スコティッシュ フォールド 障害。 スコティッシュ・フォールドの性格や特徴、飼い方の注意点と歴史

折れ耳と立ち耳をかけ合わせたスコティッシュフォールドも高い確率で関節に異常が生じる

スコティッシュ フォールド 障害

com スコティッシュフォールドの折れ耳は、軟骨異形成(骨や軟骨が正常に成長しない病気)によるもので、優性遺伝といわれています。 もともとは、突然変異的に折れ耳の仔猫が生まれたことから、スコティッシュフォールドの歴史は始まりました。 そして、その猫が産んだ仔猫の耳も折れ耳だったことから、折れ耳が遺伝することが判明したのです。 その「遺伝」を「品種」として定着させるため、スコティッシュフォールドは計画的に繁殖されるようになっていきました。 しかし、イギリスでは、奇形や骨格障害が遺伝することで健康上の問題が発生するという懸念から、品種登録されることはありませんでした。 その後、スコティッシュフォールドはアメリカへと渡り、遺伝疾患の影響を小さくするために、アメリカンショートヘアやブリティッシュショートヘアとの交配が行われ、1978年CFA(THE CAT FANCIERS' ASSOCIATION, INC. )に新しい猫種として認定されます。 こうして、スコティッシュフォールドの血を受け継ぎながら、立ち耳の個体が産まれてくるようになったというわけです。 これが、折れ耳と立ち耳のスコティッシュフォールドが生まれてくる仕組みです。 つまり、折れ耳の個体が生まれてきます。 この猫は、将来、骨や軟骨などの組織の成長や発達に障害が起こる「骨軟骨異形成症」を発症するリスクが非常に高くなります。 一方、立ち耳の個体は、スコティッシュフォールド同士の交配で生まれていません。 つまり、耳の軟骨の異形成の遺伝子を持っていないということになります。 そのため、遺伝的疾患に対しても強い個体が多いとされているのです。 また、耳の通気性がよいために、細菌が繁殖しにくく、耳の疾患や皮膚病などにかかりにくいといわれています。 前述した通り、スコティッシュフォールドの折れ耳は、軟骨異形成という遺伝的疾患を品種として定着させたことから始まっています。 しかし、軟骨異形成を持って生まれた猫は、将来、骨や軟骨の疾患にかかる可能性が高く、慢性的な痛みを発症しやすいことから、国や地域によっては、スコティッシュフォールド同士の交配を禁止しているところもあるのです。 遺伝子学的に立ち耳のスコティッシュフォールドが耳や骨の病気になりにくい理由を解説してきましたが、当然ながら個体差があるので「折れ耳だと病弱」「立ち耳なら健康」とは言いきれません。 いずれにしても、飼い主の健康管理が、愛らしいスコティッシュフォールドの元気を支えていくことになるのです。

次の

骨軟骨異形成症 〜スコティッシュ・フォールドを選ぶのやめませんか?〜

スコティッシュ フォールド 障害

スコティッシュ・フォールドは、ややしっかりした骨格の、中型の猫です。 まん丸の姿が特徴的です。 頭は丸く、折れた耳が丸みをさらに強調しています。 眼もまん丸で、目色はコートのカラーに対応し、明るく澄んでいます。 足も丸みを帯び、しっぽも短いため丸く見えます1。 スコティッシュ・フォールドの長毛種を、スコティッシュ・フォールド・ロングヘアとして認定している登録機関もあります。 ロングヘアは毛質がやや異なり、定期的なケアを必要とします。 性格: スコティッシュ・フォールドは愛らしく魅力的な品種です。 世話もしやすく飼いやすい猫です。 人なつこく、家族の誰とでも仲良く生活ができます。 スコティッシュ・フォールドのしっぽは優しく扱ってあげる必要があります。 一部のスコティッシュ・フォールドは尾が硬くなることがあり、誤って乱暴に扱うと痛みを生じることがあります。 飼育上の注意: スコティッシュ・フォールドは栄養管理に気をつける必要があります。 もともと丸い体型ですから、太りすぎないよう気をつけなくてはいけません。 食欲が旺盛で、他の品種ほど活発ではないため、食事管理が非常に重要になります。 健康維持のためには一緒に遊んであげることも大切です。 被毛のケアは簡単ですが、遊びの一環としてブラッシングをしてあげると喜ぶでしょう。 スコティッシュ・フォールドが年をとってきたら、しっぽで優しく遊んで上下左右に動かしてあげてください。 硬さを感じたり、触った時に痛がるようなら、動物病院に連れていきましょう。 尻尾の軟骨部が関節炎を起こしているかもしれません。 歴史: 垂れ耳や折れ耳の猫は昔から存在していました。 最初の記録は1796年にさかのぼります。 その年、イギリスの船乗りが耳の折れた猫を中国から持ち帰ったとされています。 1938年に記録されている折れ耳の猫も中国から来たと考えられています。 今日の私たちが知るスコティッシュ・フォールドは、スコットランドで1961年に誕生しました。 普通の耳を持った子猫に混ざって、一匹だけ折れた耳を持つ子猫が生まれたのです。 スージーと名付けられたこの猫は、家猫やブリティッシュ・ショートヘアと掛け合わされ、折れ耳の猫が作出されたのです。 現在のスコティッシュ・フォールドの祖先をたどると、すべてこのスージーに行き着きます。 スコティッシュ・フォールドが品種として確立されたのはイギリスでしたが、イギリスでは遺伝的な問題の懸念などから人気が衰退しました。 その後、スコティッシュ・フォールドはアメリカ人に愛されて今日の美しい姿に育種改良されたのです。 スコティッシュ・フォールドは繁殖が難しい品種です。 倫理的なルールとして折れ耳の猫同士をかけ合わせることを禁止しているブリーダーもいます。 遺伝的な問題を考慮して異種の交配で許されているのは、アメリカン・ショートヘアおよびブリティッシュ・ショートヘアとの異系交配です。 折れ耳の猫同士を交配すると、障害をもった子猫が生まれる可能性が高くなります。

次の

折れ耳と立ち耳をかけ合わせたスコティッシュフォールドも高い確率で関節に異常が生じる

スコティッシュ フォールド 障害

耳の形状は骨の形成異常 スコティッシュフォールドと病気の現実から目を背けることはできません。 人間の趣味嗜好に合わせた無理な品種改良や繁殖は猫達を幸せにする事ではなく望ましくありません。 スコティッシュフォールドの特徴は耳が内側に向かって折れ曲がっていることと被毛の柄でアメリカンショートヘアーに似たあのトラ模様です。 当然ながらスコティッシュフォールドと言えばあの耳が可愛い!と言うファンは多いですが、しかしそれが別の側面を持っている事を知る人は少ない様です。 実はスコティッシュフォールドには遺伝性の特有の病気が起きやすいのです。 それはもともとスコティッシュフォールド自体が突然変異によって生まれた猫種だからです。 実はあの耳の形状は「骨の形成異常」により起きた一種の「奇形」で耳だけではなく体のほかの部分の骨や関節にも異常がある可能性が高いのです。 そんな現実に目をそむけその姿が可愛いというニーズに応える為、無理な繁殖を繰り返した結果骨や関節の病気になりやすい猫種を作ってしまったのです。 骨の異常が内臓や先天性心臓疾患を引き起こします その様な骨の異常が影響して内臓の病気を発症したり先天性の心臓疾患などをもつ猫もいると言う事実が有ります。 スコティッシュフォールドの子猫の繁殖には親猫は一方が垂れ耳でもう一方は普通の立った耳でなければならないというルールがあるのです。 それは垂れ耳同士の猫を掛け合わせてしまうと生まれてくる子猫のなかに死産が発生するというリスクが高いためです。 しかし、そこで問題になるのは垂れ耳と立ち耳の交配では生まれる子猫の中で人気の垂れ耳は3分の1ほど。 つまり顧客のニーズに応える事が出来ない現実がある訳で、そのために悪質業者や悪質ブリーダーの中には垂れ耳同士を交配させて垂れ耳スコティッシュフォールドを生まれさせているケースもあるのが現実です。 前項でお話ししたようにショッキングな話ですが垂れ耳は「奇形」です。 奇形を起こす要素を持った遺伝子同士の交配が健康的に高リスクである事はご理解頂けましたか? 購入後のトラブルも少なくないのです 子猫を購入する方法はブリーダー・ペットショップ・知人などありますが、気心の知れた知人は別として商売として子猫を扱っている所なら購入して貰うのが目的です。 最終的にはお客さんがその気になってくれさえすればいい訳ですから、お客さんにそのような事実をお伝えしない場合もあり購入後のトラブルになることも少なくありません。 勿論良心的なショップやブリーダーさんはいます。 お客さんが楽しくペットライフを送ることができるようにできる限りの情報を伝えてくれる販売者を探す事が大切です。 遺伝性の疾患「骨軟骨異形成症」 スコティッシュフォールドには遺伝性の疾患にかかりやすく「骨軟骨異形成症」もその一つです。 この病気はスコティッシュフォールド特有の折れ耳のせいで発症リスクが高くなるのです。 この猫種のチャームポイントである折れ耳は先天性の奇形の一種に分類されます。 つまり骨軟骨異形成症の原因は折れ耳を作る耳介軟骨の発達異常なのです。 奇形は耳のみならず全身の骨に発生し、この骨軟骨異形成症は鼻にも現れることがあるのです。 鼻にこの病気が出た場合、主な症状として鼻血をよく出すこと。 鼻血は他の猫の病気でも見られ常に意識しておかないと飼い主は勿論獣医でさえも気づかずに見逃してしまう恐れがあるという指摘がされています。 骨軟骨異形成症が原因で鼻からの出血には止血剤を服用させるなどの対症療法を行うのが代表的な治療法です。 この病気は手首と足首の関節に骨でできたこぶが形成されてしまうもので骨のこぶのせいで手首と足首の関節が腫れているように見える他、神経の圧迫で痛みが発生しびっこを引いて歩くこともあります。 治療には主に外科・放射線・薬物の3種類があり外科治療では直接関節にできている骨のこぶを手術で取り除くという処置が施されます。 放射線を使った治療は放射線をこぶに当てることでその成長を抑制するもので薬物治療は鎮痛剤を飲ませて痛みを和らげます。 現在一般的に行われるスコティッシュフォールドの軟骨異形成症の治療において最も効果があるとされているものは放射線治療です。 最近は新たな薬物治療として鎮痛剤のほかにビスフォスフォネート製剤を内服させる治療法が開発され破骨細胞の働きを抑制する効果と骨に転移する悪性腫瘍の痛みを抑え高カルシウム血症改善に応用されます。 ビスフォスフォネート製剤を用いた軟骨異形成症の治療は15分程度の点滴で猫への身体的負担をかなり軽減できるのと同時に治療費も安く抑えることが可能なのです。 主に成長期に発症し四肢や尾から脊椎へと進行します。 この異常は成長期に見られて成長に伴い進行が止まる場合もあれば成猫になっても進行し続ける場合もあります。 内臓疾患「腎不全」 「腎不全」は初期には水を多く飲むようになり尿の回数や量が増えます。 次第に食欲不振に陥り体力が低下して元気がなくなるのです。 症状が悪化するにつれて尿毒症を併発し体内に毒素が回ったことから嘔吐を繰り返すようになり更に食事を摂らなくなってしまいます。 最悪のケースでは死に至る危険性もあるのです。 内臓の機能的な問題から人間よりも猫のほうがかかりやすく猫の死因としてかなり高いものです。 原因としては腎不全は細菌や病原体の感染・毒物の摂取・先天的な遺伝要因など様々なものが考えられますがスコティッシュフォールドの場合先天的な遺伝要因が大きいと言えます。 そのため人に比べて腎臓の濾過機能が弱く腎不全にかかりやすいのです。 日常生活の中では塩分や脂肪分の高い食事などを継続的に与えることが腎不全を引き起こす原因になると考えられています。 予防は腎不全には塩分や脂肪分の多い食事を与えないことが重要で人間のための味付けをされた食事は猫にとって毒になる場合が多く猫にとって決して望ましい事ではありません。 尿を生成するために水を多く欲しがるため常に新鮮な水が飲める様な環境づくりをしておくことが大切です。 治療は腎不全に根本的な治療方法は現在ありません。 動物病院で水分を補給するための点滴を受けたり腎臓の働きを助けるための投薬治療を受けます。 しかしこれはあくまで根本的な治療ではなく日々の生活の負担を軽減するよう働きかけることが最大の治療法です。 内臓疾患の多くは命に関わる危険性の高い病状に発展する恐れがあります。 早期発見・早期治療が大切な猫の命を守るために重要です。 内臓疾患「心筋症」 「心筋症」を患うと少しの運動でも息が切れるようになり咳が繰り返し出ます。 血液の巡りが悪くなりチアノーゼを起こして舌が紫色になる症状が見られます。 悪化すると末端部に麻痺が起こり運動機能に障害でて最悪の場合にはその結果死に至る危険性があります。 原因としては心筋症は心臓が肥大化してしまって心室が狭くなり作り出せる血液の量が減ってしまうことで酸素欠乏症やショック症状の原因になります。 心筋症を引き起こす原因は先天的な遺伝である場合や必須アミノ酸の1つであるタウリンの不足によって起こります。 予防は心筋症は定期健診を受けて、早期発見を心がけることがとても重要です。 心血液検査で簡単に診断することが出来ます。 日々の食事でタウリン不足がないよう充分注意しましょう。 動物病院で購入できる処方食の利用が効果的です。 治療は心筋症にも根本的な治療方法は現在の所ありません。 動物病院では痛みを和らげるための鎮痛剤の投与や酸素吸入などの処置を受けます。 緊急時には心臓の働きを促す強心剤を投与する処置を受けたり血液の凝固を防いで血栓を溶かす防止措置を講じます。 しかしこれも根本的な治療ではなく対処療法に限られてしまうというのが現実です。 心臓の負担を軽減するため食事を処方食に置き換えたり過度の運動を控えさせたりストレスのない生活が遅れるよう日々のケアを継続的に行うことが大切です。 神経系の病気「遺伝性難聴」 耳垢や細菌などが原因で発症しかゆみや腫れなどの炎症で外耳炎を起こしやすいです。 スコティッシュフォールドの特徴のある折れ耳ですがあの形状ゆえ通気性が悪く湿気がこもりやすいことから外耳炎になりやすいと言われています。 外耳炎は耳垢や細菌などにより発症する病気で発症するとかゆみや腫れなどの炎症が起こります。 汚れ・臭いが強い・首をしきりに振る・耳をしきりに掻く症状が見られます。 定期的な耳の掃除やご自宅や病院で耳の状態チェックが予防や早期発見につながり治療期間短縮にもなります。 普段からテッシュやコットンで耳の中を優しく拭いて掃除するなど清潔に保つことが大切です。 いかがですか。 以上がスコティッシュフォールドの知られざる先天病気を徹底調査した結果です。 あの可愛らしさについ魅了されてしまい即購入を決心してしまう気持ちも頷けますが・・・。 でも、ちょっと待って下さい!販売者はきちんと猫ちゃんの状態を説明してくれましたか。 ルールを守った繁殖をしてくれているのか。 しっかりと管理してくれていたでしょうか。 アフターサービスもお約束してくれていますか。 猫種の持つ歴史を知った上で先天性の病気を持つ可能性も把握しその目の前の子の一生を背負ってあげる覚悟はありますか。 厳しい事を言いますが一度は受け入れたけれど自分には無理!なんて途中で投げ出す事は出来ないのですよ。 大切な命です。 飼い主さんの責任はとても重いのです。 まとめ スコティッシュフォールドと病気の現実 ・耳の形状は骨の形成異常 ・骨の異常が内臓や先天性心臓疾患を引き起こします ・購入後のトラブルも少なくないのです ・遺伝性の疾患「骨軟骨異形成症」 ・内臓疾患「腎不全」 ・内臓疾患「心筋症」 ・神経系の病気「遺伝性難聴」.

次の