口腔 ケア 誤 嚥 性 肺炎。 口腔ケアをして誤嚥性肺炎を防ぐ

口腔ケアについて学ぼう!

口腔 ケア 誤 嚥 性 肺炎

口腔機能が低下し、自分でケアをするのが難しい高齢者は、様々な口腔トラブルを引き起こしてしまいます。 その原因のひとつとなるのが、舌苔です。 本記事ではそんな舌苔が引き起こすトラブルや自宅でできるケア方法などをまとめています。 ぜひご確認ください。 舌苔(ぜったい)とは 舌苔とは、舌の表面にある舌乳頭(舌の表面にある凸凹)に付着した苔のようなものです。 鏡で見ると、舌の表面が白くなっているのが分かります。 高齢者に限らず、誰にでもできるものですが、口腔機能が低下したり、自分でのケアが難しくなったりしている高齢者は、この舌苔が分厚くなってしまうことがあります。 舌の真ん中に薄く付着している程度であれば心配ありませんが、厚くなってきた場合や口腔内のトラブルが引き起こされている場合には、適切に対応するといいでしょう。 舌苔の正体 舌苔の正体は、舌乳頭の間に付着した、様々な細菌や古くなった口の中の粘膜、食べ物のカスなどの汚れが集まったものです。 タンパク質を多く含んでいます。 舌苔の原因 舌苔は、できやすい人とできにくい人がいます。 その差は口の中の潤いです。 汚れを洗い流してくれる唾液の分泌量が少なかったり、口の中が渇いていたりすると舌苔ができやすくなります。 例えば、• タバコの吸いすぎ• 口呼吸• ストレス• 食事中にあまり噛まない といったことによる唾液の分泌量の減少や口の中の乾燥が、舌苔が増える原因です。 厚い舌苔が引き起こすトラブル 舌苔が厚くなると、以下のようなトラブルを引き起こします。 口臭 口臭を引き起こす原因の一つが、舌苔に含まれるタンパク質です。 口の中にある「嫌気性細菌」がこのタンパク質を分解する時に、嫌な臭いを発生させてしまいます。 舌苔はタンパク質を多く含んでおり、厚くなると口臭が強くなる傾向があります。 唾液の分泌が少ない起床時や空腹時などに強くなる口臭は、生理的口臭と呼ばれています。 誰にでも発生するものなので、正常の範囲内であればあまり気にする必要はありません。 しかし、「最近は常に口が臭うようになった」と感じたら、原因は厚くなった舌苔かもしれません。 歯周病やむし歯など他の口腔トラブル、呼吸器系や消化器系の病気、糖尿病、肝臓疾患などが原因の場合もありますので、詳しくは歯科医やかかりつけ医にご相談ください。 味を感じにくい 舌には味蕾(みらい)という味を感じるセンサーがあります。 味蕾の大部分は舌乳頭(舌の表面にある凸凹)にありますが、ここが舌苔に厚く覆われてしまうことで、味の刺激が味蕾細胞まで届きにくくなり、味を感じにくくなってしまいます。 味を感じにくくなると、ついつい調味料を足してしまって塩分を取りすぎてしまったり、食欲が失われて食事量が減ってしまうことがあり、高齢者の健康に影響を与えます。 誤嚥性肺炎のリスクが高まる 飲食物や口腔内の分泌物などが気管や肺に入ることを誤嚥(ごえん)と言います。 誤嚥によって引き起こされる肺炎が誤嚥性肺炎です。 舌苔が厚くなると、誤嚥性肺炎を引き起こす細菌も口の中に増え、誤嚥をした時に一緒に細菌が気管や肺に入ってしまうリスクが高まります。 舌苔のケア方法 様々なトラブルの原因にもなる舌苔をケアし、舌を清潔に保つにはどのようにすればいいのでしょうか。 舌を清潔に保つ方法 舌を清潔に保つには、1日に1回、専用の舌ブラシを使ってケアをします。 口の中が乾燥しやすい高齢者の場合には、事前に口腔用の保湿剤を舌苔に塗り、30秒ほど経過した後で舌ブラシを使用するのがお勧めです。 まずは、鏡を見て舌のどの部分に舌苔が付いているのかを確認しましょう。 一番奥に舌ブラシをあてたら、手前に軽く引きます。 舌ブラシを水道水で洗いながら、5回ほど繰り返します。 舌苔を完全に取り切ってしまおうと考える必要はありません。 舌苔の中に空気が入るだけで口臭の原因菌の繁殖を抑えることができます。 ケアは起床時がお勧めです。 さらに気になる人は、ケアの後に薬用の洗口液を使うと良いでしょう。 舌ブラシは歯ブラシと同様に、1ヵ月を目安に交換をしてください。 過剰に取ろうとするのはNG 舌のケアをする時に気を付けたいのは、過剰に舌苔を取ろうとしないこと。 歯ブラシでゴシゴシと舌の表面をこすってしまうことがありますが、舌を強くこすってしまうと、舌の粘膜や味蕾細胞を傷つけてしまう可能性があるので注意しましょう。 心配な時には 舌や口腔のケアを続けてもトラブルが改善せず、舌苔がなかなか薄くならないということがあれば、歯科医や歯科衛生士、かかりつけ医に相談をしてください。 舌苔の予防方法 最後に、舌苔の予防方法を確認しておきましょう。 舌を動かす (えんげ)体操をしたり、よく噛んで食べたり、お話をしたり、歌を歌ったりなど、舌を動かすことを意識して生活しましょう。 舌を動かすことで唾液の分泌が促進されると、舌苔を予防できるだけではなく、口腔内の健康が向上しますし、消化しやすくなるなどの様々なメリットがあります。 口の中を清潔にする 歯磨きに加えて舌のケアを起床時に行い、口の中を清潔に保ちましょう。 口腔用の保湿剤や洗口液も併せて使うのがお勧めです。 歯ブラシや舌ブラシだけではなく、口の中の状態に合わせて使い捨ての口腔ケア用のスポンジ、綿棒、口腔ケア用ティッシュなどを使用してもいいでしょう。 もし現在の記事のように腔ケア用のスポンジ、綿棒、口腔ケア用ティッシュの画像を入れるならここがいいと思います。 まとめ 舌苔は、舌の表面の凸凹に付着した細菌や汚れなどの塊です。 口臭だけではなく、味が感じにくくなったり、誤嚥性肺炎のリスクが高まるなどのトラブルの原因となります。 しかし、完全に取り除こうと過剰にケアをしたり、こすったりするのは厳禁です。 1日に1回、起床時に専用の舌ブラシを使用して優しくケアをし、唾液の分泌が促進されるように舌を動かす生活を心がけるようにしましょう。 口腔用の保湿ジェルや洗口液、使い捨ての口腔ケアグッズなどを上手に使い、ケアや予防を続けることが大切です。 関連QA.

次の

誤嚥性肺炎とは|高齢者ほど死亡率が高いデータから原因や予防方法を考えよう

口腔 ケア 誤 嚥 性 肺炎

日本の死亡原因第3位が 肺炎です。 最近まで、第3位は脳血管疾患でしたが、平成23年に肺炎が3位になりました。 これは、日本の高齢化によって、高齢者が急増したためだと考えられています。 高齢者の肺炎の多くは、 誤嚥(ごえん)によるものだといわれます。 誤嚥とは、唾液や食物、胃液などが気管に入ってしまうことです。 このときに、細菌が唾液や胃液と共に肺に流れ込んで生じる肺炎を「 誤嚥性肺炎」といいます。 【誤嚥性肺炎の症状】(出典:日本呼吸器学会) 発熱、せき、喀痰など通常の症状を訴えないことも多く、なんとなく元気がない、倦怠感を訴えることもあります。 食事中のむせこみ、常に喉がゴロゴロ鳴っている、唾液が飲み込めない、食事に時間がかかる、たんが汚いなども疑わしい症状です。 また、酸素低下をきたし、重症の呼吸不全になることもあります。 誤嚥を防ぐことは簡単ではありません。 誤嚥を防ぎ、誤嚥性肺炎を起こさないようにするためには、本人、家族、医療関係者の 協力が重要です。 誤嚥性肺炎の原因と対策 誤嚥性肺炎の 原因は大きく分けて、「口腔内細菌の増加」、「食べ物や唾液の誤嚥」、「身体の抵抗力の低下」の3つです。 以下、対策とともに紹介します。 歯だけでなく舌や口腔粘膜も含め、ていねいにすみずみまでしっかり清掃しましょう。 入れ歯(義歯)は、細菌を減らすために、「ぬめり」がなくなるまで専用のブラシを使い流水で洗いましょう。 ブラッシング以外にも、洗口剤などの方法があるため、困ったときは歯科医師・歯科衛生士に相談しましょう。 口の渇きがあると、飲み込みがうまくいかず、誤嚥をしやすくなります。 こまめに水分を摂取したり、口腔用保湿剤の使用、ガムを噛むことなどで口の渇きを防げます。 睡眠の薬やアレルギーの薬、かぜ薬、頻尿治療の薬など、様々な 薬に「唾液の分泌が低下する 副作用」があり注意が必要です。 唾液の分泌をうながす「唾液腺のマッサージ」 出典:安全においしく食べるための健口体操 口がしっかりと 機能しなければ、誤嚥をおこしてしまいます。 口の機能には、歯、舌、頬、唇、口の周囲の筋肉、顎関節、唾液腺の協調運動が必要です。 つまり、歯を保持し、あごや舌などの 筋力を保持することが大切です。 適度な硬さの食べ物を、よく噛んで食べましょう。 健口体操も効果的です。 健口体操(お口の体操) 出典:安全においしく食べるための健口体操 また、加齢や病気によって、舌が動かなくなったり、口が閉じなくなる場合があります。 この場合は、 リハビリテーションを行います。 理学療法士(PT)が、首のマッサージを行い、顎関節をほぐすと、口からモノを入れやすくなる場合があります。 そのためには、色々な食べ物が必要です。 歯を失ったり、入れ歯の不具合や口の機能低下があると、満足な食事ができません。 歯を失った場合は、 入れ歯を入れることにより、口の機能を維持できます。 入れ歯は、(口のまわりの)筋力が低下すると入れられなくなるため、早期に入れておくことが大切です。 入れ歯は、咀嚼(そしゃく)能力の維持・向上や表情の改善、身体の平衡の向上に期待ができます。 これらによって、楽しい食事ができ 生活の質(QOL)が改善します。 家族や医療関係者ができること 誤嚥を防止するためには、 嚥下機能の確認が大切です。 まずは、口の中をのぞいてみましょう。 観察ポイント 備考 食物残渣 からだに麻痺があると、食べ物が口の中に残りやすい 口臭 口腔の清掃についても確認を 口腔内の乾燥 薬による口渇(口の渇き)に注意 動いていたり、触ると痛がる歯 痛みがあると食欲の低下につながる 入れ歯の使用状況 使用していない場合は、勧めること 口唇が閉じているか 異常がある場合は、歯科医師に相談を 舌の動き 異常がある場合は、歯科医師に相談を 頬の異常 異常がある場合は、歯科医師に相談を 食事のときの 姿勢にも注意しましょう。 背中と背もたれの間にマットを挟むなど、背筋を意識し伸ばすことが大切です。 そうすることで、喉から気管への道が曲がり誤嚥しにくくなります。 片麻痺がある 頭を麻痺している側に回転し、体を麻痺していない側に回し、顎を引きましょう。 そうすることで、麻痺してない側に食べ物がながれやすくなります。 唾液の誤嚥や、胃酸の逆流による胃液の誤嚥を防止するために、 睡眠中の 姿勢にも注意しましょう。 睡眠の姿勢 備考 横向きで寝る 唾液を出しやすくするための姿勢です。 からだを横にする事で、唾液を口の外にだしやすくします。 また、クッションを抱いたり、足に挟むことで安定した姿勢になります。 これら以外にも、 食事の工夫(とろみをつける等)や 食事に集中させる(テレビを見ながら食事をさせない等)ように、家族や医療関係者などの協力が「誤嚥性肺炎」を防ぐために重要です。 【関連ページ】.

次の

誤嚥性肺炎を口腔ケアで予防!高齢者が快適に生活するために役立つ知識

口腔 ケア 誤 嚥 性 肺炎

口腔機能が低下し、自分でケアをするのが難しい高齢者は、様々な口腔トラブルを引き起こしてしまいます。 その原因のひとつとなるのが、舌苔です。 本記事ではそんな舌苔が引き起こすトラブルや自宅でできるケア方法などをまとめています。 ぜひご確認ください。 舌苔(ぜったい)とは 舌苔とは、舌の表面にある舌乳頭(舌の表面にある凸凹)に付着した苔のようなものです。 鏡で見ると、舌の表面が白くなっているのが分かります。 高齢者に限らず、誰にでもできるものですが、口腔機能が低下したり、自分でのケアが難しくなったりしている高齢者は、この舌苔が分厚くなってしまうことがあります。 舌の真ん中に薄く付着している程度であれば心配ありませんが、厚くなってきた場合や口腔内のトラブルが引き起こされている場合には、適切に対応するといいでしょう。 舌苔の正体 舌苔の正体は、舌乳頭の間に付着した、様々な細菌や古くなった口の中の粘膜、食べ物のカスなどの汚れが集まったものです。 タンパク質を多く含んでいます。 舌苔の原因 舌苔は、できやすい人とできにくい人がいます。 その差は口の中の潤いです。 汚れを洗い流してくれる唾液の分泌量が少なかったり、口の中が渇いていたりすると舌苔ができやすくなります。 例えば、• タバコの吸いすぎ• 口呼吸• ストレス• 食事中にあまり噛まない といったことによる唾液の分泌量の減少や口の中の乾燥が、舌苔が増える原因です。 厚い舌苔が引き起こすトラブル 舌苔が厚くなると、以下のようなトラブルを引き起こします。 口臭 口臭を引き起こす原因の一つが、舌苔に含まれるタンパク質です。 口の中にある「嫌気性細菌」がこのタンパク質を分解する時に、嫌な臭いを発生させてしまいます。 舌苔はタンパク質を多く含んでおり、厚くなると口臭が強くなる傾向があります。 唾液の分泌が少ない起床時や空腹時などに強くなる口臭は、生理的口臭と呼ばれています。 誰にでも発生するものなので、正常の範囲内であればあまり気にする必要はありません。 しかし、「最近は常に口が臭うようになった」と感じたら、原因は厚くなった舌苔かもしれません。 歯周病やむし歯など他の口腔トラブル、呼吸器系や消化器系の病気、糖尿病、肝臓疾患などが原因の場合もありますので、詳しくは歯科医やかかりつけ医にご相談ください。 味を感じにくい 舌には味蕾(みらい)という味を感じるセンサーがあります。 味蕾の大部分は舌乳頭(舌の表面にある凸凹)にありますが、ここが舌苔に厚く覆われてしまうことで、味の刺激が味蕾細胞まで届きにくくなり、味を感じにくくなってしまいます。 味を感じにくくなると、ついつい調味料を足してしまって塩分を取りすぎてしまったり、食欲が失われて食事量が減ってしまうことがあり、高齢者の健康に影響を与えます。 誤嚥性肺炎のリスクが高まる 飲食物や口腔内の分泌物などが気管や肺に入ることを誤嚥(ごえん)と言います。 誤嚥によって引き起こされる肺炎が誤嚥性肺炎です。 舌苔が厚くなると、誤嚥性肺炎を引き起こす細菌も口の中に増え、誤嚥をした時に一緒に細菌が気管や肺に入ってしまうリスクが高まります。 舌苔のケア方法 様々なトラブルの原因にもなる舌苔をケアし、舌を清潔に保つにはどのようにすればいいのでしょうか。 舌を清潔に保つ方法 舌を清潔に保つには、1日に1回、専用の舌ブラシを使ってケアをします。 口の中が乾燥しやすい高齢者の場合には、事前に口腔用の保湿剤を舌苔に塗り、30秒ほど経過した後で舌ブラシを使用するのがお勧めです。 まずは、鏡を見て舌のどの部分に舌苔が付いているのかを確認しましょう。 一番奥に舌ブラシをあてたら、手前に軽く引きます。 舌ブラシを水道水で洗いながら、5回ほど繰り返します。 舌苔を完全に取り切ってしまおうと考える必要はありません。 舌苔の中に空気が入るだけで口臭の原因菌の繁殖を抑えることができます。 ケアは起床時がお勧めです。 さらに気になる人は、ケアの後に薬用の洗口液を使うと良いでしょう。 舌ブラシは歯ブラシと同様に、1ヵ月を目安に交換をしてください。 過剰に取ろうとするのはNG 舌のケアをする時に気を付けたいのは、過剰に舌苔を取ろうとしないこと。 歯ブラシでゴシゴシと舌の表面をこすってしまうことがありますが、舌を強くこすってしまうと、舌の粘膜や味蕾細胞を傷つけてしまう可能性があるので注意しましょう。 心配な時には 舌や口腔のケアを続けてもトラブルが改善せず、舌苔がなかなか薄くならないということがあれば、歯科医や歯科衛生士、かかりつけ医に相談をしてください。 舌苔の予防方法 最後に、舌苔の予防方法を確認しておきましょう。 舌を動かす (えんげ)体操をしたり、よく噛んで食べたり、お話をしたり、歌を歌ったりなど、舌を動かすことを意識して生活しましょう。 舌を動かすことで唾液の分泌が促進されると、舌苔を予防できるだけではなく、口腔内の健康が向上しますし、消化しやすくなるなどの様々なメリットがあります。 口の中を清潔にする 歯磨きに加えて舌のケアを起床時に行い、口の中を清潔に保ちましょう。 口腔用の保湿剤や洗口液も併せて使うのがお勧めです。 歯ブラシや舌ブラシだけではなく、口の中の状態に合わせて使い捨ての口腔ケア用のスポンジ、綿棒、口腔ケア用ティッシュなどを使用してもいいでしょう。 もし現在の記事のように腔ケア用のスポンジ、綿棒、口腔ケア用ティッシュの画像を入れるならここがいいと思います。 まとめ 舌苔は、舌の表面の凸凹に付着した細菌や汚れなどの塊です。 口臭だけではなく、味が感じにくくなったり、誤嚥性肺炎のリスクが高まるなどのトラブルの原因となります。 しかし、完全に取り除こうと過剰にケアをしたり、こすったりするのは厳禁です。 1日に1回、起床時に専用の舌ブラシを使用して優しくケアをし、唾液の分泌が促進されるように舌を動かす生活を心がけるようにしましょう。 口腔用の保湿ジェルや洗口液、使い捨ての口腔ケアグッズなどを上手に使い、ケアや予防を続けることが大切です。 関連QA.

次の