くもん 値上げ 公文。 わが家が公文を辞めた理由。あれからちょうど1年が経ちました

公文はいつまで続けるべきか?公文をやめる5つの理由

くもん 値上げ 公文

「地域別会費」も導入 公式サイトによると、公文は国内だけで1万6300教室、155万人の学習者を抱える。 世界50の国と地域に普及しており、公文教育研究会の連結売上高は905億9000万円(2017年3月決算)に達する。 現在の1教科あたりの月会費は、幼児・小学生が6480円、中学生が7560円、高校生以上が8640円。 10月以降、東京・神奈川では幼児・小学生が7560円(他地域7020円)、中学生が8640円(同8100円)、高校生以上が9720円(同9180円)に引き上げられる。 これまで料金は全国一律だったが、今回の改定に伴って東京・神奈川とそれ以外とで差をつける「地域別会費」を導入する。 たとえば、東京・神奈川で「算数・数学」「国語」の2教科を受講する小学生の場合、現在の1万2960円から、10月以降は2160円多い1万5120円にアップすることになる。 「人件費や賃料が上昇」 保護者向け資料では、値上げの理由を 「昨今の社会環境の変化に伴う各種費用の増加等の状況に鑑み、2018年10月分から27年ぶりに会費を改定させていただくことになりました」などと説明。 「このたびの会費改定につきまして、何卒ご理解とご協力を賜りますよう、重ねてお願い申し上げます」と理解を求めている。 BuzzFeed Newsの取材に対し、公文教育研究会の広報チームは 「人件費や教室の賃料が27年前からだいぶ上がっており、今回のタイミングで改定させていただくことになりました」と回答。 東京・神奈川が割高になる理由については 「調査したところ、東京・神奈川は人件費や会場費(賃料)が突出して高いことがわかりました。 教室を継続的に安定運用していくため、このような決断をいたしました」と明かした。

次の

くもん(公文式)の月謝が10月から値上がり!27年ぶりなんだとか

くもん 値上げ 公文

やっぱりみんな「くもん」が気になる!? 本日もご訪問ありがとうございます。 このブログに来てくださる方の傾向を見ていると、 くもん、国語、特Aクラス問題集などの学習、教材系キーワード検索流入というパターンが多いです。 以前書いた という記事は、毎日多くの方に閲覧いただいており、当ブログの人気コンテンツの1つとなっています。 というわけで今日は、皆様の関心が高い くもんの教室で使用しているプリント教材を 教室に通わずに入手する方法をお伝えします。 と、その前にくもんの教室に通うことのメリット、デメリットをまとめておきます。 あくまで個人の感想です。 くもんは定期的に無料体験学習を実施しているので、気になる方は一度利用してみるのもおすすめです。 でもその前に!! もっと気軽にもっと気楽にどんな教材なのかを見てみたいという場合は、 や 等のフリマアプリ、もしくはヤフオク!で 教材を探してみてはいかがでしょうか? くもん教室用教材の探し方:メルカリ編 早速ですが、メルカリでくもん教室教材を探してみましょう。 メルカリ初利用であれば、登録時にもらえるポイントのみ(くじで何ポイントもらえるかによります)で購入できるものがあるかもしれません。 【期間限定】無料で限定セミナー動画14本プレゼント! 改めまして、11歳、6歳の兄妹を育児中のあやちんです。 私は編集者として約20年間出版社に勤務してきました。 刺激的な毎日でしたが、朝から晩まで仕事、週末も取材活動などで仕事、家にいても会社からのメールや着信で仕事……とにかく 仕事に縛られてきました。 でもそれは、夫と子ども達を守るためだから仕方がないのだと 諦めていました。 生きていくため、そして子どもに満足な教育環境を与えるためには お金が必要です。 もう少し自由な職場に変えたいと思っても40代・子持ちでは 転職市場でも お荷物でしかありません。 こうなったら自宅で稼げるようになるしかない。 そんな時にふと覗いたYouTubeで知ったのが ネットビジネスでした。 私がお届けする公式無料メールマガジン「Freelife Letter」では、私がこれまでどんなビジネスで収益を上げてきたのか その手法と思考法の全てを公開しています。 以下の内容に1つでもピン! ときた方はぜひこの機会にご登録ください。

次の

公文(くもん)の月謝(料金)は高い?値上がり金額や兄弟割引、2教科割引は?

くもん 値上げ 公文

「地域別会費」も導入 公式サイトによると、公文は国内だけで1万6300教室、155万人の学習者を抱える。 世界50の国と地域に普及しており、公文教育研究会の連結売上高は905億9000万円(2017年3月決算)に達する。 現在の1教科あたりの月会費は、幼児・小学生が6480円、中学生が7560円、高校生以上が8640円。 10月以降、東京・神奈川では幼児・小学生が7560円(他地域7020円)、中学生が8640円(同8100円)、高校生以上が9720円(同9180円)に引き上げられる。 これまで料金は全国一律だったが、今回の改定に伴って東京・神奈川とそれ以外とで差をつける「地域別会費」を導入する。 たとえば、東京・神奈川で「算数・数学」「国語」の2教科を受講する小学生の場合、現在の1万2960円から、10月以降は2160円多い1万5120円にアップすることになる。 「人件費や賃料が上昇」 保護者向け資料では、値上げの理由を 「昨今の社会環境の変化に伴う各種費用の増加等の状況に鑑み、2018年10月分から27年ぶりに会費を改定させていただくことになりました」などと説明。 「このたびの会費改定につきまして、何卒ご理解とご協力を賜りますよう、重ねてお願い申し上げます」と理解を求めている。 BuzzFeed Newsの取材に対し、公文教育研究会の広報チームは 「人件費や教室の賃料が27年前からだいぶ上がっており、今回のタイミングで改定させていただくことになりました」と回答。 東京・神奈川が割高になる理由については 「調査したところ、東京・神奈川は人件費や会場費(賃料)が突出して高いことがわかりました。 教室を継続的に安定運用していくため、このような決断をいたしました」と明かした。

次の