プロンプター 安倍。 プロンプター (電気機器)

安倍首相のプロンプター頼りすぎ問題「理解せずしゃべってる」

プロンプター 安倍

プロンプターに目をやり原稿を読み上げる安倍首相(画像は首相官邸より) 新型コロナウイルスの感染者増加とそれへの対策が、国民生活に大きな影響を与えている今、 安倍晋三首相は、国民のためにも、自身の政権の安定的維持のためにも、「広報」のやり方を抜本的に考え直し、それに携わる人員も全面的に入れ替えた方がいいのではないか。 また、首相を取材する政治記者たちも、自分たちの存在する意味や取材のやり方を根本から問い直すべきではないか。 2月29日、新型コロナウイルス対策で安倍首相が初めて開いた記者会見に出席して、つくづくそう思った(記者会見については、 も参照)。 「国民が知りたいこと」より「自分が言いたいこと」 まず、安倍首相及び首相官邸の問題。 政府は(1)全国的なスポーツ・文化イベントの中止や延期の要請(2月26日)、(2)全国すべての小中高校の臨時休校の要請(27日)と、国民生活や経済・文化・スポーツなどに多大な負の影響を及ぼす大胆な対策を相次いで打ち出した。 いずれも、安倍首相自身による「政治決断」であると強調されている。 ただ、この問題に関する専門家会議では臨時休校については議論されておらず、多くの患者が出た中国のデータでも、肺炎を発症する子どもの患者は少なく、10歳未満では死者もいない。 安倍首相が、「政治決断」に踏み切った根拠はよくわからない。 また、準備をする時間もないまま休校を実施すると、小さな子どもを持つ親が仕事に出られなくなったり、給食の食材を納入している農家や業者が困ったり、学童保育のスタッフが足りなかったり、さまざまな問題やリスクが発生する。 このため、多くの人や自治体が不安を抱え、対応に追われ、混乱を来した。 すると、翌日になって、萩生田光一文科相が記者会見で「期間や実施の方法は学習の遅れなどが生じないように学校設置者で工夫をしてほしい」と柔軟な対応を求めるなど、方針の変更ともとれる発言をした。 また、イベントの中止についても、主催者や地域は大きな損失を抱える不安を抱いている。 にもかかわらず、決断をした安倍首相はなかなか国民に対して説明の機会を設けなかった。 29日にようやく記者会見を開いたが、19分にわたってスピーチを行った後の質疑では、記者からの質問は幹事社2社(朝日新聞、テレビ朝日)以外は、NHK、読売新聞、AP通信の3記者に限られた。 ほかに挙手をしている記者が何人もいるのに、会見を打ち切ってしまった。 私は「まだ質問があります」と声をあげたが、司会の長谷川榮一内閣広報官は「予定の時間を過ぎておりますので」とにべもなかった。 「首相動静」によれば、首相はこの後、私邸に帰っている。 他国の首脳との会見や晩さん会などの行事があったわけではなく、家に帰るだけなのだから、「時間」はたっぷりあったはずだ。 この国難に当たって、国民生活にも負の影響がある対策を実行するなら、十分意を尽くして説明する責務もある。 「黙って俺について来い」は独裁国家のやり方だ。 民主主義国家であるならば、どれだけ対応を急ぐ時でも、「かくかくしかじかなのでついてきてほしい」と、その根拠や理由、あるいは効果や見通しなどを、誠意を持って説明し、国民の協力を求めるのが筋だ。 それをできるだけ効果的に、効率よく行うのが、首相の広報対策であるべきだろう。 今回、私が「まだ質問があります」と声を上げた時に、安倍首相が司会者を制して、こう言ったらどうだろうか。 「わかりました。 今日は、国民の皆さんの疑問に答えるため、質問が尽きるまで受けましょう」 イベント中止や全国休校に必ずしも賛同していなくても、誠実に国民の不安や疑問に向き合う首相だと感じ、とりあえず信頼してついて行こうと思った人もいたのではないか。 おそらく内閣支持率は跳ね上がっただろう。 政府の対応を、できるだけ効果的に行うためにも、国民の協力は不可欠なのだから、普通に考えれば、このような対応をとるはずだ。 にもかかわらず、そうならなかったのは、ひと つは安倍首相自身が、「国民が知りたいこと」ではなく、「自分が言いたいこと」を言うのが広報であると勘違いしているからだ。 彼の情報発信はいつもそうである。 昨年11月、安倍首相はこの問題で、2回にわたり、立て続けにぶら下がり取材に応じた。 2回目は30問を超える質問に約20分間かけて答え、さらに「この点に関して質問ありますか」と促すサービスぶり。 「前夜の夕食会の費用は、安倍事務所の職員が1人5000円を集金してホテル名義の領収書を渡し、集金した現金はその場でホテル側に渡した。 事務所にも後援会にも、入出金は一切ない」という「言いたいこと」があったからだ。 しかしその後、オーナー商法で行政指導を受けたジャパンライフ元会長が招待されていた疑惑が持ち上がると、記者団がぶら下がり取材を申し込んでも、応じなかった。 「桜を見る会」は、公文書の取り扱いや首相の答弁の信頼性など、国政を巡る重要な問題をいくつも含んでいるとはいえ、国民生活と直結するわけではない。 多くの国民は、首相の説明に疑問を感じ、世論調査などでは「首相の説明は十分でない」と答えながらも、政権に背を向けるほどの反応はなかった。 首相も、いずれ国民はこの話題に飽きると思っていたかもしれない。 けれども、新型コロナを巡る対策は違う。 国民の生活、さらには日本経済の浮沈に直結する問題だ。 こうした危機的な状況にはなおのこと、内閣総理大臣が行うべき広報とは、「自分が言いたいこと」ではなく、(1)「国民が知りたいこと」を(2)「迅速に」伝えるものでなければならない。 今回、首相の対応は、どちらの要件も満たさなかった。 国民生活や経済に多大な負の影響を及ぼす判断をしながら、説明が遅れた。 メディアの「首相動静」によれば、全国一斉の臨時休校の要請をした日には、午後6時40分には官邸を出て、その後の来客もなく、翌日夜は作家の百田尚樹氏らと会食を行っている。

次の

他人のつくった原稿の棒読みしかできない安倍氏:この人には恥の概念すらないのか(新ベンチャー革命) 赤かぶ

プロンプター 安倍

Contents• プロンプターとは? プロンプターとは、 英語のprompter がそのまま日本語に訳された言葉になっており、 元々はセリフのつけ役といって 俳優さんの演技中セリフが出やすいように横についている人を表していたんだそうです。 現在では、放送や講演、演説やコンサートで原稿や歌詞を読み手や演者への補助的役割として使用されています。 Sponsored Links プロンプターを使う安倍晋三のネット反応がやばい! 安倍ちゃん、今日はすごいカメラ目線ですごいな!と思ってニコニコ生放送見たらプロンプターガン見してた — おさみる Mllkwalkee これは各報道局によってカメラを見ながら訴えかけているようにも見えますが NHKの放送では、このように 「プロンプター使ってるよ」というわかりやすい放送でしたね。 「国民の皆さまへの強いお願い」は出来上がった原稿の中にあるわけであって あなた個人の意見ではないのですね?と感じます。 いやしかし、今回のコロナの件でこれまで適当に行っていた代償が 自分の身に降り注いできたという感じでしょうね。 1つはがれれば、他の件もボロボロでてきて 最終的には、イタリア人記者の 「責任はどうとるつもり」かの質問に 「私が責任をとってどうなることではない」と堂々話せるんですしね。 ネットの反応がやばい? 医療関係者への感謝くらい プロンプターなしで言えないのかな 国民に30万円支給しますって聞いた人みんな貰えると思うミスリードっぷり — スカラ kurofmarry 長々と話すのは難しいとしても、 ここぞという時には自分の言葉で話してほしいという気持ちの方が非常に多いかと思います。 大事なことくらい覚えてほしいということなんでしょうね。 しかしプロンプターを使うのは各国の首相でも同じこと。 プロンプターを使ってる安倍晋三を批判するなら他も批判しろと もう プロンプター自体に意見を呈している方々も。 皆さん!騙されないでください! 総理記者会見の映像だと、総理が記者・国民に対して力強く呼びかけているように見えます。 しかし実際にはプロンプター(横のガラス板)に映った原稿を読んでるだけで、記者や国民なんか全然見ていないんです!!それっぽく朗読してるだけなんです!! — HOM55 HON5437 何と言いますか、 訴えかける力って大事だと思うんですが プロンプターに怒ってるのではなく、これまでの 安倍さんの対応によって ここまで批判されている感じですね。 なのでプロンプターをみながら話すとは何事なの?という意見に変わってくるんだと思います。 安倍首相記者会見。 全く心に響かない空疎な内容だった。 緊急事態宣言で国民が1番知りたい補償について詳しい具体的な言及は無かった。 暮らしの先行きがより一層不安になった。 右・左のプロンプターを見て朗読するだけだ。 国民に理解を求めるなら、真正面のTVカメラを見据え自分の言葉で語りかけろ😡 — 俵 才記 nogutiya 1番大事な補償の話を後回しにする人ですからね。 この人をトップにしてしまった私たちの責任ですね。 Sponsored Links 動画や過去にも使用していたのか調査! まさに原稿の安倍 プロンプター使えない沖縄平成記念式典では必死で原稿を黙読してたのを思い出す 能力もないのに総理大臣やるのは辛いだろうから今すぐ辞めてくれ安倍晋三 — ツクバヤマハレ ヤフー検閲ニュースにて排除済 RnMud4odrE3wqDY 過去には日米韓共同記者会見で唯一安倍首相だけが プロンプターを使用していたと話題になっています。 またプロンプターを使用できない場所では 必死に原稿を読んでいたということもありました。 Sponsored Links まとめ 今回は、 プロンプターを使う安倍晋三のネットの反応をまとめてみました。 プロンプターを使う安倍晋三さんへの批判が多く プロンプターを使うなという言葉が、「じゃあプロンプターなしで原稿読めるんだよな」という また新たな批判が生まれてしまってますね。 全部、安倍晋三とコロナのせいです。 最後まで読んで頂きありがとうございます。

次の

プロンプター (電気機器)

プロンプター 安倍

安倍晋三首相は4日、記者会見を開き、新型コロナウイルス特別措置法に基づく政府対策本部会合で、緊急事態宣言に関し、全都道府県を対象としたまま5月31日まで延長すると表明した。 安倍首相は給付金の入金時期について「最も早い人で8月から」と「8日」と言うべきところを言い間違え、ネット上では「プロンプターを読み間違えたって、そもそも内容をちゃんと理解してればそんな読み間違いしないよね」と驚きとあきれる声がわき起こり、「プロンプター」がトレンドランキングの2位に浮上した(午後8時現在)。 安倍首相はプロンプターがある左右を見、ときに卓上にも目を落とした。 「明日の支払いにも大変なご苦労をしておられる皆さんに1日も早く、使い道がまったく自由な現金をお届けしなければならないと考えています。 5月1日から最大200万円の持続化給付金の受付を始めましたが最も早い人で8月から入金を開始いたします」と述べた。 字幕では「8日」と流れた。 国民民主党の玉木雄一郎代表は「総理、給付金の支払時期について8日を8月と言い間違えた。 早く訂正した方がいい」と素早くツイート。 郷原信郎弁護士は「8日と8月を読み間違えるということは、『10万円を国民すべてに届ける』という最も重要なことすら、自分の言葉で話すのではなく、プロンプターに書いてあることを棒読みしているということ」とツイートした。 ほかにも「安倍首相が自分で政府の主要な政策の内容を把握していたら(5月)8日と、8月を言い間違えることはないだろう。 一方、プロンプターの文字を棒読みしている場合、その間違いは普通にありうる」「8月と8日って声に出したら『はちがつ』と『ようか』なんだから、内容が分かってたら言い間違えようがないよね。 いつもただひたすら原稿読んでるんだと思ってはいたけど、本当に内容に興味すらないんだな。 こっそりプロンプターに『今日をもって辞職します』って表示させたらそのまま読むんじゃないか」「都知事が100歩譲ってマシなところは会見で自分の言葉で話してるところ。 ミスタープロンプター首相は理解もせず朗読すらあやしいからな」などの投稿が見られた。

次の