明智 光秀 の 家紋。 明智光秀の家紋とその意味について

明智光秀の家紋・桔梗紋の意味と読み方とは?日光東照宮に刻まれた理由

明智 光秀 の 家紋

明智光秀が起こした本能寺の変の謎。 明智光秀の最期は本能寺の変後たった11日後です。 本能寺の変は明智光秀を操った秀吉の黒幕説もあります。 明智光秀と徳川家康が組んで本能寺の変を行った説もあります。 本能寺の変を起こした明智光秀はどのような状況にいたのでしょうか。 明智光秀の最後と死因と家紋や子孫・そして本能寺の変の謎と家康の存在について紹介します。 明智光秀の家紋は桔梗 明智光秀は最有力説では美濃 岐阜 の土岐源氏の出身です。 その一族で『明智』地域に住み着いた子孫が明智光秀のようです。 土岐氏は敵の大軍との戦いで団結して桔梗を兜にさして戦って大勝します。 そこから土岐氏は桔梗の家紋になります。 明智光秀の家紋も土岐一族なので桔梗です。 明智光秀の能力 明智光秀は浪人から身を興し40万石近い領地を織田信長から任されます。 また、明智光秀の領地だった地域では今でも明智光秀が大事にされています。 明智光秀はこの当時、最も能力の高い武将の1人だったでしょう。 織田信長は当初、明智光秀の宮廷外交能力を認めたといわれています。 その後、軍事や行政にも明智光秀は能力を発揮します。 明智光秀の能力は織田信長という主人を得て、いかんなく発揮されました。 織田信長がもっとも信用していた明智光秀 明智光秀は本能寺の変で織田信長を自害に追い込みます。 しかし織田信長は明智光秀を非常に信用していたといわれています。 織田信長の居城は近江安土。 その近江が所属する近畿地区の管轄を明智光秀に任せていました。 細川藤孝や高山右近・筒井順慶など近畿地区の武将も明智光秀の与力でした。 人は最も近くに信頼する人物を配置します。 また、明智光秀も織田信長を非常に尊敬していました。 本能寺の変の1年前に明智光秀は家来たちに織田信長の恩義を忘れないように説明しています。 織田信長が負傷してまでも明智光秀を助けた逸話 そんな織田信長は明智光秀を危機から救い出して負傷したことがありました。 大阪石山本願寺は突然織田信長に反旗を翻します。 その石山本願寺を包囲・監視するために明智光秀は四天王寺に砦を作ります。 その砦に本願寺が総力を挙げて襲ってきます。 それを聞いた織田信長は京から手勢を引き連れて救出に向かいます。 その際に太ももを鉄砲で撃たれて負傷します。 しかし、織田信長の救出で明智光秀は救われました。 明智光秀と本能寺の変の謎・・・明智光秀の重臣斎藤利三の能力と本能寺 明智光秀の重臣斎藤利三。 斎藤利三は美濃の頑固おやじ稲葉一鉄の家来でしたが退転し 明智光秀に仕えます。 稲葉一鉄は斎藤利三を返すように何度も信長に訴えますが光秀は手放しません。 斎藤利三は軍事能力が非常に高く、明智の槍神と呼ばれていました。 本能寺の変の前に織田信長から斎藤利三切腹命令が出た説があります。 この斎藤利三の娘福は後に春日局となります。 明智光秀の本能寺の変・・・明智光秀と徳川家康の性格 明智光秀の性格は冷静沈着で穏やかだったといわれています。 また非常に部下想いで、本能寺の変の後も明智光秀は家臣の裏切りに遭いませんでした。 そして、本能寺の変の新説は明智光秀と徳川家康の合作です。 徳川家康の性格も明智光秀に似ているように思います。 この二人、織田信長最大のピンチだった金ヶ崎の退口でも助け合います。 明智光秀、徳川家康・豊臣秀吉は助け合いながらこの危機を脱出しました。 明智光秀と徳川家康には性格的なものなどで何か通じるものがあったのではないでしょうか。 明智光秀と本能寺の変の謎・・・織田信忠の能力と謎 織田信長の嫡男織田信忠。 織田信忠は信長から当主を継承し、武田討伐に臨み見事に討伐します。 この際、明智光秀は織田信忠を補佐しています。 この際に二人には何かがあったのではないかといわれています。 宿敵武田を直接指揮して破った信忠は意気軒高だったでしょう。 織田信忠という人は信長の子供の中では一番能力が高かったでしょう。 織田信忠は本能寺の変後に二条城に立て籠もって討ち死にします。 織田信忠と明智光秀は後に愛宕山で謎の密会をしていたそうです。 そして、織田信長にもある晩年の逸話があります。 明智光秀と本能寺の変の謎・・織田信長は糖尿病だった 織田信長はその晩年、糖尿病だったという話があります。 織田信長の死後、書かれた肖像画が残っています。 織田信長は糖尿病だったようで、晩年は病気がちで周囲が迷惑していた可能性があります。 息子の信忠に武田征伐を任せたのもそのあたりが理由かもしれません。 スポンサードリンク 明智光秀の子孫の新説・・明智光秀と愛宕山で密会した織田信忠 明智光秀は本能寺の変の前に軍神を祀る愛宕山に登ります。 その愛宕山には実は織田信忠も登っていたという説があります。 これは明智光秀の子孫である某作家の方が発表した説ですね。 ここから考えると、本能寺の変は織田信忠によるクーデターという説が出てきます。 本能寺の変の謎・・明智光秀と徳川家康のその後 本能寺の変の際、徳川家康は50人の配下と堺を見学中でした。 この徳川家康には信長から殺害命令があったという説があります。 そして、徳川家康は実は理想的な逃避路で三河まで帰ります。 この俗にいう神君伊賀越えにも新説が最近ありました。 伊賀には明智光秀の娘が嫁いだ家があったそうです。 その家の主人が徳川家康の伊賀越えに協力したとか。 そのお礼の書状が見つかったそうです。 徳川家康は帰国後、旗幟不鮮明のまま三河から尾張へ出陣します。 京に向かっていたのでしょうか。 これは明智方への参加だったのか謎の行動です。 本能寺の変の謎・・明智光秀の死因の謎 明智光秀は本能寺の変の後、山崎の合戦に敗れます。 そして、京都山科小栗栖の藪で農民兵に槍でわき腹を突かれたそうです。 これが明智光秀の死因となったケガのようですね。 明智光秀の死因はわき腹の負傷による出血でした。 スポンサードリンク 本能寺の変の後の謎・・徳川氏の内部にいる明智縁の人物たち 本能寺の変から20年以上後の話です。 徳川家康の側近に南光坊天海という人物がいます。 彼は明智光秀の一族だったという説があります。 天海が日光を作るにあたって作った地名は明智平。 この人物は明智と何か関係があったでしょう。 明智光秀重臣斎藤利三の娘福は春日局 明智光秀の重臣斎藤利三の娘は春日局になります。 徳川家光が後継者認定されたのは春日局による徳川家康への説得のお陰です。 天海と春日局。 この二人は江戸城で会見した際に、「お久しぶりだな」というような会話があった逸話があります。 ここはちょっと伝聞の域を出ないですね。 明智光秀の本能寺の変における謎はまだまだ簡単には真相に辿り着きそうにないですね。 しかし、いくらでも話が出てきますね。 いつか解明されるのではないかと思います。 明智光秀の子孫のお寺が岸和田にある 明智光秀の子孫とは明確に間違いなしと言える子孫はいるのでしょうか。 しかし、明智光秀の家臣の子孫という人は意外に多くいます。 坂本龍馬も伝承ではそういわれていますね。 明智の本拠の名前は阪本ですね。 大阪府岸和田には明智光秀の子孫のお寺が残っています。 明智光秀の最後と死因と家紋や子孫・本能寺の変の謎と家康について紹介しました。 徳川家康が天下を取ることができた6つの理由 徳川家康が考えた地域の分割統治政策.

次の

明智光秀の領地と石高をカンタン解説!動員兵力は2万人で重税だった

明智 光秀 の 家紋

この記事の目次• 明智光秀と坂本龍馬との意外な関係 明智光秀の家紋は 桔梗 ききょう の花で有名です。 坂本龍馬の家紋も桔梗の花です。 家紋が桔梗の花で同じであること、龍馬の名字が明智光秀の居城が坂本城に由来するといったことから都市伝説として浮上しました。 しかし、名字や家紋が同じであることについては偶然であるという説が有力で、後世の小説家の創作説の可能性が高いとされています。 なぜ家紋に桔梗の花が使われたのでしょうか。 桔梗の花には戦勝を重ねることができることや魔よけの意味があるといわれています。 これまでの明智光秀の家紋に関する記事で、桔梗の花を使った戦国武将として 加藤清正 かとう きよまさ ・ 山県昌景 やまがた まさかげ らを紹介しました。 坂本龍馬は33歳で暗殺されていること、加藤清正は謎の死を遂げていること、山県昌景は 長篠の戦い ながしののたたかい で戦死していることを取り上げました。 桔梗紋は縁起のよい家紋であるにもかかわらず、このような事例があることから縁起の悪い家紋となりました。 明智光秀と土佐の長宗我部元親との意外な関係 明智光秀は 織田信長 おだのぶなが の四国平定で 長宗我部元親 ちょうそかべ もとちか との交渉役を担当していました。 信長は長宗我部元親に対して「四国は切り取り次第」という約束をしています。 このとき四国の長宗我部元親と交渉していたのは明智光秀の家臣斉藤利三でした。 斉藤利三は長宗我部との交渉役を担当していましたが、長宗我部元親・その家臣 石谷光政 いしがい みつまさ と婚姻関係にありました。 斉藤利三 さいとう としみつ は石谷光政と交渉を進めますが、突如織田信長が「四国は切り取り次第」から「土佐と阿波の半分しか認めない」という方針に変わりました。 長宗我部元親は信長の方針変更に承知しませんでした。 石谷家の古文書によれば、織田信長と長宗我部元親が対立していたことが記録されていますが、斉藤利三が元親を諫めるために石谷頼辰を使者として交渉しました。 結果、長宗我部元親は織田信長の方針に従ったという記録が史料に残されています。 戦国時代ライターオフィス樋口の独り言 今回は明智光秀と坂本龍馬との関係について取り上げました。 明智光秀の末裔は坂本龍馬になったという説については、偶然名字で坂本を名乗っているだけで、小説家の創作との説が有力となっています。 後半では明智光秀と土佐の長宗我部元親との関係について取り上げました。 織田信長の四国平定で、長宗我部元親との交渉を担当していたのは明智光秀でした。 明智光秀の家臣の斉藤利三が長宗我部元親の家臣石谷光政と交渉していて、その記録が石谷家文書という史料として残されています。 長宗我部の家臣の石谷家と斉藤利三は婚姻関係にあったという記録もあります。 織田信長の四国平定について、方針が「四国は切り取り次第」から「土佐と阿波の半分しか認めない」ということに変わったこと、四国平定の途中で交渉担当が明智光秀から豊臣秀吉に変わっています。 これまでの「はじめての三国志」の記事で、明智光秀の本能寺の変の動機について、人質に出されていた母が殺されたことや勅使饗応役を外されて領地を取られたことを挙げてきましたが、有力とはいえないという形で結論付けていました。 この記事の後半で取り上げた石谷家文書が発見されたことや大河ドラマ『麒麟がくる』の放送に伴い、本能寺の変の動機について新しい発見がされることが期待されます。 関連記事: 関連記事:.

次の

大河ドラマ『麒麟がくる』の明智光秀とは?家紋や家系図、城は?

明智 光秀 の 家紋

皆さんは「明智光秀が支配していた領地と、その石高(生産高)」を、ご存知でしょうか? 実は「光秀の領地」について、くわしく知っている方は、それほど多くないみたいです。 この記事では「光秀がどこの領地を支配していたのか、その領地の石高はどれくらいなのか、動員できた兵力はどれくらいなのか」を、わかりやすく、みじかく、カンタンに解説いたしました。 今は「光秀の領地」について、漠然としか知らなかったとしても、大丈夫です。 これを読めば、誰かに説明できるほど、「光秀が支配した領地」に詳しくなれます。 この記事を読んで、「明智光秀の領地と石高」の疑問をスッキリと解消していただけたら、これほど嬉しいことはあり ません。 明智光秀の支配した地域の「石高」と、「最大兵力」はどれくらい? 光秀が支配した領地の石高は、合計で「34万石」です。 1石につき米俵「2. 5俵」ですから、年間85万俵のお米が収穫できる計算になります。 また、この生産力を財源として、光秀はどれくらいの「軍団」「兵力」を持っていたのでしょうか? 光秀は「100石につき6人」の兵役を課していたので、「34万石」で「20400人」となります。 つまり光秀は「20400人」の軍をひきいていたことになります。 江戸時代に近づくと、兵役は「100石につき2. 5人」程度が当たり前になっていたので、光秀の「兵役」は2倍以上。 かなり重い兵役であることがわかります。 また、光秀には、信長から「与力大名」と呼ばれる「応援部隊」がつけられていました。 その与力大名の石高もあわせると、合計「240万石」。 これは、ライバル「羽柴秀吉」の「120万石」の2倍。 最大動員兵力は、「100石で6人」で単純に考えると、「144 , 000人」・・・。 おそらく現実には、これほどの兵力を動員できたわけではないと思います。 それにしてもこれだけの石高を任されていた「明智光秀」への「織田信長」の深い信頼度がうかがえます。 『明智光秀の領地支配』について「ひとこと」いいたい 光秀の領地支配は、「100石につき兵役6人」と、かなり重い兵役を課されていたと申しました。 しかし、光秀は領民を大切にする政治をおこなっていたようです。 「丹波」「坂本」では、今も領主であった「明智光秀」を慕う風習が残されています。 反逆者・謀反人であり、江戸時代を通じて「極悪人」として日本中に語り継がれた明智光秀。 しかしその領地では、名君「光秀」を祀る風習がつづき、今も人気を集めています。 「 」や「 」のように、圧倒的な強者に挑みかかって敗北した「光秀」に同情しているのかもしれません。 そうであったとしても、光秀の善政が民に慕われていただけは、確かなようです。 1,「明智光秀」の領地は「近江国・坂本」と「丹波国」、現在の「滋賀県大津市」と「京都府中部、兵庫県北東部、大阪府北部」にあたり、光秀は【11年】のあいだこの一帯を支配した 2,光秀の領地における「石高」は「34万石」。 年間「85万俵」の米が収穫できた。 最大動員兵力は「20400人」。 与力大名も含めると光秀の支配地域は、織田家でも最大の「240万石」となる 3,光秀の死後、居城「坂本城」は「羽柴秀吉」に支配され、「大津城」が築城されると廃城となった。 「丹波国」は「秀吉」が支配したあと、信長の弟「織田信包」や「谷衛友」が統治して、明治維新まで続いた。 以上となります。 本日は「レキシル」へお越し下さいまして、誠にありがとうございました。 よろしければ、またぜひ当サイトへお越しくださいませ。 ありがとうございました。

次の