猫背矯正 ベルト。 【猫背を治す方法】ためしてガッテンで紹介された「壁押し運動」のやり方と効果

猫背矯正ベルトは効果あり!おすすめの商品を3つ厳選紹介!

猫背矯正 ベルト

猫背を楽に治すグッズって効果あるの? 猫背を治す方法には 「普段から姿勢を意識する」 「背中の筋肉を鍛える」 「背中の柔軟を行う」 などの方法があります。 しかし、これらは常に意識したり運動する必要があり、なかには大変だと感じる人もいるかもしれません。 なるべくなら楽に猫背を治したいものですが、そんなときにおすすめなのが猫背矯正グッズです。 猫背矯正グッズは付けておくだけで自動的に姿勢が改善されるので、特別な努力は必要ありません。 強いて言えばベルトの締め付けで姿勢が矯正されるため、慣れないうちは違和感を感じる可能性があり、それを我慢しなければならない程度です。 それも慣れてしまえば問題ないので、一番楽に姿勢を猫背を矯正できる方法と言えるでしょう。 そこでこのページでは、おすすめの猫背矯正グッズを紹介します。 迷ったらACEFITSの猫背サポーターを選択すれば間違いないと言えるでしょう。 男女兼用なので、体型に関わらず着用することができます。 長さを調整することができるので、小柄な人も大柄な人も自由に締め付けを調整することが可能です。 口コミでは、効果抜群と感じている人もいれば、ある程度改善された、と感じている人もいるようです。 なかには加齢や脳梗塞が原因で姿勢が崩れてしまい、その治療として使用している人もいます。 特別医師が推奨している商品というわけではないのですが、治療目的に使用して実際に姿勢が改善されている人もいるので、高価の高さは立証済みと言えるでしょう。 全体的に見て評価はかなり高く、また値段的にも2,000数百円とそれほど高いものでもありません。 試してみる価値があり、ハマれば普段使いできるはずです。 服の内側に着用していても外からはまったくわからないので、外出時に着用してもOKです。 こちらの製品は上で紹介したACEFITSの製品とほぼ同じような仕様となっています。 効果も同じで口コミの内容もほぼ同じなのですが、印象としてはスマホやパソコンを普段多く使用する人の口コミが多いです。 ACEFITSの製品が治療、リハビリ目的に使用する人が多いのに対し、BelleLifeの製品はスマホやパソコンを長時間使用する若者にも人気のイメージです。 ただし、この二つの製品に明確な機能の違いがあるわけではなく、あくまでもブランドイメージの問題です。 値段的には同程度ですが、BelleLifeの製品の方が数百円安いです。 口コミの数自体はACEFITSの方が数倍多いのですが、平均評価自体はBelleLifeの方が少しだけ高いので、どちらが良いか甲乙つけがたいところです。 少々乱暴な言い方をすると、ACEFITSとBelleLifeはどちらでもほぼスペックは同じなので好みに応じて選べばどちらでも良さそうです。 FONSANYの製品は上記二つに比べると上半身全体を広範囲に締める仕様になっています。 猫背矯正だけでなくバストアップ目的に使用する人もいるので、体の前面も締め上げます。 効果としては口コミからも充分であることがわかります。 着用感としては、体全体を締める分上記二つの製品よりも付けている感じが強いでしょう。 服の下にあれば周囲からは見えないので普段から着用することができますが、着用している本人が不快に感じる可能性もあります。 また男女兼用の商品ですが、ユーザーの口コミは女性が多いです。 やはりバストアップ機能も兼ね備えている分、姿勢を美しく整えたい女性に人気です。 もちろん男性が使用してもまったく問題はないので、猫背の矯正だけでなく上半身全体を締めることで姿勢を整えたい方におすすめです。 こちらの製品は背中全体を覆うようにサポートしている点が大きな特徴です。 背中に触れる面積は製品によって異なりますが、面積が広い方が良い、狭い方が良い、といったことはありません。 効果にも大きな違いがあるわけではないのですが、一長一短あります。 まず面積が狭い製品は、体を広範囲に被わない分涼しい、面積が小さいので持ち運びも便利、コンパクト、といったメリットがあります。 逆に面積が狭い分強く締め付けると体の一部に負担が生じることになります。 気になるほどではありませんが、接地面積が狭いほど一点に強い負荷が集中します。 体に触れる面積が広い製品は、夏場は暑い、持ち運ぶ際に大きくなる、といったデメリットがありますが、広範囲に触れる分強く締めても痛くならないメリットがあります。 また、見た目の好みの問題もあるでしょう。 服の内側に付ければ外からは見えませんが、Tシャツの上に装着すれば夏場は外から見えます。 面積が少ない製品はすっきりしていますが、接地面積が大きい製品の方がデザインとしては自然な感じがします。 人によって見え方は異なるかと思いますが、接地面積の少ない製品はなんとなく紐ブラのような印象があり、接地面積の大きいこちらの製品はリュックのような印象があります。 あくまでも私のぱっと見の印象ですが、似たようなイメージを持つ人も多いかと思います。 体に密着して着用する製品は面積が少ないと紐パン、紐ブラ、といったなんとなくいやらしいイメージを連想させやすいので、接地面積が大きい方がいやらしさはないかもしれません。 こちらも比較的接地面積は大きめですが、素材がメッシュになっています。 接地面積が大きいと暑くて蒸れる場合が多く、そうなると猫背矯正どころではありません。 Brodiaではその点をあらかじめ考慮し、メッシュ素材にしています。 サイズは体型に合わせて選択できるようになっています。 矯正ベルトは様々な用途に使用する人がいて、姿勢の悪さや肩こりが気になる、リハビリ、治療、など様々です。 そのなかで、Brodiaに関しては猫背改善目的のユーザーが非常に多く、口コミも猫背が改善されたというものが多いです。 目的を猫背矯正に特化するのであれば、こちらの製品はおすすめできます。 ジャイストの背筋矯正ベルトは面積的に少なすぎず多すぎずちょうど良いです。 そのため運動時の使用も推奨されており、そのくらい軽量かつ通気性が良く付け心地が良いということです。 実際ランニング時のフォーム矯正のために使用している人もいるようで、フォームの矯正に成功しています。 普段使いしている人は、猫背矯正というよりは肩こり解消目的で購入している人が多いようです。 実は猫背と肩こりは密に連動しており、猫背の人は方が凝りやすいです。 猫背になると頭が前に来るので首の後ろ側に負担が掛かり、首の後ろの筋肉は方の上側や背中の上部の筋肉と連動しているからです。 猫背だと僧帽筋という首回り、肩、背中の上部をまたぐ筋肉に常に負荷が掛かることになるので、当然肩が凝ります。 肩こり矯正ベルトという商品名で売り出されている商品がありますが、それは猫背矯正ベルトでもあるのです。 ジャイストのこちらの製品は背筋矯正ベルトという名称で売り出されていますが、「猫背矯正ベルト」「背筋矯正ベルト」「肩こり解消ベルト」などの製品はほぼ同じような機能を持っていると考えて間違いありません。 猫背改善動画 猫背・肩こり・腰痛改善シリーズ•

次の

猫背矯正ベルトは効果なし!騙されない猫背になる本当の原因とは

猫背矯正 ベルト

猫背矯正ベルトの効果 パソコンやスマホの普及した現代では猫背に悩む人が沢山いますが、あなたも猫背からくる不調や見た目の悪さから猫背を改善しようと「矯正ベルト」を考えたのではないでしょうか。 もしかするとすでにいくつかベルトを試したけれど猫背が改善できなかった人もいるかもしれませんね。 ここでは猫背矯正ベルトによる効果を「猫背の原因」から解説し、それに対して「どんなメリット・デメリット」があるのか、また「ベルトに頼らない猫背矯正」までを紹介していきます。 ベルトの前に知ろう「猫背の原因」 1-1. 筋肉や関節の硬さ 猫背とは背中が丸くなった状態ですが、反対に言えば「前側は縮んだ状態」です。 この時「首の前・胸・お腹」などの前側の筋肉が硬くなって縮んでいるので、背筋を伸ばそうと思っても前側から引っ張られて伸びられない状況になります。 また「横隔膜などの深層筋」も硬くなり、カラダの中からも縮んでいます。 さらに常に丸まって動きが少なくなった背骨や、前に張り出した肩甲骨は段々そのままの位置で固定されていきます。 こうして「猫背仕様」になった筋肉や関節は固まり「良い姿勢にすると苦しい」と感じてまたすぐに猫背に戻ってしまうのです。 1-2. 体幹の弱さ 体幹とは「カラダを支える胴体」の事であり、お腹側は「腹横筋」が、背中側は「多裂筋」が、この2つで胴体をグルリと囲むコルセットを形成しています。 そのコルセットの天井には「横隔膜」が蓋をし、コルセットの底は「骨盤底筋」が支えています。 この4つの筋肉は「インナーユニット」と言われ、内側から「土台」としてカラダを支えているのです。 という事はこれらの筋肉が弱くなると「体の幹が潰れた」状態になり、内側から支えられなくなった身体は「お腹はポッコリ・背中は丸く」と猫背の原因になります。 1-3. カラダの歪み カラダの歪みも猫背の大きな原因となります。 単純にイメージしても「傾いたりズレている積み木」は真っすぐに立っていられないですよね。 人間も同じで、骨盤や骨格に歪みがあるときちんと積み重ならないのです。 この歪みが残ったままではいくら前側の筋肉を緩めても体幹を鍛えても、骨格でカラダを支えづらいので結局猫背に戻ってしまうケースが多いでしょう。 そして「歪みは猫背を呼び、猫背は歪みを増長する」ので、進行した猫背はに記したような様々な症状を呼び込んでしまうのです。 1-4. 普段の姿勢 これは当たり前ですが、普段の姿勢が悪い人は猫背になりどんどん進行しやすいです。 仕事中や勉強中はもちろん、スマホや読書などでうつむき姿勢が多い人もさらに猫背を悪化させます。 また座って足を組む・いつも同じ肩にカバンを掛ける・片肘付いて運転する等、他にも気づかぬうちに自分で「カラダを歪ませる姿勢」を取っている人が多いので要注意ですよ。 原因について詳しく知りたい人はに上記4つ以外にも記してあります。 「猫背矯正ベルト」の効果 2-1. 猫背矯正ベルトの「メリット」• 強制的に姿勢を伸ばされる事で、姿勢意識が改善される• 装着している間は良い姿勢に見える• 体幹のインナーユニット強化につながる場合がある これを見てわかるように代表的な効果は「着けている間は良い姿勢」に見えるという事です。 つまり「これから猫背を改善していこうとする人には不向き」であり「一時的に猫背に見えないようにしたい人向け」のものとイメージした方が良いかもしれませんね。 ただし他の猫背改善策と並行するならば効果を発揮してくれるケースもあります。 背筋が伸びたことがない人に「伸びた感覚」を意識させてくれ、また矯正ベルト着用中もそれに頼り切らないで「体幹で支えるように意識」できればインナーユニットが働いて少しづつ強くなります。 2-2. 猫背矯正ベルトで「効果が無いこと」• 硬くなった筋肉は緩まない• 背骨の動きは固いまま• 歪み改善はできない• 呼吸が浅くなりがち• 頼りきると自分の筋力が落ちる 上記の5つを見て分かるように「猫背の原因」に対しては「矯正効果は期待できない」という事です。 さらに本来自分の筋力でカラダを支えなければいけないのにベルトに頼りきる人が多く、それではどんどん筋力が落ちていきます。 またもともと猫背で「腹式呼吸」ができていないうえに矯正ベルトによって肩や背中を固められると、意識が上にあがって「胸式呼吸」になってしまいます。 これは首・肩・胸が疲れて硬くなり、横隔膜が動かないのでインナーユニットは弱くなっていきます。 詳しくは「猫背の原因」の記事に。 2-3. もちろん個人個人の体形によっても付け心地は変わってくるので必ず試着してみてからをおすすめしますが、値段が高ければそのぶん矯正効果が期待できる訳ではなさそうですね。 ベルトに頼らない猫背矯正法 ベルトでは矯正効果があまり期待できないと解説してきましたが、絶対に使わない方が良いと言っている訳ではありません。 実際に矯正ベルトによって猫背を改善できた人も居るはずですから。 ただし矯正できた人たちはベルトだけに頼ってはいなかったはずです。 「自分で身体を支える」という意識を持ってストレッチ・運動・普段の姿勢などにも積極的に取り組んだ人ではないでしょうか。 それくらいの意識がある人ならば矯正ベルトを使用しても「頼りきらない」で「良い姿勢への意識」という効果だけを貰う事ができる訳です。 あなたも「矯正ベルトの良いとこ取り」をする為には「自分の骨格と筋肉でカラダを支える」という意識を持って、自分でできるケアにも取り組んでいきましょう。 猫背矯正は簡単ではないですが地道にやっていけば着実に効果は表れてくるので、そのための方法を以下に記しておきますね。 また自分ではどうしても猫背矯正できなかったという人は、身体のプロである整体に掛かる事で全然違った効果を感じられるはずです。 もしかすると猫背矯正への一番の近道になるかもしれませんね。 にて効果のある整体院の見つけ方を記しておきます。 百害あって一利なしの猫背。 あなたもぜひ矯正して心身ともに健やかな毎日を送って下さいね。

次の

【徹底比較】猫背矯正ベルトのおすすめ人気ランキング20選

猫背矯正 ベルト

姿勢矯正ベルトは猫背を矯正して正しい姿勢を体に習慣づけるための補正道具です。 長年の生活のなかで癖となってしまった動きや、姿勢のせいで体の歪みが酷いという人のために開発されたものなのです。 長年染み付いた姿勢を治すのはなかなか大変ですが、姿勢矯正ベルトのサポートを受けながら猫背を治し、体に無理な負担をかけない姿勢を保てるようになりましょう。 そこで姿勢矯正ベルトを選ぶときに気をつけたほうがいいことや、上手な使い方など、知っておいたほうがいいお役立ち情報なども紹介させていただきます。 同時に人気の姿勢矯正ベルトの詳しい紹介もさせていただくので、自分の使いやすいものを見つけて、上手に利用して正しい姿勢の健康ライフを送りましょう。 姿勢矯正ベルトの選び方 姿勢矯正ベルトを購入する際にどのような基準で自分に合うものを選んでいいかわからないという場合もあるのではないでしょうか。 姿勢矯正ベルトは同じように見えても、その装着性や素材などそれぞれに違いがあります。 ある程度長時間装着する場合もあるので、快適性や脱着の簡単さなども考慮に入れるべきでしょう。 そういった詳しい選び方を解説させていただくので、ぜひ参考にしてみてください。 快適性で選ぶ 長時間体に装着するものの場合は、快適性は大切です。 姿勢矯正ベルトは、装着のしはじめはどうしても窮屈なものとなります。 その窮屈さは仕方ないとしても、できうる限りの快適性は必要でしょう。 通気性や着心地、そして外からみた見た感じなども、外出時にも装着するなら気にするべきところとなります。 選ぶ際にはその製品がどのような視点で開発されたのかということを理解することが大切です。 購入したい姿勢矯正ベルトがあった場合、どの程度調節ができるのか、素材は何なのかなどをきちんとチェックするようにしましょう。 通気性で選ぶ 姿勢矯正ベルトは肌着の上からとは言え、体にぴったりと密着させて装着します。 そのため通気性はとても大事な要素です。 姿勢矯正ベルトを選ぶ際にはどの程度の通気性が考えられているかをチェックしつつ、購入した人の感想などを読んで、その快適性を確認してから購入するようにしましょう。 姿勢矯正の効果が高い製品でも、あまりにも通気性が悪いと装着していて不快になってしまい、長時間装着するのが嫌になってしまいます。 ある程度の窮屈さは仕方ないとしても、不快感は少ないほうがいいですよね。 メッシュ構造や素材などを確認しましょう。 見た目で選ぶ 見た目という言い方は少し違うかもしれませんが、装着した状態で上に服を着て見た目に違和感があるものは外出時につけにくいという問題があります。 もちろん冬場に厚着をすれば問題ないのですが、少し薄着になれば違和感があるようなものは、やはり抵抗がありますよね。 ましてや姿勢矯正ベルトには広範囲をサポートするものもあります。 形としては外から見えてしまうと、ちょっと恥ずかしいですよね。 姿勢矯正ベルトのなかには見た目的にもおしゃれなデザインとなっていて、少し変わった形のアンダーのようなものもあります。 透けて見える、あるいは盛り上がって見える場合は、そのようなデザインのものを選んで見るのも1つの方法です。 装着性で選ぶ 姿勢矯正ベルトで大切なものに装着性があります。 装着した状態での装着感に違和感が大きいか少ないか、装着しやすいか、しにくいか、という問題ですね。 やはり装着した状態で動きやすいほうがいいのは間違いありません。 しかしあまり軽く動けてしまうようなものは効果に不安があるのも確かです。 その場合は矯正したい範囲がどの程度であるかで、選ぶのがいいでしょう。 かなり酷い猫背である場合には、どうしても姿勢矯正ベルトを装着すると窮屈さが強くなります。 そういったことを念頭に置いて、どの程度まで許容できるかということを考えながら選ぶのがいいでしょう。 サイズは慎重に選ぶ 姿勢矯正ベルトを購入する場合に注意するべき部分がサイズです。 姿勢矯正ベルトは矯正のためのアイテムなので、サイズに余裕を持たせるということはないと考えたほうがいいでしょう。 そのため、きっちりとしたサイズで注文してしまうと、きつくて装着できないということになりがちです。 サイズ的にギリギリだった場合には、1つ上のサイズを選ぶほうが安心です。 ただし、あまりゆとりがあるサイズで使用しても矯正力は落ちてしまうので、そのサイズの丁度いいところを見極めるのが重要と考えていいでしょう。 装着のしやすさで選ぶ 姿勢矯正ベルトは体を締め付けるものなので、装着する際にはギュッと引っ張って留めるというものが多いようです。 装着する際にサイズがぎりぎりだと、この留めるという作業がとても難しくなります。 そこでサイズ的に不安がある場合には、締め付け具合を変えることができるものを選ぶといいでしょう。 その際にあまり無理な姿勢をせずに楽に留めることができるものを選びましょう。 装着した後に窮屈な思いをするのは仕方のないことですが、装着するだけで疲れ切ってしまうのは何の意味もないので、避けるべきです。 姿勢矯正ベルト人気おすすめ商品TOP10 姿勢矯正ベルトの人気商品をランキング形式でご紹介します。 画像出典: セルヴァン 軽量背すじ矯正ベルトは、日本製の軽量な姿勢矯正ベルトです。 重量は140gほど、肩はV型設計で、襟の開いた服でもベルトが見えにくい構造となっています。 背中部分には折れ曲がりに強いしなやかなプラスチックの板を2本収納していて、しっかりと姿勢を固定します。 さらに姿勢矯正ベルトで問題になりやすいわきの下にベルトが食い込まないデザインとなっています。 ウエストベルトは2重構造で、しっかりと締め付けます。 日常的に普段着の下に装着することを考えて作られた姿勢矯正ベルトと言えるでしょう。 セルヴァン 軽量背すじ矯正ベルトの口コミ評判 農業に就職し、一週間足らずで背中や腰に痛みを感じ、購入に至りました。 使ってみると今のところ背中の痛みは軽減しています。 買ってそん損はない感じですね。 画像出典: 中山式 脊椎医学 キョウセイベルト メッシュは、2重生地構造で胸椎の状態を改善し、中山式のクロス構造で矯正効果を高める姿勢矯正ベルトです。 メッシュ構造の薄い生地が通気性のよさと軽さを生み出し、伸縮することで装着時の密着度をアップさせています。 締め付け調整も脱着も簡単なので、使いやすい姿勢矯正ベルトと言えるでしょう。 ムレにくく手洗い洗濯も可能なので、オールシーズン利用しやすいのも魅力です。 生地が薄いので薄着でも装着しているのが目立たない、日常的に利用しやすい姿勢矯正ベルトとなっています。 中山式 脊椎医学 キョウセイベルト メッシュの口コミ評判 子供に購入しましたが 付けて直ぐに 姿勢が良くなり スマホやゲームで猫背になるのが 気になっていたので とても良かったです。 それほど 苦しさもなく 自然に付けていられると言っています。 画像出典: Dr. magico キョウセイベルトPlus ブラックは、補正効果の高い姿勢矯正ベルトです。 姿勢矯正ベルトは装着の際にわき部分が痛くなりやすいのですが、この製品はわき部分のクッションを3重構造にして、負担が少なくなるように工夫されています。 また、縁をやわらかいテープで覆い、装着の際のボデイタッチがやさしくなるようにも工夫されているのも特徴です。 肝心の姿勢矯正力もクロス構造によってきっちりと効果がでるように設計されていて、体に負担の少ない姿勢矯正ベルトとなっています。 magico キョウセイベルトPlus ブラックの口コミ評判 いままでのものは、ずれやすかったのですが、 この商品はしっかりして、ずれもあまりおこりません。 おすすめです。 画像出典: 子供用姿勢矯正ベルト World Bridge 背筋矯正 男女兼用 子供姿勢矯正 マジック調整 子供猫背矯正 説明書付きは、子ども用の姿勢矯正ベルトです。 子どもの頃から正しい姿勢を身につけることで、猫背になるのを予防します。 背面のクロス構造、腰部の4本のボーンによって、背筋を伸ばし、固定することができます。 また、装着は2重になった腰ベルトでがっちりと固定することができ、マジックテープによって調整も楽にできます。 子どものためにぜひ使っておきたい姿勢矯正ベルトと言えるでしょう。 子供用姿勢矯正ベルト World Bridge 背筋矯正 男女兼用 子供姿勢矯正 マジック調整 子供猫背矯正 説明書付きの口コミ評判 メインベルトだけだと締め付けが弱いですが、クロスベルトがあったので、十分締め付け効果がありました。 本人も苦しくなく、家で過ごす時には付けるようにしています。 画像出典: magicoキョウセイベルトブラックは、無理なく姿勢を矯正できる姿勢矯正ベルトです。 通気性のいいメッシュの2重生地構造で、胸椎の形状を整えます。 さらに通気性がよく、軽く、伸縮性があります。 独自のクロス構造で背筋を伸ばし、自然に美しい姿勢になるように矯正します。 ウエストでワンタッチ着脱、ウエストベルト部分も伸縮性があるので引き締めた状態での着脱がしやすくなっています。 ファッション誌などのメディアでも取り上げられた、人気の姿勢矯正ベルトです。 magicoキョウセイベルトブラックの口コミ評判 装着すると、首や肩周りが本当に楽になります。 と同時に、いかに姿勢が悪かったかもはっきりと理解できます。 私だけでなく、娘の物も買いました。 背筋補正ベルト 姿勢矯正サポーター 姿勢矯正 頸肩腕症候群 頭部前方偏位 猫背 円背 調節可能 簡単装着 男女兼用 ブラックは、人間工学に基づいたデザインで姿勢を矯正する姿勢矯正ベルトです。 素材となっているネオプレンは通気性にすぐれ、伸縮性があり、当たりがやわらかで締めつけ感が軽減されます。 フレキシブルマジックテープで自由にサイズ調整ができるので、矯正の具合も自由自在、服を着るように手軽に使える装着しやすい姿勢矯正ベルトです。 背筋補正ベルト 姿勢矯正サポーター 姿勢矯正 頸肩腕症候群 頭部前方偏位 猫背 円背 調節可能 簡単装着 男女兼用 ブラックの口コミ評判 この製品はコンピュータとの距離を変えます。 正しい姿勢で背中の痛みも和らげます。 これから、装着しなくても姿勢が保てるようになるまで頑張りたいです。 magico姿勢サポーターブラックは、背面に幅広いクロスベルトを使い、腰部ベルトで装着調整ができる姿勢矯正ベルトです。 背筋と腰部の2つのクロスベルトに上体を起こす作用があり、無理のない状態で姿勢矯正を行えます。 サイズ調整は腰部ベルトの前面で行えるので、楽に調整と装着が可能となっています。 装着面積が大きく、装着感があります。 硬さがなくソフトなつけ心地で痛みがあまりないので長時間装着も楽にできる姿勢矯正ベルトです。 magico姿勢サポーターブラックMの口コミ評判 たまに装着しています。 デスクワークなどしていると、いかに姿勢が悪いかを確認できます。 長時間きつく締めるとしんどいです。 締め付け具合は調整できます。 通気性の良さを意識して作られていて、装着性がよくムレにくくなっています。 また、姿勢矯正ベルトにはつけ心地が辛いものが多いのですが、この姿勢矯正ベルトはソフトなつけ心地が評判で、長時間の装着に向いています。 伸縮性があり、マジックテープでサイズ調整可能、猫背を矯正したい人のために考え抜かれた製品です。 マジックテープで楽々装着できるのがいいと思います。 長時間つけていてもすごく楽なのがこの商品のいいところ。 BaBo care 猫背 矯正ベルト 姿勢矯正ベルト 肩こり解消 背筋 サポーター 背筋矯正ベルト 歪み予防 姿勢改善 サポーター 背筋補正ベルト 男女兼用は、フリーサイズで男女共用の姿勢矯正ベルトです。 薄地の生地にマイクロエアホールを配置し、通気性の良さを考えた設計となっています。 サイズはマジックテープにより調整可能、肩を後ろに引っ張る作用があり、猫背の姿勢を矯正します。 背面部分が少々厚みがある作りなので、薄着の下に装着するには向いていないでしょう。 屋内で長時間の座り作業などをする際に装着すると効果が期待できます。 BaBo care 猫背 矯正ベルト 姿勢矯正ベルト 肩こり解消 背筋 サポーター 背筋矯正ベルト 歪み予防 姿勢改善 サポーター 背筋補正ベルト 男女兼用の口コミ評判 今回は肩こり対策でこっちのベルトを購入しました。 マジックテープで、諦め加減を自由に調整できます。 装着も簡単です。 肩こりが良くなるように、これから愛用して行きます。 そのため、意識すれば猫背が改善できる軽度の症状の場合は効果的に利用することができます。 しかし無理をすることですでに酷い猫背であるものが改善できるという訳ではなく、根本的な改善には、必要な筋肉を鍛えなければなりません。 姿勢矯正ベルトを利用しながら猫背を治すための効果的な使い方を知っておきましょう。 装着時間について 姿勢矯正ベルトは長く着ければそれだけ姿勢が矯正されると思われがちですが、実はそうでもありません。 姿勢矯正ベルトを装着した状態は自分で筋肉を使っているわけではないので、無理をしていることになります。 そのため、あまり長く装着していると体が疲れてしまって痛みが発生するのです。 この痛みは姿勢矯正の役に立つ痛みではないので、痛みが発生しない状態で装着時間を延ばすほうがいいのです。 最初は10分ほどから 多くの姿勢矯正ベルトの取り扱い説明書にはだいたい10分程度の装着から始めるようにと書かれていると思います。 その使用方法を守り、まずは1日10分ほどから始めましょう。 今までの姿勢で筋肉や骨の位置が固まっているので、姿勢矯正ベルトを装着していると、常に引っ張られている状態になって体が疲弊してしまいます。 正しい姿勢を覚えてもそのための筋肉がない状態では維持できないのです。 長時間装着しても治る訳ではない 姿勢矯正ベルトを長時間装着すれば姿勢が治るのではないか? と思うかもしれませんが、姿勢を根本的に治すには、そのための筋肉を鍛える必要があります。 ただ違う方向に引っ張っているだけではどれだけ長い間引っ張っても筋肉が疲労するだけで効果がないのです。 姿勢を本格的に矯正するには姿勢矯正ベルトを装着するだけでなく、もうひと手間必要となります。 猫背に効果的に使用するには 姿勢矯正ベルトを使って効果的に猫背を改善するにはどうしたらいいのかという考えかたを中心として、その使い方を学びましょう。 姿勢矯正ベルトは姿勢矯正のためのサポートをしてくれる器具と考えるととても理解しやすいと思います。 必要な筋肉を鍛えて、姿勢矯正ベルトで補助することによって、だんだんと正しい姿勢を維持できるようになれるのです。 姿勢矯正ベルトを装着しながら、あるいは装着前にストレッチや筋トレで必要な筋肉をほぐして鍛えましょう。 胸椎をほぐす 胸椎というのは肋骨が出ている部分の背骨を言います。 猫背気味な人の場合、この胸椎部分が固まってしまっていることが多いとされています。 そこで、まずはこの胸椎をほぐす運動をしてみましょう。 胸椎部分をほぐすには軽くひねるストレッチがいいようです。 腰からではなく、肋骨の部分を中心にひねる動きや、両腕を軽く曲げて背後に突き出すようにして肋骨を開くような動きをして胸椎をほぐすようにしましょう。 背筋を鍛える 猫背の場合、背筋が弱いことも原因になっています。 そこで背筋も鍛える必要があります。 それでは自宅で背筋を簡単に鍛える方法を説明します。 まずは両手両足を肩幅よりも広く広げてうつ伏せに横たわります。 その状態から息を吐きながら右足と左腕を上に上げ、3秒キープ。 ゆっくりと下ろして次は逆側を同じように持ち上げて3秒キープします。 これをゆっくりと背筋を意識しながら繰り返しましょう。 腹筋を鍛える 猫背の改善に必要なものに腹筋があります。 腹筋の鍛え方は有名ですが、手軽にできるものとしてクランチをおすすめします。 このとき自分のおへそを見るような感覚で体を丸めましょう。 すぐに体を戻して、肩甲骨が床に触れたらまた上体を起こします。 これを20回行います。 最初から無理をしなくてもいいのでできる回数行うようにしてください。 まとめ 姿勢矯正ベルトの人気商品と、姿勢を矯正するための姿勢矯正ベルトの利用方法などをご紹介させていただきました。 姿勢矯正ベルトは猫背で悩んでいいる人にとって、正しい姿勢を意識するためにとてもいい製品です。 姿勢矯正ベルトで姿勢を矯正しながら必要な筋肉を鍛えることによって猫背を改善することも可能となります。 ただし、姿勢矯正ベルトだけで猫背を改善するのは難しいので、正しい使い方を理解して、ストレッチや筋トレを行いながら姿勢の改善に利用してみてください。 姿勢が悪い状態に体が固定されていると、なかなかその状態から抜け出せなくなるものです。 正しい姿勢を意識することで、筋肉や胸椎をほぐして、快適な生活を取り戻しましょう。

次の