緑魔子。 緑魔子

緑魔子の現在の活動は?夫は石橋蓮司で娘がいる?画像・動画あり!

緑魔子

石橋蓮司は嫁・緑魔子がいても堂々と浮気!?娘の他に息子もいる? 石橋蓮司が嫁・緑魔子も公認の美女と同棲中!?離婚は断固として否定しているが…… 石橋蓮司は、1950年代から現在に至るまで、第一線で活躍し続ける強面の名俳優であり、演出家。 嫁は、独特な色気を持つ個性派女優・緑魔子です。 石橋蓮司と緑魔子は、1970年代に同居生活を開始し、1976年には2人で劇団・第七病棟を旗揚げ。 1979年に結婚して以来、現在にいたるまで婚姻関係を継続中です。 しかし実際のところ、この夫婦が同居していたのは1987年頃まで。 25年以上も別居状態にありながら、石橋蓮司は「大きな問題があったわけでもなく、同志だから、離婚の意思はない」と語っています。 そういいながら、アラフォー美女と半同棲生活を送っているという石橋蓮司。 「彼女は女優志望で、飯作ってくれたり、洗濯をしてくれたりするだけ。 普通じゃない?」とは、実に堂々としたものです。 いくら本人たちが恋愛関係でないと主張したところで、ひとつ屋根の下の出来事には、誰しも妄想を膨らませてしまうもの。 それを緑魔子が公認しているのだとしたら、同志の絆の固さには感心させられてしまいます。 石橋蓮司と嫁・緑魔子の娘は確かにいる!息子の噂の真相は? 石橋蓮司と嫁・緑魔子には娘がいます。 娘は、2人が同棲期間中に生まれており、1979年に入籍となったのは、娘の小学校進学に合わせてのことだったようです。 緑魔子との別居と、美女との同棲が報じられた時に、石橋蓮司が語っていた内容によると、娘はすでに結婚して、子供にも恵まれているとか。 このように、石橋蓮司の娘の話題には具体的なものがありますが、巷では「石橋蓮司の息子」なる不確かな噂が横行中。 息子探しの結果、名字つながりで名前が挙げられている俳優・石橋凌は、両親が全くの一般人であることが判明しています。 息子といえば、かくいう石橋蓮司にも、戦後の「水戸黄門」が当たり役となった、東映時代劇の大スター俳優・月形龍之介の息子という噂がありました。 しかし、石橋蓮司の父親もまた全くの一般人で、建具職人だったことが分かっています。 石橋蓮司が韓国人慰安婦証言の嘘を暴いた?若い頃がかなりかっこいい! 石橋蓮司が韓国人慰安婦をリポート!居酒屋で本音をポロリ? 石橋蓮司は、1997年に、名古屋テレビで制作された、深作欣二監督のドキュメンタリー番組「20世紀の黙示録 もの食う人びと」のリポート役として出演したことがありました。 石橋蓮司が現地に飛んでリポートしたのは、原発事故のあったチェルノブイリ、エイズが蔓延するウガンダ、そして元従軍慰安婦たちが暮らす韓国。 従軍慰安婦を名乗る韓国人の老女が、「日本人にやられた!ヒドイことをされた!」と泣きじゃくり、石橋蓮司が「スミマセン」と謝罪を繰り返す様子が、大変印象的でした。 ところが番組の撮影後、石橋蓮司が日本の飲み屋で漏らしたとされる愚痴にはビックリ。 何でも、元従軍慰安婦を名乗る韓国人女性は、カメラが回わりはじめた途端に泣きわめき、カットと同時に「ガハハ!」と笑っていたのだというのです。 しかも、「私の初恋の人にソックリ!」と言って、石橋蓮司の手を握ったのだとか。 「やっぱり従軍慰安婦は嘘。 俺は役者だから分かる」と結論付けたのが事実であっても、公向けのコメントではないことだけはあしからずご了承ください。 石橋蓮司の若い頃は押尾学似でかっこいい!俳優として嫌われていた理由とは? 石橋蓮司といえば、2010年の北野武監督映画「アウトレイジ」で見られる強面ぶりが、誰もが最もしっくるところ。 一方では、刑事や厳格な父親、オカマ、心優しきおじいちゃんまで、いかめしい顔つきでありながらの演技のふり幅に、渋みを感じさせる名俳優でもあります。 年輪を重ねた味わいがカッコイイ石橋蓮司。 そんな石橋蓮司の若い頃が、何と押尾学似のイケメンだったという噂があります。 ただし、どこか冷徹な顔つきだったために、険悪な人物を演じることが多く、視聴者からは嫌われていたのだといいます。 当時の記憶がある人は、コミカルで人情溢れる演技を展開する近年の石橋蓮司に、より一層のギャップを覚えることでしょう。 石橋蓮司は後世不出の名俳優!最新作「彼岸島 デラックス」の声の演技は鳥肌もの! 石橋蓮司は、中学時代の1954年から劇団若草に所属し、翌年の映画「ふろたき大将」で、いきなりの主演デビューを果たしています。 日本大学藝術学部映画学科を中退し、劇団青俳を経て、あの蜷川幸雄や蟹江敬三ら、演劇界の伝説的人物らと共に舞台人として活躍してきました。 その傍らで、多くのドラマ・映画作品にも出演し、降旗康男や三池崇史をはじめとする大物監督らからのオファーが鳴り止むことはありません。 今は亡き名優・原田芳雄も、「俺の知っている中で最高の役者」と賛辞を贈った石橋蓮司。 トーク番組やバラエティ番組にはほぼ出演しない姿勢にも、役者1本道のダンディズムを感じさせられます。 日本の演劇界、映像界に、深く、広く根を張った俳優・石橋蓮司には、もはや声を聴くだけで、その重厚な存在感を叩きつけられた気分。 2016年10月15日公開の映画「彼岸島 デラックス」では、石橋蓮司が声のみの出演をすることが分かっています。 「彼岸島 デラックス」は、吸血鬼伝説が残る孤島を舞台としたアクションホラー。 石橋蓮司が声をあてるのは、おどろおどろしい異形に抵抗する組織のリーダーこと、青山龍ノ介。 丸太を振り回して敵をなぎ倒す、身長262cm、体重198kgの怪人ぶりは、威厳なくして演じることはできません。 先日、特報映像がYouTubeで公開されましたが、石橋蓮司の地を這いずるような不気味な低音ボイスは、身震い必至。 後世不出の名俳優であることを、疑う者はいないでしょう。

次の

緑魔子には娘がいるの?旦那は石橋蓮司で萩原健一との関係は?

緑魔子

Contents• 石橋蓮司のプロフィール 石橋蓮司さんはどんな俳優なのでしょうか? プロフィールを簡単にご紹介します! 出典:• 本名:石橋蓮司(いしばしれんじ)• 生年月日:1941年8月9日• 出身地:東京府荏原郡• 身長:178㎝• 血液型:A型• 職業:俳優・演出家• 活動期間:1954年~ 石橋蓮司さんは1941年に3兄弟(姉・弟)の長男として生まれます。 中学生の時に近所にあった劇団若草に母親に連れられて所属し、17歳まで舞台で活動されていました。 その後大学に進学しますが中退し、1965年に「劇団青俳」の俳優養成所に入所します。 その後は他の劇団に入所と脱退を繰り返したのち、1976年に「劇団第七病棟」を立ち上げ、主催者となります。 スポンサードリンク また、デビュー当初から映画やドラマに多く出演されており、特に三池崇史監督の映画に出演作が多いことでも知られています。 石橋蓮司の嫁は女優の緑魔子【画像あり】 出典: 石橋蓮司さんは1979年に結婚されています。 結婚相手の嫁は、個性派女優の緑魔子(みどりまこ)さんです。 <プロフィール>• 本名:石橋良子• 生年月日:1944年3月26日• 職業:女優・歌手 緑魔子さんは台湾台北市に生まれ、幼少期は宮崎県で育っています。 60年代から70年代を中心に、加賀まりこさんと共に「小悪魔路線」の女優として有名になりました。 無気力な演技や独特の色気で知られる女優さんで、過去にはグラビアとして活躍されていたことのあったそうです。 嫁・緑魔子との馴れ初め・出会いは映画「非行少女ヨーコ」での共演 出典: 石橋蓮司さんと嫁・緑魔子さんの出会いについてですが、これは1966年の映画「非行少女ヨーコ」での共演だったそうです。 当時、緑魔子さんはすでにスター女優で、石橋蓮司さんは子役あがりの無名の進撃の俳優でした。 断然、緑魔子さんのほうが格上でしたが、石橋蓮司さんは緑魔子さんに対して「お前さぁ」とタメ口で話しかけていたようです。 普通なら激怒しそうなものですが、なんとなく、緑さんは石橋さんが気に入ったようです 引用: 石橋さんの態度が緑魔子さんの母性本能でもくすぐったのでしょうか? 笑。 調べてみると、緑さんは後に石橋さんとの関係について、 「新劇の俳優と付き合うことは女優としてメリットがある」 と言っていたそうなので、緑さんとしては女優としての成長を優先していたみたいですね。 石橋蓮司さんが現在主催されてる「劇団第七病棟」は、緑魔子さんと一緒に立ち上げたものだそうですよ! お二人はその後1979年にめでたく結婚されました。 現在は別居中で石橋蓮司は絶賛浮気中!? 出典: 石橋蓮司さんと緑魔子さんは、現在でも離婚することなく、夫婦生活は継続中です。 ですが、お二人は1987年ごろから30年以上にわたって別居生活を送られているそうです。 スポンサードリンク しかも、石橋さんは現在アラフォーの美女と同棲生活を送られていると報じられています! 出典: 週刊誌にも堂々と緑魔子さんとは違う女性との同棲を報じられた石橋さんですが、彼はこれに対して、 「彼女は女優志望で、飯作ってくれたり、洗濯をしてくれたりするだけ。 普通じゃない?」 引用: と、全く気にしていない様子です。 普通であれば離婚に発展するような出来事ですが、石橋さんは緑さんとの関係については、 20年以上別居していて、そこで何か大きな問題があったわけでもないし、 子供や孫もいるしね。 あいつは、ある意味では同志であり、ある意味では一緒に闘ってきた人間なんだよ。 それを何で切るんだよ。 引用: と、離婚についても否定されています。 おそらく緑さん自身も、石橋さんが他の女性と同棲されていることについては公認されていると思いますので、すごい器の広さを感じますね 笑。 お二人にとってはこのくらいの距離感がちょうどいいのかもしれません。 石橋さんが「同志」と言っていることからも、お二人はすでに男女の関係というもの以上に、固い信頼関係があるのでしょうね! 石橋蓮司の娘は女優で半分青いに出演していたという噂が? 出典: 石橋蓮司さんと嫁の緑魔子さんの間には娘さんが一人生まれていたそうです。 現在では40歳を超えているらしいので、結婚された直後に誕生したのだと思われます。 娘さんの名前は「阿礼(あれ)」さんというそうで、これは石橋さんと緑さんが好きな小説「邪宗門」の登場人物から取った名前です。 娘さんの職業について調べたところ、両親とは違い、一般企業に勤められているそうです。 現在は結婚され、お子さんもいらっしゃるようですよ。 石橋さんにとってはかわいい孫がいらっしゃるということですね! さて、娘さんについてですが、女優をされていて、ドラマ「半分青い」に出演されていたと言噂があったのですが、これはデマです。 なぜこのような噂が出てきたのかというと、これは「半分青い」に石橋静河さんという女優が出演されていたからです。 出典: 石橋静香さんのご両親は俳優です。 そのため、石橋蓮司さんと緑魔子さんの娘だという噂が出てきたのでしょう。 ですが、石橋静香さんの父親は俳優の石橋凌さん、母親は女優の原田美枝子であって、血縁関係はありません。 また、石橋蓮司さんと石橋凌さんが兄弟なのでは?という噂もあったのですが、こちらも血縁関係はなく、赤の他人です。 息子がいるという噂はデマ 出典: 石橋蓮司さんの娘さんについて調べていたところ、息子さんがいるというような噂も目に付いたのですが、石橋さんと緑さんの間の子供は娘の阿礼さんだけです。 息子さんがいるという噂はデマのようですね。 同棲している女性との間に息子がいるという噂も一切ありませんでした。 以上、石橋蓮司さんの娘さんと嫁についてご紹介しました。 最後までお読みいただきありがとうございます。

次の

石橋蓮司!子役って?妻は緑魔子!娘は?彼女?!

緑魔子

来歴 [ ]• の で出生し で生育するも、生家はに恵まれずに自から中学生のでアルバイトをしながら高校で学び 、卒業後に上京 する。 全日本で優勝するなどに優れて 「へ進学してを活かす仕事に就きたかったが、経済的理由でかなわなかった」 と語る。 やのなどを経て、女優を目指して 本名でNHK演技研究所に在籍 後、として6か月の研修期間を終えてテレビ部に在籍 する。 俳優がユニット出演 する『』を監督するがを探すためへ立ち寄った際、ディレクターの机上で緑の写真を見定めて「求めるイメージに近い」としてカメラテストで主演に抜擢 する。 との共演 にが「緑は未だ演技が素人同然」と杞憂する も、先輩俳優の芝居を熱心に学び得た独自の演技力 と撮影担当者が「前を隠せ」とを投げる ほど大胆にを披露して大ヒット する。 は岡田茂が 「映画の配役イメージと"緑という新鮮な色の魔性を秘めた女"」を意味して命名 するも、「本名が平凡なのでこの芸名には驚いた」 「そのまま本名で出ていたら、全然違った女優になっていたかもしれない」 と語る。 に『二匹の牝犬』で初主演デビュー すると強烈な個性 で同年の新人賞を受賞 する。 やが主演するのとと緑が主演するの『』の二本立ては興行成績が良く 、渡邊監督は評価して好意する も、に『夜の青春シリーズ』の『かも』で共演するとに入籍 する。 の専属女優として27作品のに出演 するが「私はやなどのが大好き でも、『夜の青春シリーズ』みたいな映画ばかりやらされて我慢が限界」に至り 、「私はこういうのやりたくないです」と岡田に訴えて「そんなことじゃ映画界ではやっていけないから、東映を出ての切符売りにでも何でもなっちまえ」と叱咤されるも「いいです切符売りになります」と返答してに東映をされる。 当時"第二のマコ"とも評されたが順調に成長しており、緑の役目は既に終わったと見られていた。 岡田の東映が制作するプログラムピクチャーは「儲けるためなら芸術性も娯楽性も平然と犠牲にする製作方針で、脱ぐ必要も無いのに、ただもうやたらに脱がせれば良いという卑しさと次元の低さに失望した」と批判する。 実際のとの契約状況は、1967年4月から1969年3月まで 、スケジュールさえ折り合えば他社出演を許すという条件付き専属女優として契約を結んでいた。 前記のような理由から二年の間、東映でまともな企画は与えられず、その二年間の東映出演は脇役が2、3本であった。 ところが他社、テレビからは、演技力が確かで、ユニークなムードを持ち、納得すれば全裸になることも辞さないなどと評され、引っ張りだこで 、出演オファーが殺到した。 以後、が監督する『大悪党』、の主演でする監督『カモとねぎ』、が監督する『』、が主演する『』、が監督する『』、に『』 、など著名なの作品で著名な俳優らと共演し、自身曰く「人生の充実期」 を迎える。 にと共に劇団「」を設立し、石橋が演出するやの作品を、使用を止めた建物を改造した劇場で主演 してのスターとして活躍すると、映画出演は数年に一作品 になる。 長い同棲生活を経て一人娘の小学校進学を機に1979年に石橋と入籍 するも、に別居するが不仲ではない と離婚は否定している。 人物 [ ]• 華奢な肢体に大粒な瞳の身体が放つ独特な小悪魔的に甘い声と存在感 でからにかけて個性的な役柄を多く演じ、「小悪魔路線」のと共に人気を博する。 「現代の愛の不毛を表現できる女優は彼女以外にはいない」とが評価 する、「虚ろな表情と倦怠的な雰囲気」は70年代に流行する若者気質の先取 としてやら「無気力演技派女優」のルーツ とも評される。 出演作品 [ ] テレビドラマ [ ]• (1964年、)• (1965年、)• 第11話「先輩後輩」(1966年、TBS)• 第12話「おせっかいはやめて」(1966年、NET)• (1967年、TBS)• 第4話「離婚代理人」(1967年、TBS)• 第14話「拳銃のバラード」(1968年、)• 第40話「陽気な新参者」〜第42話「江戸っ娘 繁昌記」(1968年、) - おゆき• 第196話「花嫁の夫は死人」(1969年)• 第200話「殺人者に明日はない」(1969年)• 第208話「逃亡のアムステルダム」(1969年)• 第256話「アムステルダム空港の女」(1970年)• 第261話「モロッコの真赤な太陽」(1970年)• 第274話「妻の浮気は死を招く」(1970年)• 第279話「未亡人に招かれた男」(1970年) - 斉田ユキ• 第281話「団地奥さんヌードの悲劇」(1970年)• 第295話「女の出世は結婚サ! 」(1971年)• 第312話「女と男のズッコケ自動車レース」(1971年)• 第317話「恋人を殺して姉弟心中」(1971年)• 第337話「奥さんがよろめく時殺人が起る」(1971年)• 第339話「追い出された花嫁は復讐する」(1971年) - 川辺ユキ• 第344話「煙突の上で無理心中したヌードの美女」(1971年)• (1969年、TBS) - ユキ子• (1969年、) - 一條マコ• 第1・第2シリーズ(1971年 - 1973年、NTV) - 千代菊• 第2シーズン 第4話「地獄を嗤う日光路」(1972年、) - お鶴• 第12話「傷だらけの美女が告白する」(1972年、TBS)• 第19話「魔性の女に男が哭く」(1973年、KTV)• 第4話「仮面の墓場」(1973年、CX) - 聖ヨーコ• 第1部 第18話「首斬り朝右衛門」(1973年、NTV) - 外山真弓• 第47話「ひぐらし」(1973年、NHK) - およう• 第119話「大江戸残酷秘話」(1973年、12ch) - お雪• (1973年、TBS)• 第13話「生活大破滅」(1974年、) - みすず• 第23話「意地豆腐」(1974年、CX) - おすぎ• 第53話「ストッキングをかぶった男」(1974年、TBS) - 藤堂律子• 第2シーズン 第17話「遊女狂乱」(1974年、NET) - おふじ• (1974年、TBS)• 第2話「悪女にトラック一杯の幸せを」(1974年、NTV) - 柴田ケイコ• TBS• 第11話「二人の妻を持つ夫」(1974年)• 第52話「哀しみの蒸気機関車はふるさとを走る!! 」(1975年) - 大木晴美• 第82話「裏切りの烙印に賭ける!! 」(1976年)• 第10話「一殺多生剣」(1974年、KTV) - お松• 第41話「全員! 覗き盗聴開始! 」(1975年、TBS)• 第7話「闇奉行はよか男」(1975年、NTV) - お亀• 第31話「お吉 火事場くどき」(1975年、) - お吉• 第17話「二つ枕の殺し節」(1975年、) - 千勢• 第26話「壊滅! 恩讐の里」(1975年、NTV) - 小夜• (TBS)• 第23話「車椅子の女刑事」(1975年) - 影山和子• 第29話「死刑結婚式」(1975年) - 飯島かよ• 第64話「逃亡刑事」(1976年) - 折原道代• 第117話「日本降伏32年目の殺人」(1977年) - 江上トシ子• 第125話「ウソ発見器」(1977年) - 西沢昌枝• 第13話「新宿マリーの恨み節」(1975年、CX) - マリ子(赤毛のマリー)• (1976年、NTV)• 第19話「呪いのわら人形」(1976年、KTV) - こま• 第28話「妖刀無用」(1977年、ABC) - 登勢• 第6話「警視とモンマルトルの女」(1978年、ABC)• 第8話「必死の追走」(1978年、NTV) - 片桐ゆう子• 第13話「復讐に燃えた女」(1978年、CX) - おとき• 第18話「バッタ女王・消えた幻の湖」(1979年、NTV) - バッタ女王• 第5話「運が悪けりゃ女にモテる」(1979年、NTV) - 竜吉礼子• 第73話「東京-八丈島 子を捨てた母の謎」(1979年、TBS)• 第56話「父ちゃんからの手紙」(1979年、TBS)• 第115話「チリアーノを歌う悪女! 」(1979年、) - 城信子• 第1話「聖女が街にやってきた」(1979年、NTV) - 西南女学園シスター・小村冬子• 第25話「ひと恋い橋」(1980年、CX) - およう• (1980年、CX)• 第1話「初めまして事件です」(1981年、CX)• 第7話「悪魔のソナタ」(1981年、NTV)• シリーズ(1981年、NHK) - アサ子• 夏少女ウメ子 女の子にだって、夏の冒険はある(2001年、)• 第11話「魔女がアタシを」(2008年、) - 大山タエ• 最終話(2012年、) - 浜西タツ• (1964年、)• くノ一化粧(1964年、東映)• 暗黒街大通り(1964年、東映)• 東京アンタッチャブル 売春地下組織(1964年、東映)• 悪女(1964年、東映)• 廓育ち(1964年、東映)• 牝(1964年、東映)-つや子• (1965年、東映)• (1965年、東映)• いろ(1965年、東映)• かも(1965年、東映)• (1965年、東映)• (1966年、東映)• (1966年、東映)• 夜の悪女(1965年、東映)• (1966年、東映)• (1966年、東映)• 男なんてなにさ(1967年、東映)• (1967年、東映)• (1967年、東映) - 玉枝• (1968年、東映) - 露口杏子• 大悪党(1968年、)• カモとねぎ(1968年、)• (1968年、)• (1968年、大映)• (1968年、松竹)• 日本ゲリラ時代(1968年、松竹)• (1969年、東宝)• (1969年、大映)• (1969年、松竹)• (1969年、東宝)• 白昼の襲撃(1970年、東宝)• (1970年、東宝)• (1971年、松竹)• (1971年、東プロダクション)• (1971年、東宝)• (1971年、)• 喜劇 女は男のふるさとヨ(1971年、松竹)• (1972年、松竹)• (1973年、青林舎)• (1973年、松竹)• 鬼の半蔵やわ肌小判(1974年、東宝)• (1974年、東宝)• (1974年、東映)• (1975年、東映)• (1975年、東宝)• (1977年、)• (1977年、ATG)• (1977年、スタンス・カンパニー)• (1977年、ATG)• (1978年、ワールドシネ&ビデオ)• (1982年、東映)• (1987年、松竹)• (2006年、)• (2011年、)• (2017年、The STAR SAND Team) 舞台 [ ]• (1969年、自由劇場 作・演出:)• (1972年、 作・演出:佐藤信)• 盲導犬(1973年、櫻社 作: 演出:)• (1976年、 作:唐十郎 演出:佐藤信)• (1978年、 作・演出:)• 秘密の花園(1982年、 作:唐十郎 演出:)• (1983年、第七病棟 作: 演出:石橋蓮司)• (1985年、第七病棟 作:唐十郎 演出:石橋蓮司)• (1987年、第七病棟 作:山崎哲 演出:石橋蓮司)• (1988年、 作・演出:唐十郎)• 羊たちの沈黙(1990年、第七病棟 作:山崎哲 演出:石橋蓮司)• (1992年、第七病棟 作:唐十郎 演出:石橋蓮司)• (1992年、メジャーリーグ 作: 演出:)• (1993年、メジャーリーグ 作: 演出:)• (1994年、プロデュース 作・演出:)• (1994年、 作: 演出:蜷川幸雄)• (1995年、第七病棟 作:唐十郎 演出:石橋蓮司)• ガラスの動物園(1997年、メジャーリーグ 作:テネシー・ウィリアムズ 演出:)• (2000年、第七病棟 作:唐十郎 演出:石橋蓮司)• 『』 () からまでにから発表した両面10曲に、(:CİNE DISC)よりに発売されたシングル「やさしいにっぽん人」からと共に2トラック、1967年のテレビドラマ『』の主題歌「ウーン愛してる」を加えた計13曲を収録。 6作品は初化。 ゲスト参加 [ ]• 『噫無情』(1974年)• 『ヴィーナスの丘』(1996年)収録の「イビザ」 オムニバスアルバム [ ]• (2004年)-「愛されたいの」を収録 受賞歴 [ ]• 第15回(1964年度) 新人賞(『二匹の牝犬』)• 第20回(1985年度) 個人賞(『ビニールの城』)• 第23回(1985年度) 演劇賞(『ビニールの城』)• 第21回(2011年度) 功労賞(『軽蔑』の演技と長年の功績に対して) 脚注 [ ]• 「映画女優 緑魔子の時代【後編】 緑魔子インタビュー」『映画秘宝』、洋泉社、2009年7月、 78-79頁。 『歌謡曲番外地 Vol. 1』、2007年、114頁。。 : p. : p. 1969年1月31日• 紙 2012年10月2日掲載 石橋蓮司インタビュー• 公開『』(:/東プロ)。 録音・発表自体は1971年だったが、当時緑魔子のレコード契約が残っていたため、契約終了の1973年まで待つこととなった。 外部リンク [ ]• - (英語).

次の