜群狙いで。 インファイト・とびひざげりの反動やきあいだまの命中不安を嫌う際に。 物理型の場合は火力補強ができる。 追加効果が優秀。 てっていこうせんの反動、アイアンテールの命中不安を嫌う際にも。 アイアンテール コメットパンチ ラスターカノン 130 195 ダイロック ストーンエッジ いわなだれ 130 天候:砂嵐 対、。 格闘との補完に優れる。 スリップダメージでタスキ潰し。 がんせきふうじ 110 ダイバーン ブレイズキック 130 天候:晴 対。 その他、やに。 敵の便乗に警戒。 ダイアイス れいとうパンチ 130 天候:霰 対。 その他、4倍竜にも。 スリップダメージに注意。 ダイサンダー かみなりパンチ 130 場:EF 対。 サイコフィールド除去にも。 追加効果で物理受けを崩す。 追加効果で特殊受けを崩す。 ダイウォール 変化技 - まもる 相手のダイマックス切れを狙う。 呼ぶに注意。 ダイストリーム みずのはどう 110 天候:雨 などに。 炎技威力半減。 過去作限定技。 格闘技と範囲が被りがち。 追加効果は優秀。 追加で特攻が上がるが物理型とミスマッチ。 ダイサイコ しねんのずつき サイコキネシス 130 場:PF 対、。 先制技が使えなくなってしまうので注意。 具体的には、しんそく・しんくうは・バレットパンチと相性が悪い。 ダイアイスやダイスチルで事足りることが多い。 いかく対策で特殊にする必要がない。 とびひざげりが最高火力だが、外しや後出しによる負け筋が常に付き纏うため、 採用率は威力が近く安定したインファイトが大多数。 能力下降もあまり気にならない。 メガシンカが廃止された現在、素早さは激戦区の90族になってしまった。 その低下した素早さの関係上、トップメタのミミッキュやドラパルトとの早撃ち対面を筆頭に、バレットパンチが有用な場面は多く、物理型であれば是非採用したい。 A特化帯バレパンでH4ミミッキュに77. 0〜90. スカーフも十分候補に入る上、ダイマックスすればこだわりも解除できる。 タスキの場合は、高いとは言えない耐久力と相性の良いカウンターも候補。 特殊技を採用する場合、先制技は物理技が多く、ある程度耐えられるようにDダウンになるむじゃきを推奨。 希少な特殊アタッカーである点を活かしたいが、無補正C振りはどうだんではH振りすら中乱1にしかならない。 きあいだまなら威力は高いものの命中難のデメリットが大きい。 はどうだんを採用するなら、火力不足を補うためのわるだくみの優先度は高め。 しんくうはとの相性も良い。 しんくうははバレットパンチの通りが悪い鋼に通るため、トップメタのドリュウズ意識で入れたいが、先制技がしんくうはのみだとゴーストが辛くなるので、バレットパンチとの両採用も候補。 ダブルに多いいかくはせいしんりょくを無効化できるので、物理型でも機能不全になりにくい。 また、開幕いのちがけで一体相打ちにして相方のトリックルームをサポートしたり、 ふくろだたき+せいぎのこころで一気にA上昇など、ダブル特有の動きも可能。 ふくろだたきコンボはテラキオンやウインディといった強力なライバルがおり、 タスキを持てなくなるという欠点があるので、採用するならルカリオ独自の強みを見出したい。 対ルカリオ 注意すべき点 物理主体か特殊主体かを初見で判断することが難しい。 ・の攻撃範囲は広く、さらに優先度の高い先制技しんそく持ち。 ・・で止まらない。 ・・で止まらないしんそく使い。 他にもバレットパンチやしんくうはと豊富な先制技を使いこなす。 対策方法 つるぎのまい・わるだくみを積まれると対策を取りづらいため、展開させないことが第一。 物理・特殊のどちらの型でも技・技・先制技・積み技の構成が大半を占める。 このため、・両方を半減する・等が苦手な点は変わりない。 ただし、ルカリオはステルスロック持ちと組んでいる事が多いので注意。 積まれると崩されかねない。 火傷させても、特殊型やつるぎのまい持ちにはあまり意味がないので、おにびよりは麻痺を入れる方が効果的。 耐性の多いだが、ルカリオの場合素早さが生命線であるため、麻痺させておけば後続で対処しやすくなる。 ただし、しんそくやバレットパンチなど多くの先制技も使えるので、そのダメージは見越すこと。 リオル No. ただし悪タイプには変化技が無効になる。 ) 体重 :20. 有用な変化技は少なく、おさきにどうぞとまねっこくらい。 第5世代においては天候やステルスロックなどの定数ダメージ源を用意してからのまねっこほえるループが猛威を奮ったが、6世代において仕様が変更され成立しなくなった。 まねっこの効果で先制で攻撃技を出せる。 特にタスキやこらえるで体力を1にしてからの最大威力のきしかいせい 200 を先制で出せるのが強み。 ただしには無効。 現環境にはを半減にするフェアリーが多く、また、ダイサイコでサイコフィールドを張られると先制技が無効化されてしまう。 ダブルでは優先度が更に上がるおさきにどうぞが強み。 インファイト、はどうだん、しんそく、ラスターカノン、ストーンエッジ、あくのはどうなどは覚えない。 敵味方問わず、直前に使われた技を出す。 対象を選べる技が出た場合の対象は、相手2体からランダムで選ばれる。 ダイマックス技が対象になった場合は、そのダイマックス技の元になった技が出る。 以下の技は真似できない。 こちらが先手をとれるならつるぎのまいで全抜きも狙える。 やどりぎのタネや毒々などへはみがわりも使えるが、その後どう体力を削るかが難しい。 性質上相手の先制技は苦手。 こちらより速い相手もそうだが、遅い相手でもきしかいせいを打つ前に倒される。 優先度付きの技を挟まれることで妨害されてしまうが、 その場合にはリオルのこのゆびとまれ+味方がダイマックスせずにトリル使用と、柔軟に動きを切り替えることが出来るのも強み。 素早さの関係で防げる相手は多くないが、ダブル最メジャーのとは同速。 そのため基本的には最速推奨。 他にも、、あたりのねこだましを防げる。 ちなみに相手がトリル返しをしてきた場合、相手が先制技を持っていなければ次ターンまねっこで再展開出来る。 (トリルは通常は必ずターン最後に発動するため、先制まねっこで直前の技がトリルになる。 ) 上記の理由から安定して展開を阻止するのが難しく、 ダイマックスターンを消費するのもの、極めて妨害されにくい展開役と言える。 展開後はサポートとして、このゆびとまれで妨害を封じたり、フェイントで守るを解除したりすると良い。 4th BW BW2 6th 技 威力 命中 タイプ 分類 PP 備考 リオル ルカリオ リオル ルカリオ リオル ルカリオ リオル ルカリオ - 1 - 1 - 1 - - あくのはどう 80 100 あく 特殊 15 - - - - - - - 1 しんそく 80 100 ノーマル 物理 5 - - - - - - - 1 りゅうのはどう 85 100 ドラゴン 特殊 10 - - - - - - - 1 インファイト 120 100 かくとう 物理 5 - - - - - - - 1 はどうだん 80 - かくとう 特殊 20 1 1 1 1 1 1 1 1 みやぶる - - ノーマル 変化 40 1 1 1 1 1 1 1 1 でんこうせっか 40 100 ノーマル 物理 30 1 - 1 - 1 - 1 - こらえる - - ノーマル 変化 10 - 1 - 1 - 1 - 1 みきり - - かくとう 変化 5 - 1 - 1 - 1 - 1 メタルクロー 50 95 はがね 物理 35 6 6 6 6 6 6 6 6 カウンター - 100 かくとう 物理 20 15 15 15 15 11 11 11 11 フェイント 30 100 ノーマル 物理 10 11 11 11 11 15 15 15 - はっけい 60 100 かくとう 物理 10 - - - - - - - 15 グロウパンチ 40 100 かくとう 物理 20 29 - 29 - 19 - 19 - まねっこ - - ノーマル 変化 20 - 33 - 37 - 37 - 19 つるぎのまい - - ノーマル 変化 20 24 - 24 - 24 - 24 - いやなおと - 85 ノーマル 変化 40 - 24 - 24 - 24 - 24 きんぞくおん - 85 はがね 変化 40 19 - 19 - 29 - 29 - きしかいせい - 100 かくとう 物理 15 - 19 - 19 - 29 - 29 ボーンラッシュ 25 90 じめん 物理 10 - - - 33 - 33 - 33 ファストガード - - ノーマル 変化 15 - 29 - 29 - 19 - 37 さきどり - - ノーマル 変化 20 - 37 - 51 - 51 - 42 はどうだん 80 - かくとう 特殊 20 - - 47 - 47 - 47 - わるだくみ - - あく 変化 20 - - - 47 - 47 - 47 めいそう - - エスパー 変化 20 - - 55 - 55 - 50 - いのちがけ - 100 かくとう 特殊 5 - - - 42 - 42 - 51 いやしのはどう - - エスパー 変化 10 - 42 - 55 - 55 - 55 インファイト 120 100 かくとう 物理 5 - 47 - 60 - 60 - 60 りゅうのはどう 85 100 ドラゴン 特殊 10 - 51 - 65 - 65 - 65 しんそく 80 100 ノーマル 物理 5 技マシン No. 技 威力 命中 タイプ 分類 PP 備考 技01 ふるいたてる - - ノーマル 変化 30 技04 めいそう - - エスパー 変化 20 技05 ほえる - - ノーマル 変化 20 技06 どくどく - 90 どく 変化 10 技08 ビルドアップ - - かくとう 変化 20 技10 めざめるパワー 60 100 ノーマル 特殊 15 技11 にほんばれ - - ほのお 変化 5 技15 はかいこうせん 150 90 ノーマル 特殊 5 技17 まもる - - ノーマル 変化 10 技18 あまごい - - みず 変化 5 技21 やつあたり - 100 ノーマル 物理 20 技26 じしん 100 100 じめん 物理 10 技27 おんがえし - 100 ノーマル 物理 20 技29 サイコキネシス 90 100 エスパー 特殊 10 技30 シャドーボール 80 100 ゴースト 特殊 15 技31 かわらわり 75 100 かくとう 物理 15 技32 かげぶんしん - - ノーマル 変化 15 技39 がんせきふうじ 60 95 いわ 物理 15 技42 からげんき 70 100 ノーマル 物理 20 技44 ねむる - - エスパー 変化 10 技45 メロメロ - 100 ノーマル 変化 15 技47 ローキック 65 100 かくとう 物理 20 技48 りんしょう 60 100 ノーマル 特殊 15 技52 きあいだま 120 70 かくとう 特殊 5 技56 なげつける - 100 あく 物理 10 技65 シャドークロー 70 100 ゴースト 物理 15 技66 しっぺがえし 50 100 あく 物理 10 技68 ギガインパクト 150 90 ノーマル 物理 5 技71 ストーンエッジ 100 80 いわ 物理 5 技75 つるぎのまい - - ノーマル 変化 20 技78 じならし 60 100 じめん 物理 20 技80 いわなだれ 75 90 いわ 物理 10 技84 どくづき 80 100 どく 物理 20 技87 いばる - 85 ノーマル 変化 15 技88 ねごと - - ノーマル 変化 10 技90 みがわり - - ノーマル 変化 10 技91 ラスターカノン 80 100 はがね 特殊 10 技97 あくのはどう 80 100 あく 特殊 15 技100 ないしょばなし - - ノーマル 変化 20 過去作技マシン No.

次の