さいたま教区。 さいたま教区司教叙階式@浦和: 司教の日記

カトリックさいたま教区/CATHOLIC SAITAMA DIOCESE【教区司教 OUR BISHOP】

さいたま教区

マリオ 山野内倫昭 Mario Michiaki Yamanouchi, S. カトリックさいたま教区 教会 さいたま 着座 前任 聖職 個人情報 出生 1955-12-08 山野内 倫昭 やまのうち みちあき、 - は、の、士。 の司教である。 は「マリオ」。 前サレジオ修道会日本管区長である。 経歴 [ ] 1955年12月8日、生まれ。 、家族と共にへ移住。 1975年、移住したアルゼンチンでサレジオ修道会に入会。 1976年から1979年まで哲学と神学を学び、神学と教育学の学士号を修得。 1984年1月31日に終生誓願、12月21日に司祭に叙階された。 叙階後、1985年から1988年まで、アルゼンチンのコルドバでサレジオ会哲学院で養成を担当。 1988年から1991年まで、サレジオ会哲学院院長と管区評議員。 1991年から1997年まで、アルゼンチンとパラグアイのサレジオ会修練長を務める。 2月27日、日本に帰国。 1997年から1999年まで、大分サレジオ・スタディーセンターで日本語を学ぶ。 1999年から2004年まで、育英高専(現)選任講師とサレジオ会杉並支部修道院長。 2004年から2009年まで、調布サレジオ神学院長と四谷修道院長を務める。 2007年から2009年まで、管区評議員・養成委員長。 2009年から2012年まで同窓生顧問。 2009年から2014年まで、サレジオ会日本管区副管区長と扶助者聖マリアの会(ADMA)の霊的指導担当。 2014年12月4日から、日本管区長を務める。 6月2日、教皇より教区長として歴代7人目、教区に昇格してからの司教としては5代目のさいたま教区司教に任命され 、同年に浦和明の星学園・ジュビリホールにて、司教に叙階された。 脚注 [ ].

次の

カトリック川越教会

さいたま教区

ご挨拶 元号が「平成」から「令和」に変わり、百二十五代天皇陛下が御譲位され、我が国の象徴である百十六代天皇陛下がお誕生になられ、国民として平和を祈りつつ、新たな時代の始まりにみなさまおひとりおひとりが期待を持ち新生活をスタートされたことと思います。 近年、過度に物質文明化していた時代から、生活環境に大きな変化をもたらして参りました。 自然災害において被災された多くの皆様には、心よりお見舞い申し上げますと共に、復興を心より祈念申し上げます。 お亡くなられました皆様並びにご親族の皆様には、ご冥福をお祈り申し上げます。 このような社会状況下においては、心の支えが急務になっております。 他人事では済まされない、目まぐるしく変化する社会環境において、少しでも、ゆとりある生活を過ごすことは、非常に難しいことであります。 さて、このたび浄土宗埼玉教区では、新たにホームページを開設いたしました。 浄土宗をお開きになられました法然上人のみ教えは、阿弥陀様の無量の功徳によって、「南無阿弥陀仏」とお念仏を声に出してお称えすれば、西方極楽浄土にいらっしゃる亡きご先祖様の菩提を弔うことができ、いずれ我々も亡き後には、必ずお浄土でご先祖の皆様方と再会ができるとのお誓いを立ててくださいました。 お身内を亡くされ、お送りなされました親族の皆様をはじめ、日頃の生活の中でお悩みをもたれていらっしゃる皆様へ、少しでもお支えとなることができればと考えております。 いずれは、この世とのお別れをしなくてはならない身であることを受け止めることは、大変に難しいことではありますが、現状の生活に、お念仏を通して日々の生活をお送りいただきまして、仏様の慈しみを受け止め、やがてはこの身が亡くなるときに極楽浄土へ往生し、再会ができるのです。 合掌 浄土宗埼玉教区教区長 和氣 昭祐 九拝 浄土宗には、教旨をひろめ教化育成に関する事業の実施及び教化活動の推進を図るため、8つの地区があります。 また、47の教区があり、浄土宗埼玉教区は、関東地区に属し、の寺院が所属しています。

次の

山野内倫昭

さいたま教区

経歴 [ ] 、に生まれる。 に司祭にされた。 その後カトリック浦和教区(にさいたま教区に改称)の、、、各教会の主任司祭を歴任し、から浦和教区事務局長を兼任。 、からカトリック浦和教区司教に任命され 、同年9月15日にの司式により、の体育館で司教叙階式が行われた。 、教区長の退任願が教皇により受理されてカトリックさいたま教区長を退任。 岡田武夫・東京大司教が教区管理者に任命された。 教区長退任後はに移り、現在、平和委員会を担当している 思想と行動 [ ] 谷司教は司教叙階式で 「異国でつらい労働に従事する寄留者たち。 異なる文化、言葉のなかに定住しようと悪戦苦闘している移住者たち。 家庭、社会、地域などでに苦しむ女性たち。 家庭、社会の痛みの犠牲者としてされている子どもたちや青少年。 病気や神経の衰弱に苦しむ障害者たち。 日本の社会の偏見であるに苦しむ人々。 〈金がすべて〉という価値観が支配する社会の歯車にされて苦しむ企業戦士たち。 人生の意味、目標を求めてさまよい、孤独に悩んでいる多くの人々。 私たちはこのような人々と共に歩む教会として成長していきたいと願っています」と抱負を語った [ ]。 1月には、過去にの司祭であり妻帯者であるヨハネ・ステファノ加藤智司祭を、小教区の主任司祭とならないという条件のもとに自分の教区に受け入れ。 同年2月11日に司祭叙階式を行なった。 加藤司祭はプロテスタント教会で洗礼を受け、日本とイギリスでイエズス会司祭から典礼教育を受けていたが、すでに妻帯者であったため聖公会の聖職者となった。 その後、2005年に回心者としてカトリック教会の信徒の交わりに加わり、2006年にの特別許可によってカトリック司祭の候補者と認められた後、イギリスで叙階の準備を進めてきたという。 後のには、のカトリック浦和教会()で、さいたま教区サポートセンター・カリタスさいたま・ロバの会(カトリック さいたま教区)主催によるの「本当に大丈夫? 放射能 放射能について学ぼう ~山下俊一先生に聞く~」と題する講演が開かれ 、谷は責任者として同名のパンフレットを6カ国語に翻訳して同教区から発行し、教区内や避難所等で配布された。 司教紋章 [ ] 司教の紋章はで、のイメージ。 の導きに従って歩めるようにとの願いが込められている。 のと帯の中のことばは、司教のモットーである「清い心 で主を呼び求める人々とともに、正義と信仰と希望と愛と平和を追い求めなさい」 二テモテ2・22 というの勧めの言葉が配されている。 著作 [ ]• 谷 大二『移住者とともに生きる教会』、2008年 脚注 [ ]• 2013年7月28日 カトリック新聞オンライン• カトリック那覇教区• ucanews. com 2011年1月26日. 2020年4月19日閲覧。 saitama-kyoku. net 2011年2月11日. 2020年4月19日閲覧。 カトリックさいたま教区. 2012年10月30日時点のよりアーカイブ。 2013年9月11日閲覧。 福音宣教 2011年7月号 放射性物質の遺伝子への影響について さいたま教区助祭 矢吹貞人 36ページ• 本当に大丈夫? 放射能 放射能について学ぼう ~山下俊一先生に聞く~ カトリックさいたま教区サポートセンター 2011年5月30日発行• [ ] 外部リンク [ ]•

次の