とんび 主題 歌。 blogs.redeyechicago.com: とんび【TBSオンデマンド】: 常盤貴子, 佐藤健, 吹石一恵, 加藤貴子, 高橋和也, 音尾琢真, 常盤貴子, 野村宏伸, ベンガル, 麻生祐未, 柄本明, 平川雄一朗, 山室大輔, 中前勇児, 森下佳子, 石丸彰彦: generic

とんび (小説)

とんび 主題 歌

TBSで今年1月期に放送された日曜劇場『とんび』が、12月5日 木 にシンガポールで開催された「アジア・テレビジョン賞」でドラマ部門の最優秀作品賞を受賞したことが発表された。 今年で18回目を迎える「アジア・テレビジョン賞」は、アジアを代表するテレビ番組のコンクールで、今年は12か国から38部門に238作品がノミネートされ、部門別に最も優れた番組が選ばれた。 『とんび』は、妻を失ったどうしようもなく不器用な父親が、ただただ精一杯息子を愛した30年の物語で、原作は直木賞作家・重松清のベストセラー作品。 主演となる父親・ヤスを内野聖陽が、またその息子・アキラを佐藤健が、そしてヤスの妻を常盤貴子が演じ、ドラマの世界観を担う主題歌を福山雅治が書き下ろした。 作品中に常盤演じる美佐子が語った「家族って育つんですね」という言葉が全てを語っているように、人は一人じゃない、家族も親から子へ、そしてその子どもへと繋がっていくということを、多くの視聴者に改めて感じさせてくれるドラマとして大きな話題を呼んだ。 【『とんび』石丸彰彦プロデューサーのコメント】 どうしようもなく不器用な父親が、ただ一つ、息子を愛し続けた30年の物語という、シンプルなテーマの中で、その普遍的な愛が、世界にも共通することだと受けとめて頂き、大変嬉しく思います。 全てのスタッフ・キャストにも感謝したいです。 【アジア・テレビジョン賞とは】 シンガポールと国際メディア情報誌「TV ASIA」などが共催して贈られる賞で、1996年にアジア地域の番組及び制作における最優秀作品を決める目的で始まったテレビ祭。 アジアの放送局が参加対象で、ドキュメンタリー、ドラマ、アニメーションなど30以上の部門でそれぞれ「最優秀作品賞」と「奨励賞」が授与される。 これまで数々のTBSの番組が賞を受賞しており、2010年に『JIN-仁-』がドラマ部門奨励賞、2011年には『報道の魂』がドキュメンタリー部門の最優秀作品賞、そして昨年は『炎の体育会TV』が一般エンターテイメント部門で最優秀作品賞に選ばれている。 今回『とんび』のために書き下ろした主題歌「誕生日には真白な百合を」は、福山が初めて自身の両親のことを歌った渾身の作品! 番組プロデューサーの石丸彰彦から「故郷に帰りたくなるような曲を」という話を受け、「自分の母親であるとか父親に対しての想いというのは、どこかで作品にしたいなと思っていたので、なんとか照れずに、なるべく照れずに頑張ろうと思って書きました。 」と福山が語るように、初めて自身の両親のことを歌った渾身の作品となっています。 タイトルからも、自分の誕生日に毎年母親に花を贈っているという福山の感謝の気持ちが現れており、プロデューサーの石丸も「主題歌を初めて聞いた時、"ぞくっ"ときた後に"じわっ"と福山さんが紡ぐ世界が広がっていきました。 ストレートな曲を作っていただき純粋に嬉しかったです。 」と出来上がった楽曲を絶賛。 福山の「離れていてもできる愛情表現を歌にした」という言葉通り、主題歌「誕生日には真白な百合を」はドラマと楽曲の世界観の相乗効果が重なり合って、人の心を深く強く打つ作品に仕上がっています。 ドラマ同様、主題歌もお楽しみに!!.

次の

福山雅治、新曲は内野聖陽主演ドラマ主題歌

とんび 主題 歌

ストーリー 昭和37年。 瀬戸内海に面した広島県備後市。 運送会社で働くヤスは、待望の長男アキラが誕生し、人生最高の喜びに浸っていた。 しかし、その幸せは、妻、美佐子の事故死という突然の悲劇によって打ち砕かれてしまう。 ヤスは、残された自慢の息子アキラを、ゲンコツと涙で、不器用ながらもまっすぐに育てていく。 それは、幼くして父親に捨てられた哀しみと美佐子を亡くした後悔を乗り越えていく闘いでもあった。 2012年、新しき年の始まりに、日本人の原点をもう一度確かめる作品。 直木賞作家・重松清氏の、感動のシングルファーザー物語です。 もっと読む 各回のあらすじ 前編昭和37年の広島。 トラック運転手・ヤス(堤真一)は、妻・美佐子(西田尚美)との間に待望の息子が誕生し幸せの絶頂にいた。 息子はアキラと名付けられ、ヤスの幼馴染のたえ子(小泉今日子)や照雲(古田新太)たちからもかわいがられていた。 しかし不運な事故で美佐子が急逝。 ヤスは、幼いアキラを男手一つで育てていく過酷な運命を背負うことになる。 原作は「流星ワゴン」「ビタミンF」などの重松清。 前後編各73分の2本立。 後編重松清原作ドラマの後編。 妻を不慮の事故で失ったトラック運転手のヤス(堤真一)は、男手一つで息子・アキラ(池松壮亮)を育ててきた。 しかし高校3年生になったアキラは、広島を離れ、東京の大学に進学したいと言いだす。 ずっと一緒に暮らしたかったヤスは猛反対。 2人のことを案じた、たえ子(小泉今日子)たちは、アキラをいったん照雲(古田新太)の寺へ預けることにする。 荒れたヤスは酒浸りになり、職場で倒れてしまう。

次の

お知らせ|TBSテレビ:日曜劇場『とんび』

とんび 主題 歌

TBSで今年1月期に放送された日曜劇場『とんび』が、12月5日 木 にシンガポールで開催された「アジア・テレビジョン賞」でドラマ部門の最優秀作品賞を受賞したことが発表された。 今年で18回目を迎える「アジア・テレビジョン賞」は、アジアを代表するテレビ番組のコンクールで、今年は12か国から38部門に238作品がノミネートされ、部門別に最も優れた番組が選ばれた。 『とんび』は、妻を失ったどうしようもなく不器用な父親が、ただただ精一杯息子を愛した30年の物語で、原作は直木賞作家・重松清のベストセラー作品。 主演となる父親・ヤスを内野聖陽が、またその息子・アキラを佐藤健が、そしてヤスの妻を常盤貴子が演じ、ドラマの世界観を担う主題歌を福山雅治が書き下ろした。 作品中に常盤演じる美佐子が語った「家族って育つんですね」という言葉が全てを語っているように、人は一人じゃない、家族も親から子へ、そしてその子どもへと繋がっていくということを、多くの視聴者に改めて感じさせてくれるドラマとして大きな話題を呼んだ。 【『とんび』石丸彰彦プロデューサーのコメント】 どうしようもなく不器用な父親が、ただ一つ、息子を愛し続けた30年の物語という、シンプルなテーマの中で、その普遍的な愛が、世界にも共通することだと受けとめて頂き、大変嬉しく思います。 全てのスタッフ・キャストにも感謝したいです。 【アジア・テレビジョン賞とは】 シンガポールと国際メディア情報誌「TV ASIA」などが共催して贈られる賞で、1996年にアジア地域の番組及び制作における最優秀作品を決める目的で始まったテレビ祭。 アジアの放送局が参加対象で、ドキュメンタリー、ドラマ、アニメーションなど30以上の部門でそれぞれ「最優秀作品賞」と「奨励賞」が授与される。 これまで数々のTBSの番組が賞を受賞しており、2010年に『JIN-仁-』がドラマ部門奨励賞、2011年には『報道の魂』がドキュメンタリー部門の最優秀作品賞、そして昨年は『炎の体育会TV』が一般エンターテイメント部門で最優秀作品賞に選ばれている。 今回『とんび』のために書き下ろした主題歌「誕生日には真白な百合を」は、福山が初めて自身の両親のことを歌った渾身の作品! 番組プロデューサーの石丸彰彦から「故郷に帰りたくなるような曲を」という話を受け、「自分の母親であるとか父親に対しての想いというのは、どこかで作品にしたいなと思っていたので、なんとか照れずに、なるべく照れずに頑張ろうと思って書きました。 」と福山が語るように、初めて自身の両親のことを歌った渾身の作品となっています。 タイトルからも、自分の誕生日に毎年母親に花を贈っているという福山の感謝の気持ちが現れており、プロデューサーの石丸も「主題歌を初めて聞いた時、"ぞくっ"ときた後に"じわっ"と福山さんが紡ぐ世界が広がっていきました。 ストレートな曲を作っていただき純粋に嬉しかったです。 」と出来上がった楽曲を絶賛。 福山の「離れていてもできる愛情表現を歌にした」という言葉通り、主題歌「誕生日には真白な百合を」はドラマと楽曲の世界観の相乗効果が重なり合って、人の心を深く強く打つ作品に仕上がっています。 ドラマ同様、主題歌もお楽しみに!!.

次の