犬 も 歩け ば 棒 に当たる ネプリーグ。 犬も歩けば棒に当たるの意味とは?由来や例文と類似語も紹介

欅坂46松田里奈がネプリーグでやらかした放送事故が笑えるッ!「犬も歩けば棒にあ〇る」とは…

犬 も 歩け ば 棒 に当たる ネプリーグ

犬も歩けば棒に当たる 読み方: いぬもあるけばぼうにあたる• 何かをしようとすると思いもかけない災難にあうことがある• 何かをしようとすれば思わぬ幸運にあうこともある 1-1.意味は「出しゃばると災難にあう」「何かすれば幸運にあう」 「犬も歩けば棒に当たる」とは、「出しゃばると災難にあう」という不運の意味と、「思いもしない幸運にあうことがある」という真逆の意味を持つことわざです。 本来の意味は災難にあうことですが、誤用で広まった「思いもかけない幸運にあう」の方が有名になっています。 小学校で最初に習うことも多いことから、犬の絵と一緒に覚えているけれど、どちらか片方の意味しか知らないという人も多いことわざです。• 『江戸かるた』の一首目に採用されている、「い」の「犬も歩けば棒に当たる」は有名で、『江戸かるた』ではなく『犬棒かるた』とも呼ばれています。 1-3.「犬だって道に落ちている棒にぶつかることがある」のは間違い 「犬も歩けば棒に当たる」ということわざを、言葉の通りに「当たる」=「ぶつかる」と解釈するのは間違いです。 「棒に当たる」とは「棒で殴る」という意味です。 江戸時代の犬は今のようにペットとして飼われていなかったため、放し飼いにされ野良犬も多くいました。 そのため仕事の邪魔をする犬や、どこまでもついてくる犬を追い払うため、棒を使って叩いたりしていたのです。 このことから、出しゃばったり何もせずうろうろしている人間を戒めるため、「犬も歩けば棒に当たる」ということわざが作られました。 やがて「当たる」という言葉が「宝くじに当たる」など幸運が起きたときに使われるようになったことから、「思いがけない幸運に恵まれる」という意味が生まれたのです。• 歩く足には泥がつく 読み方: あるくあしにはどろがつく 意味:どんなことであっても、何かをすればわずらわしいことが起きるので、何もせずじっとしている方がいいということ。 「歩く足には泥がつく」は、歩けば足が汚れることから、「何かをすればわずらわしいことが起きるので、何もしないほうがいい」という戒めの言葉です。 「泥」は「塵(チリ)」といわれることもあります。 同時に、「歩けば足が汚れるように、何かをすればそれに伴ってわずらわしいことが起きることは仕方ない」という意味もあります。 「犬も歩けば棒に当たる」のように「幸運が得られるかもしれない」という意味はありません。 ただし、「何もしなければわずらわしいこともないけれど、何かしようと思うならわずらわしいことが起きるのは仕方ないことだよ」と相手を慰める場合に使えます。 例文を見てみましょう。 藪をつついて蛇を出す 読み方: やぶをつついてへびをだす 意味:藪をつついて蛇が飛び出してくることから、しなくてもいいことをして状況を悪化させることの例え。 「藪をつついて蛇を出す」の意味は、「余計なことやしなくていいことをして、かえって状況を悪化させたり危険を増やすこと」です。 「藪蛇(やぶへび)」という使われ方もします。 一般的には「いらないことやいたずらをして、相手に怒られる」といった場合に使われますが、同時に「自分が相手のためになると思ってした(言った)ことで、相手に怒られる」場合にも使います。 「犬も歩けば棒に当たる」と同じように、2つの意味がありますので、状況を見て使い分けるようにしましょう。 例文を紹介します。 読み方: さわらぬかみにたたりなし 意味:神の怒りに触れたくなければ関わってはいけない、ということから、余計なことや面倒には手を出したり関わらないようにという戒め。 「触らぬ神に祟りなし」とは、「余計なことに関わっては災いを招くだけなので、関わらないようにするのが身のため」という意味です。 「触らぬ」には「自分から関わらない」という意味があります。 この場合に例えられる神とは、などで奉られている神様ではなく、この世に強い不満を持って死んだ人の霊、いわゆる「祟り神」のことです。 信仰すれば守護神として守ってくれる神様ですが、粗末に扱えば祟られるとされ、日本では病気を治すために病気を神様としたり、世の中を呪って死んだ人を神様としたりする信仰がありました。 このことから、余計なことをしてはいけない、という戒めの意味で使われ、こちらもかるたにことわざとして載っています。 「犬も歩けば棒に当たる」の「出しゃばると災難にあう」という悪い意味と同じように使います。 「触らぬ神に祟りなし」は『尾張いろはかるた』に使われています。 どういった場合に使うか、例文で見てみましょう。 <例文> Nothing ventured, nothing gained. (冒険しなければ何も起こらない) venturedとは、adventure(冒険)の動詞で、「危険を冒してする」という意味です。 gainは「成長」「利益」という意味があり、ビジネスの場でもよく使われる表現なので、こちらも覚えておきましょう。 まとめ 「犬も歩けば棒に当たる」は「何かしようとすれば、災難にあうこともある」という意味から、「出しゃばると悪いことが起きる」という戒めに使われます。 ただし、「当たる」という言葉が良い意味でも使われるようになったことから、「何かをしようとすれば幸運にあうこともある」という逆の意味でも使われます。 使う状況によって、どちらの意味が当てはまるのか判断した上で使うようにしましょう。•

次の

犬も歩けば棒に当たるの意味とは?由来や例文と類似語も紹介

犬 も 歩け ば 棒 に当たる ネプリーグ

その名称はポルトガル語で「手紙」(葡: Carta)、あるいは紙板状のもの、トランプなどを意味するcartaに由来する。 元々はトランプなどのカードゲーム一般を指した。 現代日本では、花札か、後述する読み札にあわせた絵札をとってその枚数を競う競技を意味するようになった。 また、小倉百人一首の場合は読み札には短歌が書かれ、取り札には下の句が書かれている。 >ことわざを使っているが、内容は江戸、京都、大坂、上方、尾張などで各々異なっており、地方の特色が表れて、「郷土かるた」も各地に存在する。 「犬も歩けば棒に当たる」で始まるものは、江戸かるた(犬棒かるた)である。 引用元:. 「カルタ」という形式が成立する以前に、青木鷺水「和漢故事要言」(宝永2年・1705)から選んだ「いろはたとえことば」が世間に流布し、小山駿亭「心学いろはいましめ」(文政8年・1825)のような「いろはたとえ」の通釈書が著された。 「いろはガルタ」は初め京都を中心とする地域で編まれ、大阪、尾張地方を経て江戸に到った。 選ばれた四十八項目の諺は通用した地域によって異同が見られ、変化の跡が辿れる。 「い」の項は「一寸先は闇」(京都)が「一を聞いて十を知る」(尾張)となり、江戸では「犬も歩けば棒に当たる」が採択され、「犬棒カルタ」という別称を生む。 引用元:.

次の

犬も歩けば棒に当たるの意味とは?由来や例文と類似語も紹介

犬 も 歩け ば 棒 に当たる ネプリーグ

スポンサードリンク 犬も歩けば棒に当たるの類義語は? さて、この「犬も歩けば棒に当たる」という言葉の意味とその例文について見てきましたが、この言葉と似ている類義語もいくつかあります。 歩く足には泥がつく• 歩く足には棒あたる• 歩く犬が棒にあたる 言葉自体も似たようなことわざですね。 あとがき 犬も歩けば棒に当たるとはどんな意味があるのか。 その語源や漢字、その使い方と例文を見てきましたがいかがでしたか。 さて、まとめとして犬も歩けば棒に当たるを簡単にまとめますね。 意味 余計なことをすると思ってもみなかった災難に遭う 外を出歩くと思いがけない幸せに巡り合うことがある。 補足 真逆のような2つの意味が込められている。 使い方・例文 犬も歩けば棒に当たるというように、安請け合いしていらない苦労を背負ってしまった。 ぷらっと立ち寄ったお店で後の結婚相手に出会ったわけだが、犬も歩けば棒に当たるとはまさにこのことだ。

次の